【ヴィクトリアマイル】栗東レポート~クイーンズリング(デムーロ騎手) [News] [News]
2017/05/10(水) 18:11

 14日(日)に東京競馬場で行われるヴィクトリアマイル(GI)に出走予定のクイーンズリングについて、調教後の関係者への共同インタビューの内容は以下のとおり。

●クイーンズリング(ミルコ・デムーロ騎手)

◎阪神牝馬ステークスは15着でした。レースを振り返ってください。
 以前は馬場が悪くても頑張っていたのですが、今は馬場が悪いとすぐにやめてしまいます。今は悪い馬場は良くありません。レースで落鉄もしていましたし、馬場が全く合わず、ずっと躓いて走っていました。

◎スタートから先頭に出て行きましたが?
 2回前のレースで出遅れたので僕も気にしていました。一番いい位置に行きたかった。折り合いは全く問題ありませんでした。ペースも速くなかったのに全く伸びませんでした。

◎先週、調教で乗った感じは?
 いつも一生懸命に走る馬。とてもいい状態でした。以前は調教の後で体重が減っていたのですが、今は大人になって追い切りの後も問題ありません。体重も変わりません。

◎今週の調教は見ていましたか?
 坂路で見ていました。すごくいい状態みたいです。1回休み明けを使って良くなっていると思います。

◎今回のレースのイメージは?
 GIですから難しいです。相手も強いです。去年は外側の枠が良くなかったようですから、内枠の方がいいと思います。できれば内枠が欲しいです。

◎レースへ向けて一言。
 クイーンズリングはとてもいい馬です。勝ちたいです。GIですからみんながライバルです。他の馬も強いです。どんな馬場になるかわかりませんが頑張ります。

(取材:佐藤 泉)

【ヴィクトリアマイル】栗東レポート~クイーンズリング(吉村調教師) [News] [News]
2017/05/10(水) 18:06

 14日(日)に東京競馬場で行われるヴィクトリアマイル(GI)に出走予定のクイーンズリングについて、調教後の関係者への共同インタビューの内容は以下のとおり。


●クイーンズリング(吉村圭司調教師)

◎去年のこのレース(8着)からの1年間はいろんなことがありましたね。
 去年の秋はGIも勝たせて頂きましたし、香港遠征もありました。いろんな経験をさせて頂きましたね。

◎去年の秋のデキがそれまでで最高だったのでしょうか?
 それまで出走した中ではかなり自信を持った内容と感じていました。

◎香港遠征から戻って今年の緒戦の阪神牝馬ステークスでは初めての2桁着順になりましたが?
 海外遠征から帰国しても疲労も早く回復しましたし、厩舎に戻っても遠征の影響などは感じてなかったのでいい状態で送り出せていたと思うのですが。

◎敗因というのは?
 京都牝馬ステークスなどでは重馬場でも結果を出している馬なので、我々としてはこなしてくれるのではないかと思っていたのですが、ジョッキーは走りづらそうだったと言っていましたし、レース中に右前脚を落鉄していましたので馬も特に走りづらかったのだろうなと思います。

◎休み明けという点では?
 しっかり乗り込んで出走させましたので、そのへんは影響なかったと思っています。

◎レース後の疲れなどはなかったでしょうか?
 幸い影響もなく体の異常もなかったので次の週から調教も再開できています。何よりでした。

◎その後の調整過程を教えてください。
 2週前から坂路で時計を出して、先週はジョッキーが乗ってウッドチップコースで併せ馬の調教も消化していますので中間はメニューもしっかり消化して順調に来ています。

◎先週のタイムは自己ベストに迫るものでしたね。
 いつもだったら直線で内にコースを取るところをジョッキーの判断で外に回していましたね。かなりの負荷がかかっていますので、1週前に十分に負荷はかかっていると思います。ジョッキーもいいと言ってくれていましたね。

◎今週はどうだったでしょう?
 1週前にジョッキー騎乗でやってますので、今週はセーブ気味にということで坂路で単走で走らせました。いい感じだと思います。時計的にも理想的ですし、いい感じで上がってきてくれました。騎乗した助手も「まだ余裕がありました」と言っていましたし馬もキビキビ動けていましたし、いい雰囲気だと思います。

◎これまで重賞4勝、いろんな距離で勝っていますが?
 タイプ的には珍しいですが、総合的にパフォーマンスが高いのでしょうね。乗り手の指示にも従順ですし、そのあたりが終いの脚にも活きているのでしょうね。

