【クイーンC】(東京)~アドマイヤミヤビが3連勝で重賞初制覇 [News] [News]
2017/02/11(土) 17:11

東京11Rの第52回クイーンカップ(GIII、3歳牝馬、芝1600m)は1番人気アドマイヤミヤビ(C.ルメール騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分33秒2(良)。1/2馬身差2着に5番人気アエロリット、さらに2馬身差で3着に2番人気フローレスマジックが入った。

アドマイヤミヤビは栗東・友道康夫厩舎の3歳牝馬で、父ハーツクライ、母レディスキッパー(母の父クロフネ)。通算成績は4戦3勝。

~レース後のコメント~
1着 アドマイヤミヤビ(ルメール騎手)
「とても良い牝馬です。休み明けでしたが、今年になってからさらに良くなりました。1600mで心配しましたが、パワーもあるし、最後はいい瞬発力を使ってくれました。クラシックも絶対いけます」

(友道康夫調教師)
「時計も速いですし、強かったですね。1600mは少し忙しそうでしたし、本来もう少し長い方が良さそうですが、桜花賞のことを考えてマイル戦を使いました。この後は桜花賞に直行し、その後、オークスを使います」

2着 アエロリット(菊沢隆徳調教師)
「スタートのタイミングが合いませんでしたが、かえって良かったと思います。今日はきついかなと思いましたが、頑張ってくれましたし、価値ある2着だと思います。無事なら、次は桜花賞に直行します」

3着 フローレスマジック(戸崎騎手)
「体も戻っていたみたいですし、落ち着いて、リラックスしていい感じでした。最後も頑張っています」

4着 レーヌミノル(浜中騎手)
「スタートがとても速く出ましたから、行く形になりました。息も入りましたし、最後も反応していますが、いい脚を持った馬たちに来られてしまいました」

5着 ハナレイムーン(石橋脩騎手)
「2戦目にしてはゲートも馬場入りも落ち着いていました。終いの脚も使えていましたし、これからが楽しみな馬です」

【洛陽S】(京都)~休養明けダッシングブレイズが内から抜ける [News] [News]
2017/02/11(土) 16:59

京都11Rの洛陽ステークス(4歳以上オープン、芝1600m)は2番人気ダッシングブレイズ(M.デムーロ騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分35秒7(重)。1馬身1/4差2着に4番人気グァンチャーレ、さらにハナ差で3着に3番人気ケントオーが入った。

ダッシングブレイズは栗東・吉村圭司厩舎の5歳牡馬で、父Kitten’s Joy、母Blazing Bliss(母の父Honour and Glory)。通算成績は15戦6勝。

~レース後のコメント~
1着 ダッシングブレイズ(M.デムーロ騎手)
「強かったです。2週前までは重いところもありましたが、しっかりやって、今日はいいデキで臨めました。ものすごく力のある馬です」

2着 グァンチャーレ(古川騎手)
「今日こそ何とかなったかと思いましたが、勝ち馬に内をすくわれました。京都コースは合っています」

3着 ケントオー(和田騎手)
「最後もしぶとく伸びて、差のないところまで来ています。使いつつ良くなっています」

4着 トーキングドラム(幸騎手)
「3番手で落ち着いたかと思ったら、内から他馬に来られて4頭分くらい外を回らされました。最後に伸び切れなかったのはそのせいだと思います」

5着 メドウラーク(フォーリー騎手)
「ストライドの大きな馬が内で包まれて、ぎこちない走りになってしまいました。これでは弾けません。マイルも合っていますし、オープンでも好勝負出来る馬です」

10着 サトノラーゼン(武豊騎手)
「初めて騎乗しましたが、今日のような馬場は向いていませんね。ノメってましたし、特に追い出したらすぐにノメっていました」

【飛鳥S】(京都)~アドマイヤリードが3馬身差で圧勝 [News] [News]
2017/02/11(土) 16:18

京都10Rの飛鳥ステークス(4歳以上1600万下、芝1800m)は2番人気アドマイヤリード(武幸四郎騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分48秒6(重)。3馬身差2着に5番人気アップクォーク、さらにアタマ差で3着に1番人気ナムラシングンが入った。

アドマイヤリードは栗東・須貝尚介厩舎の4歳牝馬で、父ステイゴールド、母ベルアリュール2(母の父Numerous)。通算成績は12戦4勝。

~レース後のコメント~
1着 アドマイヤリード(武幸騎手)
「力が抜けています。乗りやすいです。今日は強いレースでした」

2着 アップクォーク(フォーリー騎手)
「いい馬です。特に、掛かっていても馬の後ろに入れたらすぐに折り合いがついたように、メンタル面が素晴らしいです。ですから、経験を重ねるともっと走ってくるでしょう」

