安田記念に外国馬4頭が予備登録 [News] [News]
2017/04/26(水) 18:11

 6月4日(日)に東京競馬場で行われる安田記念(GI・芝1600m)の外国馬の予備登録がJRAから発表された。予備登録馬は以下の通り。

・馬名(性齢 調教国) 主なタイトル
 クールカンパニー(牡5 イギリス) Prix Robert Papin(G2)
 ストーミーアンタークティック(牡4 イギリス) Craven Stakes(G3)
 ビューティーオンリー(セン6 香港) 香港マイル(G1)
 コンテントメント(セン7 香港) クイーンズシルバージュビリーカップ(G1)

【天皇賞(春)】栗東レポート~シュヴァルグラン [News] [News]
2017/04/26(水) 17:56

☆4月30日(日曜日)京都競馬場で行われる第155回天皇賞(春)GIに出走を予定しているシュヴァルグランについて追い切り後の関係者のコメントは以下の通り。

◎シュヴァルグランについて、友道康夫調教師
・前走の阪神大賞典は牧場から戻って調整もうまくいって100%を出したレースでした。強い馬にマークされて差は開きましたが内容は悪くありませんでした。今回は昨年と同じローテーションで天皇賞(春)に駒を進めます。昨年は中間に放牧に出しましたが今年は在厩しての調整でした。
・一週前二週前にCWコースでしっかりと負荷をかけて3200mに対応できるように調整しました。あまり稽古駆けしないこの馬がしっかりと動きました。今週は疲れが残らないような調整で青写真通りきています。
・昨年の天皇賞(春)は勝ち馬から0.2秒差でしたが今回はメンバーも強くなります。しかしこの馬も昨年に比べて切れとシャープさを増しています。出るからにはトップを目指します。
・この馬の母馬は種牡馬の特徴を引き出して走る馬を多く出しています。ですから距離面ではハーツクライの特徴を出していると思います。
・現在100%力を出せる状態です、できれば晴れの良馬場でやりたいですね。素晴らしいメンバーがそろったこのレースを是非当日京都競馬場まで足を運んで応援して欲しいですね。

◎シュヴァルグランについて、福永祐一騎手
・前走の阪神大賞典は調教の変化がレースにも現れていました。休み明けの一戦でしたが早めに動くレースでいい内容のレースだったと思います。中間追い切りには乗っていませんが追い切り以外で馬場を一周させてもらいました。切れも良く上昇曲線を感じます。
・昨年と同じ臨戦過程ですがもともと5歳になる今年から良くなるのではと話していました。昨年は阪神大賞典を勝って天皇賞(春)に駒を進めましたが中身は今年の方がいいと思います。
・昨年はスローペースの中、あと一列前でレースが出来ればと思ったレースでした。この馬は調教の動きが良ければ自らはみに向かってスタートもよくなるので、今回はいい位置からレースができるのではと思っています。いわゆる上位の2頭の隙は見つけにくいのですが諦めたら女神は微笑みません。
・まだプランは決まっていませんが自信をもって臨みたいと思います。

(取材:檜川彰人)

【天皇賞(春)】栗東レポート~サトノダイヤモンド [News] [News]
2017/04/26(水) 17:53

☆30日(日曜日)京都競馬場で行われる第155回天皇賞(春)GIに出走を予定しているサトノダイヤモンドについて追い切り後の関係者のコメントは以下の通り。

◎サトノダイヤモンドについて、池江泰寿調教師

・もともと休み明けはあまり動かない馬ですが、阪神大賞典では今までの休み明けに無い走りで気持ちいい勝ち方を見せてくれました。その後は在厩して少し楽をさせた後は徐々にピッチを上げて先週、先々週と長めから追いました。今朝は半マイルを併せて先着。時計も速くなり過ぎず今のところ青写真通りきています。
・今回の3200mという距離はこの馬には少し長いように思っています。適性距離は2000m~2400mぐらいだと思っています。それに今回は有馬記念の時にあった負担重量2kgの差が無くなります。本来なら有馬記念はもっと離さなくてはいけなかったと思っています。
・この馬も今年に入って背腰に芯が通って古馬らしく成長しています。先々ヨーロッパの重い芝の2400mに対応するためには不得手でも日本の芝3200mに対応できなくてはいけません。馬場に関してはあまり乾ききってカチカチの馬場というのにはなってもらいたくないですね。
・この馬は今回のメンバーの中ではまだ大関です。横綱に胸を借りるようにチャレンジ精神を忘れることなく頑張ってもらいたいですね。

