毎週更新「挑戦!聴く『競馬クイズ』」ただいま公開中! [お知らせ] [お知らせ]
2017/08/09(水) 19:30

競馬は記憶のスポーツといわれます。
ラジオNIKKEIの競馬クイズに君は答えられるか?
ただいま毎週更新中「挑戦!聴く『競馬クイズ』」。
競馬の知識アップも間違いなし!

「挑戦!聴く『競馬クイズ』」
http://www.radionikkei.jp/keibaquiz/

「うまきんIII」は金曜20:00から好評放送中! [お知らせ] [お知らせ]
2017/08/09(水) 15:30

毎週金曜20:00は「うまきんIII」。
東西アナウンサー総出演で
思い思いの競馬トークと綿密な?予想をお送りします!
アナウンサーと一緒に競馬で楽しみましょう!

「うまきんIII」20:00~20:30(再放送は23:00~23:30)
ラジオNIKKEI第1、radiko.jp

メールは ana アット radionikkei.jp まで!

【関屋記念】美浦レポート~ロードクエスト [News] [News]
2017/08/09(水) 13:49
 13日(日)に新潟競馬場で行われる第52回関屋記念(GIII・芝1600m)に出走するロードクエスト(牡4、美浦・小島茂之厩舎)について、追い切り後の小島茂之調教師のコメントは以下の通り。

「前回(パラダイスS)は次の事も考えて自分のレースに徹しました。もう少し上の着に来られるかな、とも思いましたが、終わってそれほどダメージもなかったですし、良い叩き台になったのかなと思います。

 暑い時期なので、まず前走後は疲れを取ってあげました。ちょうど先週あたりが涼しかったので、どこで強い負荷をかけようかと考えた時に、先週でその強い負荷をかけることが出来たので、その意味では上手く行ったと思います。

 (今朝の追い切りは)先週の週半ばと週末で強い負荷をかけられたので、今朝はそんなに強い調教はいらないだろうと。デビュー当時のちょうどこの時期も、最終追い切りは無理せずの形で良い結果が出たので、今回もそのリズムを守る形にしました。若干先週に負荷をかけた分の硬さが残っていましたが、ギャロップに関しては凄く柔らかい動きでしたから、ホッとしましたね。前回から馬体的にそんなに大きく変わった訳ではないのですが、馬も凄く膨らんでいて大きく見えるくらいですし、輸送とここへ来ての暑さの戻りで少し減るかも知れない、くらいでしょう。

 (非常に強いレースだった新潟2歳S以来の新潟コース)あの時は、みんなが外へ行った中で内へ入って行ったので、余計に強く見えたのかもしれません。ただ、坂がない分この馬に合っているのだろうという感じは間違いなくあるので、イメージとしてみんなが持っている『この馬は新潟が強い』という期待に応えられたらなと思っています。暑さにも強いタイプだと思っていますし、頑張ってくれるのではないでしょうか」

(取材:大関隼)
【関屋記念】美浦レポート~ヤングマンパワー [News] [News]
2017/08/09(水) 13:43

 13日(日)に新潟競馬場で行われる第52回関屋記念(GIII・芝1600m)に出走予定のヤングマンパワー(牡5、美浦・手塚貴久厩舎)について、追い切り後の手塚貴久調教師のコメントは以下の通り。

「安田記念(16着)は真っ向勝負に行きましたが跳ね返された、という内容でしたね。残念ではありましたが、GIだとまだ力が足りない、というのが正直なところでしょうか。

 安田記念が目一杯の仕上げだったので、レース後の疲労は若干ありました。ただ、このレースまでは間隔がありましたから、まずは休んでから立ち上げて、動かし始めてからは順調に来ていますね。

