【UHB賞】(札幌)~イッテツが2番手から押し切る [News] [News]
2017/08/06(日) 16:41

札幌11RのUHB賞(3歳以上オープン・ハンデ・芝1200m)は3番人気イッテツ(藤岡佑介騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分07秒7(良)。クビ差の2着に5番人気ヒルノデイバロー、さらに1馬身半差の3着に2番人気タマモブリリアンが入った。

イッテツは美浦・斎藤誠厩舎の5歳牡馬で、父Invincible Spirit、母Temple Street(母の父Machiavellian)。通算成績は23戦6勝。

~レース後のコメント~
1着 イッテツ(藤岡佑介騎手)
「向正面で余裕があったので、行く馬を行かせて2番手からしっかりと伸びきってくれました。最後までよく辛抱してくれました。前走、控えて終いを伸ばす形のレースをしていたことが、今日につながったのではないでしょうか」

(斎藤誠調教師)
「パドックで一人で引けるようになるなど、落ち着きが出ました。洋芝と滞在競馬が合うのでしょうね。レースぶりも大人になってきました。この後はキーンランドCに向かう予定です」

4着 キッズライトオン(井上敏樹騎手)
「うまくはまりました。ハンデが軽かったのも良かったです」

7着 エポワス(柴山雄一騎手)
「3~4コーナーで内からどんどんぶつけられて、バランスを崩しリズムが崩れてしまいました。かわいそうなレースになってしまいました」

【天草特別】(小倉)~メイプルブラザーが連勝を決める [News] [News]
2017/08/06(日) 16:26

小倉10Rの天草特別(3歳以上1000万下・ダート1700m)は7番人気メイプルブラザー(森裕太朗騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分44秒9(良)。2馬身半差の2着に2番人気シロニイ、さらに2馬身差の3着に3番人気ダンサクドゥーロが入った。

メイプルブラザーは栗東・山内研二厩舎の3歳牡馬で、父カネヒキリ、母メイプルウィリング(母の父カコイーシーズ)。通算成績は7戦3勝。

~レース後のコメント~
1着 メイプルブラザー(森裕太朗騎手)
「早めに仕掛けて抜け出すという前走と同じようなレースができました。力をつけています。小回りにもしっかり対応していました。レパードステークスを除外になったのは残念でしたが、これで次のステップへ楽しみができました」

2着 シロニイ(D・ホワイト騎手)
「1番の人気馬(アディラート)を見ながらのレースでしたが、思った以上にそれが下がってきたので、外からの馬に負けました。併せる形になれば良かったのですが...。でもこの馬の力は出せました」

5着 ハイパーノヴァ(幸英明騎手)
「人気をしている馬を追いかけるレースで、差し馬勢に有利なレースになりました。でもこの馬自身、力はあるので今後も楽しみです」

11着 アディラート(戸崎圭太騎手)
「スタートは速く、いい形になりましたが、最初のペースが速かったからでしょうか。最後は手応えがありませんでした」

【驀進特別】(新潟)~アペルトゥーラが勝利 [News] [News]
2017/08/06(日) 16:13

新潟10Rの驀進特別(3歳以上1000万下・芝1000m)は7番人気アペルトゥーラ(石橋脩騎手)が勝利した。勝ちタイムは54秒4(良)。半馬身差の2着に4番人気ダイトウキョウ、さらに3/4馬身差の3着に3番人気スペチアーレが入った。

アペルトゥーラは美浦・国枝栄厩舎の6歳牡馬で、父マツリダゴッホ、母フサイチリニモ(母の父ジャングルポケット)。通算成績は31戦6勝。

~レース後のコメント~
1着 アペルトゥーラ(石橋脩騎手)
「比較はつきませんでしたが、状態は良さそうでした。ゲートを出すことに集中していきました。思ったよりも楽について行けて、反応してくれました。いい時に乗せていただいたと思います」

2着 ダイトウキョウ(武豊騎手)
「少し忙しかったでしょうか。初の1000mにしては頑張っています」

3着 スペチアーレ(大野拓弥騎手)
「うまく先手を取れて、最後まで集中して走っていました。こういうレースが出来れば楽しみです」

8着 ウランゲル(柴田大知騎手)
「途中から全く反応できませんでした。前走と比べると身体は使えていませんでした」

【青島特別】(小倉)~レインボーフラッグが差し切る [News] [News]
2017/08/06(日) 16:00

小倉9Rの青島特別(3歳以上500万下・芝1700m)は3番人気レインボーフラッグ(川田将雅騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分41秒2(良)。3/4馬身差の2着に1番人気エルビッシュ、さらに1馬身半差の3着に2番人気アポロテキサスが入った。

