【知多特別】(中京)~クライムメジャーが差し切る [News] [News]
2017/07/01(土) 16:02

中京10Rの知多特別(3歳以上1000万下・芝1400m)は1番人気クライムメジャー(川田将雅騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分20秒6(稍重)。ハナ差の2着に8番人気オメガタックスマン、さらに半馬身差の3着に3番人気ミラアイトーンが入った。

クライムメジャーは栗東・池江泰寿厩舎の3歳牡馬で、父ダイワメジャー、母クライウィズジョイ(母の父トニービン)。通算成績は7戦3勝。

~レース後のコメント~
1着 クライムメジャー(川田将雅騎手)
「返し馬から内にもたれる面を見せて、レースの直線でもそういった面を見せました。いろいろ苦しい中で、勝ちきってくれたことは大きいですね」

2着 オメガタックスマン(松山弘平騎手)
「スタート良くいい形で2番手から運べました。昇級戦ながら、力差は感じませんでした。返し馬からいい馬で勝負になると思っていました」

3着 ミラアイトーン(武豊騎手)
「今日は折り合いに専念するレースを心がけました。何とか途中から折り合いもつきましたが、4コーナーで振られたのが痛かったですね。でもラストは本当にいい脚で、力を感じました」

4着 オルレアンローズ(和田竜二騎手)
「ムキになりながら、速いペースの中よく頑張りました。うまく息を入れられるようになったら、もっと走れるようになります」

【南相馬特別】(福島)~ヒメタチバナが2勝目を挙げる [News] [News]
2017/07/01(土) 15:53

福島9Rの南相馬特別(3歳以上500万下・芝2000m)は1番人気ヒメタチバナ(田辺裕信騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分58秒9(良)。3馬身半差の2着に6番人気マヤノピナクル、さらにハナ差の3着に2番人気エスティームが入った。

ヒメタチバナは美浦・柴田政人厩舎の4歳牝馬で、父ナカヤマフェスタ、母ルージュマジック(母の父アフリート)。通算成績は18戦2勝。

~レース後のコメント~
1着 ヒメタチバナ(田辺裕信騎手)
「少頭数でしたし、出負けしても捌けるだろうと思っていましたが、上手にゲートを出てくれました。勝負どころでは手応えが怪しかったのですが、並んでからは突き放すような走りをしてくれました。スムーズに走れたことが良かったですね」

3着 エスティーム(柴田大知騎手)
「内に入れるとハミが抜けてくれましたが、今度は逆になかなか取らなくて、他の馬に来られるとまた取ったという感じでした。気分屋な面があるので、その辺りですね」

5着 キークラッカー(吉田豊騎手)
「リズム良くマイペースで行けました。いい時と比べると仕掛けてからもたつくところがあったので、まだ良くなっていくと思います」

【御在所特別】(中京)~レオナルドが人気に応える [News] [News]
2017/07/01(土) 15:43

中京9Rの御在所特別(3歳以上500万下・芝1600m)は1番人気レオナルド(福永祐一騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分33秒9(稍重)。2馬身半差の2着に2番人気エイシンスレイマン、さらにクビ差の3着に11番人気シンシアズブレスが入った。

レオナルドは栗東・藤原英昭厩舎の4歳牡馬で、父アドマイヤムーン、母リオズスターレット(母の父Galileo)。通算成績は8戦3勝。

~レース後のコメント~
1着 レオナルド(福永祐一騎手)
「降級戦でしたが外を回ってのこの勝ち方ですからここでは力が違った感じです。完勝です」

2着 エイシンスレイマン(武豊騎手)
「いいレースは出来ました。今日は勝ち馬が一枚上でした」

3着 シンシアズブレス(松山弘平騎手)
「スタートを良く出て、出たなりの感じで2番手からレースが出来ました。最後までよく踏ん張ってくれました」

4着 ハムレット(中谷雄太騎手)
「レース前のイレ込みもたいしたことなく、道中はうまく折り合いがつきました。最後も良く伸びています。近いうちにチャンスはあると思います」

【メイクデビュー】(中京5R)~フロンティアがデビュー勝ち [News] [News]
2017/07/01(土) 15:33

中京5Rのメイクデビュー中京(芝1600m)は1番人気フロンティア(川田将雅騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分38秒2(稍重)。半馬身差の2着に2番人気アドマイヤアルバ、さらに2馬身半差の3着に3番人気シャルルマーニュが入った。

フロンティアは栗東・中内田充厩舎の2歳牡馬で、父ダイワメジャー、母グレースランド(母の父トニービン)。通算成績は1戦1勝。

~レース後のコメント~
1着 フロンティア(川田将雅騎手)
「初戦で多少物見をしていたところはありましたが、目一杯全力の走りで勝ってくれました」

2着 アドマイヤアルバ(福永祐一騎手)
「上手に走ってくれましたし、最後はいい脚を使ってくれましたが、相手が悪かったです」

4着 ララロワ(荻野極騎手)
「幼さが最後に出た感じです。道中の雰囲気はすごく良かったので、次は良くなりそうです」

【メイクデビュー】(函館5R)~キタノユウキがデビュー勝ち [News] [News]
2017/07/01(土) 14:43

函館5Rのメイクデビュー函館(芝1000m)は3番人気キタノユウキ(岩田康誠騎手)が勝利した。勝ちタイムは58秒0(良)。クビ差の2着に1番人気ツクバクロオー、さらに1馬身3/4差の3着に5番人気ココロストライクが入った。

