ゴールドアリュール、心臓疾患で死す 18歳 [News] [News]
2017/02/18(土) 18:24

 2003年のフェブラリーステークスを優勝するなどGIを4勝し、現役引退後は種牡馬として社台スタリオンステーションに繋養されていたゴールドアリュールが18日、心臓疾患により死亡した。18歳だった。

 社台スタリオンステーション(事務局) 三輪圭祐氏のコメント
「ちょうどゴールドアリュールが亡くなる直前に、京都4Rで産駒のアスターゴールドが勝利したので、ゴールドアリュールの懸命に生きようとしている気力が後押ししてくれたんじゃないかと、スタッフ同士で話しました。明日のフェブラリーステークスに出走予定のゴールドドリームとコパノリッキー、そしてヒヤシンスステークスに出走予定のエピカリスのことも後押ししてくれればと思っています。
 現役時代も種牡馬になってからも、ダート界でトップを走ってきた馬で、スマートファルコンやエスポワールシチーといった後継種牡馬を残してくれました。今後は現役馬も含め、ゴールドアリュールの血を繋いでいってほしいと思います。
 また、ゴールドアリュールは種牡馬らしい我の強い性格でプライドも高く、現在、当牧場の柱となっているスタッフたちが若い頃には、苦労しながら種牡馬の扱い方をこの馬から学んだようです。そういう意味で、人を育ててくれた馬でもありました。ご冥福をお祈りいたします」

(JRAからのリリースによる)

東京11Rの競走中止について [News] [News]
2017/02/18(土) 18:18

東京11レースで10番サムソンズプライド(田辺裕信騎手)は、心房細動を発症したため、2周目向正面で競走を中止した。

 馬:心房細動
騎手:異状なし

(JRA発表による)

【大牟田特別】(小倉)~エナジータウンが鮮やかに逃げ切る [News] [News]
2017/02/18(土) 18:14

小倉12Rの大牟田特別(4歳以上500万下・芝1200m)は6番人気エナジータウン(秋山真一郎騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分08秒4(良)。2馬身半差の2着に2番人気ニシオボヌール、さらに3/4馬身差の3着に1番人気サルドナが入った。

エナジータウンは栗東・藤岡健一厩舎の5歳牡馬で、父Speightstown、母Honoria(母の父Sadler’s Wells)。通算成績は18戦2勝。

~レース後のコメント~
1着 エナジータウン(秋山真一郎騎手)
「水曜日の調教で乗ったときに、硬さがなく具合の良さを感じました。ゲートもタイミングよく出られましたし、うまくいきました」

2着 ニシオボヌール(高田潤騎手)
「大外枠を引いてしまったので、小細工なしにこの馬の力を信じて乗りました。2走続けて集中力を切らさず走れたのは収穫ですし、競馬に幅も出て、どんなレースにも対応できそうです」

【ダイヤモンドS】(東京)~アルバートが直線で後方から突き抜け重賞3勝目を飾る [News] [News]
2017/02/18(土) 18:04

東京11Rのダイヤモンドステークス(4歳以上GIII・芝3400m)は1番人気アルバート(R.ムーア騎手)が勝利した。勝ちタイムは3分35秒2(良)。1馬身1/4差の2着に6番人気ラブラドライト、さらに1馬身1/4差の3着に2番人気カフジプリンスが入った。

アルバートは美浦・堀宣行厩舎の6歳牡馬で、父アドマイヤドン、母フォルクローレ(母の父ダンスインザダーク)。通算成績は23戦8勝。

~レース後のコメント~
1着 アルバート(R.ムーア騎手)
「長い距離のレースは、ペースが速かったり遅かったり一定でなく難しいのですが、今日はステイヤーズSのときより馬の状態も良く、直線はものすごい脚で伸びてくれました。春の天皇賞でもいい走りを見せてくれると、期待してもらってもいいと思います」

2着 ラブラドライト(酒井学騎手)
「悔しいです。前走からハナにこだわらなくてもよいと分かっていました。もともと、スタミナを生かす競馬が合っていますし、スローになりすぎないように気をつけました。3~4コーナーでキングルアウが動いてくれて、うまくついていけましたし、前走よりずっと反応は良かったです。8歳ですが、長いところならまだまだやれます」

7着 ファタモルガーナ(蛯名正義騎手)
「良い形でレースはできましたが、東京の決め手比べは厳しいです。長くいい脚を使えるわけではないので、中山のほうが合っています」

8着 ムスカテール(中谷雄太騎手)
「よく我慢していますが、ペースが遅すぎました」

9着 トーセンレーヴ(S.フォーリー騎手)
「ボウマン騎手の進言で、長い距離を使ったようですが、3400mでは2500mの切れはありませんでした。3000mくらいまでと思います」

12着 ジャングルクルーズ(四位洋文騎手)
「いつもよりエキサイトしていました。4コーナーでオッと思いましたが、そこから伸びませんでした」

【京都牝馬S】(京都)~レッツゴードンキが桜花賞以来1年10ヵ月ぶりの勝利 [News] [News]
2017/02/18(土) 17:45

京都11Rの京都牝馬ステークス(4歳以上GIII・牝馬・芝1400m)は1番人気レッツゴードンキ(岩田康誠騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分22秒5(稍重)。1馬身 3/4差の2着に7番人気ワンスインナムーン、さらにアタマ差の3着に5番人気スナッチマインドが入った。