3着 ナムラシングン(池添騎手)
「好位で我慢してくれました。でも、レース展開が切れ味勝負になりました。今日は勝ち馬の切れ味が勝りました」

4着 ジョルジュサンク(幸騎手)
「ゲートも出て、楽に2番手からのレースでした。直線に向いてもいい手応えでしたが、今日は勝ち馬が強かったですね」

5着 フロムマイハート(高倉騎手)
「久々の分、硬さもなく、いい雰囲気でしたが、馬場があまり良くなく、そういう馬場が苦手な分、位置をキープするためにずっと促していました。3~4コーナーでは脚を取られて、ストライドも小さくなって思ったように進んで行きませんでした。でも能力は高いので、展開一つでチャンスはあります」

【銀蹄S】(東京)~ポイントブランクが早め先頭から押し切る [News] [News]
2017/02/11(土) 16:01

東京10Rの銀蹄ステークス(4歳以上1600万下ハンデ、ダート1400m)は7番人気ポイントブランク(蛯名正義騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分23秒7(良)。3/4馬身差2着に6番人気ラインシュナイダー、さらに2馬身1/2差で3着に5番人気ワンダーサジェスが入った。

ポイントブランクは栗東・松下武士厩舎の7歳牡馬で、父Ghostzapper、母ポイントアシュリー(母の父Point Given)。通算成績は19戦5勝。

~レース後のコメント~
1着 ポイントブランク(蛯名騎手)
「今日はスムースに出られましたし、長くいい脚を使うことは分かっていましたから、そのつもりで乗りました。強かったです」

2着 ラインシュナイダー(石川騎手)
「勝負どころで瞬時に動けるかどうかで勝ち馬との差がついた感じです」

3着 ワンダーサジェス(戸崎騎手)
「砂を被っても上手に走ってくれましたし、最後も伸びてくれました」

4着 ブラインドサイド(ルメール騎手)
「スタートが速かったのでいい位置を取ることが出来ました。勝った馬をマークしましたが、ペースが速くなった分、順位を上げることが出来ませんでした」

【テレビ山梨杯】(東京)~バンゴールが中団から抜けて快勝 [News] [News]
2017/02/11(土) 15:56

東京9Rのテレビ山梨杯(4歳以上1000万下、牝馬限定、芝1800m)は2番人気バンゴール(C.ルメール騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分48秒0(良)。クビ差2着に1番人気アドヴェントス、さらに3/4馬身差で3着に5番人気ラベンダーメモリーが入った。

バンゴールは美浦・尾関知人厩舎の5歳牝馬で、父キングカメハメハ、母ローザブランカ(母の父クロフネ)。通算成績は14戦4勝。

~レース後のコメント~
1着 バンゴール(ルメール騎手)
「休み明けでしたが、とてもいい状態でした。いい位置からすぐに反応して、いい競馬が出来ました」

2着 アドヴェントス(戸崎騎手)
「大人しくて乗りやすい馬です。追ってからも反応して、いい感じです」

3着 ラベンダーメモリー(嘉藤騎手)
「控えましたが、こういう競馬も出来ます。馬の具合が良く、このメンバーでやれたことで自信になりました」

6着 アースプレイ(田中勝騎手)
「ペースが遅すぎて上がり勝負になってしまいました。差のないところまで来ていますが、残念です」

【春麗ジャンプS】(東京)~メイショウヒデタダが逃げ切りV [News] [News]
2017/02/11(土) 15:53

東京8Rの春麗ジャンプステークス(障害オープン、4歳以上、芝→ダート3100m)は5番人気メイショウヒデタダ(熊沢重文騎手)が勝利した。勝ちタイムは3分30秒1(良)。3/4馬身差2着に7番人気ユキノスライダー、さらに1馬身差で3着に1番人気ソロルが入った。

メイショウヒデタダは栗東・南井克巳厩舎の8歳牡馬で、父メイショウボーラー、母メイショウサマンサ(母の父キンググローリアス)。通算成績は52戦7勝。

~レース後のコメント~
1着 メイショウヒデタダ(熊沢騎手)
「今日は程よく気合いも乗って、いい意味でこの馬らしい競馬が出来ました。以前ほど馬が来てもムキにならず、脚をためられました。競走馬として完成してきていると思います」

2着 ユキノスライダー(難波騎手)
「あそこまで行ったら勝ちたかったです。最後はよく伸びて追い詰めているのですが...」

4着 リスヴェリアート(北沢騎手)
「4コーナーを回る時、手応えもあり、直線ゴーサインを出すと逆に離されてしまい、そのままの感じでした。馬力タイプではありませんから、直線は芝でこそだと思います」