キタノユウキは美浦・相沢郁厩舎の2歳牡馬で、父ハードスパン、母ウイングオブピース(母の父Fusaichi Pegasus)。通算成績は1戦1勝。

~レース後のコメント~
1着 キタノユウキ(岩田康誠騎手)
「スタートが決まって、スピードに乗ったらバテなかったです。よくがんばってくれました」

2着 ツクバクロオー(丸山元気騎手)
「スタートで後手になりました。追ってまだ伸びませんでした」

4着 ロイズブラスハート(松岡正海騎手)
「返し馬でいくらか硬く感じたので、ダートの方が合っているのかもしれません」

【2歳未勝利】(函館1R)~カシアスが人気に応える [News] [News]
2017/07/01(土) 14:39

函館1Rの2歳未勝利(芝1200m)は1番人気カシアス(浜中俊騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分09秒4(良)。3馬身半差の2着に4番人気キングキングキング、さらに3/4馬身差の3着に7番人気ニシノオトコマサリが入った。

カシアスは栗東・清水久詞厩舎の2歳牡馬で、父キンシャサノキセキ、母ラブディラン(母の父Dylan Thomas)。通算成績は2戦1勝。

~レース後のコメント~
1着 カシアス(浜中俊騎手)
「初戦は逃げる形でしたが、控えても器用に走ってくれました。初戦を使われてシャキッとしてきました」

3着 ニシノオトコマサリ(吉田隼人騎手)
「他の馬を気にする面があるので、寄られると厳しいです。最後は頑張っています」

4着 ディアバビアナ(勝浦正樹騎手)
「無理なく3番手でしたが、追ってから案外でした」

5着 マリームーン(C・ルメール騎手)
「このコースで後方からになると難しいです。もう少し良くなると思います」

【メイクデビュー】(福島5R、6R)~ジェッシージェニー、オーヴァーライトがデビュー勝ち [News] [News]
2017/07/01(土) 14:36

福島5Rのメイクデビュー福島(芝1200m)は8番人気ジェッシージェニー(菱田裕二騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分10秒0(良)。1馬身3/4差の2着に1番人気セイウンリリシイ、さらに1馬身1/4差の3着に5番人気カガスターが入った。

ジェッシージェニーは栗東・牧浦充徳厩舎の2歳牝馬で、父ストロングリターン、母セッカチクイーン(母の父スズカマンボ)。通算成績は1戦1勝。

~レース後のコメント~
1着 ジェッシージェニー(菱田裕二騎手)
「返し馬から癖がなく、乗りやすくて乗り味のいい馬です。道中は馬の後ろで我慢して最後に脚を使うという大人びたレースでしたし、伸びしろがあります」

2着 セイウンリリシイ(内田博幸騎手)
「本当はハナに行きたくありませんでした。スピードがあります。カーッとなりやすいところがあるので、この後テンションが上がらないといいです」

3着 カガスター(戸崎圭太騎手)
「スタートセンスが良くて癖もありません。ただ、外に張る感じがあって、そこだけ気になりました」

4着 ヴーディーズピアス(大野拓弥騎手)
「リラックスして走れましたが、外枠で外に振られる所がありました。距離はこれくらいがいいと思います。次も今日と同じようなテンションで臨みたいです」

福島6Rのメイクデビュー福島(ダート1150m)は1番人気オーヴァーライト(内田博幸騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分11秒4(良)。3馬身差の2着に10番人気パリモンマルトル、さらに1馬身3/4差の3着に5番人気シスルが入った。

オーヴァーライトは美浦・手塚貴久厩舎の2歳牡馬で、父ヘニーヒューズ、母オーヴァーアンダー(母の父Seeking the Gold)。通算成績は1戦1勝。

~レース後のコメント~
1着 オーヴァーライト(内田博幸騎手)
「力はあると思っていましたが、これほど強いと思いませんでした。遊び遊び走っていて、4コーナーではどこが開くか待つだけでした」

3着 シスル(西田雄一郎騎手)
「稽古よりもレースに行って良いタイプです。外から来られなかったらもっと脚がたまっていたでしょうし、それでも終い伸びていて、センスのある馬です」

4着 クラウンエンジニア(田辺裕信騎手)
「ゲートの中で鳴いていました。追走は真面目にしていましたし、使いつつ良くなるでしょう」

6着 ビップエピス(大野拓弥騎手)
「スタートがひと息でしたが、道中はリズム良く走れていました。うまくスタートを切れればもっとやれるでしょう」

【2歳未勝利】(福島)~コスモイグナーツが押し切る [News] [News]
2017/07/01(土) 14:28

福島1Rの2歳未勝利(芝1800m)は1番人気コスモイグナーツ(柴田大知騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分49秒4(良)。半馬身差の2着に2番人気ジュンエスポワール、さらに1馬身半差の3着に7番人気マコトオキツカガミが入った。

コスモイグナーツは美浦・高橋祥泰厩舎の2歳牡馬で、父エイシンフラッシュ、母ナパ(母の父スペシャルウィーク)。通算成績は2戦1勝。

~レース後のコメント~
1着 コスモイグナーツ(柴田大知騎手)
「初戦はモタモタして反応があまり良くありませんでした。切れるというタイプではないので、早目早目の競馬をしましたが、上手くいきました」

2着 ジュンエスポワール(戸崎圭太騎手)
「前半モタモタして後方からになりましたが、道中はスムーズで終いもしっかりと脚を使ってくれました」

3着 マコトオキツカガミ(大野拓弥騎手)
「1回使ってレースにも慣れ、展開も良かったです。最後まで集中していました」

5着 ランリーナ(吉田豊騎手)
「意識していい位置を取りにいこうと思っていましたが、2番手をとれました。ただ、勝ち馬が来たときに反応できませんでした」

全18件中 11件〜18件目を表示 [ 前の10件 1 2 ]