【黒船賞】(高知)~ブラゾンドゥリス重賞初制覇 [News] [News]
2017/03/14(火) 18:35

 14日、高知競馬場(晴・重)で行われたダートグレード競走の第19回黒船賞(JPNIII・4歳以上・ダート1400m・1着賞金2100万円)は、地元・高知から3頭、中央から5頭、他地区から4頭の合わせて12頭が出走した。

 レースは、スタートからニシケンモノノフ、グレイスフルリープ、そしてブラゾンドゥリスとJRA勢が先行し、4番手に兵庫のトウケイタイガーが続いた。向正面に入ると、JRAのニシケンモノノフがハナに立ち、2番手にグレイスフルリープ、3番手の外にブラゾンドゥリス、4番手の内にトウケイタイガーの順で縦長の隊列に。そして、3コーナー過ぎからは、ニシケンモノノフ、グレイスフルリープ、ブラゾンドゥリス、ドリームバレンチノとJRA勢が4頭広がり、直後5番手にキングズガードの順。

 最後の直線では、ブラゾンドゥリスがグレイスフルリープとの競り合いを制し、先頭に立ち、内から追い込んできたキングズガードを振り切って1分28秒2の時計で重賞初制覇を飾った。勝利騎手はJRAの内田博幸。キングズガードがグレイスフルリープを交わして2着に入り、グレイスフルリープが3着に続いた。以下、ドリームバレンチノ、ニシケンモノノフと上位はJRA勢が占めた。

 勝ったブラゾンドゥリスは、父ノボジャック、母ブライアンズソノ(その父マヤノトップガン)という血統の牡5歳鹿毛馬。JRA美浦・尾形和幸調教師の管理馬。ダートグレード競走は初参戦で、重賞初制覇となった。通算成績は18戦7勝(地方1戦1勝)。