【釜山S】(小倉)~ナムラアラシが差し切る [News] [News]
2017/08/26(土) 16:50

小倉11Rの釜山ステークス(3歳以上1600万下・ハンデ・ダート1700m)は4番人気ナムラアラシ(幸英明騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分43秒0(稍重)。クビ差の2着に10番人気クリノリーソクツモ、さらに3/4馬身差の3着に16番人気クールオープニングが入った。

ナムラアラシは栗東・目野哲也厩舎の4歳牡馬で、父エンパイアメーカー、母ナムラシゲコ(母の父エンドスウィープ)。通算成績は19戦5勝。

~レース後のコメント~
1着 ナムラアラシ(幸英明騎手)
「馬の力を信じて外々を回っていきました。前が速くなったのも、この馬にはよかったのかもしれません」

2着 クリノリーソクツモ(川須栄彦騎手)
「初めての距離なので、陣営からは『ゆっくり行ってほしい』と言われていました。内で手応え良く、レースはとてもスムーズにできました。着差が着差だけに惜しかったです」

3着 クールオープニング(北村友一騎手)
「おとなしく、カリカリする面がありませんでした。ロスなく運ぶことを心がけました。ラストはうまく捌けて、いい脚を使ってくれました」

【稲妻S】(新潟)~アペルトゥーラが連勝を決める [News] [News]
2017/08/26(土) 16:45

新潟10Rの稲妻ステークス(3歳以上1600万下・芝1000m)は3番人気アペルトゥーラ(石橋脩騎手)が勝利した。勝ちタイムは56秒1(稍重)。クビ差の2着に7番人気ウエスタンユーノー、さらにクビ差の3着に1番人気アースエンジェルが入った。

アペルトゥーラは美浦・国枝栄厩舎の6歳牡馬で、父マツリダゴッホ、母フサイチリニモ(母の父ジャングルポケット)。通算成績は32戦7勝。

~レース後のコメント~
1着 アペルトゥーラ(石橋脩騎手)
「適性もあるのだと思います。スタートは少し遅れましたが、うまく馬群に入れて、うまく捌けた分届いてくれました。いいレースをしてくれました」

2着 ウエスタンユーノー(田中勝春騎手)
「枠順がよかったです。少し先頭に立つのが早かった分差されてしまいました」

4着 ブラックバード(西田雄一郎騎手)
「前回とは違うレースをしようと考えていました。自己条件に戻れば楽しみです」

【西海賞】(小倉)~ヴァフラームが人気に応える [News] [News]
2017/08/26(土) 16:34

小倉10Rの西海賞(3歳以上1000万下・牝馬・芝2000m)は1番人気ヴァフラーム(川田将雅騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分00秒7(良)。2馬身差の2着に7番人気サマーローズ、さらにクビ差の3着に5番人気ナリタピクシーが入った。

ヴァフラームは栗東・吉村圭司厩舎の5歳牝馬で、父ハービンジャー、母ファーストチェア(母の父ジャングルポケット)。通算成績は18戦4勝。

~レース後のコメント~
1着 ヴァフラーム(川田将雅騎手)
「頭数が少なかったですし、競馬がしやすかったです。しっかりと自分の脚を使っていました」

4着 エッジースタイル(荻野極騎手)
「道中は引っかかり気味ではなく、脚がたまっている感じでした。しかし、勝ち馬には馬場の良い所を通られてしまいました。馬は落ち着いていますし、自在に競馬ができます。レース内容が充実してきています」

【瀬波温泉特別】(新潟)~スペルマロンが逃げ切る [News] [News]
2017/08/26(土) 16:28

新潟9Rの瀬波温泉特別(3歳以上1000万下・ダート1800m)は2番人気スペルマロン(岩田康誠騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分52秒3(重)。1馬身半差の2着に1番人気バイタルフォース、さらに4馬身差の3着に9番人気スケロクが入った。

スペルマロンは美浦・古賀史生厩舎の3歳セン馬で、父ロージズインメイ、母チャンピオンダイヤ(母の父ダンスインザダーク)。通算成績は12戦3勝。

~レース後のコメント~
1着 スペルマロン(岩田康誠騎手)
「前走よりも強い勝ち方でした。今回は逃げることができたので、ブレーキを踏むことなく、スムーズな競馬ができました」

