【シリウスS】登録馬~ミツバなど19頭 [News] [News]
2017/09/24(日) 18:01

9月30日(土)、阪神競馬場で行われる第20回シリウスステークス(GIII、3歳以上、ハンデ、ダート2000m)の登録馬は以下の通り。

【登録頭数:19頭】(フルゲート:16頭)
ミツバ
モルトベーネ
マスクゾロ
ピオネロ
トップディーヴォ

ナリタハリケーン
タムロミラクル
トラキチシャチョウ
ドラゴンバローズ
マインシャッツ

メイショウスミトモ
サルサディオーネ
スリータイタン
タガノゴールド
タイニーダンサー

キクノソル
ブライトアイディア
メイショウイチオシ
プリンシアコメータ

【エーデルワイス賞】(10月12日、門別)~JRA所属の出走予定馬及び補欠馬について [News] [News]
2017/09/24(日) 17:54

10月12日(木)、門別競馬場で行われる第20回エーデルワイス賞(JpnIII、2歳牝馬、ダート1200m)に出走予定のJRA所属馬は以下の通り。

出走予定馬(予定騎手名)
ウインジェルベーラ (松岡)
シャインカメリア  (吉田豊)
ジュンドリーム   (未定)
ラインギャラント  (未定)

補欠馬(予定騎手名)
1ニシノオリーブ  (未定)
2ディアジラソル  (未定)
3シンデレラマキ  (未定)
4メイショウヒサカタ(戸崎)
5オジョーノキセキ (未定)

【MCS南部杯】(10月9日、盛岡)~JRA所属の出走予定馬及び補欠馬について [News] [News]
2017/09/24(日) 17:50

10月9日(祝・月)、盛岡競馬場で行われる第30回マイルチャンピオンシップ南部杯(JpnI、3歳以上、ダート1600m)に出走予定のJRA所属馬は以下の通り。

出走予定馬(予定騎手名)
アポロケンタッキー (未定)
カフジテイク    (福永)
キングズガード   (未定)
コパノリッキー   (田辺)
ゴールドドリーム  (川田) 
ベストウォーリア  (未定)
モーニン      (未定)

補欠馬(予定騎手名)
1ノボバカラ     (未定)
2キタサンサジン   (未定)
3ウインフルブルーム (未定)
4サウンドスカイ   (未定)
5チャーリーブレイヴ (未定)

中山1Rの降着・制裁 [News] [News]
2017/09/24(日) 17:45

中山1Rで、2位に入線した4番ラプターゲイル(柴田大知騎手)は、最後の直線コースで外側に斜行し、6番パズルリンクス(大野拓弥騎手)の走行を妨害した。その走行妨害がなければ被害馬パズルリンクス(大野拓弥騎手)は加害馬ラプターゲイル(柴田大知騎手)に先着できたと裁決委員が認めたため、4番ラプターゲイル(柴田大知騎手)は3着に降着となった。

この件について、柴田大知騎手は2017年9月30日(土)から10月1日(日)まで2日間の騎乗停止とし、また、競走中終始外側に逃避しようとしたことについて同馬を平地調教注意とした。

(JRA発表による)

【オールカマー】(中山)~ルージュバックが勝利 [News] [News]
2017/09/24(日) 17:36

中山11Rのオールカマー(3歳以上GII・芝2200m)は5番人気ルージュバック(北村宏司騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分13秒8(良)。半馬身差の2着に1番人気ステファノス、さらにクビ差の3着に3番人気タンタアレグリアが入った。

ルージュバックは美浦・大竹正博厩舎の5歳牝馬で、父マンハッタンカフェ、母ジンジャーパンチ(母の父Awesome Again)。通算成績は16戦6勝。

~レース後のコメント~
1着 ルージュバック(北村宏司騎手)
「トップスタートを切ることができ、馬場もいいので、流れに乗せていきました。ゴチャつくところはありましたが、よく伸びてくれました。初めて騎乗しましたが、周りから見ていてもいい馬だと思っていましたし、今日は思ったよりも穏やかに返し馬ができました。もともと能力は確かな馬で、力のあるところを見せてくれました。これからも頑張ってくれると思います」