レッツゴードンキは栗東・梅田智之厩舎の5歳牝馬で、父キングカメハメハ、母マルトク(母の父マーベラスサンデー)。通算成績は19戦3勝。

~レース後のコメント~
1着 レッツゴードンキ(岩田康誠騎手)
「この馬の久しぶりの勝利だったので、嬉しく思います。今日は外が伸びる展開で、折り合いには苦労しましたが、何とか辛抱してくれました。力んでいましたが、馬の状態が良かったのでよく頑張ってくれました。だんだんと馬が充実してきたといいますか、中身が濃くなってきました。まだ荒削りですが、元気な女の子ですし、頑張ってほしいです」

2着 ワンスインナムーン(石橋脩騎手)
「自分の思ったような感じでレースができました。1400mなので、行く馬を行かせて我慢させる形にしました。調教からそうなるように、しっかりと仕上げてくれました。直線では楽に抜け出し、馬場も選んでいました。しかし、相手はGI馬ですから...。条件戦を勝って、重賞でも良いものを持っているなと思わせる走りでした。今後も楽しみです」

3着 スナッチマインド(浜中俊騎手)
「他の馬に何度もぶつけられて、エキサイトしてしまいました。最後は伸びていましたが、そのぶんがもったいなかったです。競馬なので仕方がありません」

4着 エスティタート(武豊騎手)
「状態が良さそうでしたし、終いを生かす競馬でよく伸びてくれました。この距離はベストだと思います。もう少しで2着もあったので、惜しかったです」

6着 ウインファビラス(松岡正海騎手)
「もう少し早めに動いても良かったのでしょうか。課題は行き出しだと思います。それでも復調してきていますし、ポテンシャルを発揮できるデキにあると思います」

7着 ナックビーナス(横山典弘騎手)
「よく頑張ってくれました。ただ、難しい馬です。一頭になるとやめようとするところがありますし、馬が硬いところもあります」

15着 エテルナミノル(池添謙一騎手)
「包まれてしまい、進路がなくなってしまいました。スムーズさに欠けたので、もったいなかったです。捌けていれば、もう少し上の着順もあったでしょう」

17着 アルビアーノ(C.ルメール騎手)
「最初は良いポジションでした。しかし、3コーナーで狭くなって止まってしまいました。体も少し太かったでしょうか」

【金蹄S】(東京)~マイネルトゥランが2番手から押し切る [News] [News]
2017/02/18(土) 17:09

東京10Rの金蹄ステークス(4歳以上1600万下・ダート2100m)は4番人気マイネルトゥラン(津村明秀騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分12秒1(良)。3/4馬身差の2着に5番人気グランセブルス、さらに3馬身半差の3着に1番人気レッドサバスが入った。

マイネルトゥランは美浦・武市康男厩舎の4歳牡馬で、父ロージズインメイ、母マイネカレッシュ(母の父スペシャルウィーク)。通算成績は16戦4勝。

~レース後のコメント~
1着 マイネルトゥラン(津村明秀騎手)
「何も行かなければ行っても良いくらいに思っていました。ペースが遅くハミを噛んでいましたが、それでも終いは伸びています。力をつけています。精神的にどっしりとして、レース前にうるさくなくなってきました。レースで力を出せるようになっています」

2着 グランセブルス(吉田豊騎手)
「力をつけていますし、脚も使っていますが、勝った馬が止まりませんでした」

3着 レッドサバス(戸崎圭太騎手)
「直線でうまく捌けませんでした。最後はエンジンが掛かって、よく伸びています」

4着 シャイニービーム(高倉稜騎手)
「前走が強かったので、ある程度やれると思っていました。1コーナーで外に膨れようとしたり、向正面で外に張ったりと、難しい面があります。このクラスで通用する能力がありますし、展開ひとつです」

6着 ウインユニファイド(柴田大知騎手)
「そろそろ嫌気が差してきたのか、全然進んで行きませんでした。最後まで反応がなく、勝ったときのイメージではありませんでした」

9着 サハラファイター(R.ムーア騎手)
「最後は手ごたえがなくなってしまいました。どうやら鼻血が出ていたようです」

【和布刈特別】(小倉)~スリーアローが逃げ切り勝利 [News] [News]
2017/02/18(土) 16:53

小倉11Rの和布刈特別(4歳以上1000万下・ダート1700m)は5番人気スリーアロー(藤岡康太騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分44秒8(良)。2馬身差の2着に6番人気ナムラミラクル、さらに4馬身差の3着に3番人気タガノヴェリテが入った。

スリーアローは栗東・南井克巳厩舎の6歳牝馬で、父アルデバラン2、母ピサノベネチアン(母の父サンデーサイレンス)。通算成績は28戦6勝。

~レース後のコメント~
1着 スリーアロー(藤岡康太騎手)
「スタートが良かったので、自分の形に持ち込むことができました。早め早めに動いていきましたが、時計も速く完勝でした」

