【京都記念】(京都)~サトノクラウンが連覇達成 [News] [News]
2017/02/12(日) 17:42

京都11Rの京都記念(4歳以上GII・芝2200m)は3番人気サトノクラウン(M・デムーロ騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分14秒1(稍重)。1馬身1/4差の2着に5番人気スマートレイアー、さらにクビ差の3着に1番人気が入った。

サトノクラウンは美浦・堀宣行厩舎の5歳牡馬で、父Marju、母ジョコンダ2(母の父Rossini)。通算成績は12戦6勝。

~レース後のコメント~
1着 サトノクラウン(M・デムーロ騎手)
「素晴らしいです。とても嬉しいです。良い馬です。去年と同じように、スタートの後良い所を行ってくれました。一生懸命走っています。最後まで伸びてくれました。ずっと手応えがありました。返し馬では、去年はうるさかったのですが、今年は落ち着いていました。マカヒキはもっと伸びると思ったので怖かったですが、馬が強かったです。去年はトモが緩いところがありましたが、それも良くなりました。去年も勝っていましたし、自信を持っていました」

2着 スマートレイアー(大久保龍志調教師)
「良い競馬でした。京都は合いますし、天気も崩れずにもってくれて良かったです。岩田騎手も上手に乗ってくれました。パフォーマンスが落ちたとは考えられません。この後はオーストラリア遠征で2000mの方を考えていますが、メンバーを見てからになります」

3着 マカヒキ(R・ムーア騎手)
「良いレースをしてくれました。最後の600mくらいで勝てるかと思いましたが、思ったより馬場が緩く、疲れてしまいました。今後はさらに良くなると思います」

(友道康夫調教師)
「久々だったのと、馬場の影響があったと思います。4コーナーを回るまでは勝てるかなと思いましたが、追い出してからが...。きれいな馬場でやりたかったです。ムーア騎手も『ここを1回叩いて良くなるのではないか。次を見すえて必要な1戦だった』と言っていました。悲観する感じではありません。この後は在厩で、次走はルメール騎手にお願いしようと思っています」

4着 ミッキーロケット(和田竜二騎手)
「脚は使っていますが、あの展開では...。ゲートは少しよじれた感じで出ました。ゲートは課題になってきますね。スタートのロスがだいぶ大きいです。残念です。課題はまだまだあります」

5着 アングライフェン(浜中俊騎手)
「これだけのメンバーの中で良く頑張ってくれたと思います」

6着 ガリバルディ(川田将雅騎手)
「1600mでワンターンの競馬をずっと使ってきたので、向正面に入って、いつも通り加速して行ってしまいました。これがいい経験になればと思います」

7着 ヤマカツライデン(池添謙一騎手)
「自分のレースは出来ましたが、相手も今日は強かったです。またこれから徐々に力をつけていってくれればいいですね」

9着 アクションスター(松若風馬騎手)
「いつも通りスムーズな流れで行けました。しかし、テンで出して行った分、終いが甘くなりました」

コーリンベリーの故障について [News] [News]
2017/02/12(日) 17:40

2015年JBCスプリント(JpnI)などに優勝したコーリンベリー(牝6、美浦・小野次郎厩舎)は、右第4中手骨々折を発症したことが判明した。今後3ヶ月以上の休養を要する見込み。

【共同通信杯】(東京)~スワーヴリチャードが2馬身半差の快勝 [News] [News]
2017/02/12(日) 17:24

東京11Rの共同通信杯(3歳GIII・芝1800m)は2番人気スワーヴリチャード(四位洋文騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分47秒5(良)。2馬身半差の2着に6番人気エトルディーニュ、さらにアタマ差の3着に1番人気ムーヴザワールドが入った。

スワーヴリチャードは栗東・庄野靖志厩舎の3歳牡馬で、父ハーツクライ、母ピラミマ(母の父Unbridled’s Song)。通算成績は4戦2勝。

~レース後のコメント~
1着 スワーヴリチャード(四位洋文騎手)
「思った通りのレースが出来て良かったです。この3戦続けて出遅れていたので、この後の中山を見すえて、ある程度出して位置を取りに行くレースをしようと庄野調教師と話していました。今日も少し遅れましたが、ある程度の位置で競馬が出来ましたからね。前回のレースを活かし、早く動かないようにしました。順調に階段をのぼっています。春に大きなレースが2つあるので、無事に行ってほしいですね。今の所この馬に関してリクエストはないです。次も頑張ります」

