【NHKマイルC】美浦レポート~タイムトリップ [News] [News]
2017/05/03(水) 16:40

7日(日)東京競馬場で行われるNHKマイルカップ(GI)に出走予定のタイムトリップ(牡3、美浦・菊川正達厩舎)について、追い切り後の関係者のコメントは以下の通り。

○タイムトリップについて菊川正達調教師
「(前走を振り返って)
 レースの流れが遅くて前残りの競馬、その中で後方から末脚を伸ばして来られたので、中身のある競馬だったと思います。

(2走前から脚質転換したきっかけは?)
 京王杯2歳Sのときにハナを切って、淡白な競馬になってしまいました。距離をもたせたいという気持ちもあり、溜める競馬を試みてきました。

(中間の調整について)
 前走後は疲れもなく元気だったので、1週前にしっかりやっておこうと。先週は戸崎騎手に乗ってもらい、前の馬を追いかけました。馬も元気ですし、GIに行くための調教ということで今週もしっかりとやろうと思いました。今朝は前の馬がしっかり走って、それを追いかけて時計自体は速くなりましたが、余裕ある手応えで先着しました。力強い、いい動きだったと思います。今までで一番といっていい状態だと思います。

(東京芝1600mについて)
 クロッカスSのときに1400mで控える競馬をして、驚くような脚を使ってくれました。1ハロン伸びても問題はないと思います。

(この馬のいいところは?)
 素直な気性でしょうね。抑える競馬もすぐ身につきましたし、学習能力の高い賢い馬だと思います。今回もやはり、末脚を生かす競馬を期待しています」

(取材:小塚歩)

【NHKマイルC】美浦レポート~ディバインコード [News] [News]
2017/05/03(水) 16:37

7日(日)東京競馬場で行われるNHKマイルカップ(GI)に出走予定のディバインコード(牡3、美浦・栗田博憲厩舎)について、追い切り後の関係者のコメントは以下の通り。

○ディバインコードについて栗田博憲調教師
「(最終追い切りについて)
 中1週ということで、反応を確かめる内容でした。満足のいく追い切りでした。まずまずの反応をしてくれましたし、あとは本番でどのくらい頑張ってくれるか見てみたいです。

(前走を振り返って)
 それまで強い相手と戦ってきていましたし、勝ってくれてよかったと思っています。レース直後は馬体の回復に努め、いい状態に戻りました。今週は息を整える程度でいいと思い、今日の内容で満足しています。

(デビューからここまでを振り返って)
 未完成な部分がある中で、よく頑張ってくれていると思っています。馬体はいい意味で成長してくれていますし、秋はもっと重量感を増してくれるのではないでしょうか。

(この馬のセールスポイントは?)
 気の小さいところはありますが、その反面、それだけ反応がいいというところですね。

(東京芝1600mという舞台について)
 ごまかしの利かないレースですよね。その中で、正攻法で、今持っている力でどこまで通用するか、どんなレースをしてくれるか、楽しみにしています」

(取材:小塚歩)

【NHKマイルC】美浦レポート~アエロリット [News] [News]
2017/05/03(水) 16:35

7日(日)東京競馬場で行われるNHKマイルカップ(GI)に出走予定のアエロリット(牝3、美浦・菊沢隆徳厩舎)について、追い切り後の関係者のコメントは以下の通り。

○アエロリットについて菊沢隆徳調教師
「(最終追い切りについて)
 北馬場で角馬場とトラック半周、落ち着かせてウォーミングアップさせてから坂路へ。身体的にも気合的にもできているので、調整程度で、終い気持ちよく走らせることを主眼に行いました。十分いい動きで、坂を登りきってから厩舎に帰るまでも息が乱れていなかったので、これで十分かなと思います。短期放牧で桜花賞の疲れも取れて、今週の競馬で戦える状態です。

(桜花賞を振り返って)
 タフな馬場状態、レースもGIですからタフなレースになったと思います。初めての長距離輸送で心配な面もありましたが、5着でしたけれど中身のある競馬ができたと思います。それまでは右回りで先行して最後に甘くなる競馬でしたが、後方から道中折り合いがつき、最後まで伸びてくれて上位争いに加わってくれました。