2着 ナムラミラクル(藤懸貴志騎手)
「3ヶ月間隔が開いていましたが、力を出せる状態でした。今日は逃げ切られてしまいましたが、このクラスで勝ち負けするところにはいるので、すぐに順番が来ると思います」

3着 タガノヴェリテ(古川吉洋騎手)
「前の2頭が残る展開の中で、よく伸びてくれています」

4着 オーバーカム(北村友一騎手)
「3コーナーまではスムーズでしたが、勝負どころで窮屈な競馬になってしまいました。成長が窺えますし、今は力をつけてきている段階だと思います」

【橿原S】(京都)~先手を取ったゴルゴバローズが2馬身半差の快勝 [News] [News]
2017/02/18(土) 16:32

京都10Rの橿原ステークス(4歳以上1600万下・ダート1200m)は1番人気ゴルゴバローズ(M.デムーロ騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分10秒8(稍重)。2馬身半差の2着に2番人気ゼンノサーベイヤー、さらに半馬身差の3着に4番人気メイショウワダイコが入った。

ゴルゴバローズは美浦・木村哲也厩舎の4歳牡馬で、父Scat Daddy、母Molly Peaches(母の父Meadowlake)。通算成績は7戦4勝。

~レース後のコメント~
1着 ゴルゴバローズ(M.デムーロ騎手)
「強かったです。前走は外枠でついていなかったですが、今回は良かったです」

2着 ゼンノサーベイヤー(武豊騎手)
「思うようなレースはできましたが、勝ち馬が強かったです。安定してきましたね」

3着 メイショウワダイコ(池添謙一騎手)
「できれば前に行きたかったのですが、隣の馬が主張して行ったので、控える形になりました。それでもしぶとく頑張っていました」

4着 センターピース(C.ルメール騎手)
「とても良い感じでしたが、久々でもあったので、伸びることができませんでした。ここを叩いて、次走はやれるのではないでしょうか。チャンスはあると思います」

【かささぎ賞】(小倉)~直線で先頭に立ったデスティニーソングが半馬身差V [News] [News]
2017/02/18(土) 16:16

小倉10Rのかささぎ賞(3歳500万下・芝1200m)は4番人気デスティニーソング(鮫島克駿騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分08秒9(良)。半馬身差の2着に1番人気ブレイヴバローズ、さらに3/4馬身差の3着に3番人気ショウナンマッシブが入った。

デスティニーソングは栗東・松下武士厩舎の3歳牝馬で、父メイショウボーラー、母マルカデスティニー(母の父サンデーサイレンス)。通算成績は6戦2勝。

~レース後のコメント~
1着 デスティニーソング(鮫島克駿騎手)
「いつも通りスタートが決まって、上手にレースをしてくれました。精神的にどっしりと落ち着いていて、オンとオフがしっかりつけられる賢い馬です。スタートが上手なので、レースの組み立てもしやすいですね。まだ上積みがありそうですし、この先も楽しみです」

2着 ブレイヴバローズ(小牧太騎手)
「うまく流れに乗れたので、伸びるかと思いましたがもうひとつでした。乗り味がとてもいいですし、走ってきそうです」

4着 ゲンパチケンシン(荻野極騎手)
「ずっと外を回る形でしたからね。今日は、内と外の枠のぶんだけだと思います」

【フリージア賞】(東京)~トリコロールブルーが混戦を抜け出し2勝目 [News] [News]
2017/02/18(土) 16:00

東京9Rのフリージア賞(3歳500万下・芝2000m)は1番人気トリコロールブルー(戸崎圭太騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分01秒8(良)。半馬身差の2着に2番人気バリングラ、さらに3/4馬身差の3着に5番人気マイネルズイーガーが入った。

トリコロールブルーは栗東・友道康夫厩舎の3歳牡馬で、父ステイゴールド、母ペンカナプリンセス(母の父Pivotal)。通算成績は3戦2勝。

~レース後のコメント~
1着 トリコロールブルー(戸崎圭太騎手)
「まだゆるいですが、いいフットワークです。ふだんからテンションの高いところがあるので、そのあたりが落ち着いてくれればいいと思います。距離は延びても大丈夫です」

2着 バリングラ(R.ムーア 騎手)
「良い馬です。今日はこの馬にとって馬場が硬すぎました。もう少し軟らかい馬場が合っています。距離はこの距離でも、延びても大丈夫です」

3着 マイネルズイーガー(柴田大知騎手)
「よく頑張っています。4コーナーの感じもよく、押し切れそうな感じでしたが、切れ負けしてしまいました」

4着 ナンヨープルートー(田辺裕信騎手)
「芝でも頑張ってくれていますが、決め手がどうしてもダラダラとなってしまいます。前回のダート戦で、そのあたりは補えましたが、相手も強くなっていますから...。そのなかでは、よく頑張っていると思います」

全16件中 1件〜10件目を表示 [ 1 2 次の10件 ]