 いつもは坂路で追い切っていますが、先週はちょっと気分を変えてみようということでウッドチップコースに入れました。そこで(今回騎乗する)石橋脩騎手に乗って貰いましたが時計も動きも良かったですし、石橋騎手にも良い感覚を掴んで貰えたのでチップに入れて良かったです。今週は、暑い時期なのでオーバーワークは避けたいなということで、坂路に戻して追い切りましたが、いつも通りの動きでしたね。去年勝った時と遜色ない状態で出せると思いますし、(去年と比べて)斤量が1キロ増えても影響するとも思えないですから。今年はGIを勝っている馬もいますが、新潟は相性が良いですから、頑張ってくれると思います。

 (今回は前に行く馬も多そうですが)この馬に関しては先行抜け出し、というイメージを持たれているのですが、入りの3ハロンがそんなに速い馬ではないので、レースの流れ次第で中段から徐々に上げて行ったりという形も考えなくてはいけないのかなと。スローペースなら先行すればいいですから、とにかくこの馬のリズムで走ってくれればと思います。

 去年はここから富士Sも勝って充実してきましたから、今年もそうなってくれれば良いですね。1歳年齢は重ねましたがまだまだ馬は若いですし、今年も同じようなステップを踏めれば、と思っています」

(取材:大関隼)

【阿蘇S】栗東レポート~マインシャッツ [News] [News]
2017/08/09(水) 12:40

12日(土)に小倉競馬場で行われる阿蘇ステークス(3歳以上オープン)に登録しているマインシャッツ(牡4、栗東・西浦勝一厩舎)について、西浦勝一調教師のコメントは以下の通り。

(前走の薩摩ステークス1着を振り返って)
「本当に武マジックを見せてもらいました。
 この馬の良い所を上手く武騎手が計算して乗ってくれたのではないかと思っています」

(馬が成長した部分は?)
「精神力ですね。今までずっと子供っぽい面が見られて、なかなか競馬に行って、気持ちだけが入ってしまったところがありました。今はその精神力が上手く備わってきて、競馬に向けて集中できるというのが良くなった点だと思います」

(今回のレースに向けて)
「毎回ジョッキーが替わっているので、そこを何とか上手くクリアしてもらえたら良いかなと思います。
 (ポイントは)相手関係よりレース展開ではないかと思います。
 前回もその前もそうだったのですが、自分のペースで運んで行って、終いを生かせるような競馬をしてもらえれば良いかなと思います。
 無理せずに中団ぐらいから進んで、向正面から外へ出して、上手く流れに乗ってくれればと思っています。
 何とかここを無事通過して、秋にグレードレースを狙っていけるような馬に成長してほしいです。チャンピオンズカップに出走できるようになってくれれば良いですね」

(取材:米田元気)

【エルムS】栗東レポート~テイエムジンソク [News] [News]
2017/08/09(水) 12:38

13日(日)に札幌競馬場で行われる第22回エルムステークス(GIII)に登録しているテイエムジンソク(牡5、栗東・木原一良厩舎)について、木原一良調教師のコメントは以下の通り。

(目下3連勝を振り返って)
「今までのレース内容が嘘のような流れで勝っていますよね。何かが吹っ切れたのでしょうか。もともと2着、3着を繰り返していた馬なので、いつ勝ってもおかしくないような状態で出していました。休養を挟んでの1戦目が楽勝で、その後もポンポンと2連勝。このオープンの2連勝というのはすごいなと思っています。
 今まで苦労して負けていたのが嘘のようなレース内容ですし、それも楽に勝っているので、これが本物かどうかというのは今度が試金石なのかなと思って見ています」

(前走後の調整について)
「(現地のスタッフからは)状態面は悪くないと聞いています。場所が函館から札幌に移った初日は少し力んでいましたが、落ち着いてきましたとのことです」

(今回のレースに向けて)
「右回りは一緒で、(コースの)形体的にもそんなに変わらないので、気にはしていません。あとはメンバーなのかなと思います。状態面に関しては 今のところ変わりなく、良い状態をキープしているので、何ら心配していません。
 途中から自分で行ってレースを作って、勝っているというのが、すごいなと思っていますし、(以前と)変わったところです。
 体は変わらないのです。いつも思うのですが、決してダート馬という体ではありません。下見所などで見て他と比べると頭が下がるような感じになります。見かけではないのですね。
 芝でも大丈夫なのかなとは思いますが、全然考えていません。
 何とか連勝をストップさせないで、持続したいと思っています。ご声援のほどよろしくお願いいたします」

