ディープインパクト産駒、通算勝利数JRA史上単独第6位に [News] [News]
2017/08/05(土) 15:03

札幌8レースで、7番ロードアルバータ(C.ルメール騎手)が1着となり、ディープインパクト産駒のJRA通算勝利数が1426勝となった。
これは、サクラバクシンオーの持つJRA通算1425勝の記録を抜き、種牡馬の産駒のJRA通算勝利数で単独第6位となる記録である。

(JRA発表による)

小崎憲調教師がJRA通算200勝達成 [News] [News]
2017/08/05(土) 14:44

小倉6レースで9番サイレントアスカ(川田将雅騎手)が1着となり、同馬を管理する小崎憲調教師(栗東)は現役110人目となるJRA通算200勝を達成した。

~小崎憲調教師のコメント~
「これまで力を貸していただいたたくさんの方々と、暑いなか命懸けで走ってくれた馬たちに感謝です。また次のレース、次の1勝に向けて気を引き締めてやっていきたいと思います」

(JRA発表による)

【メイクデビュー】(小倉5R)~バーニングペスカが逃げ切りV [News] [News]
2017/08/05(土) 14:39

小倉5Rのメイクデビュー小倉(芝1200m)は2番人気バーニングペスカ(武豊騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分08秒7(良)。クビ差の2着に5番人気ラブカンプー、さらに3馬身半差の3着に1番人気カフジバンガードが入った。

バーニングペスカは栗東・松永昌博厩舎の2歳牡馬で、父パイロ、母メイショウガンツ(母の父ダイワメジャー)。

~レース後のコメント~
1着 バーニングペスカ(武豊騎手)
「新馬向きなのは確かです。スタートは速いし、スピードを生かすことが出来ました」

2着 ラブカンプー(浜中俊騎手)
「他馬を怖がる面があり、直線で勝ち馬を見て外に逃げました。いいスピードがあります」

3着 カフジバンガード(岩崎翼騎手)
「落ち着いていましたが、1200mは忙しかったかもしれません」

4着 トウカイオルデン(北村友一騎手)
「素直で従順な馬です。競馬では1歩目は速くなくとも、促したら出ていきますし、追ってからの反応もいいですね。ただまだ、体にゆとりがあるので、動ききれていないところがあります」

5着 テイエムオスカー(松山弘平騎手)
「調教もよくて、返し馬もよかったのですが、レースでは脚を突っ張るようなところがありました」

【メイクデビュー】(新潟5R)~ウラヌスチャームが大外から差し切り勝利 [News] [News]
2017/08/05(土) 14:19

新潟5Rのメイクデビュー新潟(芝1600m)は4番人気ウラヌスチャーム(石橋脩騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分38秒2(良)。ハナ差の2着に2番人気カーボナード、さらに1馬身半差の3着に1番人気ノーブルカリナンが入った。

ウラヌスチャームは美浦・斎藤誠厩舎の2歳牝馬で、父ルーラーシップ、母アメジストリング(母の父フジキセキ)。

~レース後のコメント~
1着 ウラヌスチャーム(石橋脩騎手)
「ゲートでは前に出ようとして力んだため、ジャンプするようになってしまいました。もう慌てても仕方がないので、終いにどれぐらい脚を使ってくれるのかと思っていましたが、この上がりで差し切るのですから能力があります。まだ良くなります」

2着 カーボナード(岩田康誠騎手)
「操縦性が高く、乗りやすくて能力を感じます。もう少しでした」

3着 ノーブルカリナン(M.デムーロ騎手)
「新馬戦なのに、こんなに速い上がりになるとは......。まじめで一生懸命頑張っています」

4着 パイオニアバイオ(柴田善臣騎手)
「乗り味がよくて、センスもいいものを持っています。ただ、まだ体が幼いので、追い出すと体が起きてきます。少し力がついてくればいいです」

