【ダイオライト記念】(船橋)~クリソライトが6馬身差の圧勝で3連覇達成 [News] [News]
2017/03/15(水) 20:51

15日(水)、船橋競馬場(曇 重)ではダートグレード競走・第62回ダイオライト記念(JpnII ダート2400m)が行われ、1番人気に推されたJRAのクリソライトが圧勝、このレース3連覇を達成した。

マイネルトゥランが逃げ、1周目ホームストレッチでクリソライトが2番手に上がりマークする。直後にマイネルバイカとグレナディアーズが続き、ユーロビート・ケイリンボス・キープインタッチが中団。ウマノジョーは後方。2周目3コーナーでマイネルトゥランをかわしたクリソライトが先頭に立つと、後は全く危なげなくリードを広げ、6馬身差の圧勝でダイオライト記念3連覇達成となった。

勝ちタイム2分37秒8、勝利騎手はJRA・武豊。

2着は4番人気ユーロビート、5馬身差の3着に7番人気ウマノジョーと大井・渡辺和雄厩舎の2頭が上位入線。2番人気マイネルトゥランは7着、3番人気グレナディアーズは4着だった。

クリソライトは父ゴールドアリュール、母クリソプレーズ(母の父エルコンドルパサー)、牡7歳鹿毛馬。JRA栗東・音無秀孝厩舎の管理馬。通算成績は33戦9勝、ダートグレード競走は5勝目。ダイオライト記念は一昨年、昨年に続く3連覇となった。武豊騎手はダイオライト記念4勝目で、きょう3月15日は48回目の誕生日。自ら誕生日を祝う勝利となった。

<レース後の関係者のコメント>

1着 クリソライト 武豊騎手
「非常に強かったです。状態の良さが伝わってきました。(今日は自身の誕生日で)ありがとうございます。この馬はここが好きなのか、船橋はいつも走ってくれますね。安心して乗れました」

音無秀孝調教師
「船橋へは何度も来て慣れているのか、落ち着いていました。去年同様、ジョッキーに全て任せましたが、行く馬がいて下げる形で、よかったと思います。この秋は韓国を目指そうと思いますがまだ模索中です。年齢を感じさせない馬で、来年はこのレースの4連覇を目指したいです」

2着 ユーロビート 吉原寛人騎手
「具合が良さそうで、馬もいい気持ちで走ってくれました。前を射程圏に入れてからこの馬も伸びていますが、勝ち馬がさらに伸びていました。この馬自身、長距離の走り方がわかってきたようです」

7着 マイネルトゥラン 津村明秀騎手
「展開次第では行ってもいいかなと思っていました。馬の行く気に任せていきました。突つかれる展開で息が入りませんでした。距離も少し長いかもしれません」

(取材:山本直)

【フラワーC】栗東レポート~ファンディーナ [News] [News]
2017/03/15(水) 19:46

☆3月20日(月曜日)中山競馬場で行われる第31回フラワーカップ(牝馬 芝1800m サラ3歳,オープン GIII)に出走を予定しているファンディーナについて追い切り後、関係者のコメントは以下の通り。

◎ファンディーナについて、高野友和調教師

・もともと能力は感じていましたが、まさかデビュー戦であそこまで離すとは思ってもいませんでした。ゲート練習では遅くその点が懸念材料でしたが実戦では杞憂でしたね。

・新馬戦では逃げましたがつばき賞では行く馬がいたのでそれを見ながらのレースという想定で思い通りのレースが出来ました。3歳牝馬というデリケートな時期ではありますがここ2戦反動など気になる所はありません。

・前走後は馬の様子を確認して10日間ほど放牧に出しました、その後栗東トレーニングセンターに戻していい雰囲気でここまで調整ができています。

・先週速い、いい追い切りが出来て、その後も順調に来ているので今週はおだやかに仕上げようとパートナーと鼻面をあわせて上がってくるように指示しました。その後のチェックでも変わりなく無事でホッとしています。

・今回のレースは初の長距離輸送、コーナー4回、短い直線、厳しい坂といろんな意味で試金石になるレースだと思います。

・この馬の一番のセールスポイントは穏やかで乗り易いこと、位置取り含めてどんなレースでも出来ると思います。ただ今回はオープンの競走です。強い馬の胸をかりて無事に上がってきてもらいたいですね。

取材:檜川彰人.

