【東京スプリント】(大井)~キタサンサジンが逃げ切って重賞初制覇 [News] [News]
2017/04/19(水) 20:55

 大井競馬場(天候:晴 馬場:やや重)で行われたダートグレード競走の第28回東京スプリント(第11競走・JpnIII・4歳以上・ダート1200m・1着賞金2700万円)は10頭が出走した。

 スタートでは浦和のレアヴェントゥーレが体勢を崩して出遅れた。5番人気のJRAのダノングッドが好ダッシュからハナに立ちかけたが、外から1番人気となったJRAのキタサンサジンが先手を奪い、ダノングッドは控えて2番手となった。4番人気のJRAのレーザーバレットは中団の6番手となり、その後に2番人気となったドリームバレンチノと3番人気のJRAのブライトラインが続いた。3コーナーを回って先頭のキタサンサジンにダノングッドや大井のゴーディーが差をつめようとするが4コーナーから直線に向いても並びかける馬はいなかった。外に持ち出したブライトラインだけは、残り200メートルのところからよく伸びて差をつめたが、アタマ差までつめたところがゴールとなり、キタサンサジンが逃げ切って優勝。勝ちタイムは1分12秒7。勝利騎手はJRAの内田博幸。馬群の間から伸びたレーザーバレットがゴール前でダノングッドを交わして3着となり、ドリームバレンチノは5着に終わった。
 
 キタサンサジンは、栗東・梅田智之厩舎の牡5歳馬。父サウスヴィグラス、母キタサンヒメ(母の父カコイーシーズ)という血統で、今回が初めての地方競馬での出走だったが、人気にこたえて重賞初制覇をはたした。通算成績は21戦6勝(中央競馬では20戦5勝)となった。

<レース後の関係者のコメント>
1着 キタサンサジン(梅田智之調教師)
「今日は初めての重賞、ナイターでしたし、中央勢では実績も足りない中でしたが、上手な手綱捌きで勝ってくれました。よくアタマ差をしのいでくれました。古馬で手のかかるタイプではなく、休み明け3戦目で仕上がっていました。雰囲気はよかったです。(ブライトラインの)鮫島先生とゴール前で声を出し合っていまして、ゴールの後におめでとうと言っていただきました。次走はまだ決めていません。」

2着 ブライトライン(川田騎手)
「1200mでもよく頑張っています。」

3着 レーザーバレット(戸崎騎手)
「最後までしっかり走れていますが、手前を替えられなかったのが残念でした。」

4着 ダノングッド(福永騎手)
「楽にスタートを行けました。ダートスタート、地方の砂も合っていたと思います。最後もよく頑張っています。」

5着 ドリームバレンチノ(岩田騎手)
「伸びずバテずという感じでした。動くときはもっと動くはずですが、4コーナーで脚があれば良かったのですが...。」

(取材:山本直)

【フローラS】栗東レポート~ディーパワンサ [News] [News]
2017/04/19(水) 17:38

☆4月23日(日曜日)東京競馬場で行われる第52回フローラS(芝2000m 牝 サラ3歳,オープン GII)に出走を予定しているディーパワンサについての追い切り後の関係者のコメントは以下の通り。

◎ディーパワンサについて松下武士調教師

・前走のフラワーCは道中、しっかりと折り合いはついていましたが休み明けのせいか伸びを欠きました。しかしレースでのダメージも無かったので中間は手加減をすることなく調整が出来ました。

・一週前はCWコースで併せ馬をしっかりやりました。その前の週もCWコースでしっかりやっていたので、今週は坂路でラストに重点を置いた併せ馬をやりました。馬場が渋って悪い中最後まで脚取りはしっかりしていました。

・東京は初めてになりますが同じ左回りの中京で2勝を上げていますから問題ありません。2000mに関しても折り合いがつきますから問題無いと思っています。

・スタートを決めて好位で折り合ってレースをして欲しいですね。結果を出してオークスに駒を進めて欲しいと思っています。

(取材:檜川彰人.)