レインボーフラッグは栗東・小崎憲厩舎の4歳牡馬で、父ジャングルポケット、母レインボーシーカー(母の父ダンスインザダーク)。通算成績は13戦3勝。

~レース後のコメント~
1着 レインボーフラッグ(川田将雅騎手)
「距離も枠も展開もこの馬に向きました。いい内容で勝つことが出来ました」

2着 エルビッシュ(浜中俊騎手)
「いいレースをしてくれましたが、今日は勝ち馬が一枚上でした」

4着 エスカラード(和田竜二騎手)
「積極的なレースをしようと思っていましたが、前へ出るとモノを見るか突っ張って走って進んでいきません。気合は良かったですし、力のある馬なのですが...」

5着 トゥルーハート(加藤祥太騎手)
「返し馬では気合乗りが良く、調子も良さそうでした。今日のレースぶりなら、この相手でも通用する力はあると思います」

【大倉山特別】(札幌)~スウィフトレイドが4勝目を挙げる [News] [News]
2017/08/06(日) 15:52

札幌10Rの大倉山特別(3歳以上1000万下・ダート1700m)は2番人気スウィフトレイド(K・ティータン騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分44秒5(良)。クビ差の2着に3番人気メイショウエイコウ、さらにクビ差の3着に11番人気テイエムジョウネツが入った。

スウィフトレイドは美浦・堀宣行厩舎の4歳牡馬で、父Smart Strike、母スウィフトテンパー(母の父Giant’s Causeway)。通算成績は9戦4勝。

~レース後のコメント~
1着 スウィフトレイド(K・ティータン騎手)
「調教に乗って、いかにリズム良く、リラックスさせるかがポイントだと思っていました。思ったより外めの追走となりましたが、馬は気分よく走っていました。サポートしてくれている堀厩舎の馬で勝てて良かったです」

3着 テイエムジョウネツ(四位洋文騎手)
「もともとこういうタイプですし、後方からの競馬に。前が速く、展開に恵まれた面はあるにせよ、昇級戦でよく頑張っています」

5着 ロックキャンディ(古川吉洋騎手)
「内でうまく立ち回ることが出来ました。流れもよかったです」

札幌5Rの競走中止について [News] [News]
2017/08/06(日) 15:41

札幌5レースで、10番ペイシャジャン(城戸義政騎手)は下記疾病を発症したため、1コーナーで競走を中止した。

 馬:左前肢跛行
騎手:異状なし

(JRA発表による)

【月岡温泉特別】(新潟)~アクートが差し切る [News] [News]
2017/08/06(日) 15:34

新潟9Rの月岡温泉特別(3歳以上500万下・芝1800m)は3番人気アクート(C・ルメール騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分46秒2(良)。1馬身1/4差の2着に6番人気レッドアーサー、さらに1馬身1/4差の3着に2番人気ルネイションが入った。

アクートは美浦・宗像義忠厩舎の4歳牡馬で、父ステイゴールド、母シャーペンエッジ(母の父クロフネ)。通算成績は8戦2勝。

~レース後のコメント~
1着 アクート(C・ルメール騎手)
「速いペースがちょうど良く、リラックスして走っていました。直線でもよく伸びましたし、能力があります」

2着 レッドアーサー(岩田康誠騎手)
「うまくレースが出来ましたし、1800mも問題ありませんでした。今日は勝ち馬の切れ味が上でしたが、昇級でこれだけやれるのですから、能力を感じます」

3着 ルネイション(内田博幸騎手)
「なかなかいい脚で終いに来ていますが、前の2頭は強かったです。追いつきませんでした」

4着 ゴールドハット(武豊騎手)
「前2回と比べると力んでいました。そのせいかラストに脚が使えませんでした。本来はもっと良い脚が使えます」

【メイクデビュー】(札幌5R)~ペプチドオーキッドが人気に応える [News] [News]
2017/08/06(日) 15:09

札幌5Rのメイクデビュー札幌(芝1800m)は1番人気ペプチドオーキッド(四位洋文騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分51秒1(良)。1馬身1/4差の2着に3番人気トップヴォイス、さらに1馬身1/4差の3着に10番人気ネルが入った。

ペプチドオーキッドは栗東・木原一良厩舎の2歳牡馬で、父ワークフォース、母ペプチドヒノトリ(母の父クロフネ)。

~レース後のコメント~
1着 ペプチドオーキッド(四位洋文騎手)
「乗り込みも豊富で前向きな気性ですし、スッと出てくれて先手を取れました。少しムキになるところはありますが、2番手で我慢は出来ていましたし、今日のところは良かったのではないでしょうか」

3着 ネル(勝浦正樹騎手)
「まだ体に頼りなさがある中でも、上手に競馬をしてくれましたし、センスを感じました。これから良くなってくるでしょう」

6着 マーナガルム(古川吉洋騎手)
「最後は頭を上げていて、いかにも初戦という感じで気を遣いながら走っていました。それでもいい所を立ち回っていけましたし、ガラッと変わるはずです」

【メイクデビュー】(新潟5R、6R)~ロックディスタウン、ニシノウララがデビュー勝ち [News] [News]
2017/08/06(日) 15:01

新潟5Rのメイクデビュー新潟(芝1800m)は1番人気ロックディスタウン(C・ルメール騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分50秒4(良)。3/4馬身差の2着に4番人気タイムフライヤー、さらにクビ差の3着に2番人気シャルドネゴールドが入った。

