【川崎記念】(川崎)~オールブラッシュが鮮やか逃げ切り、初タイトル奪取 [News] [News]
2017/02/01(水) 17:19

1日(水)、川崎競馬場(晴 良)で行われたダートグレード競走、第66回川崎記念(JpnI ダート2100)は、初めてのJpnI挑戦となった5番人気オールブラッシュ(JRA)が逃げ切り、初重賞制覇をこのビッグレースで果たした。

スタート直後からオールブラッシュがハナに立ち、ケイティブレイブが控えて2番手。ケイアイレオーネ、バスタータイプ、コスモカナディアンと続いて、サウンドトゥルーは後方3番手から。スタンド前でミツバがスーッと位置を上げて2番手に。2周目の向正面では後続が差を詰めるが、オールブラッシュは4コーナーでもリードを保ったまま。勝負どころで迫ったケイティブレイブ、ミツバを直線入り口で突き放し、その後ろからサウンドトゥルーが猛追を見せるが、3馬身差をつけてオールブラッシュが先頭でゴールを駆け抜けた。

勝ちタイム2分14秒6、勝利騎手はクリストフ・ルメール(JRA)。

1番人気サウンドトゥルーが2着、3着は好位からしぶとく伸びた6番人気コスモカナディアン。3番人気ミツバが4着、2番人気ケイティブレイブ5着で、ここまでJRA勢が上位独占。地方勢最先着は6着のハッピースプリント(大井)だった。

オールブラッシュは父ウォーエンブレム、母ブラッシングプリンセス(母の父Crafty Prospector)、牡5歳黒鹿毛馬。JRA栗東・村山明厩舎の管理馬。通算成績は20戦6勝、重賞は2度めの挑戦で初制覇となった。ルメール騎手は2007年ヴァーミリアン、2009年カネヒキリで川崎記念を勝っていて、8年ぶり3勝目。村山調教師は川崎記念初制覇。

<レース後の関係者のコメント>
1着 オールブラッシュ(C.ルメール騎手)
「とても嬉しいです。川崎記念は以前に勝ちましたが、また勝てて嬉しいです。今日は返し馬からとても反応が良かったです。とても元気だったと思います。前走でも逃げて楽に勝っていたし、いいスタートだったので今日も逃げました。リラックスしていて、直線はいい脚を使ってくれました。4コーナーで息を入れて、直線で突き放してくれたので勝てると思いました。広いコースでも2000mまでは走れると思います」

(村山明調教師)
「ずっといいレースをしてきましたが、さすがにJpnIは届かないかと思っていました。年末に一度熱が出て、立て直したのですが、外から見てデキはよさそうでした。ただ中身が心配な面はありました。ジョッキーに『作戦は任せる』と言ったら『ハナか2番手で』と言っていました。今日はスタートがよく、ペースを落として、ミツバに来られてペースが上がりましたが、ジョッキーがうまく乗ってくれました。さすがにJpnIなので、粘ってくれと思いながら見ていました。去年はハードなレースが多かったので、無理をさせないように使っていきたいです。次走は名古屋大賞典を考えていましたが、慎重に決めたいと思います。今年の大目標は中京のチャンピオンズカップです」

2着 サウンドトゥルー(大野拓弥騎手)
「ノーマークの馬にやられてしまいました。うまくいかなかったのは勝負どころでもたついた部分だけです。勝ち馬が強すぎました」

3着 コスモカナディアン(柴田大知騎手)
「具合はすごく良かったです。力をつけています。まだまだ良くなりそうです」

5着 ケイティブレイブ(武豊騎手)
「感じとしては悪くなかったです。他の馬が動いてもつられなかったですし、ラストも甘くなっていなかったです。ただ、妙に折り合いがついていたかな、という感じがします」

6着 ハッピースプリント(吉原寛人騎手)
「前の馬が動いて、自分で仕掛けられるポジションではなくなってしまいましたが、自力で動けるようになってきていました。僕の捌き次第では来られていたかもしれないと思いました。全体的な能力はアップしてきています」

(取材:山本直)

【東京新聞杯】美浦レポート~ヤングマンパワー [News] [News]
2017/02/01(水) 16:15

 5日(日)に東京競馬場で行われる第67回東京新聞杯(GIII・芝1600m)に出走するヤングマンパワー(牡5、美浦・手塚貴久厩舎)について、追い切り後の関係者のコメントは以下の通り。