【若葉S】栗東レポート~インヴィクタ [News] [News]
2017/03/15(水) 19:43

☆3月18日(土曜日)阪神競馬場で行われる若葉ステークス(芝2000m サラ3歳,オープン)に出走を予定しているインヴィクタについて追い切り後、関係者のコメントは以下の通り。

◎インヴィクタについて、友道康夫調教師

・前走は久々のレースでどうかと思っていましたが、非常にセンスを感じるレースでした。馬体重の増加は、ほとんどが成長分でいい筋肉がついています。

・前走前の調教では少し重い面を見せていましたが使われて動きが素軽くなっています。一週前はCWでこの馬なりに動いていました。今週もシュヴァルグランと併せて気合を乗せました、息遣いも良く前走以上の出来にあると思います。

・2歳時は精神的に難しい面がありましたが明けて落ち着きが出ています。今回初めて直線に坂のあるコースになりますが血統的に問題無いと思います。ここで結果を出してGIに駒を進めたいですね。

取材:檜川彰人.

【スプリングS】栗東レポート~トリコロールブルー [News] [News]
2017/03/15(水) 19:38

☆3月19日(日曜日)中山競馬場で行われる第66回スプリングS(芝1800m サラ3歳,オープン GII)に出走を予定しているトリコロールブルーについて追い切り後、関係者のコメントは以下の通り。

◎トリコロールブルーについて、友道康夫調教師

・前走フリージア賞は直線、前がつまる場面がありましたが進路が出来てからはいい脚を見せて思った通りのレースをしてくれました。

・その後ダメージも無かったので一週前は騎手が乗っての追い切りで時計を出しました、今週は調教助手が乗って反応を確認するような内容でした。使われて動きが良くなっているようでした。

・200mの距離短縮は全く問題ありません、あと中山のような小回りの競馬場はピッチ走法のこの馬にとっては合っていると思います。

・気性的に前向きな所があるので、それが今いい方向に出ているのではないかと思います。それからデビュー当時ソエに悩まされてきましたが今はそれも解消され心身ともに成長、充実していると思います。

・ある程度流れてリズム良く走ることが理想ですね、何とか権利を取ってGIの舞台に駒を進めたいと思っています。

取材:檜川彰人.

【阪神大賞典】栗東レポート~レーヴミストラル [News] [News]
2017/03/15(水) 19:32

☆3月19日(日曜日)阪神競馬場で行われる第65回阪神大賞典(芝3000m サラ4歳上,オープン GII)に出走を予定しているレーヴミストラルについて追い切り後、関係者のコメントは以下の通り。

◎レーヴミストラルについて、高野友和調教師

・後ろからレースをする馬ですが前走の日経新春杯は勝負しようかなという意味では厳しい位置からのレースになりましたね。でも休養期間を置いてのレースで身体も増えていましたがパワーアップは感じていました。

・その後は牧場含めてしっかり乗り込めました栗東トレーニングセンターにもどって来てからも馬のやる気を感じましたし3週間きっちりと調教できました。

・一週前追い切りは指示より速い時計になりましたが馬の状態と一週前ということを考えたら、これでいいのではと思いました。

・今週は軽めと考えていましたが昨日の午後の段階であと一皮大きいかという感じもありましたので、CWで長めに追う形にしました、先週よりラストの反応は良く感じました。

・昨年の天皇賞(春)は結果、ふるいませんでしたが距離をこなせなかった訳では無いと思っています。ただ馬が前走のようなレースでもいいかと思わないようなレースを阪神大賞典でしてもらいたいですね。

・昨年の天皇賞(春)からこの馬を管理させてもらっていますが昨年以上に身も入って推進力を増しているように感じます。この馬のセールスポイントは成長力と心肺能力と思っていますがそれに今年は順調度を加えたいですね。

・今回はメンバーも強力ですがこの馬をしっかりと仕上げること、この馬のレースをすることに意識を集中して頑張りたいと思っています。

取材:檜川彰人.