ロックディスタウンは美浦・二ノ宮敬厩舎の2歳牝馬で、父オルフェーヴル、母ストレイキャット(母の父Storm Cat)。

~レース後のコメント~
1着 ロックディスタウン(C・ルメール騎手)
「とても乗りやすく、直線、いい反応でした。皆伸びている中、強かったです。トビが大きく、距離は延びても大丈夫です」

3着 シャルドネゴールド(岩田康誠騎手)
「切れ味の差で負けましたが、素直でいい馬です」

4着 ブリリアントデイズ(津村明秀騎手)
「速い上がりで切れ負けしましたが、がんばっていい競馬をしてくれました」

5着 ウォルビスベイ(武豊騎手)
「まだトモがすごくゆるいですね。良くなりそうな馬です」


新潟6Rのメイクデビュー新潟(芝1400m)は4番人気ニシノウララ(野中悠太郎騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分23秒7(良)。2馬身差の2着に1番人気アーモンドアイ、さらに4馬身差の3着に2番人気ゴールドシャッツが入った。

ニシノウララは美浦・伊藤大士厩舎の2歳牝馬で、父リーチザクラウン、母パラディナ(母の父Rahy)。

~レース後のコメント~
1着 ニシノウララ(野中悠太郎騎手)
「ゲートが速くて、2番手で我慢がきいていました。追い切りも動いていて、センスがあります。芝の短距離が向いていると思います」

(伊藤大士調教師)
「牧場でしっかり乗り込んでいましたし、仕上がりの差だと思います。次走は考えます」

3着 ゴールドシャッツ(柴田大知騎手)
「前の2頭が強かったのですが、この馬も狭いところに入っていけて伸びています」

4着 アースフライト(石橋脩騎手)
「返し馬からいろいろと気にしていました。ゲートは出てくれました。馬群に入れると気にしそうでしたし、スペースのあるところに持って行きたかったです。他の馬が来ると、外へ逃げるところがありましたが、しっかり脚を使ってくれました」

【メイクデビュー】(小倉5R、6R)~キボウノダイチ、サイエンがデビュー勝ち [News] [News]
2017/08/06(日) 14:51

小倉5Rのメイクデビュー小倉(芝1800m)は5番人気キボウノダイチ(高倉稜騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分51秒0(良)。ハナ差の2着に7番人気テイエムリボー、さらに2馬身半差の3着に2番人気ロングランメーカーが入った。

キボウノダイチは栗東・松元茂樹厩舎の2歳牡馬で、父バゴ、母ラクスクライン(母の父ステイゴールド)。

~レース後のコメント~
1着 キボウノダイチ(高倉稜騎手)
「ハナに行くつもりでしたが、スタートがあまり速くありませんでした。人気馬を見ながら運べたのですが、道中の手応えはあまり良くなくて心配しました。しかし、馬自身が脚の使いどころを分かっている感じで、良いセンスを見せてくれました。勝負根性もあります」

2着 テイエムリボー(小牧太騎手)
「思った通り走ってくれました。勝てたと思いましたが...」

3着 ロングランメーカー(D・ホワイト騎手)
「スタートでバタバタしている内に、他の馬に入られて位置取りが悪くなりました。終いは伸びているし、いい位置で競馬ができれば...」

6着 アンチェイン(松若風馬騎手)
「ゲートのタイミングが合いませんでした。まだ全体にパワーがありませんし、前々で流れに乗りたかったです」

小倉6Rのメイクデビュー小倉(牝馬・芝1200m)は3番人気サイエン(富田暁騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分09秒4(良)。4馬身差の2着に6番人気ピーナツ、さらに3馬身差の3着に1番人気ラガーデリゲートが入った。

サイエンは栗東・松元茂樹厩舎の2歳牝馬で、父バゴ、母トウカイルックス(母の父サンデーサイレンス)。

~レース後のコメント~
1着 サイエン(富田暁騎手)
「調教からスピードがあることを感じていました。今日の5レースで勝った馬と併せ馬をして、ほぼ同じ時計で走っていたので、期待していました。前々で減量(3キロ減)とスピードを生かして、レースが出来ました。まだ上の段階があるように思います。まだ、外に張っていくような若さはありますが、根性もあるので楽しみです。短いところが合っていそうです」

2着 ピーナツ(幸英明騎手)
「競馬が上手です。でも今日は勝ち馬が強かったです。レースは良い内容でした」

3着 ラガーデリゲート(松山弘平騎手)
「スタートが速く初戦タイプでしたが、最後は息切れしてしまいました」

4着 スターアイリス(戸崎圭太騎手)
「まだ幼く、レースというものが分かっていないようです」

全23件中 11件〜20件目を表示 [ 前の10件 1 2 3 次の10件 ]