5着 オースミムーン(高田騎手)
「長期休養明け、大外枠、斤量も背負ってと、この馬にとって不利な条件が重なった中、飛越や走りはさすがと思わせるものがありました。ここを使って上向いてくると思いますし、この馬の力は出せると思います」

【琵琶湖特別】(京都)~8歳馬ヤマカツポセイドンが制す [News] [News]
2017/02/11(土) 15:50

京都9Rの琵琶湖特別(4歳以上1000万下、芝2400m)は3番人気ヤマカツポセイドン(国分優作騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分28秒3(重)。1馬身1/4差2着に5番人気アグリッパーバイオ、さらに2馬身差で3着に4番人気ハイプレッシャーが入った。

ヤマカツポセイドンは栗東・大根田裕之厩舎の8歳牡馬で、父アドマイヤボス、母サッカータイカン(母の父サツカーボーイ)。通算成績は45戦4勝。

~レース後のコメント~
1着 ヤマカツポセイドン(国分優騎手)
「強かったですね。ソラを使っていたくらいですから。抜け出すと止めようとするところがあるので、それを考えて追い出しました。道中、流れていて、いい感じで上がって行けたのも良かったです」

3着 ハイプレッシャー(武豊騎手)
「内でジッとして、ロスなく回って来られました。最後もジワジワと脚を使っています」

4着 ダブルイーグル(小牧騎手)
「手応えが良かったので外に出しましたが、内をついていれば3着はあったと思います。馬の調子がとてもいいです」

5着 ランドオザリール(国分恭騎手)
「切れるタイプではないので、早めの競馬をしました。今日のような馬場も苦にしませんが、この距離は少し長いのかもしれません」

大野拓弥騎手、騎乗停止へ [News] [News]
2017/02/11(土) 14:30

東京2Rで、6位に入線した5番ベルウッドデナリに騎乗した大野拓弥騎手は、4コーナーで外側に斜行したことについて、2017年2月18日(土)から2月26日(日)まで9日間の騎乗停止となった。

【3歳500万下】(東京6R)~ファンタジステラが好位から抜けて2勝目 [News] [News]
2017/02/11(土) 14:23

東京6Rの3歳500万下(芝1400m)は4番人気ファンタジステラ(浜中俊騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分22秒3(良)。1/2馬身差2着に9番人気ウィンドライジズ、さらに1馬身1/4差で3着に7番人気ボーダーオブライフが入った。

ファンタジステラは栗東・音無秀孝厩舎の3歳牡馬で、父ダイワメジャー、母ファンジカ(母の父Law Society)。通算成績は5戦2勝。

~レース後のコメント~
1着 ファンタジステラ(浜中騎手)
「差す競馬も出来ますし、センスのいい馬です。勝てて良かったです」

3着 ボーダーオブライフ(戸崎騎手)
「昇級戦でしたが、この馬の形で競馬は出来ました。まだ真剣に走っていないところがあります」

4着 ワイナルダム(津村騎手)
「折り合って、いい脚で伸びてくれました。距離は1200mや1400mより1600mの方がいいと思います」

7着 トリリオネア(蛯名騎手)
「少し忙しい感じがしました。距離は1600mくらいあっても良さそうです。いい馬ですが、まだ緩いところがあります」

【メイクデビュー】(東京3R)~ライデンバローズが勝利 [News] [News]
2017/02/11(土) 14:14

東京3Rのメイクデビュー東京(ダート1600m)は1番人気ライデンバローズ(浜中俊騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分40秒5(良)。アタマ差2着に6番人気ハイアーグラウンド、さらに1馬身1/2差で3着に2番人気エターナルフレイムが入った。

ライデンバローズは栗東・藤岡健一厩舎の3歳牡馬で、父クロフネ、母クーヴェルチュール(母の父ブラックホーク)。

~レース後のコメント~
1着 ライデンバローズ(浜中騎手)
「まだ子供っぽいところがありますが、レースを使っていって良くなってくれば、もっと走ると思います」

(藤岡健一調教師)
「まだ子供でフラフラしていますが、二の脚がついたのが良かったです。芝でも走れると思うので、この後は様子を見て、芝も試してみたいです。まだまだ緩いし、これからの馬です」

4着 クインズダルビー(嘉藤騎手)
「ゲートでも子供っぽさを見せていましたが、そんな中でも頑張ってくれました。叩いた上積みがありそうですし、次が楽しみです」

5着 ウノピアットブリオ(ルメール騎手)
「まだ若いですが、直線よく伸びました。これからもっと良くなると思います」

全13件中 1件〜10件目を表示 [ 1 2 次の10件 ]