【エーデルワイス賞】(門別・JpnIII)~北海道のストロングハートが勝利 [News] [News]
2017/10/12(木) 20:41

 門別競馬場(曇・不良馬場)で行われた2歳牝馬のダートグレード競走・第20回エーデルワイス賞(JpnIII 1200m 16頭)は、先行した2番人気の北海道ストロングハート(阿部龍騎手)が直線抜け出し、1分12秒4で勝利。半馬身差の2着に4番人気の北海道グラヴィオーラ、4馬身離れた3着は10番人気の北海道リコーデリンジャー。4着パキラパワー、5着コスモウーノまでを地元北海道勢が占め、JRA所属馬では5番人気だったラインギャラントの6着が最高だった。1番人気だったJRAシャインカメリアは、スタートで遅れて後方を追走し、11着に終わった。

 勝ったストロングハートは父サウスヴィグラス母ファーストレディ(その父スマートボーイ)の牝2歳栗毛馬、北海道・角川秀樹厩舎の管理馬。通算成績5戦3勝、8月31日には地元の重賞リリーカップを勝っており重賞2勝目、ダートグレード競走初制覇となった。

【秋華賞】栗東レポート~タガノヴェローナ(長谷川調教助手) [News] [News]
2017/10/12(木) 18:24

 15日(日)京都競馬場で行われる第22回秋華賞(GI)に出走予定のタガノヴェローナについて、調教後のインタビューでの長谷川浩大調教助手のコメントは以下の通り。

・夏の小倉では2連勝でしたが?
 もともと期待していましたし、ダート戦でしたがいい競馬をしてくれました。まだまだ良くなりそうだという時期でしたので、まだまだ伸びしろはありそうだという感じはしていました。競馬が上手ですし、いろいろな面で対応ができるようになりましたし、精神的にも強くなってくれたと思います。

・小倉戦から7週開きましたが?
 短期放牧に出して9月の末に厩舎に戻りました。速い時計は先週と今週の2本なのですが、先週かなり速いタイムが出ています。放牧先でしっかり態勢を整えて、リフレッシュして柔らかくなって帰ってきました。ここまで調整はしやすかったですね。

・今週も先週に続いてウッドチップコースでの調整でしたが?
 雨が降って馬場も重かったのですが、先週に79秒ぐらいの速い時計が出ていますので、今週は軽めでしまいの反応を見る程度で調教を行いました。状態は本当にいいですね。

・初めての芝のレースとなりますが?
 兄弟にも芝のレースを走っている馬がいますし、正直言ってやってみないとわからない部分はありますけど期待は持っています。

・週末の馬場も重くなりそうですが?
 ダートでもしっかり走ってくれていますし、期待はしていますが、やってみないとわかりませんね。まだまだこれからの馬なので、GIに出られるのは素晴らしいことですし、実力馬にしっかり挑戦できる状態にはありますから頑張って欲しいです。

(取材:佐藤 泉)

【秋華賞】栗東レポート~リスグラシュー(武豊騎手) [News] [News]
2017/10/12(木) 18:21

 15日(日)京都競馬場で行われる第22回秋華賞(GI)に出走予定のリスグラシューについて、武豊騎手のコメントは以下の通り。

・少しはがゆいレースが続いていますね。
 力はあるのですが、なかなか1着が取れないというか、堅実には走っているのですが、あと1歩というレースが続いていますね。でもエンジンのかかりが遅い分、最後までしっかり伸びますし、特にローズステークスはオークス以来のレースということでまだ良くなり切る少し手前だったかなというところも当然あったと思うので、状態自体は今回の方がいいと思います。距離2000メートルもちょうどいい位だと思いますし、最後の直線が平坦のコースも悪くないと思います。桜花賞2着、オークス5着で悔しい思いをしていますから、ここで何とかという気持ちは強いですね。

・コーナーを4つ回る内回りコースというのは?
 特にマイナスになるとは思わないですが、少しイレ込むところがある馬ですからスタンド前からのスタートがどうか心配ですけれど何とか対処して行きたいと思っています。

・中間の調整具合は厩舎から聞いていますか?
 ローズステークスの後はすごく順調で動きもさらに良くなったと聞いていますから、いい状態で臨めると思います。

・この馬にも何とか勲章をあげたいですね。
 世代トップレベルの馬ですからチャンスがあると思って乗りたいですね。

(取材:佐藤 泉)


【秋華賞】栗東レポート~ファンディーナ(岩田騎手) [News] [News]
2017/10/12(木) 18:20

 15日(日)京都競馬場で行われる第22回秋華賞(GI)に出走予定のファンディーナについて、共同インタビューでの岩田康誠騎手のコメントは以下の通り。

・ローズステークスのレースぶりを振り返ってください。
 スムーズなレースはできました。直線に向いて反応もしたのですが、残り300メートルで止まる形になりました。最後は息切れした感じでした。

