【マーキュリーC】(盛岡、17日)~JRA所属の出走予定馬および補欠馬について [News] [News]
2017/07/02(日) 17:59

7月17日(祝・月)、盛岡競馬場で行われる第21回マーキュリーカップ(JpnIII、3歳以上、ダート2000m)に出走を予定しているJRA所属馬は以下の通り。

出走予定馬(予定騎手名)
クリノスターオー (未定)
ドリームキラリ  (未定)
ピオネロ     (未定)
マスクゾロ    (未定)
ミツバ      (松山弘平)

補欠馬(予定騎手名)
ディアデルレイ  (木幡巧也)
コパノチャーリー (未定)
メイショウウタゲ (内田博幸)
トラキチシャチョウ(未定)
ストロングサウザー(未定)

【プロキオンS】登録馬~カフジテイクなど19頭 [News] [News]
2017/07/02(日) 17:56

7月9日(日)、中京競馬場で行われる第22回プロキオンステークス(GIII、3歳以上、ダート1400m)の登録馬は以下の通り。

【JRA所属馬:17頭】(フルゲート:16頭)
カフジテイク
エイシンバッケン
ブライトライン
キングズガード
キクノストーム

メイショウウタゲ
ナンチンノン
ベストマッチョ
イーデンホール
アキトクレッセント

コパノチャーリー
チャーリーブレイヴ
レヴァンテライオン
ゴーインググレート
ウォータールルド

コンサートドーレ
コパノジョージ

【地方馬:2頭】
トウケイタイガー
マヤノオントロジー

【七夕賞】登録馬~マルターズアポジーなど14頭 [News] [News]
2017/07/02(日) 17:51

7月9日(日)、福島競馬場で行われる第53回七夕賞(GIII、3歳以上、ハンデ、芝2000m)の登録馬は以下の通り。

【登録頭数:14頭】(フルゲート:16頭)
マルターズアポジー
ゼーヴィント
パドルウィール
ヴォージュ
マイネルフロスト

スズカデヴィアス
フェルメッツァ
メイショウカドマツ
ウインインスパイア
バーディーイーグル

フェイマスエンド
タツゴウゲキ
サトノスティング
ソールインパクト

福島6Rの競走除外について [News] [News]
2017/07/02(日) 17:45

福島6Rで、7番サクラノハナビラは、馬場入場後に右前肢跛行を発症したため、競走除外となった。

【ラジオNIKKEI賞】(福島)~セダブリランテスが無傷の3連勝で重賞初制覇 [News] [News]
2017/07/02(日) 17:40

福島11Rの第66回ラジオNIKKEI賞(GIII、3歳、ハンデ、芝1800m)は2番人気セダブリランテス(石川裕紀人騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分46秒6(良)。クビ差2着に8番人気ウインガナドル、さらにクビ差で3着に9番人気ロードリベラルが入った。

セダブリランテスは美浦・手塚貴久厩舎の3歳牡馬で、父ディープブリランテ、母シルクユニバーサル(母の父ブライアンズタイム)。通算成績は3戦3勝。

~レース後のコメント~
1着 セダブリランテス(石川騎手)
「(初重賞勝ちについて)自分としては遅くなってしまったという気持ちもありますが、勝てて良かったです。器用な競馬が出来る馬ですし、自信を持って乗りました。ペースも流れていましたし、いい感じで行けました。まだまだ先のある馬ですし、この馬と一緒にこの先も頑張っていきたいですね」

2着 ウインガナドル(津村騎手)
「以前乗った時より馬がパワーアップして、落ち着きも出ていました。今日は相手が強かったです」

3着 ロードリベラル(吉田隼騎手)
「前回、馬込みに入れて引っ掛かってしまったので、今日はプレッシャーのない、離れた位置でレースをしました。勝負どころでいい感じで上がって行きましたが、最後、つかまえることが出来ませんでした。もう少し流れてくれれば良かったかもしれません」

4着 クリアザトラック(北村宏騎手)
「小回りコースは走ったことがなかったので、1コーナーで力んで走っていました。3コーナーの勝負どころでもスピードアップするのに戸惑っていました」

6着 サトノクロニクル(川田騎手)
「重賞も勝っていない馬で57キロのハンデは重すぎます」

11着 ライジングリーズン(丸田騎手)
「スタートが良すぎて、思った以上に前へ行きすぎました。抑えて行くと力んで、そこで燃え尽きてしまいました。タメが利かなかったです」

【さくらんぼ特別】(福島)~レジーナフォルテがゴール前抜け出す [News] [News]
2017/07/02(日) 17:31

福島10Rのさくらんぼ特別(3歳以上1000万下、芝1200m)は7番人気レジーナフォルテ(杉原誠人騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分08秒1(良)。3/4馬身差2着に3番人気ナンヨーアミーコ、さらにハナ差で3着に2番人気ハッピーノリチャンが入った。

レジーナフォルテは美浦・佐藤吉勝厩舎の3歳牝馬で、父アルデバラン2、母ナイキトライアンフ(母の父ボストンハーバー)。通算成績は12戦3勝。

~レース後のコメント~
1着 レジーナフォルテ(杉原騎手)
「リズム良く、ムキにならずに行けました。4コーナーで息が入ったのも良かったですね。抜け出して最後は遊んでいるくらいでした。直線1000mも合っていますし、アイビスサマーダッシュに出られれば楽しみですね」