2着 バイタルフォース(大野拓弥騎手)
「昇級戦でしたが、うまく立ち回れました。馬の雰囲気がとても良くて、最後もいい脚でした」

3着 スケロク(木幡巧也騎手)
「ハナに行って後ろを離すような競馬がしたかったです。直線でももう少し頑張ってほしかったです」

4着 サクラルコール(田島俊明調教師)
「久々の中ではうまく折り合って流れに乗れました。終いも伸びていますし、全体的にいい内容でした」

【新潟JS】(新潟)~グッドスカイが重賞初制覇 [News] [News]
2017/08/26(土) 16:22

新潟8Rの新潟ジャンプステークス(3歳以上J・GIII・芝3250m)は3番人気グッドスカイ(森一馬騎手)が勝利した。勝ちタイムは3分31秒0(稍重)。1馬身1/4差の2着に2番人気ハギノパトリオット、さらに6馬身差の3着に8番人気タマモプラネットが入った。

グッドスカイは栗東・松元茂樹厩舎の4歳牝馬で、父ステイゴールド、母プラチナチャリス(母の父Rock of Gibraltar)。通算成績は14戦3勝。

~レース後のコメント~
1着 グッドスカイ(森一馬騎手)
「前走は出して行ったらハミを噛んでいましたので、今日はリズムを大事にして、タメをきかせられたのが勝利につながったと思います。今日は置き障害もうまくこなしてくれました。身体も成長しています」

2着 ハギノパトリオット(熊沢重文騎手)
「上手に競馬してくれています。これくらい走る力はあります」

3着 タマモプラネット(小坂忠士騎手)
「マイナス20キロで不安なところもありましたが、自分の形でしっかりとレースができましたし、よく頑張ってくれました。展開にも恵まれました」

4着 ホーカーテンペスト(石神深一騎手)
「道中変に折り合っていましたし、勝負所で置かれ気味になりました。乗り難しいのかもしれません」

5着 ラステラ(鈴木慶太騎手)
「前、前で運んで、早目に仕掛けてほしいという指示でした。飛越でスピードが落ちませんし、最後までよく頑張っています。これくらいは走れます」

【メイクデビュー】(札幌5R)~コンダクトレスがデビュー勝ち [News] [News]
2017/08/26(土) 15:54

札幌5Rのメイクデビュー札幌(ダート1700m)は3番人気コンダクトレス(M・デムーロ騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分49秒7(稍重)。ハナ差の2着に2番人気アビーム、さらにハナ差の3着に1番人気イザベルローズが入った。

コンダクトレスは美浦・小島茂之厩舎の2歳牝馬で、父ホワイトマズル、母ファーストチェア(母の父ジャングルポケット)。通算成績は1戦1勝。

~レース後のコメント~
1着 コンダクトレス(M・デムーロ騎手)
「枠順が良かったです。スタートは良かったのですが、1コーナーで物見をしたり、砂を被ると嫌がったりしましたが、初めてですからね、直線一生懸命に走ってくれました」

2着 アビーム(C・ルメール騎手)
「物見をしていましたが、いい感じでした。残念ながら負けてしまいました。ダート、距離はちょうどいいと思います」

3着 イザベルローズ(福永祐一騎手)
「スタートはもう一つでしたが、道中は頑張って追走していました。直線外に出してからは、いい伸びでした。着差が着差だけに、課題が解消すれば、すぐに勝ちあがれると思います」

4着 ディーズファクター(戸崎圭太騎手)
「全体的にフラフラしたところがありましたが、3~4コーナーでは余裕がありました。使いつつ良くなると思います」

5着 ドロテーア(A・クラストゥス騎手)
「スタートも良く、道中もいいリズムでした。もう少し力強さがついてくれば、距離もこなせると思います」

【ひまわり賞】(小倉)~断然人気のレグルドールが押し切る [News] [News]
2017/08/26(土) 15:41

小倉9Rのひまわり賞(2歳オープン・九州産馬・芝1200m)は1番人気レグルドール(高倉稜騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分09秒6(良)。2馬身半差の2着に2番人気コウエイユキチャン、さらにクビ差の3着に5番人気ニコルハイウェイが入った。

レグルドールは栗東・杉山晴紀厩舎の2歳牝馬で、父アドマイヤマックス、母コスモパルムドール(母の父Yonaguska)。通算成績は3戦2勝。

~レース後のコメント~
1着 レグルドール(高倉稜騎手)
「ローテーション的に間隔が詰まっていて、前走も時計を詰めて目一杯の競馬だったので、疲れが気になりました。ですが、陣営がケアしてくれて万全の体制でしたから、力を信じて乗りました。道中はいいポジションにおさまりましたし、前走で能力を見せていたので負けられないという気持ちでした。素直で賢い馬。今後どう成長するか楽しみです」

