【キングジョージ6世&クイーンエリザベスS】(英G1)~エネイブルが優勝 [News] [News]
2017/07/30(日) 17:35

7月29日(土)、イギリスのアスコット競馬場で行われたキングジョージ6世&クイーンエリザベスステークス(英G1、3歳以上、芝2400m、10頭)は、イギリスのエネイブル(牝3、J.ゴスデン厩舎/L.デットーリ騎手)が2分36秒22のタイムで優勝。

4馬身1/2差の2着にユリシーズ、さらに3/4馬身差で3着にアイダホが入った。

昨年の覇者ハイランドリールは4着に終わった。

【道新スポーツ賞】(札幌)~サングレーザーが間を割って抜け出す [News] [News]
2017/07/30(日) 17:25

札幌12Rの道新スポーツ賞(3歳以上1000万下、芝1500m)は2番人気サングレーザー(福永祐一騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分29秒7(良)。1馬身1/4差2着に6番人気ツーエムマイスター、さらにハナ差で3着に4番人気ヒルノマゼランが入った。

サングレーザーは栗東・浅見秀一厩舎の3歳牡馬で、父ディープインパクト、母マンティスハント(母の父Deputy Minister)。通算成績は8戦3勝。

~レース後のコメント~
1着 サングレーザー(福永騎手)
「いい馬です。最後、うまく1頭分、前が空いてくれましたが、流れが決して向いたわけではありません。いい決め手があります。能力を感じる馬です」

3着 ヒルノマゼラン(古川騎手)
「この馬も伸びてはいるのですが、最後は切れ負けしました」

4着 テラノヴァ(ルメール騎手)
「最後はこの馬も伸びているのですが、道中のペースが遅すぎました」

【アイビスサマーダッシュ】(新潟)~ラインミーティアが重賞初制覇 [News] [News]
2017/07/30(日) 17:18

新潟11Rの第17回アイビスサマーダッシュ(GIII、3歳以上、芝・直線1000m)は8番人気ラインミーティア(西田雄一郎騎手)が勝利した。勝ちタイムは0分54秒2(良)。クビ差2着に1番人気フィドゥーシア、さらに1馬身1/2差で3着に4番人気レジーナフォルテが入った。

ラインミーティアは美浦・水野貴広厩舎の7歳牡馬で、父メイショウボーラー、母アラマサフェアリー(母の父オース)。通算成績は36戦5勝。

~レース後のコメント~
1着 ラインミーティア(西田騎手)
「春に騎乗して、この馬の切れ味は分かっていたので、それを存分に生かしたいと思っていました。ですから、自分のペースを守ることに専念しました。追い出した時は届くかどうか分かりませんでしたが、キッチリと交わしてくれました。直線1000mのスペシャリストですが、今後は1200mでも頑張ってくれると思います」

(水野貴広調教師)
「直線1000mは走り慣れていますし、西田騎手は馬の癖をつかんでくれています。外枠も良かったと思いますし、進路が空いてうまく抜けて来られました。この後のことは馬の様子を見て考えます。元々1200mがダメな訳ではありませんし、秋にも直線1000m戦はあります」

2着 フィドゥーシア(石橋脩騎手)
「悔しいです。馬はよく頑張っています」

3着 レジーナフォルテ(杉原騎手)
「最後まで一生懸命走ってくれましたし、頑張ってくれました。直線1000mの適性もあると思います。これからの3歳牝馬です。成長してくれると思います」

4着 アクティブミノル(酒井騎手)
「返し馬の雰囲気は前走と比べて良かったです。絶好枠、ラチを頼りながら、どこかで息を入れようと思いながら行きました。力みすぎず走れていますし、残り600mから合図を送りつつ乗りました。また次に期待したいと思います」

5着 アースエンジェル(吉田隼騎手)
「外まで行くのに時間が掛かりました。最後も詰めていますから、外枠だったら際どかったと思います」

6着 ラインスピリット(岩田騎手)
「最後は来ていますが、前半進んで行きませんでした」

7着 ブライトチェリー(柴田大騎手)
「途中からエンジンが掛かって伸びて行きました。偉い馬です。自分の時計は走ってくれています」

8着 プレイズエターナル(北村友騎手)
「ゲートを出てから、思った以上に行き脚がつきませんでした。そこから出して行った分、メリハリがつきませんでした。さらに内枠と外枠の違いはすごく大きかったと思います」

10着 ネロ(戸崎騎手)
「スタートを出てくれましたし、もう少しスピードに乗れれば良かったのですが、58キロが響いたかもしれません」

11着 レッドラウダ(大野騎手)
「スタートをうまく出られましたが、追走に余裕がありませんでした」

【佐世保S】(小倉)~ダイアナヘイローがゴール前ハナ差捉えて3連勝 [News] [News]
2017/07/30(日) 17:00

小倉11Rの佐世保ステークス(3歳以上1600万下、芝1200m)は2番人気ダイアナヘイロー(武豊騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分07秒7(良)。ハナ差2着に11番人気ニシノラッシュ、さらに3/4馬身差で3着に5番人気コウエイタケルが入った。