【メイクデビュー】(札幌5R)~サフランブーケが逃げ切り勝ち [News] [News]
2017/08/05(土) 14:09

札幌5Rのメイクデビュー札幌(芝1200m)は2番人気サフランブーケ(古川吉洋騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分09秒9(良)。1馬身半差の2着に5番人気ファストライフ、さらに2馬身差の3着に3番人気ミスルーアが入った。

サフランブーケは栗東・北出成人厩舎の2歳牝馬で、父スターリングローズ、母サフランカーネギー(母の父カーネギー)。

~レース後のコメント~
1着 サフランブーケ(古川吉洋騎手)
「スタートがよかったですね。物見をして外に逃げていきましたが、ラストまでしっかり伸びて完勝でした。真面目で素直、乗りやすい馬です」

2着 ファストライフ(坂井瑠星騎手)
「道中はいい感じに追走できました。勝った馬は強かったですが、この馬もすぐチャンスが来ると思います」

3着 ミスルーア(勝浦正樹騎手)
「ゲートが今一つでした。終いは伸びているだけにもったいなかったです」

4着 アーヴァイン(K.ティータン騎手)
「アクションはよかったのですが、新馬ですし、まだこれからです」

【2歳未勝利】(新潟1R、新潟2R)~ロジャージーニアス、フローラルシトラスが勝利 [News] [News]
2017/08/05(土) 14:02

新潟1Rの2歳未勝利(芝1800m)は1番人気ロジャージーニアス(吉田隼人騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分48秒1(良)。2馬身差の2着に2番人気モカチョウサン、さらに2馬身差の3着に4番人気サノサンが入った。

ロジャージーニアスは美浦・武井亮厩舎の2歳牡馬で、父ネオユニヴァース、母クリミナルコード(母の父Red Ransom)。通算成績は2戦1勝。

~レース後のコメント~
1着 ロジャージーニアス(吉田隼人騎手)
「スタートは速くなかったですが、長い向正面でイメージ通りの位置につけられました。もう少しスパッと切れるイメージでしたが、トビが大きくて、ジワジワと長く脚を使っていました」

2着 モカチョウサン(戸崎圭太騎手)
「しっかりと終い伸びています。スタートと二の脚が良くなるといいでしょう」

4着 マイネルシクザール(宮崎北斗騎手)
「乗りやすくなってきました。まっすぐ走れるようになっています」


新潟2Rの2歳未勝利(直線・芝1000m)は2番人気フローラルシトラス(藤田菜七子騎手)が勝利した。勝ちタイムは55秒9(良)。3馬身差の2着に1番人気キミワテンマ、さらに1馬身差の3着に8番人気ドゥルガーが入った。

フローラルシトラスは美浦・武井亮厩舎の2歳牝馬で、父キンシャサノキセキ、母ケイティマイヒメ(母の父コロナドズクエスト)。通算成績は2戦1勝。

~レース後のコメント~
1着 フローラルシトラス(藤田菜七子騎手)
「スタートが上手でスピードもあります。内枠から外へ出していくときに迷惑を掛けてしまいました。直線1000mは合っていると思っていましたし、最後までよく頑張ってくれました」

2着 キミワテンマ(戸崎圭太騎手)
「初の直線1000mでしたが、上手に走っていました」

4着 ウインファルコン(柴田大知騎手)
「スタートは決まりましたが、その後が遅く、気合をつけながら行きました。初めての1000mは忙しそうでしたし、次には慣れが見込めると思います」

5着 ピカピカ(西田雄一郎騎手)
「道中左にもたれっぱなしでした。外枠が引ければ次は違うと思います」

【2歳未勝利】(小倉1R、小倉2R)~ショウナンタクト、タガノスカイハイが勝利 [News] [News]
2017/08/05(土) 13:49

小倉1Rの2歳未勝利(九州産馬・芝1200m)は1番人気ショウナンタクト(武豊騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分10秒2(良)。クビ差の2着に8番人気プリンセスブーケ、さらに1馬身1/4差の3着に3番人気ヒトモジノグルグルが入った。