【彦根S】栗東レポート~オーヴィレール [News] [News]
2017/04/19(水) 17:35

☆4月22日(土曜日)京都競馬場で行われる彦根ステークス(芝内1200m サラ4歳上,1600万下)に出走を予定しているオーヴィレールについての追い切り後の関係者のコメントは以下の通り。

◎オーヴィレールについて今野貞一調教師

・前走は向正面で位置取りが難しく下がってしまいましたが、それでも勝馬から0.2秒差まで詰めてくれました。年を越して成長して馬体がしっかりして古馬らしくなってきました。

・秋からずっと使い詰めで来ましたからすこしピリピリするようなところがあり一息入れての前走で余裕がある中でのレースでもありましたから今回は使われての上積みがあります。

・その後中間は坂路を中心に順調に乗り込んでいます。今週は川田騎手がテン乗りなのでこの馬を手の内に入れてもらうことに主眼を置きました。時計のかかる重い馬場の中しっかりと坂路を駆け上がって状態が上向きであることを示してくれました。

・最近いい馬場でレースをしていません。もともとはいい馬場が合っている馬で多少乗り難しい面はありますがスムーズならいい結果は出ると思っています。

・若いころより短い距離で結果を出せるようになっています。今後につながるようにスムーズなレースをしてもらいたいですね。

(取材:檜川彰人.)

【マイラーズC】栗東レポート~ブラックスピネル [News] [News]
2017/04/19(水) 17:32

☆4月23日(日曜日)京都競馬場で行われる第48回マイラーズC(芝外1600m サラ4歳上,オープン GII)に出走を予定しているブラックスピネルについての追い切り後の関係者のコメントは以下の通り。

◎ブラックスピネルについて、音無秀孝調教師

・金杯では勝ち馬と差の無いレースをしていましたから東京新聞杯では期待をしていました。これからのことを考えても賞金を加算できたことは大きかったですね。
・その後はここまで間隔もあったのでノーザンファームしがらきに放牧に出し順調に思い通りの調整が出来ました。とにかくこの馬は飼葉食いが良くしっかり稽古をやったつもりでも増えていたりしますから太くならないように体重には細心の注意を置いて調整しています。三走前あたりは太かったのではないかと思っています。
・前走の調教もデムーロ騎手が乗って49.8秒、今週も51.4秒でしたからほぼ前走と同じぐらいの状態にあると思います。デムーロ騎手も良かったと言っていました。
・前走はスタートが良すぎて、それと行くと思われていた馬が行かなかったことでハナを切ってのレースになりました。金杯では好位から差してきました、私は金杯のようなレースがいいと思っています。今回のレースでは先々のことを考えて賞金を加算して欲しいですね

◎ブラックスピネルについて、ミルコ・デムーロ騎手

・前走は好スタートで他に行く馬が行かなかったので逃げる形になりました。馬の気持ちは大丈夫でした。ラストはいい脚を使っています。
・今日は馬場が重い中でも追い切りで動いていました。成長しています、東京新聞杯の時よりいい感じでした。いつも気を抜かず頑張る馬です。
・今回はメンバーもいいですね、京都は金杯で走っていますから心配ありません。逃げるかどうかは微妙です。好位からの方がいいと思いますが馬の気持ちが第一です。
・重賞を連勝させてあげたいですね。

(取材:檜川彰人.)

【マイラーズC】栗東レポート~ダッシングブレイズ [News] [News]
2017/04/19(水) 17:30

☆4月23日(日曜日)京都競馬場で行われる第48回マイラーズC(芝外1600m サラ4歳上,オープン GII)に出走を予定しているダッシングブレイズについての追い切り後の関係者のコメントは以下の通り。

◎ダッシングブレイズについて、吉村圭司調教師

・前走の洛陽ステークスはいい結果が出てよかったですね、しかもダメージ無く勝つことができたので今後の組み立てが楽になりこのレースを目標にしました。

・レース後はノーザンファームしがらきに放牧に出し一ヶ月前に栗東トレーニングセンターに戻しました。牧場でもいい具合でした。

・二週続けて騎手に乗ってもらっての調整でしたが一週前はもともと動くこの馬が一段と動きが良く、浜中騎手は落ち着きも出てきたと言っていました。そこでしっかりとやったので今週は具合を確認する程度の追い切りでした。のびのびと走って心配したイレ込みも無くいい感じでした。

・以前は緩さが目立っていましたがその点は解消してきたようです。マイルは一番合っています。前走で久々の京都を勝ってコースも心配ありません。ただ力の要る馬場の方が向いていますから開幕週の馬場がどうかというというところはあります、でも大丈夫でしょう。

・2歳時から素質があると思っていた馬なのですがまだタイトルを獲っていません。なんとか重賞を勝たせてあげたいですね。

(取材:檜川彰人.)