ダイアナヘイローは栗東・福島信晴厩舎の4歳牝馬で、父キングヘイロー、母ヤマカツセイレーン(母の父グラスワンダー)。通算成績は15戦5勝。

~レース後のコメント~
1着 ダイアナヘイロー(武豊騎手)
「一鞍一鞍クリアしています。良い条件でしたし、前走の内容も生きました。競馬の幅が広がっていい感じで来ています。もう一つ上のクラスも頑張りたいです」

(福島信晴調教師)
「ムキにならず、番手で競馬が出来るようになりました。スムースに競馬をしてくれました。青写真通りに3連勝してくれました。休ませてから馬がしっかりしてきました」

2着 ニシノラッシュ(幸騎手)
「スタートが良かったですし、2番手でいい手応えでした。惜しかったですが、力がある馬なので、次も楽しみです」

3着 コウエイタケル(秋山騎手)
「いいスタートで、いいポジションにつけられました。スムースに運べましたが、残念でした」

【クイーンS】(札幌)~アエロリットが逃げ切りV [News] [News]
2017/07/30(日) 16:49

札幌11Rの第65回クイーンステークス(GIII、3歳以上牝馬、芝1800m)は2番人気アエロリット(横山典弘騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分45秒7(良)。2馬身1/2差2着に6番人気トーセンビクトリー、さらに1馬身1/4差で3着に8番人気クインズミラーグロが入った。

アエロリットは美浦・菊沢隆徳厩舎の3歳牝馬で、父クロフネ、母アステリックス(母の父ネオユニヴァース)。通算成績は7戦3勝。

~レース後のコメント~
1着 アエロリット(横山典騎手)
「スピードがある馬です。いつも通り、馬の気分を損ねず、なめらかに走らせることを心がけました。道中、ペースが速いかなと思うところもありましたが、よく最後まで踏ん張ってくれたと思います。順調に行けば、秋はまた大きなレースを走れるので、頑張りたいと思います」

4着 クロコスミア(勝浦騎手)
「こういうレースになるとは思いませんでしたが、道中、折り合いがついて乗りやすい馬です。このメンバーを相手にこのようなレースでこれだけやれるのだから力があります。最後もよく粘っていました。これから楽しみです」

6着 アドマイヤリード(ルメール騎手)
「スタンド前の発走ですぐ1コーナーですから、外の12番枠は難しかったです。後ろからになり、前が止まりませんでした。難しいレースでした。しかし、休み明けでしたから次に期待したいと思います。広いコースの方がいいと思います」

7着 マキシマムドパリ(藤岡佑騎手)
「スタートして外の2頭が速く、狙ったポジションを取ることが出来ませんでした。先行して自分で動いて行くタイプなので、今日は先行出来なかったことが大きかったと思います」

●クイーンSの表彰式プレゼンターを務めた俳優の竜星涼さんのコメント
「初めて競馬場に来ましたが、とても楽しかったです。馬券も初めて購入しまして、マークカードの書き方や買い方も覚え、観戦に熱中してしまいました。表彰式のプレゼンターに選んでいただきとても光栄でした。楽しい1日をありがとうございました」

【岩室温泉特別】(新潟)~ストロングトリトンが直線伸びて4勝目 [News] [News]
2017/07/30(日) 16:22

新潟10Rの岩室温泉特別(3歳以上1000万下、ダート1200m)は4番人気ストロングトリトン(杉原誠人騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分10秒8(良)。クビ差2着に7番人気メイショウユメゴゼ、さらにクビ差で3着に2番人気ディオスコリダーが入った。

ストロングトリトンは美浦・鹿戸雄一厩舎の5歳セン馬で、父ゴールドアリュール、母ストームティグレス(母の父Storm Cat)。通算成績は16戦4勝。

~レース後のコメント~
1着 ストロングトリトン(杉原騎手)
「リズム良く行けましたし、最後も頑張ってくれました。新潟は合う馬ですし、力を示してくれたと思います」

2着 メイショウユメゴゼ(岩田騎手)
「内にもぐり込んで、流れに乗れましたし、最後も来ています。展開ははまりましたが、もう少しでした」

4着 オウケンビリーヴ(戸崎騎手)
「スタートが良かったのでもう少し前につければ良かったと思います。下がってくる馬の後ろになり、追い出しが遅れてしまいました」

6着 シェアード(柴田大騎手)
「内枠でしたし、引いたら下がってしまうので、今日は主張して行きました。厳しい展開でしたが、これが次に生きると思います」

【新発田城特別】(新潟)~ベストアクターが外から一気に差し切る [News] [News]
2017/07/30(日) 16:14

新潟9Rの新発田城特別(3歳以上500万下、芝1400m)は3番人気ベストアクター(田中勝春騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分20秒4(良)。クビ差2着に2番人気コスモヨハネ、さらに2馬身1/2差で3着に5番人気ウィンドライジズが入った。