◎今回の東京マイル戦というのはどうでしょう?
 東京1800メートルでは府中牝馬ステークスで結果は出ているのですが、1600メートルだとまた違いますしね。流れとかペースとかで違ってくると思いますが、決して対応できない馬ではないと思っています。去年も経験していますしね。

◎去年と違う点はありますか?
 去年は京都牝馬ステークスからヴィクトリアマイルだったので。今回はレース間隔的にも理想的ですし、調教もしやすいですから、去年と一番違う点はそこだと思います。

◎GIホースとして挑むGIとなりますが?
 前回のレースでは結果が伴わなかったので、エリザベス女王杯を優勝した馬ですから何とか挽回したいですね。

◎どんなレース運びを期待していますか?
 それはジョッキーがずっと乗っていますので一番理解してもらってますからお任せします。

(取材:佐藤 泉)

【ヴィクトリアマイル】栗東レポート~レッツゴードンキ(岩田騎手) [News] [News]
2017/05/10(水) 18:04


 14日(日)に東京競馬場で行われるヴィクトリアマイル(GI)に出走予定のレッツゴードンキについて、調教後の関係者への共同インタビューの内容は以下のとおり。

●レッツゴードンキ(岩田康誠騎手)

◎高松宮記念を振り返ってください。
 馬場も悪かったのですが、最内を通って良く伸びたと思います。力のあるところを見せてくれましたし、一番いい脚を使ってくれたと思います。

◎ここに来ての安定感に繋がっているのは何でしょう?
 馬が落ち着いて充実してきているのだと思います。

◎脚質にも幅が出来ているように思えますが?
 (レース中)じっとするようになってから直線の伸びも良くなりました。最近はゲートをあまり出ない感じでゆったりレースを運ぶようになっていますが、我慢できるようになって直線で伸びるようになりました。

◎今回は1200メートルから1600メートルに距離が伸びますが?
 中山で1600メートルで2着もありますし、折り合いさえつけばちゃんと伸びてくれると思います。東京のマイルなのでペースは落ちると思うのですが、それを気をつけて出たなりでどの位置でもレースができると思います。

◎先週の調教の感触はどうでしたか?
 1週前なのでしっかりやってくれとの指示でしたが最後の1ハロンは馬場が悪く馬なりでした。いい状態だと思います。

◎この馬にとって理想のレースは?
 枠順なり、馬場なり、ゲートを出たなりで、行けるなら行こうと思いますし、3コーナーまでは折り合いがつくように考えてレースをしたいと思います。

(取材:佐藤 泉)

【ヴィクトリアマイル】栗東レポート~レッツゴードンキ(梅田調教師) [News] [News]
2017/05/10(水) 18:02

 14日(日)に東京競馬場で行われるヴィクトリアマイル(GI)に出走予定のレッツゴードンキについて、調教後の関係者への共同インタビューの内容は以下のとおり。

●レッツゴードンキ(梅田智之調教師)

◎2着だった高松宮記念を振り返ってください。
 最近は馬の状態も安定して成績も良かったので凄く期待を持って出走させました。結果は2着でしたが、満足行く内容でした。中間の調整がうまく行っていたので道中の折り合いも良く、調整と結果がうまく結び付いたということで良かったと思っています。

◎昨年夏からコンスタントにレースを使われていますね。
 もともと使い減りのしない馬で女馬ですが馬格もあって丈夫なので。馬が丈夫だからコンスタントに使うことができています。

◎昨年秋のJBCレディスクラシックから2着以内の成績を確保している安定感がありますが?
 状態の変動の少ない馬で、精神面でムキになっていた所が大人になったのが結果に結びついているのだと思います。年齢的に馬に余裕が出てきたのではないかと思っています。そのへんがかなり競馬に行っての安定感に繋がっていると思います。

◎去年とは違う過程でこのレースに臨むことになりますね。
 特に意識してきたわけではありませんでしたが、たまたまオーナーと馬の状態とスタッフと相談しながら、特に何がというわけではなく選んできました。

◎去年のこのレースと比べてどうでしょう?
 去年は全然駄目でした。同じオーナーの馬が勝って良かったのですが、今回はここへ来るまでの過程がいいので、去年みたいなことにはならないと思って調整してきています。