2着 ナンヨーアミーコ(柴田善騎手)
「返し馬の感じも前走より良かったです。この馬のいいリズムではなかったのですが、力は出してくれました」

9着 キョウワゼノビア(秋山騎手)
「これほど道中で余裕がなかったのは初めてです。この馬には時計が速すぎたのかもしれません」

【雄国沼特別】(福島)~ミッシングリンクが人気に応える [News] [News]
2017/07/02(日) 17:23

福島9Rの雄国沼特別(3歳以上500万下、芝1800m)は1番人気ミッシングリンク(内田博幸騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分48秒0(良)。1馬身差2着に6番人気ヨシノザクラ、さらに1馬身1/4差で3着に5番人気セイウングロリアスが入った。

ミッシングリンクは美浦・斎藤誠厩舎の3歳牝馬で、父ヴィクトワールピサ、母エーソングフォー(母の父More Than Ready)。通算成績は8戦2勝。

~レース後のコメント~
1着 ミッシングリンク(内田博騎手)
「52キロの斤量でスピードも違いました。楽にハナに行って折り合ってくれました。うまく息も入れられて、いい競馬が出来ました」

2着 ヨシノザクラ(石川騎手)
「初めて乗せてもらったので比較が出来ませんが、競馬が上手です。最後まで一生懸命走っていました」

3着 セイウングロリアス(吉田豊騎手)
「切れる馬ではないので、もう少し前でレースがしたかったです。ただ、スタートがもう一つでした。ジワジワと伸びているのですが...」

6着 パフォーム(柴田大騎手)
「距離が長いです。前走の1600mのレースでも思ったくらいなので、1400mくらいがちょうどいいと思います」

【メイクデビュー】(福島5R、6R)~レーツェル、パッセが勝利 [News] [News]
2017/07/02(日) 17:19

福島5Rのメイクデビュー福島(芝1800m)は1番人気レーツェル(北村宏司騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分50秒9(良)。2馬身1/2差2着に13番人気サテラノサト、さらに2馬身1/2差で3着に2番人気スカルダイヤモンドが入った。

レーツェルは美浦・伊藤大士厩舎の2歳牝馬で、父マンハッタンカフェ、母ミスティーク2(母の父Monsun)。

~レース後のコメント~
1着 レーツェル(北村宏騎手)
「調教に乗って反応の良さを感じました。まだ若いところがあって、先頭に立ってフワフワしていましたが、外から他の馬が見えたら反応してくれました。まだ走りそのものに余裕があるし、もっと良くなりそうです」

3着 スカルダイヤモンド(吉田隼騎手)
「ゲートでびっくりしていましたし、周りに気を使っていました。1~2コーナーで逃げ気味でしたし、色々と覚えてくればもっと良くなりそうです」

4着 クリノバルテュス(江田照騎手)
「追い不足でもいいモノがあると言われていました。道中は逃げ気味で、走りに集中していません」

11着 クエントアスール(石橋脩騎手)
「初めてのことに敏感で、気にしてフラフラ走っていました」


福島6Rのメイクデビュー福島(芝1200m)は2番人気パッセ(岩部純二騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分09秒7(良)。3馬身差2着に3番人気シャインカメリア、さらにハナ差で3着に5番人気サクライザベルが入った。

パッセは美浦・蛯名利弘厩舎の2歳牝馬で、父パイロ、母パドブレ(母の父ホワイトマズル)。

~レース後のコメント~
1着 パッセ(岩部騎手)
「初めて追い切りに乗った時から、これは違うなという感じでした。ゲート入りに時間が掛かりましたが、実戦では期待通りの走りをしてくれました」

3着 サクライザベル(江田照騎手)
「流れに乗っていい感じで運べました。初戦としてはいい競馬が出来たと思います」

6着 マイネルニュース(柴田大騎手)
「1200mでは忙しいですね。この一戦だけでは適性は何とも言えませんが、走りはダートのような感じもありました」

【道新スポーツ杯】(函館)~デアレガーロが内から抜けて3勝目 [News] [News]
2017/07/02(日) 17:14

函館12Rの道新スポーツ杯(3歳以上1000万下、芝1200m)は4番人気デアレガーロ(蛯名正義騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分08秒6(良)。1/2馬身差2着に1番人気レーヴムーン、さらに1/2馬身差で3着に5番人気イキオイが入った。

デアレガーロは美浦・大竹正博厩舎の3歳牝馬で、父マンハッタンカフェ、母スーヴェニアギフト(母の父Souvenir Copy)。通算成績は5戦3勝。

~レース後のコメント~
1着 デアレガーロ(蛯名騎手)
「この距離で好スタートを切れましたが、調教師から"逃げるのは止めてほしい"と言われていました。いい展開になりました。何とかこじ開けてくれました」

2着 レーヴムーン(藤岡康騎手)
「スタートは出てくれました。好位が取れましたが、早めに来られて動く形になった分でしょうか」

【メイクデビュー】(函館5R)~スズカマンサクが勝利 [News] [News]
2017/07/02(日) 17:10

函館5Rのメイクデビュー函館(芝1200m)は1番人気スズカマンサク(岩田康誠騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分10秒9(良)。1馬身1/4差2着に3番人気ドナカデンツァ、さらに1馬身1/2差で3着に6番人気トーセンクロノスが入った。

スズカマンサクは栗東・橋田満厩舎の2歳牝馬で、父ロードカナロア、母スズカローズマリー(母の父アフリート)。

~レース後のコメント~
1着 スズカマンサク(岩田騎手)
「芝に入ったらとても軽い走りをしていました。いいスピードがありますし、小柄ですが、まだ成長してくれると思います」

(橋田満調教師)
「調教でスピードのあるところを見せていましたし、レースでも素直に走っていましたね。この後は2歳ステークスに向かうかどうか、状態を見て考えます」

2着 ドナカデンツァ(木幡初也騎手)
「2番手で上手に走っていました。今日は相手が悪かったですが、まだ良くなりそうですし、次も楽しみです」

全19件中 1件〜10件目を表示 [ 1 2 次の10件 ]