【デイジー賞】(中山)~関西馬マナローラが接戦を制す [News] [News]
2017/04/09(日) 15:33

中山9Rのデイジー賞(3歳5000万下・牝馬・芝1800m)は2番人気マナローラ(北村宏司騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分53秒6(重)。ハナ差の2着に11番人気クイントゥープル、さらに2馬身差の3着に3番人気ハートオブスワローが入った。

マナローラは栗東・鮫島一歩厩舎の3歳牝馬で、父ハーツクライ、母シェープアップ(母の父Kingmambo)。通算成績は5戦2勝。

~レース後のコメント~
1着 マナローラ(北村宏司騎手)
「スタートを上手く出て、先団を見ながらいい手応えで運べました。根気のいい馬で、最後まで一生懸命走って差し切ってくれました」

2着 クイントゥープル(石橋脩騎手)
「行けるなら行ってもいいかな、と考えていました。楽に行けて好きなところを通れましたし、自分のタイミングで仕掛けられました。粘れそうな感じでしたが......。それでも一生懸命走ってくれています」

4着 ウォーブル(柴田大知騎手)
「逃げなくても大丈夫でしたし、頑張って走ってくれていますが、道悪はダメですね。ずっとのめっていました」

5着 キュイキュイ(柴山雄一騎手)
「道悪はこなしてくれました。ただ、道中思いのほか力んでいました。落ち着きが出れば、もっと良くなってくると思います」

【忘れな草賞】(阪神)~ハローユニコーンが最後方から差し切り連勝 [News] [News]
2017/04/09(日) 15:25

阪神9Rの忘れな草賞(3歳オープン・牝馬・芝2000m)は3番人気ハローユニコーン(田辺裕信騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分04秒3(稍重)。アタマ差の2着に4番人気アルメリアブルーム、さらにハナ差の3着に2番人気ドロウアカードが入った。

ハローユニコーンは栗東・鮫島一歩厩舎の3歳牝馬で、父ハーツクライ、母サンタローズ(母の父パントレセレブル)。通算成績は8戦3勝。

~レース後のコメント~
1着 ハローユニコーン(田辺裕信騎手)
「折り合いがどうかというところがあり、今回も前回同様ゲートは出していきませんでした。その分リラックスしていました。返し馬では少しテンションの高まるところもありましたが、スタートまでには落ち着きました。直線は待てる余裕がありました。距離は延びても大丈夫です」

2着 アルメリアブルーム(福永祐一騎手)
「返し馬から、渋った馬場は良さそうでした。上手く脚も溜まって、しぶとく脚を使っていますが、残念でした」

3着 ドロウアカード(武豊騎手)
「この枠でスタートも良かったので、自然な位置からのレース、いいペースで運ぶことが出来ました。この馬もラストまで止まっていないものの、決め手の差が出たのかもしれません」

4着 イストワールファム(C.ルメール騎手)
「久々でしたが、4コーナーではいい伸びを見せました。しかし、最後はばててしまいました。でもここを使って次は変わってきそうです」

【燧ヶ岳特別】(福島)~マコトガラハッドが2番手から押し切り勝利 [News] [News]
2017/04/09(日) 15:15

福島10Rの燧ヶ岳特別(4歳以上500万下・芝2600m)は6番人気マコトガラハッド(吉田隼人騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分40秒5(良)。クビ差の2着に2番人気エアワイバーン、さらに3/4馬身差の3着に15番人気ナンヨーテンプルが入った。

マコトガラハッドは栗東・鮫島一歩厩舎の4歳セン馬で、父スズカマンボ、母マコトコーラン(母の父ブライアンズタイム)。通算成績は14戦3勝。

~レース後のコメント~
1着 マコトガラハッド(吉田隼人騎手)
「開幕週の馬場ですから前につけて行きたいと思っていました。スタートは上手く出てリズム良く運べました。直線はよくしのいでくれました。開幕週を味方につけられました」