(東京芝1600mについて)
 東京コースは新馬戦で勝ち、クイーンCで2着。広々とした左回りは、今のアエロリットにはとても適している馬場ではないでしょうか。(牡馬との対戦について)やってみないとわかりませんが、クイーンCでも速い時計で走っていますし、牡馬に負けない強気な気性をしていますから、その点はあまりこだわっていません。

(好走のポイントは?)
 落ち着いて返し馬をして、スムーズにゲートを出て、折り合いがついて、直線スムーズに捌ければいいと思います。

(この馬のセールスポイントを改めて)
 牝馬ですが雄大な馬体をしていますしパワーもあります。気性もとても前向きで、競走馬として優れた気性をしていると思います。

 デビュー戦しか勝っていませんが、そのあとも善戦して頑張ってくれているアエロリットをぜひ応援してください。よろしくお願いします」

(取材:小塚歩)

【NHKマイルC】美浦レポート~アウトライアーズ [News] [News]
2017/05/03(水) 16:34

7日(日)東京競馬場で行われるNHKマイルカップ(GI)に出走予定のアウトライアーズ(牡3、美浦・小島茂之厩舎)について、追い切り後の関係者のコメントは以下の通り。

○アウトライアーズについて小島茂之調教師
「(最終追い切りについて)
 通常だとこの時期の3歳馬は気負ってきて、どうやって落ち着かせるかに重点を置くことが多いのですが、相変わらず皐月賞前と同じく落ち着きがあったので、少し踏み込んで、しっかりやっていいのではないかということで田辺騎手と話しました。前に2頭を置いて、あとは田辺騎手に任せて、しっかりやってもらいました。(4ハロン50秒台というタイムについて)前半は内を通った分で、外を通っていればもう少し時計はかかったでしょう。何よりも、本番前にしっかりやれたということはよかったと思います。

(皐月賞を振り返って)
 いいポジションで行けたと思います。ただ、馬場的に前が有利であったことと、外を回った馬よりも内の馬のほうが伸びていたことを考えると、この馬には向かなかったのかなと。それに、距離の面ももしかしたらあるのかなと思っています。

(距離適性に関して)
 未勝利戦は2000mで勝っていますし、上のクラスでも2000mでいい勝負をしていますが、上にいけばいくほど層も厚くなってきますからね。今でも2000mに対応できないことはありませんが、強いメンバーに入ったときは、競馬がし易いのは1600mなのかなと思っています。

(NHKマイルカップへの参戦について)
 未勝利を勝ったあとのレースから気負いが強くなってきました。血統的背景もあり、馬と喧嘩してレースするよりは、気分良く走れるレースをと田辺騎手とも話し合って、早いうちにこういう選択になりました。

(東京コースについて)
 1度走ったときはかかり気味になっていましたが、あのときは前に馬がおらず、ずっと気負って走っていました。それで3着でした。今回は1600mで、持ち味がもっと生かせるのではないかとイメージしています。

(好走のポイントは?)
 これだけ攻めてきたので、程よい気合ですね。逆に落ち着きすぎていても、マイル戦ですし...。程よい気合で。当日、パドックから返し馬での雰囲気が良ければ、力を出せると思います。

あとは田辺騎手が馬を信じてくれているので、お任せして、我々も残りの数日間、やれることをやっていきたいと思います」


○アウトライアーズについて田辺裕信騎手
「(追い切りに騎乗して)
 もともと調教で動く馬なので、前の馬を見ながら反応を確かめて、雰囲気と息遣いを確認しました。気持ちの面での上げ下げがいい意味であまりなく、落ち着いていて平行線なのはいいですね。前回も動き自体は悪くありませんでしたが、2000mという距離に対しての不安などがありましたし、今回の距離短縮はこの馬にとってはプラスだと思います。

(前走の皐月賞について)
 皐月賞の週は時計が出る馬場で、この馬自身も脚を溜めているつもりだったのが道中なし崩しに脚を使わされ、持ち味である最後のキレがあまりありませんでした。
 1600mなら、折り合いなどの不安がなくなりますから、この馬にとってはプラスだと思います。