ショウナンタクトは栗東・梅田智之厩舎の2歳牡馬で、父ヨハネスブルグ、母クイックジャイヴ(母の父A.P. Indy)。通算成績は2戦1勝。

~レース後のコメント~
1着 ショウナンタクト(武豊騎手)
「思った以上にスタートを出てくれました。道中もスムーズで着差以上に余裕がありました」

2着 プリンセスブーケ(加藤祥太騎手)
「2走目で、返し馬から馬が変わっていた事が分かりました。前走よりしっかりついていけました。こういうレースをしていけば楽しみです」

3着 ヒトモジノグルグル(D.ホワイト騎手)
「小柄な馬で、道中もまれながらも頑張っていました。いい経験になったと思います」

4着 マエムキ(松若風馬騎手)
「初戦よりゲートは出てくれました。道中も流れに乗っていましたが、ラストは脚が上がってしまいました」

5着 テイエムオオアマミ(田中健騎手)
「使って馬が良くなっていました。前半はついていけませんでしたが、後半はしっかり脚を使ってくれました。使いつつ良くなりそうです」


小倉2Rの2歳未勝利(芝1800m)は3番人気タガノスカイハイ(秋山真一郎騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分49秒0(良)。クビ差の2着に6番人気シゲルホウレンソウ、さらに半馬身差の3着に4番人気タガノバルバドスが入った。

タガノスカイハイは栗東・角田晃一厩舎の2歳牡馬で、父ルーラーシップ、母キープクワイエット(母の父エアジハード)。通算成績は2戦1勝。

~レース後のコメント~
1着 タガノスカイハイ(秋山真一郎騎手)
「1800mは問題ありませんでした。道中は後ろからつついてもらって進んで、まだ自分からというわけではありません。性格は前走でつかんでいましたから、その点は大丈夫でした。まだ幼いところがありますね」

2着 シゲルホウレンソウ(高倉稜騎手)
「バテそうでバテないタイプ。先週のレースの傾向から、前々でしぶとさを生かすレースをしようと思っていました。最後の最後で少し甘くなってしまいました」

3着 タガノバルバドス(和田竜二騎手)
「流れには乗っていましたが、前走ほど進んでいく感じではありませんでした。今回は3回目ですが、そんなに負けていません。使いつつですね」

4着 ミーティアトレイル(荻野極騎手)
「道中はいい位置につけましたが、馬群が団子状態になって、進路が取れませんでした。一瞬前の馬の間が空きましたが、前残りの流れもあってうまくいきませんでした」

【2歳未勝利】(札幌1R)~サニーダンサーが2番手から押し切る [News] [News]
2017/08/05(土) 13:33

札幌1Rの2歳未勝利(ダート1000m)は2番人気サニーダンサー(C.ルメール騎手)が勝利した。勝ちタイムは59秒9(良)。1馬身1/4差の2着に1番人気ディアバビアナ、さらに3馬身差の3着に7番人気クオーレカルドが入った。

サニーダンサーは美浦・加藤征弘厩舎の2歳牡馬で、父バンブーエール、母バンビーナココ(母の父フォーティナイナー)。通算成績は2戦1勝。

~レース後のコメント~
1着 サニーダンサー(C.ルメール騎手)
「1000mのダートが合っていましたね。1200mも大丈夫そうです。スタートからスピードがあるので乗りやすく、いつでも動いていけます」

5着 クローバーレッド(城戸義政騎手)
「頭の高い走法なので、ダートの方が良さそうです」

★★明日の出走取消(新潟1R、小倉12R)★★ [News] [News]
2017/08/05(土) 13:23

明日の新潟1レースに出走予定だったアイビリーブは左前踏創のため、馬番発表前に出走取消となった。

明日の小倉12Rに出走予定だったヴィーヴァテキーラは左前肢跛行のため、馬番発表前に出走取消となった。

(8月5日 9:30 JRA発表)

全19件中 11件〜19件目を表示 [ 前の10件 1 2 ]