2着 エアワイバーン(津村明秀騎手)
「もう少しでした。最後の最後で差を詰められませんでした。行きっぷりは良かったです」

15着 チャリシー(勝浦正樹騎手)
「もたれていました。3番手で無難な形だと思っていましたが......。馬は良くなっています」

【天王寺特別】(阪神)~タイセイエクレールが馬群から抜け出し連勝 [News] [News]
2017/04/09(日) 14:31

阪神8Rの天王寺特別(4歳以上1000万下・ダート1400m)は5番人気タイセイエクレール(田辺裕信騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分22秒5(重)。1馬身1/4差の2着に4番人気ピースマーク、さらにアタマ差の3着に1番人気キングライオンが入った。

タイセイエクレールは栗東・森田直行厩舎の4歳牡馬で、父ベーカバド、母クリスビーナス(母の父シンボリクリスエス)。通算成績は18戦3勝。

~レース後のコメント~
1着 タイセイエクレール(田辺裕信騎手)
「理想としてはもう一列前で競馬をしたかったのですが、行く馬がいたので、被される形になりました。しかし、この馬は砂を被ってもひるんでいませんでした。直線ではいいところに出せましたし、最後もよく伸びてくれました」

2着 ピースマーク(幸英明騎手)
「自分の形で競馬は出来ました。横の馬の気配を感じずに逃げたかったのですが、3~4コーナーでは気を使っていて、手応えが悪くなりました。それでも最後は伸びてくれました」

3着 キングライオン(M.デムーロ騎手)
「4コーナーでは狭くなってしまいました。物見もしていました。伸びてはいましたが、内枠でしたからね......」

【3歳500万下】(中山6R)~アポロユッキーが差し切り勝ち [News] [News]
2017/04/09(日) 13:56

中山6Rの3歳500万下(ダート1800m)は6番人気アポロユッキー(蛯名正義騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分53秒6(不良)。1馬身1/4差の2着に10番人気スプリングフット、さらにクビ差の3着に12番人気エグジットラックが入った。

アポロユッキーは美浦・堀井雅広厩舎の3歳牝馬で、父アポロキングダム、母ワレンダークイン(母の父ワレンダー)。通算成績は7戦2勝。

~レース後のコメント~
1着 アポロユッキー(蛯名正義騎手)
「流れてくれましたし、いい形で運べました。うまくいきました」

2着 スプリングフット(宮崎北斗騎手)
「休み明けでしたが、頑張ってくれました。次は上積みがあると思います」

4着 シルヴァーメテオ(内田博幸騎手)
「力のあるところは見せてくれました。良馬場なら、より来ると思います」

5着 ティーラウレア(松岡正海騎手)
「まだ幼いところがありますし、キックバックを気にして進んで行きませんでした。こういう馬場でしたし、リズム良く走れませんでした」

【3歳500万下】(阪神5R)~タガノアンピールが好位から抜け出し快勝 [News] [News]
2017/04/09(日) 13:41

阪神5Rの3歳500万下(ダート1800m)は7番人気タガノアンピール(和田竜二騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分51秒0(不良)。3馬身半差の2着に3番人気ムイトオブリガード、さらにアタマ差の3着に1番人気イイデファイナルが入った。

タガノアンピールは栗東・中尾秀正厩舎の3歳牡馬で、父エンパイアメーカー、母シャドウムーン(母の父キングヘイロー)。通算成績は6戦2勝。

~レース後のコメント~
1着 タガノアンピール(和田竜二騎手)
「乗り味が良く、元々期待の大きかった馬です。今日は休み明け3戦目で、とても素軽く、この馬本来の力をやっと出してくれました。一皮むけた感じです。上のクラスでも十分やれるでしょう」

3着 イイデファイナル(中谷雄太騎手)
「手前をなかなか替えなかったり、細かい点はまだまだですが、そんな中で距離にも対応しましたし、悪くないレースをしています。成績も安定していますし、先々楽しみです」

中山1Rの競走中止について [News] [News]
2017/04/09(日) 13:36

中山1レースで11番トランプカード(吉田豊騎手)は下記疾病を発症したため、3コーナーで競走を中止した。

 馬:寛骨複骨折 ※予後不良
騎手:異状なし

(JRA発表による)

全17件中 11件〜17件目を表示 [ 前の10件 1 2 ]