(東京コースについて)
 東京以外に新潟でも走っていますし、右回り左回りは特に注文がつきません。この馬にはいいときも悪いときも乗せてもらっていますが、落ち着いていて元の状態にリセットされるところはおとなになったと思います。皐月賞から切り替えて、今回のレースに臨めそうです。

(レースでのポイントは?)
 中山とは馬場状態も違いますから、中山で走れた馬が東京を苦にすることがあるかと思います。この馬はいろいろな馬場で走ったことがあるので、そのあたりは強みになりそうです。皐月賞では結果を出せませんでしたが、得意の距離で挽回したいと思います」

(取材:小塚歩)

【NHKマイルC】栗東レポート~レッドアンシェル [News] [News]
2017/05/03(水) 14:55

7日(日)に東京競馬場で行われる第22回NHKマイルC(GI)に出走を予定しているレッドアンシェル(牡3、栗東・庄野靖志厩舎)について、追い切り後の庄野靖志調教師と騎乗予定の福永祐一騎手のコメントは以下の通り。

・庄野靖志調教師
(前走のアーリントンC2着を振り返って)
「ジョッキーと相談しまして、なるべく脚を溜めながら行って、終いを生かすような競馬をしてほしいという、その通りの競馬でした。勝った相手は後の皐月賞2着馬ですから、強かったと思います。レッドアンシェルも良い競馬ができたと思います。
 馬はまだまだ若いですし、GIに向けてという形は整ったかなと思います。まだこれからもっと成長していく馬なので、今回はこのメンバーでどれだけやれるかというところを見たいです」

(前走後の調整について)
「だいたい1ヶ月ちょっとリフレッシュ放牧させてもらいました。1ヶ月前ぐらいに厩舎に帰ってきました。それからは至極順調に調整ができています。ここまで良い状態で持って来られたと思います」

(調教過程を振り返って)
「先週は福永ジョッキーに乗ってもらって、併せ馬で終いまでしっかりやってほしいという指示でした。ジョッキーもすごく感触が良かったみたいですし、ほぼ仕上がっているという手応えを掴んでもらいました。
 今日は、距離はそんなにいらないかと思いましたので、Cウッドでだいたい半マイルぐらいでした。終いは少し反応を確かめる程度に1ハロンだけ伸ばして行こうかなというイメージでやりました。
 最後の1ハロンもしっかりと重心を低くして、良いフォームで走っていました。伸びやかな良い走りだったと思います。」

(成長してきた部分は?)
「馬体的には、けっこう丸みが出てきて、筋肉も付いてきて、だいぶしっかりしてきたなという印象はあります。精神面については、調教自体はすごくやりやすい馬になってきたと思いますが、競馬に行くとまだテンションが上がってしまうので、その辺の調整が難しいです。
 ここまでは順調に来ているので、あとは当日の装鞍所からパドック、パドックから本馬場入場まで、どれくらい馬を落ち着かせて行けるかというのがポイントになると思います」

(今回のレースに向けて)
「初めてのコースですし、GIということもあってお客さんもいっぱいですし、どちらかと言うとテンションの上がりやすい馬なので、できるだけ落ち着いて行ってほしいなと思います。
 初めての長距離輸送なので、東京競馬場で一泊できることが逆に良い方に向いてくれれば良いと思います。その辺はやってみなければ分からないところはあります。
 終いを生かす競馬が一番良いのかなと思います。かといって、ここのところ東京競馬場は時計が速いので、ある程度のポジションで脚が溜められれば良いですね。
 やはりGIですから、強いメンバーが揃ったと思いますので、あくまでこの中でレッドアンシェルがどれだけ力を出してくれるのかなというのは、期待も込めて見ていきたいです。
 レッドアンシェルはここまですごく順調に来ています。初めての東京競馬場という舞台ですが、なるべく人も馬も落ち着いて行けるように当日を迎えられたら良いなと思います。それでいて最後に良い結果が出てくれたら嬉しいです。また応援よろしくお願いします」


・福永祐一騎手
(騎乗した、デビューから2戦の印象は?)
「初戦から多少気の悪さをレース前に見せるところはありましたが、レースに行ってのセンスが非常に良い馬でした。どんな競馬でもできる高いセンスの持ち主ですし、基本的にはどのポジションでも最後は良い脚を使うというイメージはあります。
 気性面の難しさは毎回付いて回るのですが、私が乗せてもらった2戦に関しては厩舎が非常に上手く気性面をコントロールしてくれました。レースでは非常に高いパフォーマンスを見せてくれたので、GIでも十分良い勝負ができるのではないかという感触はありました」