・馬体重が22キロ増えての出走でしたが?
 春と比べて一回り成長した感じでした。しかし、レースでは動き切れなかったような印象でした。これから伸びるというところで反応できなかったですね。リラックスして走れていたのですが息が持ちませんでした。

・先週、今週と調教に騎乗されましたが?
 先週の坂路調教では時計は遅かったですが、反応は良かったです。今週はウッドチップコースで調教して馬に十分負荷をかけることができました。長めから調教ができたのも良かったと思います。馬場の良くない中でいい時計が出たと思います。これがレースにつながればと思います。

・良くなった点はどのあたりでしょう?
 ローズステークスと比べて息は持つと思います。今週のひと追いで馬も仕上がったと思います。

・京都の2000メートルのコースはどうでしょう?
 京都コースでも勝っています。先行力のある馬ですし自信を持って乗りたいですね。今回はGI馬もいるし強豪が揃っていますが負けないようにレースをしたいと思っています。力を秘めている馬ですから3歳最後の1冠でいいレースをしたいです。

・週末はまとまった雨になりそうですが?
 パワーのある馬ですから馬場はあまり気にしていません。馬の状態はローズステークスをずっと上回っていますから楽しみにしています。

(取材:佐藤 泉)


【秋華賞】栗東レポート~ファンディーナ(高野調教師) [News] [News]
2017/10/12(木) 18:19

 15日(日)京都競馬場で行われる第22回秋華賞(GI)に出走予定のファンディーナについて、インタビューでの高野友和調教師のコメントは以下の通り。

・水曜日の調教はどんな感じでしたか?
 1週前が少し軽くなったのでどうしようかと思っていたのですが、馬のコンディションは良さそうでしたので、(坂路コースの)短い距離で負荷をガンとかけるよりは長めの距離でじっくりと追ってみたいと思って昨日はウッドチップコースを選択してジョッキーに長めに乗ってもらいました。全体の時計は少し遅かったですが、長くリズム良く走れていました。最後に手前が替わらなかったのは少し気になりましたが、いい動きはしていたと思います。ジョッキーも「(最後に)もうひと沈みしてもいいかな」と言っていました。ローズステークスからガラリというよりじっくり良くなっている感じなのだと思います。

・ローズステークスでは体重が増えていましたが?
 春は遅いデビューからGIを目指した分、若い馬にはきつかったですし、特に最後に強いメンバーと戦いましたから体重も減っていました。前回はその分が戻ったのに加えての成長分プラスちょっと緩かったということでしょう。今回も数字的にはそれほどは変わってないとは思いますが、シルエットはローズテークスの時より締まるところは締まって出るところは出るという感じになっています。いいと思います。

・春先はスローな流れでの瞬発力勝負で強さを見せた馬ですが?
 特に秋華賞は京都2000メートルでもペースが速くなるレースですが、そのへんはあまり経験の多くない馬ですので何とも言えないですね。ペースの速くなった皐月賞では最後に疲れてしまいましたしね。

・この馬の一番いいところを発揮するにはどんなレースがいいのでしょう?
 ここまでレースの回数も重ねていないので「これだ!」という明確な答えがあるわけではないですね。先行力はあります。2戦目のようにひと溜めしてもいい脚を使いますから、状態さえ良ければいい末脚を使うのだろうとは思います。レースの流れによってベストポジションも変わってくるので、そのあたりはずっとこの馬に乗っているジョッキーに乗ってもらえるわけですから、ポジションもジョッキーの判断に委ねていいのだと思います。

・今回、少しパワーが要求されそうな馬場になりそうですが?
 爪は大きめ、蹄底はあまり深くないですし、一般的には重馬場はどうか?という話になりますが、ふだん荒れた調教コースでも苦にすることなく走りますので、筋力も高めですからカバーしてくれると思っています。

(取材:佐藤 泉)


【秋華賞】栗東レポート~ラビットラン(和田騎手) [News] [News]
2017/10/12(木) 18:17

 15日(日)京都競馬場で行われる第22回秋華賞(GI)に出走予定のラビットランについて、調教後の共同インタビューでの和田竜二騎手のコメントは以下の通り。

・ローズステークスの勝ちっぷりは?
 思っていた以上に鮮やかに勝ってくれました。流れも向きました。芝のレースは2度めで半信半疑でしたがしっかり走ってくれました。改めて能力の高さを感じました。中京競馬場のレースでもいい脚を使ってくれていましたのでローズステークスでも馬のリズムで走らせようと思っていました。ローズステークスは流れが速くなったので後ろの位置になりましたが、あれは馬のリズムで落ち着いて走っていた結果ですね。

