【中山牝馬S】美浦レポート~フロンテアクイーン [News] [News]
2017/03/08(水) 19:24

12日(日)中山競馬場で行われる中山牝馬ステークス(GIII)に出走予定のフロンテアクイーン(牝4 美浦・国枝栄厩舎)について、追い切り後の関係者のコメントは以下の通り。

〇フロンテアクイーンについて国枝栄調教師
「(初音Sについて)2走前のレースが案外な内容だったので立て直して、具合は良かったです。思っていたよりもいいレースでした。重賞ではワンパンチ足りませんでしたが、うまく立ち直ってくれたと思います。この中間も坂路主体にじっくり乗り込みました。

(最終追い切りについて)先週の時点で出来ていたので、今朝は北村宏司騎手に乗ってもらい、軽めの調整でした。いい動きだったと思います。北村宏司騎手も『走りやすかったので時計は少し速かったけど、順調です』とのことでした。

(中山コースについて)中山でもいいレースができていますから、特に問題はないと思います。距離も問題ありません。乗りやすく、前走を見ると勝負根性もあるので、そのあたりが長所だと思います。少しずつ精神的にもどっしりしてきて、体も実が入ってきた感じです。古馬になって重賞タイトルを、と思っているので頑張って欲しいです」

(取材:小塚歩)

【中山牝馬S】美浦レポート~ビッシュ [News] [News]
2017/03/08(水) 19:22

12日(日)中山競馬場で行われる中山牝馬ステークス(GIII)に出走予定のビッシュ(牝4 美浦・鹿戸雄一厩舎)について、追い切り後の関係者のコメントは以下の通り。

〇ビッシュについて鹿戸雄一調教師
「(前走のジャパンカップについて)相手が強かったですね。状態としては特に問題なく、いい感じで出走はできたのですが、スローペースにもなりましたし、彼女には少しきつい競馬だったかもしれません。レース後はすぐに放牧に出て、順調に乗り込んでもらいました。3週間前にトレセンに入り、予定通りメニューをこなしています。ふっくらして帰ってきて、落ち着きもありましたし、いい状態で帰ってきたと思います。

(最終追い切りについて)最初は内を回って、最後併せるときに外に出して、きっちり併せてくれと指示しました。思ったより時計が速く、体調がいいのかなと思います。体重自体はそれほど変わりませんが、飼い葉を食べていますし、元気もいいのでいい状態でレースに出せると思います。4歳になり、見た目は変わりませんが調教ではフットワークが良くなってきた感じがします。

(今回のコースについて)牝馬同士のレースですし、中山は相性がいいようですから、頑張ってもらいたいです。ハンデは思ったより背負わされたという感じはありますが、仕方のないところです。上手にスタートを切って、うまく流れに乗って欲しいと思っています」

(取材:小塚歩)

【中山牝馬S】美浦レポート~マジックタイム [News] [News]
2017/03/08(水) 19:20

12日(日)中山競馬場で行われる中山牝馬ステークス(GIII)に出走予定のマジックタイム(牝6 美浦・中川公成厩舎)について、追い切り後の関係者のコメントは以下の通り。

〇マジックタイムについて中川公成調教師
「(ターコイズSを振り返って)ジョッキーが上手に乗ってくれて、この馬が力を出せる乗り方をしてくれて勝てたと思います。(中間の調整について)この馬のいつものパターンですが、前走後は放牧に出て、2月中旬くらいにトレセンに帰ってきました。いつも通りの形で調整しています。

(最終追い切りについて)先週末の日曜にも時計を出し、ある程度仕上がってきているので、最後の反応を確かめました。予定よりは少し時計が遅くなりましたが、まずまずの調教だったと思います。ここのところ年齢のせいか若干のズブさが出てきていますが、前走でもそういうところがありましたからね。距離も1ハロン延びますし、ちょうどいいのではないでしょうか。

(中山コースについて)もともとは左回りの東京がいいタイプでしたが、今は右回り左回り関係なく力を出せます。ハンデの56キロも前走と同じですし、妥当なところではないでしょうか。この馬の競馬をしてくれれば力は出せると思っています。(ラストランに関して)最後いい形で終われるよう、力を出せるように調整してきました。力を出せればいい結果を残せると思うので、応援お願いします」

(取材:小塚歩)

【フィリーズレビュー】美浦レポート~アズールムーン [News] [News]
2017/03/08(水) 19:18

12日(日)阪神競馬場で行われるフィリーズレビュー(GII)に出走予定のアズールムーン(牝3 美浦・斎藤誠厩舎)について、追い切り後の関係者のコメントは以下の通り。

〇アズールムーンについて相田一善調教助手
「(初のダート戦だった前走を振り返って)砂を被ったりするのも初めてだったので、戸惑うところがあったと思いますが、地力で頑張ってくれました。(デビューから4戦を振り返り)もともとスピードはいいものがありそうだったので、スピードを生かす競馬が合っていたのかなと思います。