【阪神大賞典】栗東レポート~シュヴァルグラン [News] [News]
2017/03/15(水) 19:28

☆3月19日(日曜日)阪神競馬場で行われる第65回阪神大賞典(芝3000m サラ4歳上,オープン GII)に出走を予定している馬シュヴァルグランついて追い切り後、関係者のコメントは以下の通り。

◎シュヴァルグランについて、友道康夫調教師

・有馬記念では体が減っているかと思っていたのですが、反対に増えていて若干重かったのかも知れません。その後は放牧に出して年明けに栗東トレーニングセンターに戻してここまで順調に来ています。

・もともと稽古駆けはあまりするタイプでは無いのですが一週前追い切りは福永騎手が乗って素晴らしい動き、騎手が驚いていたぐらいでした。今週は坂路で併せての調教で息遣いを確認することに主眼を置きました、問題なく来ています。

・昨年は調教でも重苦しい面が目立ちましたが、今年はとても動きが素軽いシュヴァルグランになっています。それを実戦で生かして欲しいですね、ただ今回は相手も強化されますから、その点がどうかでしょう。

・この馬にとって3000mはベストの条件、それに騎手の意のままにレースが出来るというセールスポイントがあります。相手は強くなりますが長距離ならば何とか付け入る隙があるのではと思っています。惜しいレースだった昨年の天皇賞(春)の雪辱のためにも頑張ります。

取材:檜川彰人.

【阪神大賞典】栗東レポート~サトノダイヤモンド [News] [News]
2017/03/15(水) 19:24

☆3月19日(日曜日)阪神競馬場で行われる第65回阪神大賞典(芝3000m サラ4歳上,オープン GII)に出走を予定しているサトノダイヤモンドについて追い切り後、関係者のコメントは以下の通り。

◎サトノダイヤモンドについて、池江泰寿調教師

・菊花賞は同世代のライバル達を突き放すようなレース、古馬との対戦になった有馬記念では2kgの恩恵はあったものの、自分から勝ちにいってねじ伏せるようなレース。過去歴史的な名馬しか3歳で有馬記念を勝っていないわけですから、この馬にもそういった資質があるのではと思っています。

・神戸新聞杯では急仕上げ、やっと勝ったというところがあって、それまで一番強かったきさらぎ賞の1800mから2000mぐらいがと思い、距離面では手探りの部分がありましたが思った以上にステイヤーとしての資質が高いことも確認できました。

・よくオルフェーブルとの比較を聞かれますが、サトノダイヤモンドは折り合いと自在性でオルフェーブルを上回ります。しかしオルフェーブルはそれを凌ぐ大きな爆発力がありましたからね、サトノダイヤモンドは今後筋力をつけて爆発力を高めることが課題でしょう。3歳時より今は幅も出ていますよ。

・追い切りは先週先々週とハードに消化、特に先週はシャープな動きを見せていました。ですから今週は半マイル、馬ナリで微調整、息を整える程度でした。レースに向け身体も引き締まって予定通りにきています。

・春は阪神大賞典と天皇賞(春)で宝塚記念は様子を見てという流れです。このレースは秋の大目標の凱旋門賞に向けての大切な始動戦、深くて重いヨーロッパの芝2400mに対応するには日本の軽い馬場なら3000mを走れる力が無いと戦えませんからね。

・この馬らしい強いレースでファンの皆さんに良かったと思えるレースになってもらいたいですね。

取材:檜川彰人.

マイネルエテルネルとアースソニックが引退、乗馬に [News] [News]
2017/03/15(水) 15:55

2012年の小倉2歳ステークス(GIII)に優勝したマイネルエテルネル(牡7 栗東・西園正都厩舎)は、3月10日付で競走馬登録を抹消した。今後は馬事公苑で乗馬となる予定。通算成績は37戦4勝、重賞は小倉2歳Sの1勝。

また、2013年の京阪杯(GIII)に優勝したアースソニック(牡8 栗東・中竹和也厩舎)は、3月11日付で競走馬登録を抹消した。今後は福島県南相馬市の松浦ライディングセンターで乗馬となる予定。通算成績は48戦6勝、重賞は京阪杯の1勝。

(いずれもJRAのリリースによる)

【スプリングS】美浦レポート~アウトライアーズ [News] [News]
2017/03/15(水) 15:27

 19日(日)に中山競馬場で行われる第66回スプリングステークス(GII・皐月賞トライアル・芝1800m)に出走するアウトライアーズ(牡3、美浦・小島茂之厩舎)について、追い切り後の小島茂之調教師のコメントは以下の通り。

