【レパードS】栗東レポート~タガノディグオ [News] [News]
2017/08/02(水) 17:43

☆6日(日)に行われる第9回レパードステークス(GIII)に出走を予定しているタガノディグオ(牡3、宮徹厩舎)について、追い切り後の関係者のコメントは以下の通り。

◎タガノディグオについて、宮徹調教師

・前走のジャパンダートダービーは上位2頭がいい位置からのレースをした中で中団から内をついて、メンバー中最速の上がりで追い上げてくれました。悪い内容では無かっただけに勝ちたかったですね。

・その後は間隔も詰まっていたことから放牧には出さず厩舎で一息入れた後二週前から追い切りをかけてきました。これまでは一ヶ月は空けて使ってきましたが今回はそれまでより間隔を詰めたことで気合ものって身体も締まっていい感じです。

・今朝はオープンのブライトアイディアを先行させてラストの2ハロンを併せる最終追い切りでした。上がりの動きも息の入りも問題ありませんでした。調整に狂いも無く前走よりいい感じです。

・左回りの経験が無いのでその点がどうかというところがありますが、ハナにはこだわらず相手を見ながらの馬ですから心配はしていません。以前よりゲートも良くなっているので前半からレースに参加して速い上がりの脚を発揮できるようになっています。

・ここまで順調にきています重賞の舞台でいいレースをしてもらいたいですね。

《取材:檜川彰人》

【小倉記念】栗東レポート~ベルーフ [News] [News]
2017/08/02(水) 17:41

☆6日(日)に行われる第53回小倉記念(GIII)に出走を予定しているベルーフ(牡5、池江泰寿厩舎)について、追い切り後の関係者のコメントは以下の通り。

◎ベルーフについて、池江泰寿調教師

・この馬は集中力が切れやすいので前半はリラックスさせて後半に走りを集中させさせています。後ろからレースを運んで後半に外側をまくっていくような脚質です。前走のエプソムC(11着)はそれがはまらないレースでしたね。

・その後はレースのダメージも無く実績のある小倉のこのレースを目標に逆算して乗り込んできました。もともと稽古駆けする馬ではありませんが一週前追い切りは集中して走っていました。

・今朝はレースでも乗るホワイト騎手が跨りCWコースで半マイルを馬ナリでサッという内容でした。ホワイト騎手は昨年も最終追い切りに騎乗したのですが、状態も追い切り後の息の入りも昨年以上と言っていました。

・小倉の2000mは小回りでもある程度差しが届きます。自分のレースに徹して展開が向けば集中力を切らさず走ってくれます。ハンデの57kgは重賞勝ち馬ですから仕方無いでしょう。状態も昨年よりもいいので小倉競馬場との相性を生かして頑張ってもらいたいですね。

《取材:檜川彰人》

【小倉記念】栗東レポート~バンドワゴン [News] [News]
2017/08/02(水) 17:39

☆6日(日)に行われる第53回小倉記念(GIII)に出走を予定しているバンドワゴン(牡6、石坂正厩舎)について、追い切り後の関係者のコメントは以下の通り。

◎バンドワゴンについて、石坂正調教師

・前走の鳴尾記念は久々の重賞チャレンジでしたが、さすがに相手が強かったですね。最後は伸びあぐねて7着という結果になってしまいました。

・この馬は使い込めないタイプなので前走後、放牧に出して小倉記念を目標に調整をしてきました。今朝は坂路で強めの追い切りでした。ラスト1ハロンが11.9秒といい動きでした。小倉競馬場は結果が出ていませんが今後のために対応できるようになっていかなければいけません。

・ハンデの54kgはよかったと思います。3歳時、期待されながらも致命的ともいえる故障を負い、そこから復帰して2勝を上げてくれました。前々走では馬群の中から伸びてきたように競馬も以前ほどガムシャラではなくなりました。我慢が出来て脚が溜まるようになっています。何とか復活して重賞でも走って欲しいですね。

《取材:檜川彰人》

【小倉記念】栗東レポート~ストロングタイタン [News] [News]
2017/08/02(水) 17:38

☆6日(日)に行われる第53回小倉記念(GIII)に出走を予定しているストロングタイタン(牡4、池江泰寿厩舎)について、追い切り後の関係者のコメントは以下の通り。

◎ストロングタイタンについて、池江泰寿調教師

・前走のマレーシアCは夏場になって汗をかいて代謝が良くなり復調していたようです。降級していたこともありますが二走前とは違ってこの馬らしいレースだったと思います。

・その後は間隔も短いので放牧に出さず厩舎で調整を続けました。追い切りについては速いのは今週の一本だけ。騎手が乗って坂路でラスト1ハロンを単走でシャープに伸ばすという指示でした。走る姿を見ても軸がぶれることの無い素晴らしい走りでした。
前走も良かったのですが今回は使った上積みもあるはずです。

・夏の小倉は実績十分で問題ありません。大型馬ですが軽い高速馬場で持ち味が生きるタイプです。課題は精神面でまだ幼いところがあるのでその点が改善してくればというところです。

・ハンデの55kgは何とかおさまってよかったという印象です。この馬は小倉デビューで小倉実績があり小倉のファンの方からこの馬宛にファンレターが届きます。なんとかそのファンの皆さんの前で重賞を勝ちたいですね。