・芝での2レースは?
 芝での乗り味も良くて軽い走りをしていたので走りそうだなとは思っていました。あまり乗ったことのないような乗り味の馬ですが強いですね。全身を使って軽くピョンピョン飛んでいるような走りなんですが、それがスピードにつながっていますし余裕も感じますから、まだ楽しみがありますね。素軽すぎるぐらいの走りをする馬ですね。

・一番いいところは?
 条件を問わないところがありますし、切れ味もあります。決め手が強烈だというのは武器になると思います。

・京都2000メートルは?
 ローズステークスでも止まる感じはありませんでしたが、最初から力が入ってしまうと(スタミナが)心配になりますね。折り合いも必要になりますし、コース形態も違ってきますのでロスのないように競馬ができたらと思います。枠や流れもありますが、この馬のリズムを壊して走らせることはないので、極力馬のリズムを壊さないように馬と相談しながらですね。

・レースのイメージとしては?
 馬の力を出し切って結果を出せるようにしたいと思いますが、勝てるイメージを沸かせて行きたいとは思いますね。

・今年、和田騎手自身は81勝と自己最多の勝ち星を更新していますが?
 おかげでこうしたいい馬に乗せてもらえるようになりましたし、大きな舞台で結果を出せるようにして行きたいと思います。

・ラビットランで挑む今回のGIは?
 まだキャリアも浅い馬ですし未知な部分があって不安も楽しみもありますが、乗る方としては凄く楽しみですね。まだ能力も計り知れないところがありますからね。どんな条件でもこなして欲しいと思っています。

・和田騎手の(テイエムオペラオー以来の)GI制覇への思いは?
 今までチャンスがなかったわけではないと思うので、今回はこういうチャンスを与えていただいたわけですからキッチリと勝てるようなジョッキーでいたいと思います。まあ、あまり気負わないで行こうとは思っています。

(取材:佐藤 泉)


【秋華賞】栗東レポート~ラビットラン(角居調教師) [News] [News]
2017/10/12(木) 18:15

 15日(日)京都競馬場で行われる第22回秋華賞(GI)に出走予定のラビットランについて、調教後の共同インタビューでの角居勝彦調教師のコメントは以下の通り。

・ローズステークスを振り返ってください。
 強いメンバーを相手に、ダートから芝のレースを走るようになってどの程度やれるのかと思って見ていたのですが、こんなに走る馬だったのかと驚くようなレースでした。

・走る予感はあったのでしょうか?
 そんな感じはありませんでしたね。レースでびっくりするほど走ってくれました。

・先週の調教はどうでしたか?
 体が重くないか確認する形でしたが、いい動きでした。頭の高い走法で後ろから突かれることで我慢する馬ですね。

・今週は月曜日と今朝木曜に時計が出ていますが?
 月曜日は思いのほか速い時計になりました。具合の良さの表れだと思います。今朝はもう体もできているので単走で行いましたが、いい調教だったと思います。ちゃんと乗り手の言うことをきいて走っていました。

・最初はダートを走っていましたが、芝での良さは何でしょう?
 スピードに溢れていて軽く走れることです。もともと能力は高いと思っていました。線の細いところがあったのですが、競馬を使いながらどっしりしてきました。いい成長を見せています。

・京都2000メートルのコースはどうでしょう?
 芝では後方からのレースを2戦していますから、内回りコースでどうかですね。内回りの分速いペースになりがちですから折り合いに心配はないとは思います。

・雨で馬場が重くなった時はどうでしょう?
 やってみないとわからないですね。力の要る馬場も意外にしっかり走れている馬ですが。とにかく状態としては今が一番いい状態です。楽しみにしています。

(取材:佐藤 泉)


秋華賞】栗東レポート~ディアドラ(ルメール騎手) [News] [News]
2017/10/12(木) 18:13

【 15日(日)京都競馬場で行われる第22回秋華賞(GI)に出走予定のディアドラについて、調教後の共同インタビューでのクリストフ・ルメール騎手のコメントは以下の通り。

・先週、調教に騎乗しての印象は?
 とても良かったです。馬はとても乗りやすく、自分から動いていました。馬のコンディションも良さそうでした。フットワークと全体のバランスも良く、息も入りました。軽い感じの追い切りでしたが全て大丈夫でした。

・この馬のレースを見ていての印象は?
 紫苑ステークスは楽に勝っていいコンディションのまま秋華賞を迎えられると思います。エンジンがかかるのに少し時間がかかる感じですが、最後はいい脚を使います。レースがだんだん上手になっています。私の勝ったオークスでも4着。能力のある馬です。