◎去年との違いは精神面でしょうか?
 精神面ももちろんですが、馬自体もパワーアップしていますので去年より期待は大きいですね。体もデビューからこれだけレースを使って50キロ以上増えていますのでね。今までそんな女馬はなかなかいなかったですから。今朝の調教も雨で少し重い中でしっかり動けていましたから、そのへんは去年と違ってパワーアップしたと思います。

◎先週もいい動きでしたね。
 岩田騎手が乗って追い切ってくれました。最後に馬場が悪くて目一杯は追っていないのですが時計も出ていましたし、上がってきた時の息の入りも良かったので高いレベルでいい状態をキープできていると思います。

◎先週が今度のレースへ向けての一番の調整でしたか?
 そうですね。今週は調教助手が乗ってテンションをこれ以上上げないように。先週の時点で馬はできていますので、サラッと流すだけででした。このまま競馬まで持って行けたら最高だと思います。

◎今回は距離がマイルになりますが?
テンションが上がらないように普段から馬と会話しながら調整してきていますし、角馬場に入れたり、いろんな工夫をしています。最近はいい意味でズブくなってきているので距離がもてばいいと思っています。

◎今回のレースへの想いは?
 桜花賞を勝った後、だいぶスランプだったので、ここのところようやく挽回できているのかなと。また勲章も欲しいですし、馬の為にも厩舎の為にも、オーナーの為にも頑張って欲しいです。

(取材:佐藤 泉)


【ヴィクトリアマイル】栗東レポート~ミッキークイーン(浜中騎手) [News] [News]
2017/05/10(水) 17:56

 14日(日)に東京競馬場で行われるヴィクトリアマイル(GI)に出走予定のミッキークイーンについて、調教後の関係者への共同インタビューの内容は以下のとおり。

●ミッキークイーン(浜中俊騎手)

◎阪神牝馬ステークスは快勝でしたね。
 直線はすごくいい瞬発力で強い内容だったと思います。

◎1年6ヶ月ぶりの勝利でしたが?
 久しぶりにミッキークイーンと勝つことができて良かったです。休み明けでもいい状態で自信がありました。

◎その後の状態については関係者から聞いていますか?
 レースの後も順調に来ていると聞いています。

◎前回騎乗して感じた成長した点はどこでしょう?
 年齢を重ねて精神的にどっしりしてきました。

◎去年から変わった点は何でしょう?
 いい意味で一生懸命に走る点は変わってないですね。

◎前回のレースではスタートも良かったですね?
 精神的にどっしりしてきたことでゲートも安定してきた所もあります。ソワソワする面はなくなりました。そうしたゲートの不安はなくなって来ていると思います。

◎去年のこのレースは惜しい2着でしたが?
 残念でしたが、今回はその雪辱というか、今年はいい結果が出ればと思っています。

◎去年はこの馬もかなり苦労していたようですが?
 正直、コンディションの良くない時期があって、一時は引退も考えたそうですが、そんな所から立ち直ってこれだけ走ってくれている馬ですから、その分、この馬と一緒にもう一度タイトルを取りたいなという気持ちは強くなりました。

◎前回のレースで完全復活と言っていいでしょうか?
 いい形で勝てましたので、この馬のポテンシャルであれば、もっともっと活躍できると思う気持ちはあります。

◎今回はどんなレースをイメージしますか?
 まずはスタートをしっかり決めて流れに乗って競馬ができれば。ミッキークイーンのことは信頼していますし、自信を持って乗りたいと思います。

◎今年のレースへの想いを聞かせてください。
 去年は僕の怪我からの復帰戦をいうこともあって馬の重荷になっていた部分もあったかと思いますし、彼女が助けてくれた部分もありました。今年はミッキークイーンがいい走りをできるようにサポートできればと思っています。いい結果を出せるよう頑張りたいですね。

(取材:佐藤 泉)

【ヴィクトリアマイル】栗東レポート~ミッキークイーン(池江調教師) [News] [News]
2017/05/10(水) 17:50

 14日(日)に東京競馬場で行われるヴィクトリアマイル(GI)に出走予定のミッキークイーンについて、調教後の関係者への共同インタビューの内容は以下のとおり。

●ミッキークイーン(池江泰寿調教師)

◎阪神牝馬ステークスは快勝でしたね。
 感動しました。いろいろなことがありましたし、ようやく復活してくれましたからね。

◎1年6ヶ月ぶりの勝利でしたね。
 そんなに長かったですか。良く本当に頑張ってくれたなと思います。去年のヴィクトリアマイルの後、宝塚記念を目指していたのですが、捻挫して靭帯を傷めまして、かなり重篤な状態だったので引退も考えたのですが、牧場のスタッフが良く治してくれて。エリザベス女王杯も本当によく頑張ってくれましたが、その後有馬記念の前あたりからしっかりとウッドチップコースでも追えるようになりましたし、今は患部も固まって心配なく調教もしっかり積めるようになりましたね。

