【HBC賞】(札幌)~ライトフェアリーが2番手から突き抜け快勝 [News] [News]
2017/08/05(土) 16:52

札幌12RのHBC賞(3歳以上1000万下・芝1200m)は3番人気ライトフェアリー(柴山雄一騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分08秒3(良)。2馬身半差の2着に1番人気ペイシャフェリシタ、さらにハナ差の3着に8番人気ロイヤルメジャーが入った。

ライトフェアリーは美浦・石毛善彦厩舎の5歳牝馬で、父サムライハート、母フラワーフェアリー(母の父アルカセット)。通算成績は16戦5勝。

~レース後のコメント~
1着 ライトフェアリー(柴山雄一騎手)
「強かったですね。外枠からもまれずに、すんなり行けたのが良かったと思います。テンに少し仕掛けて行きましたが、良すぎるくらいの手応えでした」

2着 ペイシャフェリシタ(C.ルメール騎手)
「休み明けでしたが、よく伸びていました。次走はもっと良くなると思います」

3着 ロイヤルメジャー(城戸義政騎手)
「3コーナーで不利がありました。それでも終いはよく来ていましたし、昇級戦としてはいい内容だったと思います」

【九州スポーツ杯】(小倉)~伏兵スノーエンジェルが楽々と逃げ切る [News] [News]
2017/08/05(土) 16:46

小倉11Rの九州スポーツ杯(3歳以上1000万下・芝1200m)は10番人気スノーエンジェル(鮫島克駿騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分07秒3(良)。2馬身差の2着に2番人気ポップオーヴァー、さらに3/4馬身差の3着に4番人気ブラッククローバーが入った。

スノーエンジェルは栗東・浅見秀一厩舎の5歳牝馬で、父スウェプトオーヴァーボード、母サイレントプレアー(母の父サンデーサイレンス)。通算成績は25戦4勝。

~レース後のコメント~
1着 スノーエンジェル(鮫島克駿騎手)
「スタートが決まりました。少頭数なのでハナに行こうと考えていました。レース前に描いていた通りの競馬が出来ました。気の悪さはありますが、ハナに行って気持ち良く走っていました。時計も速くて優秀でした」

2着 ポップオーヴァー(D.ホワイト騎手)
「楽に行けましたし、脚も溜められました。引っ掛かることもなく、全て理想的でした。しかし、(2着は)仕方がありません」

3着 ブラッククローバー(松山弘平騎手)
「外に速い馬がいたので、2番手につけてリズムよく競馬が出来ました」

6着 ハピネス(川田将雅騎手)
「最後まで頑張ってくれていますが、枠も枠でしたし、外を回らされる形になりました」

10着 サトノフラム(北村友一騎手)
「4コーナーでは手応えが怪しくなり、直線に向いてから突っ張って走る感じになってしまいました」

【越後S】(新潟)~人気のエイシンバランサーが大外から豪快に差し切り勝利 [News] [News]
2017/08/05(土) 16:37

新潟11Rの越後ステークス(3歳以上1600万下・ダート1200m)は1番人気エイシンバランサー(岩田康誠騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分11秒7(良)。クビ差の2着に2番人気ウインオスカー、さらに3/4馬身差の3着に7番人気ドリームドルチェが入った。

エイシンバランサーは栗東・西園正都厩舎の5歳牡馬で、父Ghostzapper、母Mayomast(母の父Mizzen Mast)。通算成績は19戦5勝。

~レース後のコメント~
1着 エイシンバランサー(岩田康誠騎手)
「腹をくくってジッとして、内をうまく立ち回れましたし、直線はいい脚を使ってくれました。能力があるからこそ、これだけのパフォーマンスをしてくれました」

2着 ウインオスカー(菱田裕二騎手)
「自分の考えていた競馬は100%出来ました。道中のリズムは最高に良かったですし、あと少しでした。まだ4歳、力をつけていますし、この先が楽しみです」

3着 ドリームドルチェ(野中悠太郎騎手)
「本当はもう一列前で運びたかったのですが、4コーナーから追い出して良く走ってくれています。勝った馬は強かったです。芝スタートで左回り、平坦はあっています」