2着 ステファノス(戸崎圭太騎手)
「いい感じで行けましたし、前残りになりそうだったので、早めに踏んで行きましたが、終いもしっかりしていました」

3着 タンタアレグリア(蛯名正義騎手)
「もう少しでした。あの不利がなければもっと際どかったと思います。だいぶ安定してきていますし、これからもっと良くなると思います」

4着 マイネルミラノ(柴田大知騎手)
「一瞬勝てるかと思いました。まだまだやれそうです。自分のリズムで行けた方が持ち味が出ますね。馬の気持ちが全く違いましたし、この馬らしい走りをしてくれました」

7着 アルバート(石橋脩騎手)
「もう一列前のポジションが取れれば良かったのですが、リズムを崩してまで取りに行くことはないだろう、と思って行きました。3~4コーナーでジワッと仕掛けて、ちょうどスピードが乗ったところで振られてしまったのは痛かったです」

9着 モンドインテロ(田辺裕信騎手)
「後ろから行くスタイルの馬ですからね。それにしても、上がって行く時には手応えがありませんでした」

【神戸新聞杯】(阪神)~レイデオロが勝利 [News] [News]
2017/09/24(日) 17:23

阪神11Rの神戸新聞杯(3歳GII・芝2400m)は1番人気レイデオロ(C・ルメール騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分24秒6(良)。2馬身差の2着に2番人気キセキ、さらに3/4馬身差の3着に3番人気サトノアーサーが入った。

レイデオロは美浦・藤沢和雄厩舎の3歳牡馬で、父キングカメハメハ、母ラドラーダ(母の父シンボリクリスエス)。通算成績は6戦5勝。

~レース後のコメント~
1着 レイデオロ(C・ルメール騎手)
「今日もしっかり能力を発揮してくれました。スタートも速くてびっくり、3番手からのレースでした。返し馬から乗りやすく、馬が大人になって、レースではリラックスしていました。スタミナがある馬です。それに直線に入るところでうまく息が入りました。今日は楽に勝てました。でもまだ100%ではありませんからね。このレースを使ってさらに良くなるでしょう。この後が本当に楽しみです」

2着 キセキ(M・デムーロ騎手)
「狭くなって道中スムーズさを欠きました。この馬はジリジリと脚をのばすより、中京や新潟のような瞬発力勝負が合っています。折り合いは問題ありません」

(角居勝彦調教師)
「狭いところでよく伸びて、いいレースをしてくれました。このあとはオーナーと相談して決めたいと思います」

3着 サトノアーサー(川田将雅騎手)
「今までの中で一番(レースの流れに)ついて行けました。少し力んだ面はありましたが、その後は落ち着きました。次が楽しみです」

4着 ダンビュライト(武豊騎手)
「1~2コーナーで力むようなところはありましたが、やりたいレースは出来ました。でも、上位馬相手には完敗でした」

5着 アドマイヤウイナー(秋山真一郎騎手)
「最後は伸びています。でもあと一つ前の位置からレースをしたかったですね。内枠だったらよかったのですが」

6着 ベストアプローチ(岩田康誠騎手)
「休み明けでしたが、リラックスしていました。直線はスペースがあったのでつっこんでいけば良かったかもしれません。折り合いは問題ないので、距離は問題ありません」

7着 マイスタイル(横山典弘騎手)
「この馬としてはよく頑張りました」

9着 カデナ(福永祐一騎手)
「体も大きくなって筋肉量も増えて春とは違うフォームで走っていましたし、スタートも以前より速くなっていました。今後の距離適性を考えて、走りっぷりがどうかと思っていたのですが、馬に力がついた分、今日の距離は長い感じでした。2000mくらいまでがいいのかもしれません」

10着 アダムバローズ(池添謙一騎手)
「自分のレースはできましたが、骨折明けでしたからね。ここを使って良くなってくるでしょう」

フランス遠征馬の近況について(9月23日) [News] [News]
2017/09/24(日) 16:58

10月1日(日)にフランス・シャンティイ競馬場で行われる凱旋門賞(GI)に出走予定のサトノダイヤモンド(牡4、栗東・池江泰寿厩舎)およびサトノノブレス(牡7、栗東・池江泰寿厩舎)の調教状況および関係者のコメントは以下の通り。