【マイラーズC】栗東レポート~エアスピネル [News] [News]
2017/04/19(水) 17:28

☆4月23日(日曜日)京都競馬場で行われる第48回マイラーズC(芝外1600m サラ4歳上,オープン GII)に出走を予定している馬についての追い切り後の関係者のコメントは以下の通り。

◎エアスピネルについて、笹田和秀調教師

・どんな距離にでも対応して走るのはこの馬の身体能力高さがあってこそだと思っています。ただ現時点では体型的な面や走りから1600mから2000mがベストではないかと思っています。
・今年になって精神的な落ち着きが徐々に出て結果につながっているとは思いますが、まだこの馬の潜在能力は出し切れていないと思っています。前走の東京新聞杯は勝ち馬の逃げる流れの中、よく差を詰めています。
・GIの舞台で最高のパフォーマンスをしてくれればいいですね。でもその前のこのレースも本番につながると思いますから楽しみです。
・今日の追い切りは馬場の悪い中坂路で52秒台の時計が出ました。この馬に力があり、且つ状態がいいということでしょう。万全に最終調整ができ体制が整いました。
・とにかく予定通りここまで運ぶことが出来ました。結果を出してGIで本領を発揮してもらいたいですね。

◎エアスピネルについて武豊騎手

・クラシックであれだけ上位に来ている訳ですから力があります。ただ距離適性が掴みづらいのですが現時点ではマイルがいいのではと思っています。今年初戦の金杯はいいレースでしたがもっと走れる感触がありました。東京新聞杯はスローペースの特殊なレースで本来の走りではありませんでした。レース後もすぐに息が入っていました。
・一週前の追い切りに乗りましたがいい走りでした、久々にこの馬らしい走りを見せてくれました。今回の京都マイルは条件がピッタリ。ここで結果を出してこの馬とともにGIを獲りたいですね。
(取材:檜川彰人.)

【フローラS】美浦レポート~ホウオウパフューム [News] [News]
2017/04/19(水) 15:55

 23日(日)に東京競馬場で行われるオークストライアル・第52回フローラステークス(GII・芝2000m)に出走するホウオウパフューム(牝3、美浦・奥村武厩舎)について、追い切り後の奥村武調教師のコメントは以下の通り。

「(デビューからの3戦を振り返って)新馬戦を取りこぼしてしまって、成長の余地も多分にありましたし、無理させるよりは成長を待った方がいいかなと思いました。休みながらここまで来ていますが、休ませるたびに成長して帰ってきてくれるので、ここまで順調に来られています。(早くからオークスに絞った理由は)まだちょっと作りが緩い所もあって、せかすスピードの競馬をさせたくなかった、というのが一つの理由ですね。

 前走を勝った後は一度(ノーザンファーム)天栄へ放牧に出してリフレッシュさせて、1か月半くらい前に美浦へ戻して、じっくり乗り込んできました。厩舎へ帰って来た時には背中の長さも伸びていて、より長い距離を走らせたいな、と思わせるような体型になっていましたから良い休養になったと思います。

 先週も田辺騎手に乗って貰って目一杯に追ったので、今週は時計は出すけれど終いはそれほどビシッとやらずに、余力を残して競馬に行けるような追い切りをしました。1週前と比べてもかなり良かったですね。息遣いも良かったですし、だいぶ良化したなと感じました。トライアルに向かうという意味では、いい状態になったと思います。

 (休ませたことで)幼い体型だった馬が、研ぎ澄まされて競走馬らしい体型になったなと感じています。馬体重はそれほど変わっていないので、背中が伸びた分、体全体が引き締まったように見えますね。

 脚質的にも東京の方が競馬はしやすいと思いますし、得意なんじゃないかなと思います。まだ2勝馬なので、ここで権利を取らないとオークスに出られませんから。最低でも3着以内、できれば勝ってオークスにと思いますが、そんなに甘くはないでしょうし、まずは権利を取ることですね。これからも長い距離で走らせていきたい馬ですし、ファンの皆様も、ぜひ長い目でこの馬の成長を見守ってあげてください」

(取材:大関隼)

【フローラS】美浦レポート~フローレスマジック [News] [News]
2017/04/19(水) 15:53

 23日(日)に東京競馬場で行われるオークストライアル・第52回フローラステークス(GII・芝2000m)に出走するフローレスマジック(牝3、美浦・木村哲也厩舎)について、騎乗予定の戸崎圭太騎手のコメントは以下の通り。

