【エンプレス杯】ワンミリオンスが抜け出し重賞連勝 [News] [News]
2017/03/01(水) 18:01

 川崎競馬場で牝馬によるダートグレードレース=第63回エンプレス杯(JpnII・2100m)が行われ、先団でレースを進めたワンミリオンス(牝4 JRA)が単勝1.8倍の断然人気に応えて抜け出した。勝ち時計は2分17秒0。鞍上は戸崎圭太騎手。2馬身差2着は4番人気リンダリンダ(牝4 大井)、3着は6番人気のヴィータアレグリア(牝6 JRA)。

 勝ったワンミリオンスは、父ゴールドアリュール、母シーズインポッシブル、母の父Yankee Victorという血統の牝4歳。栗東・小崎厩舎の管理馬。1月に行われたTCK女王杯に続いて重賞連勝とした。

◆レース後の関係者のコメント

1着 ワンミリオンス 戸崎騎手
「馬が強いことは分かっていましたし、あとは私自身の問題かなと思っていました。前走より少しテンションが高いかなと思いましたが、レースは落ち着いていましたし、折り合いはついていました。
 スタートは出てくれて、前目でレースができればと思っていました。他の馬が上がっていって、自分も動けるところにいたかったのでポジションを上げました。ステッキを入れてからの反応も良かったです。
 前走も今日も距離がどうかなと思っていましたが、良いパフォーマンスをしてくれました。どんなレースでもできる乗りやすさがあります」

1着 ワンミリオンス 小崎調教師
「偉い子です。想像以上でした。前回も今回も距離を気にしていましたが、克服してくれました。体調の波もない馬で、短期放牧のあとはいつも通りの調整でした。スタートは速くありませんが、最近は安定して出ています。理想的な位置につけられました。最後は距離の不安もありましたが、他も同じ脚色でしたから。後ろ脚がしっかりしてきて、思っている以上に成長してきています。
 今後はオーナーと相談してからになりますが、マリーンカップを視野に入れていきたいと思っています。年内の大目標はJBCレディスクラシックです」

2着 リンダリンダ 吉原騎手
「リズム良く走らせたかったですし、逃げることも想定していました。ペースを落としたところで来られてしまいました。その後もいい感じで走って、最後まで伸びてくれましたが、2番手のワンミリオンスが楽をしていました。力のあるところを見せてくれました。左回りは少しもたれる面があります」

4着 ポッドガゼール 瀧川騎手
「折り合いが良いタイプで、枠順も良かったので勝つ気で乗りました。ゲートが上手くなって幅が広がりました。最後もいい脚を使ってくれました」

(取材:山本直)

アンドレアシュ・シュタルケ騎手に短期免許を交付 [News] [News]
2017/03/01(水) 18:01

 JRAは1日(水)、ドイツのアンドレアシュ・シュタルケ騎手に短期騎手免許を交付すると発表した。期間は3月2日(木)から4月18日(火)まで。身元引受調教師は美浦の堀宣行調教師、契約馬主は吉田和子氏。

 シュタルケ騎手は1974年1月4日生まれの43歳。昨年も3月5日~4月3日と10月29日~12月25日の期間で短期免許を取得している。JRA通算成績は584戦48勝(うち重賞3勝)。

(JRA発表による)

ビービーバーレル、地方競馬へ移籍 [News] [News]
2017/03/01(水) 17:53

 2016年のフェアリーステークス(GIII)を制したビービーバーレル(牝4、美浦・中舘英二厩舎)が、きょう3月1日付で競走馬登録を抹消した。通算成績は14戦2勝(うち地方1戦0勝)、重賞は2016年フェアリーステークスの1勝。
 
 今後は、門別競馬場へ移籍する予定。

(JRA発表による)

ゴールドドリーム、アディラートがドバイ遠征へ [News] [News]
2017/03/01(水) 17:45

 25日(土)にアラブ首長国連邦・ドバイのメイダン競馬場で行われるドバイワールドカップ(G1・ダート2000m)に、ゴールドドリーム(牡4、栗東・平田修厩舎)が選出され、関係者が招待を受諾した。

 また、同日に行われるUAEダービー(G2・ダート1900m)にはアディラート(牡3、栗東・須貝尚介厩舎)が選出され、招待を受諾している。

(JRA発表による)

 

【弥生賞】美浦レポート~コマノインパルス [News] [News]
2017/03/01(水) 14:55

 5日(日)に中山競馬場で行われる弥生賞に出走するコマノインパルスについて菊川正達調教師のコメントは以下の通り。 

「前走の京成杯は強い競馬だったと思います。3コーナーあたりから上がって行って、直線は力でねじ伏せたような競馬でした。

 この中間は近くの牧場に短期放牧に出し、レースの1ヶ月前に戻して、それからはコンスタントにしっかりと調教を積めています。先週は併せ馬で直線では外から追い越す形でしっかりと負荷をかけられました。今朝の追い切りは、先週はまだ重い感じがあったので直線に向いた時の感触で伸ばすかどうか乗った田辺騎手の判断にまかせました。直線の反応も良く、いい感じでした。うまく調整できたと思います。田辺騎手も先週より良くなっていると言ってくれました。

