大井の的場文男騎手、地方競馬通算7000勝達成 [News] [News]
2017/05/17(水) 20:43

 大井・東京都騎手会所属の的場文男騎手は、今日17日(水)に川崎競馬場で行われた第9回川崎マイラーズ(第11競走、SIII、3歳以上オープン、ダート1600m、14頭立て)でリアライズリンクスに騎乗して1着となり、1973年10月16日のデビュー以来、39350戦目にして地方競馬通算7000勝を達成した。

 単勝5番人気の支持を受けていた的場騎手のリアライズリンクス(牡7歳)は1枠1番からのスタート。それほど速いスタートではなかったが、向こう正面では最内の5番手につけ、最後の直線では4コーナー手前で先頭に立ったトロヴァオの外に持ち出した的場騎手が追いまくり、ゴール前で交わして1馬身の差をつけて優勝した。ゴールした的場騎手は右手で何度もガッツポーズをして喜びを爆発させた。

 7000勝は日本の競馬史上、「鉄人」佐々木竹見(元川崎所属、7151勝)氏に次いで2人目の記録。現役ではただ一人であり、佐々木竹見氏が1998年7月に打ち立ててから、実に19年10カ月ぶりの達成者となった。

<的場文男(まとばふみお)騎手のプロフィール>
 1956年(昭和31年)9月7日生まれ。1971年8月に大井競馬場小暮厩舎に見習いとして入り、1973年10月16日に大井競馬場の第5レースでホシミヤマに騎乗してデビューし、11月6日に大井競馬の第4レースで同じホシミヤマで初勝利。
 以来、1977年7月30日に大井で100勝、1983年1月5日に浦和で500勝、1987年2月13日に大井で1000勝、1993年11月29日に大井で2000勝、1999年12月8日に大井で3000勝、2002年12月17日に浦和で4000勝、2006年3月7日に浦和で5000勝、2010年6月4日に大井で6000勝を達成。

的場文男騎手のコメント
「重賞で7000勝を達成して、喜びと皆さんへの感謝の気持ちでいっぱいです。7000勝は宿題だと思っていたので達成出来て嬉しいです。今まで内臓破裂などいろんな怪我もありましたが、一生懸命やってきて騎手人生を楽しめたと思っています。幸せです。
 4コーナーでの手ごたえが良かったので、前の馬は交わせると思っていました。ゴールしてガッツポーズは自然に出ました。ウイニングランはボンネビルレコードの帝王賞の時にファンが喜んでくれたので、今日は重賞と7000勝のダブルなのでウイニングランをしようと思っていました。
 今後は佐々木竹見さんの7151勝が目標です。年だからわかりませんが、目標に向けて頑張って乗りたいです。気持ちを引き締めて頑張ります。
 馬から降りたらただのおじさんです。まだただのおじさんになりたくないので一生懸命頑張ります。応援よろしくお願いします。」

(取材:舩山陽司 記録はNARのリリースによる)

ベルモントステークスの勝馬投票券の発売が決まる [News] [News]
2017/05/17(水) 18:18

 JRAは17日、6月10日(土)にアメリカ合衆国のベルモントパーク競馬場で行われるベルモントステークス(G1)の勝馬投票券を、以下の通りに発売することを発表した。

●発売方法
・インターネット投票に限定して発売する。
 「A-PAT会員」及び「即PAT会員」が対象となる。
・「単勝」「複勝」「ワイド」「馬連」「馬単」「3連複」「3連単」の7式別を発売する。
(「枠連」及びWIN5は発売しない)
・独立プール方式での発売のため日本国内独自のオッズとなる。

●発売時間
・発売開始時刻:6月10日(土)19:30
・発売締切時刻:発走予定時刻の4分前まで
※発走予定時刻:6月11日(日)7:37(現地時間18:37)