5着 ライドオンウインド(津村明秀騎手)
「自分の競馬に徹して、この流れでよく来ています」

【指宿特別】(小倉)~ナムラミラクルが2番手から抜け出し快勝 [News] [News]
2017/08/05(土) 16:26

小倉10Rの指宿特別(3歳以上500万下・ダート1700m)は4番人気ナムラミラクル(藤懸貴志騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分46秒1(良)。2馬身半差の2着に2番人気ムイトオブリガード、さらにクビ差の3着に6番人気サウスオブボーダーが入った。

ナムラミラクルは栗東・杉山晴紀厩舎の4歳牡馬で、父スパイキュール、母アーダーチャリス(母の父サクラバクシンオー)。通算成績は16戦3勝。

~レース後のコメント~
1着 ナムラミラクル(藤懸貴志騎手)
「前走あたりから状態が戻ってきていて、今日は追い切りどおりのいい動きでした。時計はよかったし、元々上のクラスで上位に来ていた馬で、この先も楽しみです」

3着 サウスオブボーダー(鮫島克駿騎手)
「気の悪いところがあると聞いていたので、集中力を切らさないように気をつけました。いいポジションで、いいレースが出来ました」

9着 ベディヴィア(松若風馬騎手)
「スタートでつまずいた分です。センスがあるし、このクラスでも通用します。広いコースのほうが合っているかもしれません」

【札幌日経OP】(札幌)~断然人気のモンドインテロが鮮やかに差し切る [News] [News]
2017/08/05(土) 16:12

札幌11Rの札幌日経オープン(3歳以上オープン・芝2600m)は1番人気モンドインテロ(C.ルメール騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分40秒6(良)。半馬身差の2着に5番人気シルクドリーマー、さらにクビ差の3着に2番人気ラブラドライトが入った。

モンドインテロは美浦・手塚貴久厩舎の5歳牡馬で、父ディープインパクト、母シルクユニバーサル(母の父ブライアンズタイム)。通算成績は17戦7勝。

~レース後のコメント~
1着 モンドインテロ(C.ルメール騎手)
「スタートでぶつけられて後ろからになったのですが、リラックスしていましたし、4コーナーでもパワー十分でしたから、自信がありました。スペースが空くとすごくいい反応をしてくれて、楽に勝つことが出来ました」

2着 シルクドリーマー(柴山雄一騎手)
「イメージ通りの位置を取れましたし、みんなが早く仕掛けたこともこの馬には良かったです。頑張ってくれましたが、相手が悪かったですね。前が空いてから一気に来られてしまいました」

9着 トゥインクル(古川吉洋騎手)
「休み明けの分ですね。3コーナーまでいい感じでしたが、まわりが一気に動いたときに行けませんでした。1年ぶりでしたから、次は変わってくると思います」

【信濃川特別】(新潟)~人気のキセキが外から一気に差し切り連勝 [News] [News]
2017/08/05(土) 16:03

新潟10Rの信濃川特別(3歳以上1000万下・芝2000m)は1番人気キセキ(M.デムーロ騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分56秒9(良)。1馬身半差の2着に2番人気ブラックプラチナム、さらに2馬身差の3着に3番人気サーレンブラントが入った。

キセキは栗東・角居勝彦厩舎の3歳牡馬で、父ルーラーシップ、母ブリッツフィナーレ(母の父ディープインパクト)。通算成績は6戦3勝。

~レース後のコメント~
1着 キセキ(M.デムーロ騎手)
「素晴らしい馬です。強かったです。私は折り合いだけ気をつけて何もしていません」

2着 ブラックプラチナム(戸崎圭太騎手)
「相手が強かったです。この馬も良く走っています」

6着 ビービーガウディ(大野拓弥騎手)
「馬のリズムで走らせましたが、追走に苦労していました。脚を使っています。もう少し距離があってもいいかもしれません」

【十勝岳特別】(札幌)~人気のタガノアスワドが早め先頭から押し切り勝ち [News] [News]
2017/08/05(土) 15:52

札幌10Rの十勝岳特別(3歳以上500万下・牝馬・芝1800m)は1番人気タガノアスワド(国分恭介騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分47秒5(良)。ハナ差の2着に11番人気ゴッドカリビアン、さらに1馬身半差の3着に2番人気スターファセットが入った。