 トライアルということで前走よりも相手は骨っぽくなりますが、ここでしっかりと結果を出して、良い形で皐月賞に向かいたいと思っています。応援をよろしくお願いします。」

(取材:小林雅巳)

【チューリップ賞】美浦レポート~ソウルスターリング [News] [News]
2017/03/01(水) 14:49

 4日(土)に阪神競馬場で行われるチューリップ賞に出走するソウルスターリングについて藤沢和雄調教師のコメントは以下の通り。 

「前走の阪神ジュベナイルフィリーズはとても強い内容のレースで勝てて良かったです。去年は3回走って全て違う競馬場でしたが、阪神は直線が長くて向いていたようです。その後は牧場で休んでゆっくりして、1ヶ月前にこちらに戻り、順調にペースを上げながら調整しています。阪神から戻った時は体が減っていましたが、牧場で体も増え、まだ余裕はありますが順調に成長しています。

 今朝の追い切りはウッドコースで併せて、時計は速くはありませんが、動きや息使いは良かったと思っています。

 前走はスタートも良く、流れも向きました。今度はまた違う展開になるだろうと思います。また、この馬だけでなく、他の馬も3歳になって成長しているでしょう。それでもクラシックへ向けて頑張って欲しいと思っています。」

(取材:小林雅巳)

【チューリップ賞】栗東レポート~ミリッサ [News] [News]
2017/03/01(水) 14:28

3月4日(土)に阪神競馬場で行われる第24回チューリップ賞(GIII)に登録をしているミリッサ(牝3、栗東・石坂正厩舎)について、追い切り後の福永祐一騎手のコメントは以下の通り。

(デビューからの2戦を見た印象は?)
「デビュー戦で私は3着馬に乗っていました。外からミリッサがまくるような形で来たのですが、この馬はただ者ではないなと思いました。その時からとても注目して見ていましたし、機会があれば乗せてもらえたら良いなという思いでした」

(追い切りに跨がった感触は?)
「期待以上に良い馬でした。素晴らしい馬でした。
 小柄な馬は若干切れる馬が多く、硬さを持った馬も多いのですが、あの馬はもちろん切れそうなバネを持っていますし、かつ柔らかい筋肉を持っている馬でした。自分が思っていた以上に乗った感触は良かったです。好みの馬ではありますね。
 先行馬を追いかける形で、あまり全体の時計で負荷をかける形ではなく、強めぐらいのイメージで最後に伸ばすという感じでした。時計面、動き、内容ともに非常に良かったと思います。
 追ってからの反応も良いですし、素晴らしい伸びはしていましたが、その伸び方の質も確認できました。最終追い切りに乗れて良かったです」

(今回のレースに向けて)
「(コースは)ピッタリではないかと思います。
 非常に強い相手が揃っていますので、桜花賞に出走するためにはこの中で最低でも3着以内に入らなくてはいけませんが、簡単なレースではないと思います。ただ、この馬も使ってきていますので、そのアドバンテージはあると思います。追い切り自体は目立った時計をまだ出せていませんが、小柄な馬ですから、仕上がり面に関しては、本番のレースで動けないというものではなかったですし、良い状態で出走できると思います。あとは、少し気が勝っているというか、気難しい一面もまだありますので、レースで出さないように上手く最後の直線まで折り合いをつけて行けるかどうかが一つのポイントだと思います。折り合いをつける位置取りもペースによってはポイントになると思います。ゲートを出てからですが、良いリズムで最後の直線まで行けるように乗っていきたいです。
 私の経験上、ああいうタイプの馬はカッとなりやすい面もあると思いますので、跨がった瞬間からゲートに入るまでも非常に重要だと思います。上手くコンタクトを取って良い状態でスタートできればと思っています。
 非常に高いポテンシャルを持っている馬で、まだキャリアは浅いですが、良い瞬発力を持っています。上手くその脚を引き出せる騎乗ができればと思っています。応援よろしくお願いします」

(取材:米田元気)

【チューリップ賞】栗東レポート~リスグラシュー [News] [News]
2017/03/01(水) 14:25

3月4日(土)に阪神競馬場で行われる第24回チューリップ賞(GIII)に登録をしているリスグラシュー(牝3、栗東・矢作芳人厩舎)について、追い切り後の矢作芳人調教師のコメントは以下の通り。