《取材:檜川彰人》

【小倉記念】栗東レポート~ヴォージュ [News] [News]
2017/08/02(水) 17:36

☆6日(日)に行われる第53回小倉記念(GIII)に出走を予定しているヴォージュ(牡4、西村真幸厩舎)について、追い切り後の関係者のコメントは以下の通り。

◎ヴォージュについて、余田宏章(よでんひろあき)調教助手

・前走は前目でレースを運ぶこの馬にとって厳しい流れのレースでしたが、いい経験になったと思います。その後は前走のような流れも考慮して被せられるレースになっても対応できるように調整をしてきました。

・一週前追い切りは併せ馬で気を抜かずうまく調整ができています。いい意味での平行線という感じですね。この馬は回復力のある馬なので今朝の最終追い切りはおつりを残さないように、気を抜かせないように走らせました。動きについても良かったと思います。

・小回りコースについては前走の福島で経験していますから心配ありません。この馬はとにかくタフで回復力があってレースに行ってしぶとい馬です。まだまだ奥がありそうです。55kgはこの馬にとってはちょうどいい斤量だと思います。あとは2~3番手であまりハイペースにならない中、レースが運べればと思います。

《取材:檜川彰人》

オースミムーン登録抹消、乗馬に [News] [News]
2017/08/02(水) 16:06

2013年の東京ハイジャンプなど、障害重賞で6勝を挙げたオースミムーン(牡8、栗東・松下武士厩舎)は、あす3日付で競走馬登録を抹消する。今後はJRA馬事公苑で乗馬となる予定。

JRAでの通算成績は36戦8勝(うち障害25戦8勝)、重賞は以下の6勝を挙げた。
2013年 小倉サマージャンプ(J・GIII)、阪神ジャンプステークス(J・GIII)、東京ハイジャンプ(J・GII)
2014年 京都ジャンプステークス(J・GIII)
2015年 東京ジャンプステークス(J・GIII)、阪神ジャンプステークス(J・GIII)

(JRA発表)

川田将雅騎手の海外渡航について [News] [News]
2017/08/02(水) 15:54

川田将雅騎手(栗東・フリー)は、下記のとおり海外渡航届を提出した。

期間:2017年8月14日(月)~8月25日(金)
渡航先:イギリス
理由:競馬騎乗のため

(JRA発表)

【レパードS】美浦レポート~エピカリス [News] [News]
2017/08/02(水) 15:15

 6日(日)に新潟競馬場で行われるレパードステークスに出走するエピカリスについて萩原清調教師のコメントは以下の通り。 

「ベルモントステークスの出走をやめて6月中旬に日本に戻ってきましたが、その後は順調にきています。出走取消の理由となった症状はごく軽いもので、日本に戻ってからレパードステークスを使うことを決めました。

 今朝の追い切りはウッドコースでの併せ馬でしたが、しっかりと動けていました。今回は新潟の1800メートルになりますが、距離は1800メートル以上あった方がいいと思うので特に心配はしていません。レースに対する準備をしっかり整えたいと思っています。

 これからも応援していただけるような馬として育っていってもらいたいと思っています。日本での復帰戦、ぜひ注目してご覧になっていただきたいと思っています」

(取材:小林雅巳)

【レパードS】美浦レポート~ハルクンノテソーロ [News] [News]
2017/08/02(水) 15:13

 6日(日)に新潟競馬場で行われるレパードステークスに出走するハルクンノテソーロについて高木登調教師のコメントは以下の通り。 

「前走のユニコーンステークスは1600メートルでどうかと思っていましたが、乗り難しい馬ではないのでなんとかこなしてくれました。その後は反動もなく、厩舎で調整してきました。

 今朝の追い切りは大野騎手が乗りました。感触をつかんでもらいましたが、いい調教でした。道中少しハミを噛みましたが、すぐに抜けて気分良く走っていました。大野騎手も『いいですね』と言っていました。

 コーナーが4つあるコースのレースは初めてで、やってみないと分からないところもありますが、競馬では乗りやすい馬なのでうまく走ってくれると思っています。また、新潟の少し軽いダートならいいのではないかと思っています。

 気性面でかなりコントロールしやすくなりましたし、だいぶ筋肉もついてきました。まだ成長過程でレースを覚えさせているところですが、初めての1800メートルでもうまくレースが出来るように頑張りたいと思っています」

(取材:小林雅巳)

【レパードS】美浦レポート~ローズプリンスダム [News] [News]
2017/08/02(水) 14:58

 6日(日)に新潟競馬場で行われるレパードステークスに出走するローズプリンスダムについて畠山吉宏調教師のコメントは以下の通り。 

「前走のジャパンダートダービーでは好スタートから2番手を進んで行きましたが、4コーナーで手ごたえがあやしくなって、8着という不本意な結果になりました。敗因は2000メートルという距離なのか地方競馬の深いダートなのか掴めませんが、幸いダメージはありませんでした。

 中2週ですが、ダメージがなかったので1週前は坂路で追い切りをこなし、今朝も朝一番で元気に坂路を駆け上がり順調にきています。いつも通りの走りが出来ていて、動き自体もいつもと変わらず良い動きでした。

 新潟コースは平坦で小回りなので、この馬の先行力が生きると思っていますし、左回りも東京での新馬戦を勝っているので問題はありません。条件としてはいいと考えています。相手はこれまで対戦していないメンバーやダート戦線では強いと思われる馬もいて、楽な競馬にはならないと思いますが、1800メートルであれば巻き返しは可能だと思っています。

 レースを使いながら逞しさが出て成長しています。前走は期待を裏切る形になりましたが、馬は元気で頑張ってくれると思うので応援してください」

(取材:小林雅巳)

全11件中 1件〜10件目を表示 [ 1 2 次の10件 ]