・一番のいいところはどこでしょう?
 最後の加速がとてもいい馬です。体が大きく、大きなパワーを使ってくれます。

・今回はどんなレースをしたいですか?
 まだ、考えていません。スタート、ペースによります。ポジションもそれ次第です。2000メートルは勝っている距離ですし、この馬にはいい距離です。どんなポジションからもレースができる馬ですが、内回りのレースですし、いいポジションが欲しいです。私自身は今年のオークスを勝っていますが、今回はあの時より人気はないでしょうからプレッシャーなくチャレンジャーとして臨むことができます。GIレベルの馬にも勝てる力のある馬です。チャンスはとてもあると思います。

(取材:佐藤 泉)


【秋華賞】栗東レポート~ディアドラ(橋田調教師) [News] [News]
2017/10/12(木) 18:11

 15日(日)京都競馬場で行われる第22回秋華賞(GI)に出走予定のディアドラについて、調教後の共同インタビューでの橋田満調教師のコメントは以下の通り。

・紫苑ステークスを振り返ってください。
 外を回ってよく差し切ってくれました。勝てて良かったです。この馬の強みは騎手が思うように動かせる点ですね。

・現在、連勝中ですが?
 (連勝中のレースの)メンバーは今回とは違いますが、順調に来れたのが一番ですね。春はレース間隔が短かったのですが、秋はゆったりと間隔を取ってくることができました。

・先週の調教の動きはどうだったでしょうか?
 ルメール騎手にしまいを伸ばすように指示しました。乗り手の思ったとおりに動いていました。動き全体としてはまあまあといったところでしょうか。

・今朝の坂路コースでの動きはどうでしたか?
 しまいを追ってきて欲しいと乗り手に指示しました。反応も良く、思ったより時計は遅かったですが、今日は馬場が重かったですからね。行きなさいというところで動ける馬ですが、その通りに動いていて調教としては良かったと思います。息の入りも良かったですね。

・今回は人気上位で臨むGIですが?
 実績を積んで(好勝負の)確率は高くなってきました。桜花賞は最後方から行って届きませんでしたが、オークスはいい所まで来ました。距離は1600メートルより2000メートル前後が合っている馬です。秋華賞本番はコーナーを4つ回りますから、(前哨戦に)そうしたレースを選んできました。ここまでは予定どおりに来ています。

・京都の2000メートルのコースはどうでしょう?
 2000メートルも向いていますし、広いコースの方がこの馬には向いています。

・週末は雨の予報ですが?
 桜花賞もずいぶん馬場が悪かったのですがこなしてくれました。ある程度の悪い馬場には対応してくれると思います。

・この馬のいい所は?
 牝馬なのに堂々としているところですね。余計な力を使わずにレースができます。レースを使いつつ体重が増えているのもいい点です。今回はこれまでで一番重い体重で出走することになるかもしれません。力をつけています。

・レースへの期待は?
 3歳牝馬最後のGIですから、スムーズな競馬で力を発揮して欲しいと思っています。

(取材:佐藤泉)


 

【秋華賞】事前発表馬体重~アエロリットは494キロ [News] [News]
2017/10/12(木) 17:37

10月15日(日)に京都競馬場で行われる第22回秋華賞(GI)の出走馬18頭、調教後の馬体重は以下の通り。

〈馬名 馬体重 計測日 場所 前走馬体重〉
アエロリット     494 10月12日(木) 美浦496 
ヴゼットジョリー   474 10月11日(水) 栗東472 
カリビアンゴールド  468 10月11日(水) 美浦454   
カワキタエンカ    476 10月11日(水) 栗東462 
タガノヴェローナ   476 10月12日(木) 栗東468 
ディアドラ      496 10月11日(水) 栗東478 
ハローユニコーン   454 10月11日(水) 栗東448 
ファンディーナ    526 10月12日(木) 栗東526
ブラックオニキス   428 10月12日(木) 美浦420  
ブラックスビーチ   456 10月12日(木) 栗東450
ポールヴァンドル   534 10月11日(水) 美浦528
ミリッサ       432 10月12日(木) 栗東420
メイショウオワラ   462 10月12日(木) 栗東456
モズカッチャン    484 10月11日(水) 栗東482    
ラビットラン     446 10月12日(木) 栗東444
リカビトス      424 10月11日(水) 美浦420
リスグラシュー    446 10月11日(水) 栗東436
レーヌミノル     488 10月12日(木) 栗東474      


※馬体重の数値は「kg」。
※開催場以外で計量した競走馬については、計量後に開催場へ「輸送」している。
※馬体重は、「調教」・「輸送」・「飼付」・「排糞」等により、常に大きく変動する。
※上記馬体重は、あくまでも計量時のデータであり、レース当日の馬体重とは異なる。
※レース当日に発表する馬体重は、発走時刻の概ね70分前に計量している。
※前走が海外の競馬であっても馬体重を計量している場合には、「前走馬体重」を表記している。

(JRA発表のリリースによる)


全12件中 1件〜10件目を表示 [ 1 2 次の10件 ]