<9月23日の調教状況>
2頭ともリオン坂路で1000mのハッキングの後、1000mのキャンター
サトノダイヤモンドは中澤一博調教助手騎乗、サトノノブレスは岩崎祐己調教助手が騎乗

<関係者のコメント(中澤一博調教助手)>
「水曜日の追い切りの後、一昨日は運動のみで、昨日、今日と同じメニューで調教を行いました。体調も良く、両馬とも順調です。明日はリオン坂路で早いところを予定しています」

(現地情報)

【スプリンターズS】外国馬情報(ブリザード・香港)〔24日・競馬学校〕 [News] [News]
2017/09/24(日) 16:41

10月1日(日)に中山競馬場で行われるスプリンターズS(GI)に出走を予定している外国馬ブリザード(香港)の競馬学校での調教状況と関係者のコメントは以下の通り。

●ブリザード(香港・セン6歳)
 7時00分から7時11分まで、ホーイン・ウォン調教助手を背に、右回りで常歩300m、ダク(速歩)400m、キャンター(1ハロン20秒~35秒程度)1500m、ダク(速歩)200m、常歩100mの調教を行った。

ホーイン・ウォン調教助手のコメント
「今日も昨日同様、トロットとキャンターを行いました。飼い葉も完食しており、体調は良い状態です。中山に移動後の調教は、26日(火)はダートコースでキャンターを、27日(水)は騎手が来日していますので、彼に騎乗してもらい芝コースで追い切りを行う予定です」

(現地情報)

【ムーンライトHC】(阪神)~キンショーユキヒメが接戦を制す [News] [News]
2017/09/24(日) 16:36

阪神10Rのムーンライトハンデキャップ(3歳以上1600万下・ハンデ・芝2000m)は3番人気キンショーユキヒメ(和田竜二騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分00秒6(良)。クビ差の2着に1番人気ラヴィエベール、さらにアタマ差の3着に4番人気ハクサンルドルフが入った。

キンショーユキヒメは栗東・中村均厩舎の4歳牝馬で、父メイショウサムソン、母アップルティー(母の父サンデーサイレンス)。通算成績は21戦5勝。

~レース後のコメント~
1着 キンショーユキヒメ(和田竜二騎手)
「ゲートも出て、スローな流れの中、内枠を利していい位置でスムーズに運べました。ラストもスムーズに前があいて、しのいでくれました。力があります」

2着 ラヴィエベール(C・ルメール騎手)
「いい走りでしたが、斤量と外枠が堪えた形です。2000mはいいですね。直線も本当によく伸びました」

3着 ハクサンルドルフ(川田将雅騎手)
「1コーナーからラヴィエベールをマークしてレースをしました。57,5キロの斤量でよく頑張っています」

4着 プリメラアスール(岩田康誠騎手)
「自分のレースをして直線も止まっていません。展開次第でチャンスがあります」

【外房特別】(中山)~ウイングチップが差し切る [News] [News]
2017/09/24(日) 16:30

中山10Rの外房特別(3歳以上1000万下・芝1600m)は5番人気ウイングチップ(丸田恭介騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分33秒6(良)。クビ差の2着に1番人気ハウメア、さらにハナ差の3着に6番人気 ヴェアリアスサマーが入った。

ウイングチップは美浦・宗像義忠厩舎の5歳セン馬で、父シンボリクリスエス、母ウイングレット(母の父タイキシャトル)。通算成績は21戦4勝。

~レース後のコメント~
1着 ウイングチップ(丸田恭介騎手)
「少頭数だったので、スムーズに行きたい所に行けました。抜け出すとソラを使うので、気をつけつつ余裕を持って動けたのがよかったですね」

2着 ハウメア(戸崎圭太騎手)
「いい感じだったのですが、追ってからジリジリとした伸びになってしまいました。あれっ、という感じでした」

3着  ヴェアリアスサマー(野中悠太郎騎手)
「スタート良く、自分のリズムで行けたのが1番でしたね。坂を上ってからも、よく踏ん張っていました」

全285件中 51件〜60件目を表示 [ 前の10件 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 次の10件 ]