(中間について)特に問題もなかったので、馬の様子をみながらここまで順調に調整を進めてきました。

(最終追い切りについて)前に行く馬を見ながら、輸送もあるのでやり過ぎないよう、終いだけ馬の反応を見て併入ということでした。騎乗した石橋脩騎手は『乗った感触も良くなっている』とのことで、きょうの動きも非常に良かったと思います。体調は良さそうで、万全の体制でトライアルを迎えられそうです。もともと大人びた馬でもあったので、いい意味で平常心を保っています。

(今回の条件について)距離に関しては1400mで連勝してきているのでいいと思いますが、阪神には坂もありますし、相手も強くなりますからね。頑張ってもらいたいです。いいスピードがあり、乗り手の指示にもしっかり応えてくれます。本番に向けていい結果が出るようにしっかり調教してきましたので応援お願いします」

(取材:小塚歩)

【金鯱賞】美浦レポート~プロディガルサン [News] [News]
2017/03/08(水) 19:16

11日(土)中京競馬場で行われる金鯱賞(GII)に出走予定のプロディガルサン(牡4 美浦・国枝栄厩舎)について、追い切り後の関係者のコメントは以下の通り。

〇プロディガルサンについて国枝栄調教師
「(東京新聞杯について)本来使う予定のレースを除外になり、マイル戦に出走となりましたが、スローペースの中で終いはいい脚を使ってくれて、いい競馬ができたので安心しました。ペースが遅かったので追走が楽だったこともありますが、今までとは違って終いは筋の通った走りができていたと思います。(中間の調整について)先週までしっかりと乗ってきて、体調面に問題はありません。

(最終追い切りについて)ほぼ出来ているので、直前は単走で終い重点でやりました。いい感じで来ていますよ。

(中京コースは初めてだが)直線も長く、広いコースなので、問題ないと思います。あとは前日輸送して、落ち着きがあればというところです。うまく折り合って、終いの脚を生かすことができればいいですね。早くから評価の高い馬でしたし、今年は厩舎を引っ張ってくれる存在になってくれればと思っています」

(取材:小塚歩)

【金鯱賞】美浦レポート~ヌーヴォレコルト [News] [News]
2017/03/08(水) 19:14

11日(土)中京競馬場で行われる金鯱賞(GII)に出走予定のヌーヴォレコルト(牝6 美浦・斎藤誠厩舎)について、追い切り後の関係者のコメントは以下の通り。

〇ヌーヴォレコルトについて相田一善調教助手
「(中山記念について)海外遠征から帰ってきて、特に疲れなどは見られませんでしたが、レース内容を振り返ってみると、一度叩いてからかなという雰囲気はありました。レースの時点ではよく仕上がっていたと思いますが、年齢を重ねるにつれてスイッチが入るのが少し遅くなっているのかもしれません。

(前走から中1週となるが)前走の疲れを残さないように状態を確認しました。中1週で、馬も走る気になったので、その気持ちを大事にしつつ輸送を見据えて調整してきました。

(最終追い切りについて)中1週で輸送もあるので、全体的には無理をしないように、終いの反応だけしっかりみるようにとの指示でした。叩いた上積みは見込めそうですし、終いはいい動きでした。体調が良さそうで、疲労が残っている感じも全く見受けられないので、しっかり走ってくれると思います。

(今回の条件について)2000mくらいでゆったり運べたほうがいいかとも思いますし、中京コースは2歳時以来となりますが経験しているので、最後の坂も克服してしっかり走ってくれるのではないでしょうか。馬は元気いっぱいでまだまだ走れそうなので、応援お願いします」

(取材:小塚歩)

【金鯱賞】美浦レポート~ルージュバック [News] [News]
2017/03/08(水) 19:12

11日(土)中京競馬場で行われる金鯱賞(GII)に出走予定のルージュバック(牝5 美浦・大竹正博厩舎)について、追い切り後の関係者のコメントは以下の通り。

〇ルージュバックについて岩藤和裕調教助手
「(前走のジャパンカップを振り返って)秋3戦目でタイトなローテーションで、目に見えない疲れや、距離など敗因はいろいろあると思いますが、あの馬のパフォーマンスは出せなかったと思います。(中間について)いつも通り放牧に出て英気を養い、これもいつも通りですが2週間前に入厩してきました。活気もあり、歳を重ねて体力がついてきたのか調教量を増やしてもへこたれることなく、順調にメニューを消化できています。

(最終追い切りについて)前2頭を目標にし、馬のリズムで伸ばしていこうという指示で追い切りました。先週末は少しモサモサしていましたが、今日の動きはあの馬本来の動きに近いところまできているのかなと思わせるような動きでした。恥ずかしくない状態に仕上がっていると思います。

(今回のコースについて)中京コースは初めてになりますが、左回りのパフォーマンスがいいので、そのあたりは苦にしないかと。あとは前日の輸送をクリアしてくれればと思います。コーナー4つというのが大きなハードルとなるかと思うのですが、オークスでも走っていますし、こなして欲しいですね。そうすれば今後の選択肢も広がると思います。大きいタイトルを取れる馬だと思っているので、ここをステップに、いい結果を出せればと思っています」

(取材:小塚歩)