「前走(クイーンカップ3着)で初めて乗せて頂きましたが、とても良い馬だなと感じましたし、センスもあるなと感じました。順調に来ていたようですし、良い雰囲気だなと感じましたね。

 この中間は乗ってはいないのですが、順調に来ていると聞いています。折り合いに問題がある訳でもないですし、前回のレースを考えるともっと距離があってもいいのかなと思います。(乗ってみて感じたこの馬の良さは)走りもまとまっていますし、フットワークも軽い馬ですね。

 (兄のサトノアラジンにも騎乗経験がありますが、似ている所は)背中の良さは似ているな、と感じます。フットワークだとサトノアラジンの方はゆったりしていましたが、妹は走りがまとまっていて、器用さがあるなという印象ですね。

 能力があるのは分かっていますし、リズムよく運べればいいですね。次のオークスに向けていい競馬をしたいですし、良いパフォーマンスを見せられればと思います」

(取材:大関隼)

【マイラーズC】美浦レポート~イスラボニータ [News] [News]
2017/04/19(水) 15:44

 23日(日)に京都競馬場で行われる第48回マイラーズカップ(GII・芝1600m)に出走するイスラボニータ(牡6、美浦・栗田博憲厩舎)について、追い切り後の関係者のコメントは以下の通り。

●イスラボニータについて佐藤良児調教助手
「(去年秋を振り返って)3戦続けて2着でしたし残念でしたが、馬はよく頑張ってくれたと思います。力で負けたと言うより、運が無かったと言うようなレースもあったので、今年また頑張っていきたいですね。

 阪神カップのあとはすぐに放牧に出して、2月10日に厩舎へ戻ってきました。そこから2か月少々あったので調教の本数も積めましたし、(調教の)質的にも良い追い切りが出来ています。(休み明けですが)去年の秋は歩様に硬さがあって、手加減しながらの初戦だったのですが、今回はその心配も全く無く、調教ができているので良い状態です。フレッシュな状態の中で適度に緊張感もあるので、いいかなと思います。

 マイル戦は一番よく走っていますし、ジョッキーもこのくらいの距離が合うと言ってくれていますから、心配はないでしょう。今週は輸送があるので、終いだけサッと伸ばすような調教でしたが、その中でも最後は体を大きく使って反応できていたので、良い追い切りができたと思います。

 (6歳を迎えて)ずっと良い競馬をしてくれていますが、なかなか勝てていないので、何とか結果を出したいですね。今回は初めて戦う馬もいますが、相手よりも自分の力をしっかり出してくれれば。何とか今回結果を出して、好循環に向かっていってくれればと思います」

(取材:大関隼)

【マイラーズC】美浦レポート~プロディガルサン [News] [News]
2017/04/19(水) 15:41

 23日(日)に京都競馬場で行われる第48回マイラーズカップ(GII・芝1600m)に出走するプロディガルサン(牡4、美浦・国枝栄厩舎)について、追い切り後の関係者のコメントは以下の通り。

●プロディガルサンについて国枝栄調教師
「金鯱賞は内枠でスタートも良かったですし、ある程度の位置につけて行きましたが、1コーナーで窮屈になってしまいました。その後少し折り合いを欠いて、その分終いに脚が使えなかった感じですね。

 前走後はここへ行こうと決めて、特にダメージも無かったですから、通常通りの調整をして来られました。(今朝の追い切りは)やればいくらでも動く馬なので、前に1頭置いて、速すぎず遅すぎずで、終いに良い手応えで向く感じで追い切ろうと考えていましたが、思い通りにいきました。1週前と比べても気合いも入ったのか、動きも良かったですね。馬体重もそれほど変わっていないですし、気になるところもなく出せると思います。

 今回はマイル戦ですし、折り合いも問題ないでしょう。2000mくらいでも対応はできると思いますが、乗りやすいのはマイルかなという印象ですね。(輸送に関しては)環境が変わると気にするところがありますが、その辺りは(京都が)2回目ですし、前走も中京へ行っていますから、段々良くなるんじゃないかなと思っています。

 終いにしっかり脚を使って、マイルでも対応できるところを見せてくれれば良いですね。まだ変わってくる馬ですし、ここをステップに良いところに行ければと思います」

(取材:大関隼)

全12件中 1件〜10件目を表示 [ 1 2 次の10件 ]