「(前走は)ジョッキーから、2勝目を挙げるには1600mの方が良いのでは?という話があって、厩舎でも同じイメージがあったのでマイル戦に使いましたが、力で押し切ってくれました。改めて、この馬の力を感じられましたね。前走や前々走(百日草特別)が終わったあとに、他のメンバーのその後の結果を見るとみんな良い成績でしたし、休んでいる間にも、この馬も力があるんだなということを楽しみにしていました。

 (前走後は)気負ってしまうタイプなので、いったん牧場で落ち着きが出るように調教してもらって、凄く良い状態で戻してもらいました。厩舎に戻ってきてからも、気負いが出ないように調整してきました。

 (今朝の追い切りにも騎乗していましたが)敏感な馬なので、負荷をかけなければいけない中でも気負いが出ないように。いかに負荷をかけつつ、落ち着いて走らせるかという事をずっとやって来たので、それに関しては上手くいったなと思います。先週の日曜日に速いペースを持続させるような調教をして、今日に関しては他の馬を追いかけながら、後ろを落ち着いて走るようにしましたが、最後に他の厩舎の馬が来たときにも凄くリラックスできていたので、それぞれの課題をクリアしてくれたと思います。休み明けとしては本当に良い状態ですが、まだ敏感な所があるので、競馬に行って、当日も落ち着いて臨めるかというのがカギになるでしょう。

 (成長を感じる部分は)馬が落ち着かなくちゃいけない、ということ自体に気が付いてくれるようになりました。ただ、それ以上に何かが起きると力が入ってしまう、という所はあります。馬体は凄くいい体になってきて、これからまだ筋肉がついていく所はありますが、休み明けとしては凄く良い状態に出来ていると思います。

 (1800mという条件に関して)2000mを勝った時にはまだ落ち着いていたので、その時には今後は2000mより短い距離には使わないようにしよう、と思っていました。ただ、次の百日草特別で気負いが見られたので1600mへ使ったんです。これから馬を気分よく走らせるということを考えると、1800mという距離がリラックスして走るにはいいかなと思いました。

 ここで権利を取って、もう一度2000mで勝負したいなという所ですが、そのためには今回でいかに道中落ち着いて、最後の伸びにつなげるかでしょう。そこは、ジョッキーに任せたいと思います。ここをクリアすれば次に大きいレースが待っていますし、そこに向けて、良い競馬が出来ればと思っています」

(取材:大関隼)

【スプリングS】美浦レポート~ウインブライト [News] [News]
2017/03/15(水) 15:24

 19日(日)に中山競馬場で行われる第66回スプリングステークス(GII・皐月賞トライアル・芝1800m)に出走するウインブライト(牡3、美浦・畠山吉宏厩舎)について、追い切り後の松岡正海騎手のコメントは以下の通り。

「若竹賞は自分が思った以上に(馬の)反応が良くて、早仕掛けになってしまいましたが、強い競馬をしてくれました。まだ足りないところはありますが、徐々に成長していってくれている、と感じますね。

 先週は(併せ馬で)遅れたので、今週は遅れないように、とは考えていました。動きも良かったですし、先週と同じ併せ馬の相手を今週は余裕を持ってかわしてくれましたから、良かったと思います。とくに指示はなかったのですが、先週併せ馬でかわせなかったので、そのあたりを修正できればいいな、と思って乗っていましたし、思い通りにいきました。

 一度休みを挟んだので、ちょっと馬がのんびりしているかなという感じもありましたが、テンションも少しピリッとしていい感じでした。(現段階で課題があるとすれば)自分が考えていたよりも晩成型なのかな、という気がします。お姉さん(ウインファビラス)は早い時期から活躍していたので、同じくらいの時期から活躍できるかなと思っていましたが、成長がゆっくりだったので、今は馬の成長に合わせて、という感じですね。

 コースと距離は前回で勝っていますし、問題ないでしょう。スピードがあって、瞬発力もあるのが良い所かなと思っています。馬も今ちょうど良くなって来ている時期ですし、また良い走りを見せてくれると思うので、応援宜しくお願いします」

(取材:大関隼)

全11件中 1件〜10件目を表示 [ 1 2 次の10件 ]