(今回のレースに向けて)
「距離や左回りに関してはあまり心配していません。しかし、やはり課題というか一番の難しいのは気性面だと思います。
 乗り難しい馬ではないですが、スピードが乗る感じはマイルぐらいが良いのではないかという感じは、現時点ではしています。
 (レース運びは)全然考えていません。枠が出てからです。スタートもどれだけ出るか分かりませんから。乗せてもらった2戦はスタートはそんなに悪くなかったのですが、その他の2戦ではあまり良いスタートを切っていなかったので、その2走で気性面がどういう感じになっているかもまだ分かりません。若い馬なので決めつけるのも良くないと思いますし、当日の雰囲気を見て考えたいです。
 (相手関係は)あまり気にしていません。まずは自分との戦いだと思うので、そこさえクリアできれば力を発揮できると思います。力を発揮できれば、十分に勝ち負けできる馬だと思っています。
 先週、追い切りに乗せてもらった時点では非常に落ち着いていて、良い動きもしてくれていました。あとは初めての長距離輸送での競馬になりますので、気性面のコントロールが上手く利いているかどうかが一つの鍵だと思います。そこさえクリアしてくれれば、良い結果を出してくれると思います。
 この2戦は自分の怪我で迷惑をかけてしまったので、その分、今回にかける意気込みはより強いものがあります。馬も非常に良い状態で来られていますので、一緒に一生懸命頑張りたいと思います」

(取材:米田元気)

【NHKマイルC】栗東レポート~ジョーストリクトリ [News] [News]
2017/05/03(水) 14:50

7日(日)に東京競馬場で行われる第22回NHKマイルC(GI)に出走を予定しているジョーストリクトリ(牡3、栗東・清水久詞厩舎)について、追い切り後の清水久詞調教師と騎乗予定の武豊騎手のコメントは以下の通り。

・清水久詞調教師
(前走のニュージーランドT1着を振り返って)
「期待以上の走りで、よく頑張ってくれました。
 枠順も良い所に入ったなと思っていましたので、こういう競馬をしてほしいという、前々で内々で良い所で競馬をしてくれました。馬場も気にしませんし、最後も内が開きましたので、思い描いていたような競馬で、上手に乗ってくれました。
 トライアルですし、良い弾みというか、馬も状態が良いですので、期待したいです」

(前走後の調整について)
「競馬のダメージもそれほど大きくなくて、すぐに疲れが取れましたので、何事もなく順調に進められています」

(調教過程を振り返って)
「(1週前は)使い込んできていますので、それほどビシッとやる必要もありませんので、併せ馬で終いに重点を置いて、良い動きでした。
 今日も良い動きだったと思います。他の厩舎の馬と少し併せ馬のようになりましたが、終いも時計も良かったです。順調には来ています。
 まだまだ成長はこれからだと思いますが、もともとデビュー前から操縦性が良いですし、性格も素直なところを見せていましたので、デビュー戦から期待していました。これからもっともっと順調に成長してくれればなと思います」

(今回のレースに向けて)
「(東京マイルは)全く問題ないと思います。競馬場も経験していますし、輸送も、1600mも経験しています。特に心配はないです。
 ゲートも上手ですし、スピードもあります。その辺はジョッキーに全て任せます。
 恵まれた馬格がありますし、スピードもありますので、そういう所はしっかりと(父のジョーカプチーノから)受け継いでいるのではないでしょうか。
 トライアルを勝ちましたし、馬は状態が良いですので、自信を持って行きたいです。
 (相手関係は)特に考えないようにしています。
 (先週の天皇賞と同じタッグ)私もそこは良い流れがあると思いますし、武騎手とも重賞ではよく結果が出ていますので、良い材料かなと思っています。
 トライアルを勝たせていただいて、良い状態で挑めると思いますので、応援のほどよろしくお願いいたします」


