2017オーストラリア「ザ・チャンピオンシップス」およびザBMW(GI)~日本馬予備登録 [News] [News]
2017/02/07(火) 18:57

3月25日(土)、オーストラリアのローズヒルガーデンズ競馬場で行われるザBMW(GI)及び4月1日(土)、8日(土)にランドウィック競馬場で行われる「ザ・チャンピオンシップス」に日本馬の予備登録があり、JRAから発表された。予備登録馬は以下の通り。

3月25日(土)
●ザBMW(GI)

アドマイヤデウス 牡6歳( 栗東・梅田智之 )
サトノクラウン 牡5歳(美浦・堀宣行)
タンタアレグリア 牡5歳 (美浦・国枝栄)
マイネルサージュ 牡5歳 (美浦・鹿戸雄一)

4月1日(土)(ザ・チャンピオンシップス第1日目)
●ドンカスターマイル(GI)

クラリティスカイ 牡5歳(美浦・斎藤誠)
スマートレイアー 牝7歳(栗東・大久保龍志)
ディサイファ 牡8歳(美浦・小島太)
ネオリアリズム 牡6歳(美浦・堀宣行)
プロディガルサン 牡4歳(美浦・国枝栄)
マイネルハニー 牡4歳(美浦・栗田博憲)

●TJスミスステークス(GI)
シュウジ 牡4歳(栗東・須貝尚介)
レッツゴードンキ 牝5歳(栗東・梅田智之)

4月8日(土)(ザ・チャンピオンシップス第2日目)
●クイーンエリザベスステークス(GI)

アドマイヤデウス 牡6歳(栗東・梅田智之)
クラリティスカイ 牡5歳(美浦・斎藤誠)
サトノクラウン 牡5歳(美浦・堀宣行)
スマートレイアー 牝7歳(栗東・大久保龍志)
ディサイファ 牡8歳(美浦・小島太)
ネオリアリズム 牡6歳(美浦・堀宣行)
プロディガルサン 牡4歳(美浦・国枝栄)
マイネルサージュ 牡5歳(美浦・鹿戸雄一)
マイネルハニー 牡4歳(美浦・栗田博憲)
マイネルミラノ 牡7歳(美浦・相沢郁)
レインボーライン 牡4歳(栗東・浅見秀一)

●シドニーカップ(GI)

アドマイヤデウス 牡6歳(栗東・梅田智之)
タンタアレグリア 牡5歳(美浦・国枝栄)
マイネルサージュ 牡5歳(美浦・鹿戸雄一)
レインボーライン 牡4歳(栗東・浅見秀一)

●レガシーステークス(GI)

スマートレイアー 牝7歳(栗東・大久保龍志)
レッツゴードンキ 牝5歳(栗東・梅田智之)

(JRA発表)

【佐賀記念】(佐賀)~ロンドンタウン重賞初制覇 [News] [News]
2017/02/07(火) 17:30

7日(火)、佐賀競馬場(曇 不良)で行われた古馬によるダートグレード競走、第44回佐賀記念(JPNIII・2000m・4歳以上オープン)は、1番人気のロンドンタウンが、人気に応えて重賞初制覇を飾った。

レース序盤は、リッカルド(JRA)がハナに立ち、2番手にロンドンタウン(JRA)、3番手の内にタムロミラクル(JRA)、4番手に愛知のカツゲキキトキトが続き、昨年の覇者ストロングサウザーは6番手を追走。

スタンド前の緩い流れから、向こう正面で徐々にペースが上がり、先行するリッカルドにロンドンタウンが並び掛け、タムロミラクルもスパート、カツゲキキトキトが後退すると、後方からストロングサウザーも追い込み態勢に。最後はロンドンタウンが、2番手から追ったタムロミラクルを退けて、重賞初制覇を飾った。

2着にタムロミラクル、3着には最後追い込んだストロングサウザーが入り、4着に愛知のカツゲキキトキト、5着には地元・佐賀のキョウワカイザーと地方所属馬が続いた。

勝ちタイムは2分06秒7、勝利騎手は川田将雅(JRA)。

勝ったロンドンタウンは、父カネヒキリ、母フェアリーバニヤン(母の父Honour and Glory)、牡4歳鹿毛馬。JRA栗東・牧田和弥厩舎の管理馬。通算成績は15戦5勝(地方1戦1勝)、重賞は初制覇。