(前走の阪神JF2着を振り返って)
「とにかく出遅れが致命傷だったと思います。内容的には強い競馬でしたが、勝てなかったことが悔しかったです」

(前走後の調整について)
「前走後は短期放牧に出しまして、2月の初旬に戻ってきました。仕上がりの早いタイプなので、非常に順調に調教を積めたと思っています」

(調教過程を振り返って)
「1週前は武豊騎手に乗ってもらって、併せ馬でびっしりとやりました。非常に良い感触を掴んでもらったと思います。
 先週しっかり負荷をかけたということで、今日はうちの坂井騎手を乗せて、単走で本当に馬なりというか、サッと調整程度でした。やはり1ハロンの切れ味がすごく良く、軽快な動きでした」

(今回のレースに向けて)
「阪神ジュベナイルフィリーズから考えると、3回続けて本番まで同じコースと距離なので、特に問題はないと思います。
 跳びが綺麗な馬ですから、やはり良い馬場でやりたいです。
 前走は少し出遅れて後方からになりましたが、折り合いにも難がないですし、どんな競馬でもできる自在性があります。それに、何よりも切れ味がある、瞬発力に優れていると思います。
 普通には成長しているのでしょうが、そんなに大きく変わった感じはしません。
 牝馬とすれば、まあ穏やかな方ではないかと思います。特に手がかかることもありません。ただ、競馬の日はスイッチが入ります。
 一番強い馬が出てきますし、相手関係は強いですね。しかし、そういう馬とやれるのもまた楽しみです。
 天才ジョッキー(武豊騎手)が乗るわけですから、全て彼にお任せします。
 暮れは負けて悔しい思いをしたので、今年の春は喜びたいなと思っています。桜花賞、オークスに向けて内容のあるレースを期待しています。応援よろしくお願いします」

(取材:米田元気)

アルマクトゥームチャレンジ・ラウンド3(ラニが出走)の枠順が確定 [News] [News]
2017/03/01(水) 14:24

 4日(土)にアラブ首長国・ドバイのメイダン競馬場で行われるアルマクトゥームチャレンジ・ラウンド3(G1・ダ2000m)の枠順が発表された。日本から出走するラニ(牡4・松永幹夫)はムーア騎手を背に8番ゲートに入った。斤量は牡馬・セン馬57kg、牝馬55kg。発走は日本時間の23時55分(現地時間18時55分)。

馬番 馬名 性齢 (調教国)
 1 トリプルナイン 牡5(韓国)
 2 ロングリバー 牡7(UAE)
 3 ムーヴアップ 牡4(UAE)
 4 フリアクルサーダ 牝5(UAE)
 5 スペシャルファイター 牡6(UAE)
 6 セカンドサマー セン5(UAE)
 7 ミズバー セン8(UAE)
 8 ラニ 牡4(日本)

【弥生賞】栗東レポート~グローブシアター [News] [News]
2017/03/01(水) 14:23

3月5日(日)に中山競馬場で行われる第54回弥生賞(GII)に登録をしているグローブシアター(牡3、栗東・角居勝彦厩舎)について、追い切り後の角居勝彦調教師のコメントは以下の通り。

(デビューからの2戦を振り返って)
「兄弟が走る馬だったので、能力を見せてくれたかなと思います。お兄さん2頭は乗り難しいというか、一生懸命すぎるところがあったので、用心に用心を重ねて引っ掛からないような馬にしようと思いましたが、(2戦目は)少し弾けなかったかなというのはありました。
 とにかく競馬では真面目ですので、(兄弟は)少し手抜きを覚えてくれればというところがありましたが、グローブの方はそういうところが少しあるかもしれません。
 (2戦目は)未知数な競馬ではありましたが、あのメンバーの3着であれば、能力はあると思いました。
 輸送は、牧場でも行ったり来たり繰り返していますので、それは全然問題ない馬のような気はします」

(前走後の調整について)
「ノーザンファームしがらきで英気を養ってもらいました。馬は一旦疲れが完全に取れて、膨らんでという感じです。
 体自体は、2歳の暮れに来た時からある程度完成したと思われるぐらい、綺麗な形になっていました」

(最終追い切りを振り返って)
「川田騎手に乗ってもらって、3頭併せの真ん中でした。どういう感じの馬かを確かめてもらいました。操縦しやすい、乗りやすいと言っていました」

(今回のレースに向けて)
「どこでも動じない馬ですし、環境にもすぐに慣れてくれますし、競馬は手を抜かない血統の馬です。
 未知のところがたくさんありすぎる馬ですが、お兄さんに近づいていける素質はあると思います。何とか大舞台で頑張ってくれればと思います」

(取材:米田元気)

全14件中 1件〜10件目を表示 [ 1 2 次の10件 ]