・武豊騎手
(過去2回乗った印象は?)
「良い馬だなという印象は当然ありますが、自分では結果を出せませんでした。前走は乗っていなかったのですが、重賞を勝ったので、自分としては悔しさがあります。
 (前走は)もちろん注目して見ていましたが、本当に完璧な競馬で、ラストもしっかり伸びていました」

(今回のレースに向けて)
「舞台としては東京1600mは合っていそうなイメージがあります。
 まだ展開も予測がつきにくいメンバーかなという感じです。ただ、そんなに癖があるタイプではないので、色々と考えて乗りたいです。
 どの馬とは言えないですが、おそらく混戦だと思います。もちろんマイルのGIで、ここを狙っている馬たちが集まったレースなので、難しいレースになると思います。
 先週、(天皇賞を清水調教師と)一緒に勝てたので、今週もそうなれば嬉しいです。
 トライアルのニュージーランドトロフィーを勝っている馬で出られるので、チャンスはあると思っています。思い切って乗りたいです」

(取材:米田元気)

【NHKマイルC】栗東レポート~カラクレナイ [News] [News]
2017/05/03(水) 14:48

7日(日)に東京競馬場で行われる第22回NHKマイルC(GI)に出走を予定しているカラクレナイ(牝3、栗東・松下武士厩舎)について、追い切り後の松下武士調教師と騎乗予定のM.デムーロ騎手のコメントは以下の通り。

・松下武士調教師
(前走の桜花賞4着を振り返って)
「馬場が重たい中、最後までしっかり伸びてくれたと思います。
 いつも通り後ろからということになりましたが、自分の競馬はできたと思います」

(前走後の調整について)
「レース後、1週間は疲れを取ることを優先しました。翌週末から15秒-15秒の調教をしました。先週はしっかりとCコースで追い切りました」

(調教過程を振り返って)
「いつも通り力強い走りをしていました。
 輸送もありますので、サッという感じにはなりますが、この春2走していますし、馬も仕上がっていますので、それで大丈夫だと思います」

(今回のレースに向けて)
「特別うるさい馬ではなく、どちらかと言うと大人しい馬なので、輸送自体は問題ないと思います。
 直線が長いのは、この馬にとって合っていると思いますし、左回りも特に問題ないと思います。
 スタート次第にはなると思いますが、リズム良く運べて、最後しっかりと脚を使えればと思います。
 (デムーロ騎手は)勝負強いジョッキーですし、心強いです。
 どの馬にもチャンスがあるレースだと思います。しっかりとこのチャンスをものにしたいです。
 あと3日しっかりと仕上げて、良い競馬ができればと思います。今日追い切った後、しっかりと馬体を確認したいです」


・M.デムーロ騎手
(最終追い切りを見た印象は?)
「今ちょうど見ました。すごく良さそうです」

(過去3戦跨がった時の印象は?)
「良かったです。(前回の騎乗は)久しぶりの時で、GIを勝った馬が2着に来ていましたし、良いパフォーマンスでした。
 大好きな馬です。新馬の時に初めて乗りました。そこからどんどん良くなっていました。とても良い馬です。すごく瞬発力があります。
 悪い馬場でも良い走りをします。それは楽しみです」

(今回のレースに向けて)
「初めての東京ですが、大丈夫だと思います。いつも最後にすごく良い脚を使っているので、直線が長いのは問題ないと思います。
 (距離は)全然問題ないと思います。あまりスタートは速くないのですが、最後はすごい瞬発力です。
 GIで牡馬と一緒に走ります。それはどうなるか分かりませんが、頑張ります。
 横山典弘騎手の牝馬(アエロリット)はいつも上位に来ています。この前も一緒に桜花賞を走りました。後ろからすごく良いパフォーマンスで5着に来ていました。とても良い馬です。あとは田辺騎手の乗る牡馬(アウトライアーズ)は皐月賞では残念でしたが、その前はすごく良いパフォーマンスを見せていました。GIですので、皆がライバルです。
 前走の桜花賞の時は乗っていませんでしたが、少し後ろを行っていました。できればもう少し前に行きたいです。
 瞬発力がなくなるので、それほど前には行きませんが、中団ぐらいにつけたいです。
 今回もGIですし勝ちたいです。皆さんいつも応援していただいてありがとうございます。頑張ります」

(取材:米田元気)