◎阪神牝馬ステークスは休み明けの勝利でもありましたね。
 休み明けはあまり動く馬ではないのですが、しっかり調教が積めたのが大きかったのでしょうね。完全復活もしてますし、年齢を重ねて精神的にも落ち着きが出てきていますので、完全復活というより昔以上に能力を出せる状態になっているのではないかと思っています。

◎年齢を重ねた部分で、レースにいい影響が出ているのはどういう点でしょうか?
 精神的に落ち着いているので飼い葉もしっかり食べますし、食べた分がしっかり実になっています。一番大きいのはゲートでしょうね。ゲート内の駐立が安定してきたということだと思います。

◎勝ってから1ヶ月経ちましたが。
 レース後は厩舎で在厩のまま調整をしています。今日は単走半マイル(併走馬なく1頭で800メートル)で馬なりの調整だったのですが、先週、先々週はウッドチップコースで長めの距離をびっしりやってます。もちろん、前回レースを使った上積みもありますのでいい状態で臨めそうです。

◎先週はどんな感じだったでしょう?
 しっかり息を作っておかなくてはいけないので心肺能力を高め、1週前にしっかりやることで筋肉量を増やすこととか、精神的にも競馬に向かって行くように「闘魂注入」のようなことを施しました。

◎そして、今週(今日)はどんな意図だったのでしょう?
 実質的な「追い切り」は先週終わっていますので、緩やかに気道が収縮している部分をもう一度広げてあげるという意味で「ブロウアウト」ということをしました。

◎去年と同じステップでの今回のGIですが、内容はかなり違っていますか?
 去年はマイルのレースは久々だったのでまだ対応できていない所があったのですが、去年マイルを2回経験して今年はしっかり対応できていますし、ゲートの駐立が良くなって五分に出られるようになっているのも大きいと思います。

◎去年は放牧に出てのレースでしたが?
 去年はまだ精神的に不安定でしたのでレースの後は牧場でゆっくりさせてからでないと次のレースに向かえなかったのですが、そのへんの心配もなくなってきたということですね。

◎ミッキークイーンの強調できる点は何でしょう?
 勝負根性だと思います。気持ちで走っているのだと思います。

◎先ほど、浜中騎手が「また、ミッキークイーンとGIに挑戦できる」という喜びを語ってくれましたが?
 去年は浜中騎手も怪我があったりと厳しい1年だったと思います。ミッキークイーンも去年1年間未勝利で厳しい年でしたから、このコンビが再びまた笑顔でレースを終えられることを見てみたいと思います。

◎どんなレースを期待されますか?
 ゲートは安定してきたと言ってもやはりゲートでしっかり駐立して五分に出ることと、加速に時間がかかるので助走のできるスペースをしっかり確保して早めにふかして行くという、この2点だと思います。

◎レースへの期待は?
 おそらく1番人気に推してもらえると思います。2年前はGIを2つ獲らせてもらってJRA賞も頂いたのですが、去年は未勝利でファンの皆さんの期待を裏切りました。今回は何とかファンの皆さんの期待に応えて、ミッキークイーンが牝馬ナンバーワンだということを証明したいと思っています。

(取材:佐藤 泉)

【ヴィクトリアマイル】美浦レポート~フロンテアクイーン [News] [News]
2017/05/10(水) 16:01

 14日(日)に東京競馬場で行われるヴィクトリアマイルに出走を予定しているフロンテアクイーンについて国枝栄調教師のコメントは以下の通り。

「前走の福島牝馬ステークスは北村宏司騎手がうまく乗ってくれて最高の競馬でしたが、相手が一枚上でした。パドックでは今までになく落ち着いていて、うまくなだめて気分良く走らせたと思います。
 今朝の追い切りはウッドコースでの併せ馬でした。相手を前に行かせて、終いは気分良く走らせてくれと指示をしましたが、その通りの調教になりました。特に問題もなく、順調にきています。食欲もあり、いい状況です。古馬になって落ち着きが出て、体も一回り大きくなり張りも出てきました。いい方向に向いていると思います。
 今度は東京コースなので力勝負になります。うまく流れに乗って、うまく立ち回って終いの脚を生かしてくれたらいいと思っています。GIで相手も強くなりますが、頑張りたいです。」