タガノアスワドは栗東・五十嵐忠厩舎の3歳牝馬で、父ネオユニヴァース、母エイシンミュー(母の父スピニングワールド)。通算成績は6戦2勝。

~レース後のコメント~
1着 タガノアスワド(国分恭介騎手)
「前に行く馬が多かったので、控えて途中から動くパターンも考えていました。結果的にもう少し仕掛けを待っても良かったかもしれませんが、今日のような競馬も出来るようになって、馬も良くなっています。勝てて良かったです」

2着 ゴッドカリビアン(柴山雄一騎手)
「いい感じでしたし、道中もリズム良く走れていました。最後も一瞬交わしたと思いましたが......」

4着 ジャストザマリン(丸山元気騎手)
「レースはうまく行きました。今日は久々の分もあったでしょうか」

5着 リナーテ(K.ティータン騎手)
「休み明けの分か、スタートしたあとにテンションが高かったのですが、すぐリラックスして走れていました。一度使ったことで次はさらに良くなると思います」

【ダリア賞】(新潟)~断然人気のタイセイプライドがデビュー2連勝 [News] [News]
2017/08/05(土) 15:43

新潟9Rのダリア賞(2歳オープン・芝1400m)は1番人気タイセイプライド(M.デムーロ騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分22秒4(良)。1馬身3/4差の2着に5番人気シャインカメリア、さらに半馬身差の3着に2番人気ニシノベースマンが入った。

タイセイプライドは栗東・西村真幸厩舎の2歳牡馬で、父ヨハネスブルグ、母キャニオンリリー(母の父エルハーブ)。通算成績は2戦2勝。

~レース後のコメント~
1着 タイセイプライド(M.デムーロ騎手)
「能力は本当にありますが、まだ馬が緩いです。イライラしていたので、スタートは遅かったのですが、二の脚がすごく速かったですし、競馬ではまじめな馬です。1200mでも1600mでも大丈夫です」

2着 シャインカメリア(吉田豊騎手)
「出して行った分、ゲートを出た後ハミを噛みましたが、1頭になって抜けましたから、これなら踏ん張れると思いました。4コーナーで後続に一気に来られたのは厳しかったですが、逃げ馬ですからそれは仕方がないですね」

3着 ニシノベースマン(戸崎圭太騎手)
「距離は長い方がいいと思います。対応はしてくれましたが、終いが甘くなってしまいました」

4着 フィルハーモニー(柴田大知騎手)
「ペースが上がったところで忙しくなってしまいましたが、まだまだこれから良くなる馬です。頑張っていると思います」

【都井岬特別】(小倉)~エッジースタイルが好位から抜け出し連勝 [News] [News]
2017/08/05(土) 15:22

小倉9Rの都井岬特別(3歳以上500万下・牝馬・芝2000m)は3番人気エッジースタイル(荻野極騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分59秒5(良)。2馬身差の2着に1番人気ユイフィーユ、さらにハナ差の3着に2番人気ザクイーンが入った。

エッジースタイルは栗東・高橋義忠厩舎の4歳牝馬で、父ハービンジャー、母ランズエッジ(母の父ダンスインザダーク)。通算成績は13戦3勝。

~レース後のコメント~
1着 エッジースタイル(荻野極騎手)
「道中は折り合ってスムーズに運べました。いい位置でしたし、最後も持っている脚を使ってくれました。いい内容でした」

2着 ユイフィーユ(武豊騎手)
「道中はすごくいい感じでした。しかし、未勝利を勝った時の脚が出ませんでした」

6着 ブライトムーン(幸英明騎手)
「いい脚を使っていますが、中団ぐらいで運べたら結果は違っていたと思います」

矢作芳人調教師がJRA通算500勝達成 [News] [News]
2017/08/05(土) 15:18

札幌6レースで、12番エール(坂井瑠星騎手)が1着となり、同馬を管理する矢作芳人調教師(栗東)は、史上135人目、現役28人目となるJRA通算500勝を達成した。

~矢作芳人調教師のコメント~
「いつも頑張ってくれている馬、スタッフ、家族にありがとうと言いたいです。これだけ早く達成できたのも、応援してくれている馬主やファンの皆様のおかげと思っています。深く感謝いたします。これからももっと競馬を盛り上げられるよう、楽しく努力していきたいと思いますので応援よろしくお願いします」

(JRA発表による)

全19件中 1件〜10件目を表示 [ 1 2 次の10件 ]