2着 コウエイユキチャン(松山弘平騎手)
「一度使って馬は良くなっていました。今日は相手が強かったです」

7着 キリシマアスカ(川田将雅騎手)
「今日は前半から内にモタれていました。まだ2回目ですし、幼さが出てしまった形です」

【積丹特別】(札幌)~エクセレントミスズが差し返して勝利 [News] [News]
2017/08/26(土) 15:29

札幌9Rの積丹特別(3歳以上500万下・芝2600m)は9番人気エクセレントミスズ(国分恭介騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分44秒8(良)。半馬身差の2着に3番人気マイネルクラフト、さらにハナ差の3着に1番人気ホウオウドリームが入った。

エクセレントミスズは栗東・加藤敬二厩舎の4歳牡馬で、父ナカヤマフェスタ、母アスクレピアス(母の父ヘクタープロテクター)。通算成績は14戦2勝。

~レース後のコメント~
1着 エクセレントミスズ(国分恭介騎手)
「エンジンのかかりが遅いタイプなので、早め早めの競馬をしました。スタートも良かったですし、はやめにまくられて厳しい形になりましたが、よく盛り返してくれました」

2着 マイネルクラフト(丹内祐次騎手)
「切れる馬ではないので、自分から動いて行こうと思っていました。手応えもよかったですし、一度は交わしたのですが...」

3着 ホウオウドリーム(福永祐一騎手)
「エンジンのかかりが遅く、勝負どころで置かれてしまいました。それでも何とかなるかなという手応えでしたが、長く脚を使うタイプですからね。もう少し直線がほしいです」

【メイクデビュー】(小倉5R)~ブラウハーツがデビュー勝ち [News] [News]
2017/08/26(土) 14:48

小倉5Rのメイクデビュー小倉(芝1200m)は4番人気ブラウハーツ(松山弘平騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分09秒7(稍重)。クビ差の2着に5番人気ラペールノアール、さらに1馬身1/4差の3着に2番人気メイショウトラマツが入った。

ブラウハーツは栗東・鈴木孝志厩舎の2歳牡馬で、父エイシンアポロン、母エーシンブイムード(母の父Malibu Moon)。

~レース後のコメント~
1着 ブラウハーツ(松山弘平騎手)
「スタートも良く、初戦としてはいい内容でした。まだ幼い面があるので、その点が成長すればいいと思います」

2着 ラペールノアール(北村友一騎手)
「思ったよりスイッチが入りやすく、レース前からピリピリする面がありました。おとなしい時は融通もききますが、今日は3~4コーナーでカーッとなり外にもたれるような面を見せました。そこがもったいなかったですね。でも能力は高い馬です」

3着 メイショウトラマツ(和田竜二騎手)
「いい感じで走っていましたが、外から来られて力んでしまった分、終い甘くなってしまいました。でも今日の内容は良く、難しい面もない、いい馬です」

4着 アプローズ(川田将雅騎手)
「スムーズなレースで最後もこの馬なりに頑張ってくれました。体が幼いので、その点が成長してくればと思います」

5着 オルニス(幸英明騎手)
「スタートの一歩目は速くありませんでしたが、二の脚でスピードにのりました。まだ幼い面がありますが、使いつつ良くなってきそうです」

【メイクデビュー】(新潟5R)~エントシャイデンがデビュー勝ち [News] [News]
2017/08/26(土) 14:31

新潟5Rのメイクデビュー新潟(芝1600m)は2番人気エントシャイデン(蛯名正義騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分36秒1(稍重)。クビ差の2着に6番人気ラストプリマドンナ、さらに1馬身3/4差の3着に1番人気シグナライズが入った。

エントシャイデンは栗東・矢作芳人厩舎の2歳牡馬で、父ディープインパクト、母ルシュクル(母の父サクラバクシンオー)。

~レース後のコメント~
1着 エントシャイデン(蛯名正義騎手)
「ゲートはあまり速くなくて、慎重に走っています。性格がおだやかで、その分距離は長くなっても良いと思います。まだ緩いのですが、いい馬です。楽しみです」

4着 ウインスラーヴァ(津村明秀騎手)
「まだ息も全然できていないと思ったのですが、それでこれだけ走れました。上積みは大きそうです」

5着 アウデンティア(三浦皇成騎手)
「素質はありますが、まだ緩くてゲートでは集中せず、反応は今一つでした。最後の1ハロンが一番いい脚でした」

6着 ケンデスティニー(野中悠太郎騎手)
「センスがあります。まだ緩いので使いつつ良くなってきそうです」

全257件中 51件〜60件目を表示 [ 前の10件 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 次の10件 ]