●払戻率・払戻金への上乗せ
・払戻率は国内における勝馬投票券と同様。
・JRAプラス10(2号給付金)の対象競走となる。

●情報提供
 JRAのホームページで出馬表、オッズ、レース結果、払戻金等の情報を提供する予定。

※このレースにはエピカリス(牡3歳、美浦・萩原清厩舎)が出走を予定している。

(JRA発表のリリースによる)

【オークス】栗東レポート~レーヌミノル [News] [News]
2017/05/17(水) 17:18

☆21日(日曜日)東京競馬場で行われる第78回優駿牝馬(オークス)GIに出走を予定しているレーヌミノルについて追い切り後の関係者のコメントは以下の通り。

◎レーヌミノルについて、池添謙一騎手

・昨年は桜花賞で敗れて悔しい思いで臨んだオークスでしたが、今回は二冠を目指すという違う思いがあります。前走はほぼ完璧なレースで結果を出したのではと思っています。

・以前ライバルの鞍上から見ていたこの馬は乗り難しくスピードが勝っているというイメージがありました。でも実際に跨ってみるとそのイメージとは異なって乗りやすく騎手の指示にもしっかりと従う馬でした。

・先週の一週前の追い切りが桜花賞以来の騎乗でしたがとてもいい動きをしてくれました。今朝は追い切りには乗っていませんが、追い切りに関わったスタッフの方に聞いたところによると桜花賞の時より良かったとのことです。

・この馬は走ってみないと分からないのですがやはり距離が一番のポイントになるのでしょう。この馬はスタートがいいので後ろからということはないでしょうが逃げることは考えていませんので枠と馬の並びから考えないといけませんね。

・この馬、桜花賞は勝ちましたが今回はそれ以前のレースで負けた相手もいます。展開一つでガラッと変わります。騎手の腕が問われるレースになりそうです。

取材:檜川彰人.


【オークス】栗東レポート~リスグラシュー [News] [News]
2017/05/17(水) 17:15

☆21日(日曜日)東京競馬場で行われる第78回優駿牝馬(オークス)GIに出走を予定しているリスグラシューについて追い切り後の関係者のコメントは以下の通り。

◎リスグラシューについて、矢作芳人調教師

・前走の桜花賞は振り返りたくないぐらい残念でした。できれば良馬場でやりたかったというのが本音です。その後は一旦ノーザンファームしがらきに放牧に出してオークスの3週前に栗東トレーニングセンターに戻し予定通り調整を進めています。
・一週前の追い切りは見た瞬間もう一伸びして欲しいというという印象でしたが馬場状態から見ると優秀なタイムでいい動きでした。追い切りに騎乗した武豊騎手も「あの時計なら十分。最終追い切りはそれほどやらなくても」と言ってくれました。
・今朝は今回がオークス、それに今朝のフィーリングからスタッフと相談してCWコースを半マイルの調整でした。普通に良く見えました。
・前走からの上積みという面ではどうかと思います。ただ距離延長などよりこの馬に適した条件になるということで状態維持することを第一に考えました。何も問題はありません、後は輸送だけです。
・今回は桜花賞組だけが相手ではありません、2400mに適性が高い馬もいるはずです。厳しい戦いになることが考えられますがその中で優勝への最短距離にいるという自負はあります。どうかこの馬を応援して下さい。

◎リスグラシューについて、武豊騎手

・桜花賞は勝ち馬の後ろにいましたが直線に向いて離されてしまったその差が最期まで逆転できませんでした。
・一週前の追い切りはいい動きで、状態はいい感じでした。具合が良かった桜花賞と同じような感じです。東京は勝っていますから合っていると思いますが距離に関してはやってみないと、というところです。ただ悪くはないでしょう。
・乗り難しくはありませんがスタートが決して上手いわけではありません。折り合いに問題はありませんが当日のイレ込みには気をつけたいと思っています。
・勝ちを意識できる馬でオークスに臨むのはありがたいことです、GIで2着2回ですから何とか今回こそGIホースに導いてあげたいですね。