◎サトノダイヤモンドについて、クリストフ・ルメール騎手

・阪神大賞典は休み明けでフレッシュ、少し折り合いを欠くところもありましたが直線の反応も良く余裕をもって勝てました。この馬はデビューから全て乗っています。最初の頃は子供でしたがだんだん身体も大きくなって今はトップレベルにあると思います。
・まだレースプランをはっきり決めた訳ではありませんがライバルのキタサンブラックは前の位置でレースをして止まらない馬ですからあまり離れていない中団からレースをすることになりそうです。
・この馬はスタミナもありますから3200mでもまた差し切ってくれると思います。ここまで池江厩舎のスタッフもいい仕事をしてくれました。このレースはこの馬にとって春のメインターゲット、そして今年のレースオブザイヤーになります。是非直接このレースを京都競馬場に見に来てもらいたいですね。

(取材:檜川彰人)

【天皇賞(春)】栗東レポート~キタサンブラック [News] [News]
2017/04/26(水) 17:52

☆30日(日曜日)京都競馬場で行われる第155回天皇賞(春)GIに出走を予定しているキタサンブラックについて追い切り後の関係者のコメントは以下の通り。

◎キタサンブラックについて、清水久詞調教師
・前走の大阪杯は2000mということで折り合いの不安も少なめで前半は安心して見ていられました。最後は他馬がもっと来るかと思ったのですが思った以上にこなかったので直線で抜け出してからも安心しで見ていられました。
・トレーニングに応えて力をつけて凄い馬に育ってきました。いい状態で臨めそうです。昨年の天皇賞(春)は交わされながらも差し返してくれました。なかなかそういうことはできません。精神面を含めてあらゆる部分で能力が高い馬です。
・京都競馬場との相性もいいですが今回は相手も強くなります。サトノダイヤモンドに勝ちたいですね。
・調教に関しては前走後も緩めずに乗り込んできました。一週前はCWコースでしっかりと負荷をかけて、今朝も指示通り乗ってくれました。抜け出してフワッとするようなところはありましたがいつも通りいい雰囲気でした。今年初戦の大阪杯から中3週ですしこれで仕上がりました。
・ここまで無事にきました、ファンの多い馬なので大勢の方に京都競馬場で直接この馬のレースを見ていただきたいと思います。

◎キタサンブラックについて、武豊騎手

・大阪杯はいい走りでしたね、状態も良く結果、内容ともにいいレースでした。一年この馬に乗せていただきましたが凄い馬と感じています。最後に差し返してくれた昨年の天皇賞(春)でのパフォーマンスも簡単にできることではありません。一年経ってさらに強さを増しているように思います。
・今回は盛り上がるメンバーです。有馬記念で敗れたサトノダイヤモンドとも今回は同じ負担重量になります。昨年の有馬記念では着差が着差ですからレース後も何とかならなかったのかと非常に悔しい思いでした。ですから今回のこの大一番は、この馬らしい走りをさせて勝って、オーナーと表彰台に上がりたいですね。

(取材:檜川彰人)

【青葉賞】栗東レポート~ポポカテペトル [News] [News]
2017/04/26(水) 17:49

☆29日(土曜日)東京競馬場で行われる第24回青葉賞GIIに出走を予定しているポポカテペトルについて追い切り後の関係者のコメントは以下の通り。

◎ポポカテペトルについて、友道康夫調教師

・前走は阪神芝2400mのゆきやなぎ賞を勝ったように、この馬は長い距離で良さを出すタイプだと思います。

・スタミナも豊富で東京の芝2400mの方が合っているように思います。

・放牧先から一ヶ月前に栗東トレーニングセンターに戻してここまで順調にきています。

・長くいい脚を使うタイプです。その脚を生かしてダービーの権利をとってもらいたいですね。

(取材:檜川彰人)

【青葉賞】栗東レポート~トリコロールブルー [News] [News]
2017/04/26(水) 17:46

☆29日(土曜日)東京競馬場で行われる第24回青葉賞GIIに出走を予定しているトリコロールブルーについて追い切り後の関係者のコメントは以下の通り。

◎トリコロールブルーについて、友道康夫調教師

・スプリングステークスは期待していましたが枠順が大外ということもあってか外を回る不完全燃焼のレースでした。
でも最後は詰め寄っているように力はあります。

・この馬は中京と東京で勝っているように左回りの方が相性がいいように思います。

・今日は単走でサッと追い切りました、いい感じです。

・東京の広い舞台で思い切り走らせたいですね。

(取材:檜川彰人)

JRAブリーズアップセール~今年も売却率100%に [News] [News]
2017/04/26(水) 16:54

 25日に中山競馬場で行われた2017JRAブリーズアップセールの最終結果がJRAから発表され、今年も売却率が100%に達したことが分かった。売却率100%は2012年から6年連続。
 中山競馬場でのセリに加え、FAXでの申し込み方式による売却(ファイナルステージ)を実施し2頭が落札され、これにより売却率100%を達成した。