(庄野靖志調教師)
「今までの中で1番理想としていたレースが出来ました。ゲートから少し出して行っても折り合いがついて、3~4コーナーでは十分脚がたまっているようでした。精神的に少しずつ大人になってきていて、成長がうかがえます。現状でも良く頑張っていますが、上積みはまだまだあります。この馬に求めるものは大きいので、馬体面も精神面も成長していってほしいです。このあとは皐月賞に直行の予定です。賞金を加算できたので、胸を張ってクラシックに向かいたいです」

2着 エトルディーニュ(柴山雄一騎手)
「坂を上がってからもうひと踏ん張りしてくれました。勝った馬は強かったですが、この馬も安定して走ってくれています」

3着 ムーヴザワールド(戸崎圭太騎手)
「仕上がりは良かったです。直線を向いてからも手応えはありましたが、少しジリっぽいところがあるのかもしれません。まだこれからの馬です」

4着 タイセイスターリー(C・ルメール騎手)
「距離が長かったです。道中はリラックスしていましたが、最後は少し疲れていました。マイルの方が良さそうです」

6着 エアウィンザー(武豊騎手)
「道中このペースでもついて行くのに精一杯でした。仕掛けてからも伸びそうで伸びませんでした」

【壇之浦特別】(小倉)~ジャズファンクが接戦を制す [News] [News]
2017/02/12(日) 17:03

小倉12Rの壇之浦特別(4歳以上1000万下・芝2000m)は1番人気ジャズファンク(藤岡佑介騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分00秒6(良)。クビ差の2着に12番人気メイショウオオゼキ、さらにハナ差の3着に5番人気マイネルツィールが入った。

ジャズファンクは栗東・角田晃一厩舎の5歳牡馬で、父ハービンジャー、母ピサノグラフ(母の父サンデーサイレンス)。通算成績は17戦4勝。

~レース後のコメント~
1着 ジャズファンク(藤岡佑介騎手)
「道中ハミを取りすぎると終いが甘くなるので折り合いを一番にして乗りました。位置取りも良く、最後は狭いところ、間を割って一瞬の脚で抜けてくれました。いい時に乗せてもらいました」

3着 マイネルツィール(的場勇人騎手)
「1000万クラスに上がってペースが速くなるかと思いました。縦長の展開でしたが、しっかりとした脚を使って、際どいところまで走ってくれました。勝った馬にはうまく内をすくわれました」

6着 モンドシャルナ(北村友一騎手)
「小倉の小回りコースは合っていると思います。またこの馬にとって今日は走りやすい状態だったと思います。リスクを回避して外を回った分の差です。勝った馬はうまく内を回っていました」

【バレンタインS】(東京)~ブラゾンドゥリスが6勝目を挙げる [News] [News]
2017/02/12(日) 16:58

東京10Rのバレンタインステークス(4歳以上オープン・ダート1400m)は2番人気ブラゾンドゥリス(内田博幸騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分24秒0(良)。半馬身差の2着に1番人気ベストマッチョ、さらにクビ差の3着に7番人気ディーズプラネットが入った。

ブラゾンドゥリスは美浦・尾形和幸厩舎の5歳牡馬で、父ノボジャック、母ブライアンズソノ(母の父マヤノトップガン)。通算成績は17戦6勝。

~レース後のコメント~
1着 ブラゾンドゥリス(内田博幸騎手)
「今日は外枠が良かったです。内の馬を見ながら行けました。早めに抜け出すとダメな馬ですからね。1400~1600mが得意だし、走りますね」

2着 ベストマッチョ(C・ルメール騎手)
「いいポジションを取れましたが、最後は少し息切れしてしまいました」

5着 マッチレスヒーロー(柴田大知騎手)
「押して行っても思ったほど進んで行きませんでした。最後は脚を使っていますし、内容的には悪くないと思います」

7着 スーサンジョイ(大野拓弥騎手)
「出脚がひと息でした。最後は来ていますが、先行する形がベストだと思います」

江田照男騎手がJRA通算15000回騎乗達成 [News] [News]
2017/02/12(日) 16:37

東京3レースで、ワイルドマックスに騎乗した江田照男騎手(美浦・フリー)は、中央競馬史上12人目・現役9人目となるJRA通算15000回騎乗を達成した。

~江田照男騎手のコメント~
「15000回という数字は長くやっているだけでは到達できる数字ではなく、乗せていただいた多くの関係者の方々に感謝しています。これからも応援よろしくお願いします」