取材

【オークス】栗東レポート~モズカッチャン [News] [News]
2017/05/17(水) 17:13

☆21日(日曜日)東京競馬場で行われる第78回優駿牝馬(オークス)GIに出走を予定しているモズカッチャンについて追い切り後の関係者のコメントは以下の通り。

◎モズカッチャンについて、鮫島一歩調教師

・前走のフローラステークスの東京芝2000mはスタートして最初のコーナーが難しく不利もありましたがその後はとても落ち着いてスムーズなレース運び。ラストの伸びから権利は確保できたかと思ったところ抜けてきた時にはビックリしました。
・もともとゲートに課題がありましたがレース慣れして成績がアップするごとに、その点も解消してきたことも良かったのでしょう。
・前走から中3週ということで2週はリフレッシュ、その後ピッチを上げて一週前の調整は馬場の悪い時間帯でラストに重点を置いた内容でした。一週前としてはちょうど良かったと思います。
・今週は前半無理せず徐々にピッチを上げてラストをしっかりという追い切りでちょうどいいと思います。これまで5つの競馬場で走ってきた馬でとてもタフな面があります。疲れも見せずここまで来ています。
・今回は2400mですが前走もしっかりと折り合いがついているように大丈夫でしょう。距離も距離ですから枠は気になりません、馬場も、やや重までは問題ありません。強い馬も多くいますが経験値を生かして何とか対抗して欲しいですね。

◎モズカッチャンについて、和田竜二騎手

・前走のフローラステークスは東京競馬場の内枠ということで勝負になるとは思っていました。最後権利はとれたと思いましたが、それ以上に強く本番を意識できる内容でした。
・1月の未勝利戦のころはゲートも良くなくリズム良くレースが出来なかったにも関わらずしぶといところを見せてくれ、これは将来走ってくるという印象がありました。中山の500万下ではあまり良くない馬場の中、勝ちにいっての強いレース。これはものが違うと感じました。
・今回は前走から400mの距離延長もあり気をつかうところも出てきますが折り合いもつくので馬を信じていきます。まだスタートも完全に安定しているわけでは無いのでその点は注意したいですね。
・本当に安定した馬ですからいいイメージを崩さず、この馬のリズムを重視。マイナス面の少なさを生かして頑張ります。

取材:檜川彰人.

【オークス】栗東レポート~マナローラ [News] [News]
2017/05/17(水) 17:11

☆21日(日曜日)東京競馬場で行われる第78回優駿牝馬(オークス)GIに出走を予定しているマナローラについて追い切り後の関係者のコメントは以下の通り。

◎マナローラについて、鮫島一歩調教師

・2勝馬で出走そのものがどうかと思っていたのですが、なんとか出られることになりました。今回うちの厩舎の中では成長度が一番で期待しています。

・前走の中山のデイジー賞は重馬場の中、大きくも無くパワータイプでも無いのに本当に良く頑張ってくれました。この馬はデビューが1400mと短いところから使い出して、敗れはしましたが2400mも経験しました。距離は苦にしないタイプだと思います。

・前走後は厩舎で調整を続けてここまで順調に来ています。乗り易い馬なのでテン乗りの蛯名騎手ですが全く心配していません。とにかく成長度を生かして頑張ってもらいたいですね。

取材:檜川彰人.

【オークス】栗東レポート~ハローユニコーン [News] [News]
2017/05/17(水) 17:09

☆21日(日曜日)東京競馬場で行われる第78回優駿牝馬(オークス)GIに出走を予定しているハローユニコーンについて追い切り後の関係者のコメントは以下の通り。

◎ハローユニコーンについて、鮫島一歩調教師

・前々走から田辺騎手がやっているようなラストの脚を生かすような競馬がこの馬には合っていたのでしょう。忘れな草賞でもスローな中で前半はリラックスしてラストはしっかりと差し切ってくれました。

・前走を勝った後はオークスという青写真通りここまで来ています。ただテンションが高いところがあるのでリフレッシュしてじっくりと調整を積みました。

・今日はCWコースでいい感じで追い切れました。体重面の心配はありますが状態は落ち着いていい雰囲気です。

・レースの流れなどもあると思いますが前半リラックスしてラストにかける自分のレースをやってくれたらいいですね。

取材:檜川彰人.