ベストアクターは美浦・鹿戸雄一厩舎の3歳牡馬で、父ディープインパクト、母ベストロケーション(母の父クロフネ)。通算成績は3戦2勝。

~レース後のコメント~
1着 ベストアクター(田中勝騎手)
「あそこから差し切るのですから強いですね。500万下では力が違います」

2着 コスモヨハネ(柴田大騎手)
「あれだけうまく進めて、楽勝かと思ったのですが、勝ち馬にあんな脚を使われるとは思いませんでした」

4着 メモリーミネルバ(吉田豊騎手)
「後ろから行って、終いも脚を使っています。ただ、もう少し器用について行ってくれるといいのですが...。ハミを噛むと一気に噛んで行ってしまうので、そこに気をつけないといけません」

5着 ショウナンアエラ(北村宏騎手)
「直線を向くまではスムースで、勝てるかと思いましたが、両サイドから挟まれたのが痛かったです。脚があっただけに悔しいです」

【不知火特別】(小倉)~大逃げコパノマリーンが4馬身差で快勝 [News] [News]
2017/07/30(日) 16:04

小倉10Rの不知火特別(3歳以上1000万下ハンデ、芝1800m)は3番人気コパノマリーン(和田竜二騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分46秒3(良)。4馬身差2着に2番人気タニノアーバンシー、さらに3/4馬身差で3着に1番人気サトノケンシロウが入った。

コパノマリーンは美浦・斎藤誠厩舎の4歳牝馬で、父ヴィクトワールピサ、母ヴォークリンデ(母の父Singspiel)。通算成績は12戦4勝。

~レース後のコメント~
1着 コパノマリーン(和田騎手)
「気分が良くなるようにという意識で乗りました。ハミを噛みそうでしたので、抑えずに行きました。速いペースだと思いましたし、3コーナーでは手応えが怪しくなりましたが、直線は二枚腰を使ってくれました」

3着 サトノケンシロウ(ホワイト騎手)
「勝ち馬にうまく逃げられてしまい、作戦が崩れました。4コーナーで前の馬がペースダウンして、抜け出すのに手間取りました」

4着 ジルダ(松山騎手)
「距離が延びましたので、控えて行こうと話していました。うまく脚がたまってよく伸びました」

【響灘特別】(小倉)~ヨシオが先手を奪って押し切る [News] [News]
2017/07/30(日) 15:54

小倉9Rの響灘特別(3歳以上1000万下、ダート1700m)は2番人気ヨシオ(浜中俊騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分44秒7(良)。2馬身差2着に1番人気ビスカリア、さらに1馬身差で3着に3番人気キョウワランサーが入った。

ヨシオは栗東・森秀行厩舎の4歳牡馬で、父ヨハネスブルグ、母フローラルホーム(母の父ケイムホーム)。通算成績は37戦4勝。

~レース後のコメント~
1着 ヨシオ(浜中騎手)
「砂を被ると良くないと言われていたので、ポンとハナへ行きました。少頭数で行く馬もいなかったので、展開も向きました。北海道に行ったり、小倉に来たりという中でも走り切ってくれるタフな馬です」

2着 ビスカリア(松山騎手)
「小倉の前残りの中、よく追い込んできています。どうしても後ろからになるので、展開の助けが欲しいです」

3着 キョウワランサー(ホワイト騎手)
「前が残る展開だったので仕方がありません。しかし、脚がためられましたし、思い通りの競馬が出来ました。4コーナー手前で止めかけていましたが、起していったら反応しました。最後も伸びています。単独で走ると集中出来ないなど精神的な面があります」

【ポプラ特別】(札幌)~レインボーソングが追い比べ制す [News] [News]
2017/07/30(日) 15:44

札幌10Rのポプラ特別(3歳以上1000万下、牝馬限定、ダート1700m)は5番人気レインボーソング(川田将雅騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分45秒4(良)。クビ差2着に1番人気ディーズプラネット、さらに1馬身1/4差で3着に2番人気オージャイトが入った。

レインボーソングは栗東・中内田充正厩舎の5歳牝馬で、父ゼンノロブロイ、母レーゲンボーゲン(母の父フレンチデピュティ)。通算成績は22戦3勝。

~レース後のコメント~
1着 レインボーソング(川田騎手)
「返し馬で具合の良さが分かりました。その通り、よく走ってくれて、最後はよく前を交わしてくれたと思います。今日のような競馬を続けていけたらいいと思います」

3着 オージャイト(ルメール騎手)
「外枠でずっと外を回らされました。それでもよく頑張ったと思います。一生懸命に走る馬です」

5着 サンヘレナ(蛯名騎手)
「今日は格上挑戦で、500万下条件の身ながらよく走っていると思います」

全270件中 11件〜20件目を表示 [ 前の10件 1 2 3 4 5 6 7 次の10件 ]