【アネモネS】美浦レポート~ライジングリーズン [News] [News]
2017/03/08(水) 19:10

11日(土)中山競馬場で行われるアネモネステークスに出走予定のライジングリーズン(牝3 美浦・奥村武厩舎)について、追い切り後の関係者のコメントは以下の通り。

〇ライジングリーズンについて奥村武調教師
「(フェアリーSについて)外枠からの競馬でしたが、終わってみれば強い内容で勝ってくれました。(前走の馬体重プラス12キロについて)中間はふっくらと見せていて、体が増えているのも分かっていたので想定通りでしたが、なかなかいい造りだと思いましたね。前走後は美浦に在厩して調整してきました。テンションが上がりやすい馬なので、環境を変えずにいたほうがいいと判断しました。

(最終追い切りについて)前に行っている馬を1秒ほど追いかけて、最後はジョッキーの感触に任せ、テンションだけは上がらないようにうまく乗ってくださいと指示しました。時計も良かったですし、最後までしっかりと走れていたので、トライアルとしてはいい状態で送り出せそうです。騎乗した丸田騎手も『すごくいい』と言ってくれていました。

(2戦2勝の中山芝1600mについて)脚の使いどころがこの馬にピッタリ合っているコースなのかなと思っています。牝馬にしては馬格がありますし、骨格もしっかりしていて力強い走りをするのがいいところです。ここでいいレースをして、いい形で本番に臨めればと思っています」

(取材:小塚歩)

【中山牝馬S】栗東レポート~パールコード [News] [News]
2017/03/08(水) 19:06

 日曜日、中山競馬場で行われる中山牝馬ステークスに出走予定のパールコードについて、今朝の調教後の関係者へのインタビューの内容は以下のとおり。

●パールコード(中内田充正調教師)

◎エリザベス女王杯は4着でした。レースを振り返ってください。
 秋華賞を走った後、状態が良かったのでエリザベス女王杯に挑戦して、古馬相手でしたけれども頑張って4着に来てくれました。

◎4ヶ月の休養明けですが、中間の調整はどうだったでしょう?
 成長を促す意味で冬を越させて、1ヶ月ぐらい前に厩舎に戻してそこからピッチを上げて今回の中山牝馬ステークスへ向けて順調に来ているところです。

◎先週の調教はいかがでしたか?
 ジョッキーに跨ってもらっていい感触で上がってきてくれました。

◎今朝の調教の内容を教えてください。
 時計は予定より速くなったのですが、しまいまでしっかり動けていましたので、競馬に向けては大丈夫かなということろですね。今も馬はケロッとしていますね。

◎今回は中山芝1800メートルですが?
 中山競馬場は走ったころがあるのですが、久しぶりの1800メートルですので、そのへんを上手に対応してくれればいいですね。

◎4歳になって成長を感じるところはありますか?
 秋から比べて冬を越した分、しっかり成長をしてくれたかなという感触ですね。精神的にはまだお転婆娘ですけどね。

◎現時点でのパールコードの持ち味、強みは何でしょう?
 競馬場に行けばしっかりと、どのクラスでも走ってくれますので、その点がパールコードの強みかなと思っています。

◎今回はハンデが55キロですが?
 重賞を勝っていない馬ですが55キロと見込まれただけの力はある馬だと思っていますので斤量は気にしていません。

◎理想のレース展開はどうでしょう?
 スパッという一瞬の切れ味よりも長くいい脚を使えるのがパールコードなので、そのあたりをフルに活かせるレース展開ならば理想的ですね。

◎レースへ向けて一言お願いします。
 4歳になっての初戦ですが、力はしっかりと出してくれると思います。応援をお願いします。

(取材:佐藤泉)


【フィリーズレビュー】栗東レポート~ベルカプリ [News] [News]
2017/03/08(水) 19:04

 フィリーズレビューに出走予定のベルカプリについて、調教後の関係者へのインタビューの内容は以下のとおり。

●ベルカプリ(西浦勝一調教師)

◎前回のレースを振り返ってください。
 短期間の放牧明けの初戦で逃げて勝ったので、馬が力を付けているのがわかりました。

◎その後は中2週ですが?
 前回、疲れも取れてリフレッシュできていましたので、今は状態も上がって来ているところです。

◎先週の調教はどうでしたでしょう?
 先週はまあまあそれなりにいい形で調教を終えて、今朝も最後は思ったような時計で上がってくれましたので、いい状態で来ていることは確かです。

◎今回の舞台は阪神の1400メートルですが?
 未勝利の時も阪神の1600メートルを使って走っています(2着)からね。馬場自体はそんなに気にしていません。

◎現時点でのベルカプリの強みは何でしょう?
 やはり先行して自分のペースで行けたら一番持ち味は出せると思っています。今回もうまく自分のペースで走ってくれたらと思っています。

◎レースへ向けて一言お願いします。
 桜花賞の本番に確実に出られるように、何とか着順を上げて行きたいと思っています。

(取材:佐藤泉)

全16件中 1件〜10件目を表示 [ 1 2 次の10件 ]