(取材:米田元気)

【関屋記念】栗東レポート~ブラックムーン [News] [News]
2017/08/09(水) 12:37

13日(日)に新潟競馬場で行われる第52回関屋記念(GIII)に登録しているブラックムーン(牡5、栗東・西浦勝一厩舎)について、追い切り後の西浦勝一調教師のコメントは以下の通り。

(前走の中京記念3着を振り返って)
「すごく状態が良くて、レースを期待していました。しかし、途中で予想もしなかった雨に見舞われて、この馬に向かない馬場状態になってしまいました。その中で3着というのは、よく健闘してくれたなと思います」

(前走後の調整について)
「一応このレースを目標にしていましたので、中2週で上手く疲れを取りながら調整過程も上手くいきました」

(最終追い切りを振り返って)
「中2週ということで、なるべく疲れを出さないで、馬に走る気を起こさせるような、上がり重点の調教をしました。すごく良い感じで走っていました。
暑い中を上手く疲れを取ってくれていますので、(体調面は)大丈夫です」

(今回のレースに向けて)
「左回りでも右回りでも、自分のレースに徹したらそれなりの結果を出してくれています。自分のレースで運んでくれれば一番良いと思います。
 今が一番力を付けてきています。馬のシルエットが、穏やかで柔らかい筋肉質の体になってきているのが、目に見えて分かります。
 精神面では少しずつ上手く自分でコントロールしてきているので、早い段階から大人になっていたと思います。ここに来てまたジョッキーの思うように動いてくれるので、(精神面は)大丈夫かなと思っています。
 自分の競馬をした時の上がりの強さと言うのでしょうか、すごく切れる馬です。上手くそこを生かしてくれたら良いです。
 いつもながら、上がり最速の脚を使ってくれたら良いですね。
 ブラックムーンは夏を迎えてすごく充実していますので、何とかグレードレースを獲れるように、皆さんの応援をよろしくお願いします」

(取材:米田元気)

【関屋記念】栗東レポート~ウインガニオン [News] [News]
2017/08/09(水) 12:34

13日(日)に新潟競馬場で行われる第52回関屋記念(GIII)に登録しているウインガニオン(牡5、栗東・西園正都厩舎)について、追い切り後の西園正都調教師のコメントは以下の通り。

(前走の中京記念1着を振り返って)
「スタートは悪かったのですが、すぐに2番手につけました。内ラチピッタリに沿って、最後は離してくれました。安心して見ていられました」

(前走後の調整について)
「前走を勝った時点でサマーマイルシリーズが頭にありましたので、中2週というローテーションもありまして、当該週だけの追い切りで向かおうと思っていました」

(最終追い切りの内容を振り返って)
「(坂路800mを)長めの54秒8で、上がり(2ハロン)が24秒。上がり2ハロンを(それぞれ)12秒台で上がってくれましたので、これでしっかりと動けると思います。
 キビキビとした良い動きをしてくれましたので万全です。
 外面上は何も疲れている様子もなく来ています。(良い状態で)平行線を維持しているという感じです」

(今回のレースに向けて)
「3走前に1600mの新潟のオープンで逃げ切っていますので、コース相性は良いと思います。
 前走でもそうですが、展開に恵まれたところもありましたので、また今回もそのような展開になってほしいです。
 夏場に良績が集中しているように、本当に夏馬という感じです。
 ハナに行って、自分のペースで走れば、最後は他の馬を突き離す勝ち方ができます。
 前走は2番手でしたが、ハナに行った馬が離して逃げてくれましたので、単騎の逃げのような感じになりました。今度もそういった形になれば良いです。
 せっかくここまで来たからには何とかサマーマイルシリーズを獲って、この夏を締め括りたいと思いますので、応援のほどよろしくお願いいたします」

(取材:米田元気)