 売却頭数は69頭(牡38頭、牝31頭)で、売却総額は約6億7835万円、平均売却価格は牡馬約1135万7000円、牝馬は約796万1000円だった(価格はいずれも税込み)。

竹之下騎手が千田厩舎所属に [News] [News]
2017/04/26(水) 15:25

 栗東の竹之下智昭騎手(フリー)が、5月1日付けで千田輝彦厩舎の所属になるとJRAから発表された。

【天皇賞(春)】美浦レポート~アルバート [News] [News]
2017/04/26(水) 15:23

 30日(日)に京都競馬場で行われる天皇賞(春)(GI)に出走予定のアルバート(牡6、美浦・堀宣行厩舎)について、森助手の追い切り後のコメントは以下の通り。

・前走は大外一気に突き抜けました
「道中は後ろでジョッキーが折り合いに専念して、ラスト3ハロンから追い出して、いい脚だったなと思います」

・レース当日の馬の様子は
「普段から落ち着いた馬で、レース当日も落ち着いていたと思います」

・前走から2ヵ月半ぶりとなりますが中間の調整は
「一旦、ノーザンファームしがらきへ放牧に出しまして、1ヶ月ほど前に帰厩しました。それからは順調に調整が進んでいます」

・帰厩したときの様子は
「前走の前に帰厩した時は秋の疲れが残っているような状態でしたが、今回は馬にフレッシュさを感じて、いい状態だなと感じました」

・今日の最終追い切りは
「一週前に負荷をかけているので、今回は関西への輸送もありますし、前半は15秒で入って、直線はシャープに伸ばすという指示で、石橋騎手に乗ってもらいました。終いはいい動きだったようです」

・前走時と比べて状態は
「前走の時が、去年の秋の疲れを少し残しているかな、という状態でしたが、短期の放牧を挟んで、フレッシュなすごくいい状態かなと思います」

・6歳で馬体の変化は
「1年前と比べると、10kgほど増えて、それでいて、しっかりあばらも触れて、つくところに肉がついたのかな、という、成長を感じます」

・レースの条件については
「3000m以上の距離では4回走っていますが、重賞は3度勝って、去年の天皇賞だけ6着という結果でしたが、終いは最後まで脚を使っていて、3000mを超える距離では安定して実力を発揮しているので、距離はこの馬には合っているのかな、と思います」

・輸送は
「関西圏は何度も輸送していますし、京都でも勝っていますから、問題はないと思います」

・ファンの皆さんへ一言
「今回は相手も強いのですけれども、馬の状態を生かして、なんとかGIを獲ってもらいたいと思っています。応援よろしくお願いします」

(取材:山本直)

【天皇賞(春)】美浦レポート~ゴールドアクター [News] [News]
2017/04/26(水) 15:21

 30日(日)に京都競馬場で行われる天皇賞(春)(GI)に出走予定のゴールドアクター(牡6)について、管理する中川公成調教師の追い切り後のコメントは以下の通り。

・最終追い切りの狙いと内容、評価は
「先週、横山ジョッキーが乗って、一週前追い切りをしたのですが、ジョッキーといろいろ相談をして、先週の時点で馬が出来ているということなので、今週はジョッキーを乗せずにうちのスタッフで行った方がいいだろう、と騎手も話していましたので、うちのスタッフで最終追い切りをしました。調整程度の追い切りですが、馬の動きもいいですし、問題はないと思います」

・前走について
「力を出せなかった要因はいろいろあると思うのですが、レース後の馬を見ていますと、使った後、馬体も締まって良くなっているので、ベースの部分で乗り込み不足が響いたかなという感じです」

・状態が上がって楽しみはありますか
「去年は天皇賞で結果を出せなかったので、距離については分からない部分もありますが、馬は良くなっています」

・昨年の敗因は
「距離にしても枠にしてもいろいろな理由はあると思いますが、一番大きかったのは当日、パドックで今までになく入れ込んで体力を消費したのが大きかったと思います」

・横山ジョッキーとのコンビに期待することは
「ジョッキーも変わるので、馬の持っている新しい味を見せてくれたら、と思っています。当日、横山ジョッキーがどうするか、だと思っています」

・京都の3200mについては
「折り合いには問題ない馬なので、菊花賞は(3歳)限定戦で馬の適性もそれほどできていない頃のレースなので、距離に関しては何ともいえないというのが正直なところです」

・枠順、馬場状態の希望は
「馬場は少々重くても大丈夫だと思います。枠はできれば内が欲しいです」

・ファンの皆さんへ一言
「ここ最近、結果が伴っていないのですが、使いながら良くなってきているので、力を出せると思います。応援よろしくお願いします」

(取材:山本直)

全11件中 1件〜10件目を表示 [ 1 2 次の10件 ]