(JRA発表による)

京都4Rの競走除外について [News] [News]
2017/02/12(日) 16:31

京都4レースで、1番アルファヴィル(難波剛健騎手)は、馬場入場後に左前肢跛行を発症したため、競走除外となった。

(JRA発表による)

【門司ステークス】(小倉)~トミケンシャルゴーがハナ差差し切る [News] [News]
2017/02/12(日) 16:25

小倉11Rの門司ステークス(4歳以上1600万下・ハンデ・ダート1700m)は6番人気トミケンシャルゴー(木幡初也騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分44秒1(重)。ハナ差の2着に5番人気キングストーン、さらに1馬身1/4差の3着に10番人気ベルウッドテラスが入った。

トミケンシャルゴーは美浦・武市康男厩舎の5歳牡馬で、父グラスワンダー、母ホウヨウターゲット(母の父ジョリーズヘイロー)。通算成績は18戦5勝。

~レース後のコメント~
1着 トミケンシャルゴー(木幡初也騎手)
「流れは速くもなく、ちょうどいいリズムでいけて、道中溜めることが出来て、今日は100パーセントの力を出してくれました。流れが向いたところもありますが、状態も良く、この小回りの長い距離が合うようです」

2着 キングストーン(松山弘平騎手)
「2番手でレースをして、最後は早めに他の馬に来られた分でしょうか」

3着 ベルウッドテラス(丹内祐次騎手)
「このコースが合うのかもしれません。3着ですが、メドが立つ走りだったと思います」

【アルデバランS】(京都)~モルトベーネが6勝目を挙げる [News] [News]
2017/02/12(日) 16:19

京都10Rのアルデバランステークス(4歳以上オープン・ハンデ・ダート1900m)は3番人気モルトベーネ(M・デムーロ騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分57秒7(重)。1馬身1/4差の2着に9番人気マイネルクロップ、さらに1馬身差の3着に1番人気ピオネロが入った。

モルトベーネは栗東・松永昌博厩舎の5歳牡馬で、父ディープスカイ、母ノーブルエターナル(母の父アフリート)。通算成績は23戦6勝。

~レース後のコメント~
1着 モルトベーネ(M・デムーロ騎手)
「強かったですね。状態もよかったですし、少し気の悪いところがある馬なのですが、今日はそんな面も出しませんでした。以前に乗った時よりも良くなっています」

(松永昌博調教師)
「完勝でしたね。デムーロ騎手とも手が会うのでしょう。馬も力をつけています。この後は名古屋大賞典かマーチSを考えています」

2着 マイネルクロップ(川田将雅騎手)
「スムーズな競馬が出来て、力は出してくれました。今日は勝った馬が強かったです」

4着 メイショウウタゲ(幸英明騎手)
「思った以上にゲートの出が良くなくて、しかもペースが落ち着いてしまったのが響きました。集中力を欠くとやめてしまうところがあるのですが、3~4コーナーで脚を使った分、集中力がもちませんでした」

【雲雀S】(東京)~サザナミが差し切る [News] [News]
2017/02/12(日) 16:07

東京9Rの雲雀ステークス(4歳以上1600万下・芝1400m)は2番人気サザナミ(C・ルメール騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分22秒5(良)。クビ差の2着に3番人気アルジャンテ、さらに半馬身差の3着に6番人気ドラゴンストリートが入った。

サザナミは美浦・堀宣行厩舎の5歳牝馬で、父ディープインパクト、母クーデンビーチ(母の父Peintre Celebre)。通算成績は13戦5勝。

~レース後のコメント~
1着 サザナミ(C・ルメール騎手)
「ペースが遅かったけど、良い瞬発力のある馬です。すごく頑張ってくれました。このくらいの距離はちょうどいいですね。休み明けでリフレッシュして、元気がありました」

2着 アルジャンテ(尾関知人調教師)
「成長しています。今日は昇級戦、休み明けでしたが、頑張ってくれたと思います」

3着 ドラゴンストリート(田辺裕信騎手)
「勝った馬にうまく被せることが出来ましたが、最後はダラッとした伸びになってしまいました」

全20件中 1件〜10件目を表示 [ 1 2 次の10件 ]