パッションダンスが引退、乗馬へ [News] [News]
2017/05/17(水) 16:25

 パッションダンス(牡9歳 栗東・友道康夫厩舎)は、今日17日(水)付けで競走馬登録を抹消した。今後は北海道苫小牧市のノーザンホースパークで乗馬となる予定。

<パッションダンス>
●重賞勝鞍
 2013年 新潟大賞典(GIII)
 2015年 新潟記念(GIII)
 2016年 新潟大賞典(GIII)
●JRA通算成績
 21戦7勝
●JRA以外の通算成績
 1戦0勝

(JRA発表のリリースによる)

【オークス】美浦レポート~カリビアンゴールド [News] [News]
2017/05/17(水) 15:46

21日(日)に東京競馬場で行われる第78回オークス(GI)に出走予定のカリビアンゴールド(牝3)について、小島太調教師の追い切り後のコメントは以下の通り。

・前走を振り返って
 勝ちたかったのですが、ちょっと届かなかったです。外へ出すのが手間取った分だと思います。中山のマイルが多かったですが、1ハロン延ばしていかに折り合いがつくかがポイントでしたが、スタートから全てうまくいきました。直線は外に出してから、脚を使ってくれるという期待を持っていましたが、少し遅れました。

・中間は
 牝馬ですからレース後1週間は回復に専念して、先週から普通のメニューをこなしました。

・今日の追い切りは
 身体はできていますので、並ぶ程度であまり燃えさせないようにしました。予定より時計ひとつくらい速かったのですが、余裕のある、力まずに坂を上がってきました。

・現在の状態は
 抜かりなく調整したつもりでおります。

・今回の距離は
 どの馬も未知な距離ですが、私は克服してくれるのでは、という期待は持っております。

・最大の強みは
 能力は必ず秘めているということは把握しています。スタートしてから何ハロンか落ち着いて行ってくれれば、必ず伸びるというものを持っていますので、うまく出してくれればと思っています。

・小島調教師自身、最後のオークスになりますが
 あまり牝馬には恵まれてきませんでしたが、今回がラストと思って、何とか頑張って欲しいと思います。

・ファンの皆さんへ
 ちょっと気難しいお嬢さんなのですが、オークスでは最高の走りをしてくれると思いますので、応援よろしくお願いします。

(取材:山本直)

【オークス】美浦レポート~ホウオウパフューム [News] [News]
2017/05/17(水) 15:45

21日(日)に東京競馬場で行われる第78回オークス(GI)に出走予定のホウオウパフューム(牝3、美浦・奥村武厩舎)について、松岡正海騎手の追い切り後のコメントは以下の通り。

・この馬の印象は
 いいフィニッシュがあるな、と思っています。

・1週前追い切りで初めて乗られましたが
 いい馬で反応も良く、想像していた通りでした。長くいい脚を使えそうですし、乗りやすいですし、欠点の無い馬です。

・最終追い切りは
 半マイル51~52秒という指示で、予定通りいい稽古ができたと思います。先週もすごく良かったですし、今週も動きはすごく良かったと思います。

・馬の状態は
 初めて乗るので、何とも言えませんが、身体に悪いところも無さそうなのでいいと思います。

・距離については
 距離延長は明らかにプラスだという印象なので、いい舞台だな、と思います。

・どういったレースをイメージされていますか
 中団あたりにつけて、最後は外に出すような小細工の無いレースをしたいと思います。

・意気込みを
 チャンスのある馬が回ってきたと思うので、1着しかいらないと思って乗ります。頑張ります。

(取材:山本直)

全12件中 1件〜10件目を表示 [ 1 2 次の10件 ]