(取材:小林雅巳)

【ヴィクトリアマイル】美浦レポート~ウキヨノカゼ [News] [News]
2017/05/10(水) 15:58

 14日(日)に東京競馬場で行われるヴィクトリアマイルに出走を予定しているウキヨノカゼについて関係者のコメントは以下の通り。

菊沢隆徳調教師
「先週のNHKマイルカップを勝ち、皆さんからお祝いの言葉をいただきGIの重みというものをひしひしと感じています。
 ウキヨノカゼには入厩の頃から喜びを与えてくれたり、驚かされたりしてきました。去年とは違う形でまたこのレースに出られるということに対して馬に感謝したいです。
 7歳馬ですが、馬の動きから7歳というイメージはありません。まだまだ若い体をしています。3歳の頃よりもパワーアップしていて、精神面のオンオフの切り替えも上手に出来るようになりました。前走の福島牝馬ステークスは、前を捌けるのか、届くのか不安になりながら見ていましたが、直線での伸びを見て大丈夫だと思いました。
 今回は中2週で、レースに向けてどのようにピークに持っていけるか考えてきました。今朝の追い切りは気持ちの高ぶりを抑え、競馬で爆発できるようなイメージでやりました。指示通りの追い切りで、いい動きだと思いました。
 レース当日の朝に移動して気持ちが高ぶったままパドックに行くと、落ち着きという点でまだ心配な面があるので、今回はレースの前日に東京競馬場に入厩させて落ち着かせたいと思っています。レースでは中団か後方の位置になると思います。そこから強い馬をめがけて走ってくれたらいいと思っています。」

吉田隼人騎手
「前走の福島牝馬ステークスで初めてコンビを組みました。レースの一週前に初めて乗りましたが、7歳とは思えないぐらい馬がフレッシュでした。レースでは馬のリズムを大事にしようと思い、内のいい枠順だったので1コーナーでいいところに入れ、前に目標とする馬がいたので、道中はその馬を見ながら行きました。最後の直線では期待通りにいい脚を使ってくれました。
 今度の舞台は東京コースですが、馬のリズムを大事にしていきたいです。そうすればいい脚を使ってくれると思っています。東京のマイルという条件も問題ありません。GIホースもいて相手は強いですが、一発を狙っていきたいです。」

(取材:小林雅巳)

【ヴィクトリアマイル】美浦レポート~ルージュバック [News] [News]
2017/05/10(水) 15:53

 14日(日)に東京競馬場で行われるヴィクトリアマイルに出走を予定しているルージュバックについて関係者のコメントは以下の通り。

・大竹正博調教師
「前走は1番枠で厳しいポジションでのレースでした。それでも戦法の少なさを補う競馬はしてくれたと思っています。この中間は放牧先でもしっかりと乗っていましたが、今回に関しては絞り切れないということで、こちらに戻ってきていつも以上に負荷をかけてきました。去年のヴィクトリアマイルはなかなかエンジンがかからず、かかったところがゴールだったということを踏まえて調整してきました。
 5歳になってどっしりと構えた部分が出てきました。追い切りに関しても、いつもなら併せた相手を引き離す脚を見せるのですが、良いのか悪いか少しズブさが出てきました。過去のデータを見ると、牝馬限定のレースでは成績があまり良くありません。今回それがどう出るかでしょう。
 今まで戦ってきた馬が、この歳になってもまだ一堂に会して戦えるということは素晴らしいと思います。ここでいい成績が出せれば、これまでのモヤモヤした気持ちが一気に晴れるのかなと思っています。なんとか頑張って欲しいと思います。」

・戸崎圭太騎手
「前走の金鯱賞は1番枠だったので自分で前の位置を取りに行きました。道中はリズム良く行けましたが、直線では前が開かず、さばけずという感じで力を出せずに終わったレースでした。
 3歳のクラシックの時から高いポテンシャルを持った馬だと言われてきましたが、これまで1つもGIを取れていないということは心残りですし、責任を感じています。今度は東京コースになりますが、コースは合っていると思います。オークスで負けたミッキークイーンは強くなっているようですし、いいメンバーが揃っていますが、僕がしっかりと騎乗すれば結果はついてくるでしょう。僕自身としてはこのレースの3連覇を目指して、そしてこのコンビでGIを勝ちたいという思いが強いです。」

(取材:小林雅巳)