●ヤングマンパワーについて手塚厩舎・大村泰広調教助手
「マイルチャンピオンシップは調教の動きも良かったですし、あれほど大敗するような感じではなかったんです。おそらく、久しぶりに間隔が詰まってのレースだった事や、関西圏への遠征ということで馬体重が減っていた事、メンタル面の影響もあったのかなと思います。

 (その前にマイルで3連勝、レースの印象としては)段々と馬が自信を持ってきたようですし、走りも若い頃の頭の高さと比べると、だいぶ安定して走れるようになった印象もありますね。(前走後は)年明けから4本追い切りをかけましたが、特に問題なく順調に来ています。

 先週結構強めに追い切ったので、今朝は前に2頭置いて流すような感覚で追い切ろうという指示でした。指示通りに追い切りが出来ましたし、時計的にもむしろ先週より動いたくらいでしたが、無理もしていませんでしたし、馬の調子が良い事の証拠かなと思います。毛艶も良くて元気もありますから、体調的にも問題ないでしょう。

 左回りのマイル戦ですし、条件的にはベストな舞台だと思います。戸崎騎手も連勝中に乗ってくれていて、この馬の性格も良く分かっていると思いますから、期待しています。(今回のメンバーの印象は)戦ったことがあるというメンバーも多いですし、相手も強いですが、この馬も能力はありますし、力を出せれば結果がついてくると思います。先行して、連勝していた時のような競馬が出来れば理想的ですね。マイルチャンピオンシップでは結果が出せなかったのですが、今年の初戦ですし、仕切り直しの意味も込めて頑張ってほしいです」

(取材:大関隼)

【東京新聞杯】美浦レポート~プロディガルサン [News] [News]
2017/02/01(水) 16:13

 5日(日)に東京競馬場で行われる第67回東京新聞杯(GIII・芝1600m)に出走するプロディガルサン(牡4、美浦・国枝栄厩舎)について、追い切り後の国枝調教師のコメントは以下の通り。

「菊花賞は良い感じで運べていて、前が開いたので上がって行ったら詰まってしまって。結果的にもう一伸びできませんでしたね。菊花賞のあとは少し疲れが見えたので、一度牧場で立て直して、戻ってきてからは順調に来ています。

 先週の時点である程度仕上がっていたので、今週は(ウッドコースで田辺騎手が乗って)終いをサッと追う感じで。内を回っていましたし時計的にも良い感じで来られたのではないかなと思います。動きに関しては、全く問題ないですね。やはり古馬になって、落ち着きが出て、体もしっかりしてきたなと印象もありますね。

 (新馬戦以来のマイルについて)やってみないと分からない、という面はありますが広い東京コースなら問題ないと思います。終いを生かすような競馬が出来ればいいですね。なかなかこちらが思うほど実力を発揮出来なかったのですが、今年は頑張って、ぜひ良い所まで行ければと思っています」

(取材:大関隼)

【エルフィンS】美浦レポート~アルミレーナ [News] [News]
2017/02/01(水) 16:10

 4日(土)に京都競馬場で行われるエルフィンステークス(3歳牝馬オープン・芝1600m)に出走するアルミレーナ(牝3、美浦・国枝栄厩舎)について、追い切り後の国枝調教師のコメントは以下の通り。

「前走は1度使われた(新馬戦2着)事で馬もやる気になっていましたし、順当に勝ってくれたなと思いました。思ったよりもしっかりした競馬が出来るな、と思いましたし、もう少し馬体がパワーアップしてくればとも感じますが、今はこういうタイプなのかなという印象です。

 レース後はいったん牧場に戻してリフレッシュさせて、厩舎に戻ってきてからも順調に来ていますね。(今朝の追い切りは)先週の段階で気持ちも乗っていて、動きも良かったですから、今週は輸送もあるのでオーバーワークにならないようにと。軽快な動きをしていましたし、良い雰囲気でしたね。1週前には蛯名騎手に乗って貰ったのですが、少し気が入るので、うまく気持ちをコントロールしてこれ以上気持ちを高めないようにして行こう、という話をしていました。気になるところもなく、良い感じに仕上がりましたね。

 (休養を経ての変化は)もう少しふっくらしてくれたら...という気もしますが、良い意味で変わりない、という所でしょうか。条件に関しては問題ないですし、出来れば良い馬場でやれればいいですね。長距離輸送も大丈夫でしょう。

 ディープインパクト産駒らしく、素軽くて勘がいいというのがこの馬の良さですね。この先には桜花賞という目標もありますから、ここで良い競馬をして本番へ向かえればと考えています」

(取材:大関隼)

【東京新聞杯】栗東レポート~ブラックスピネル [News] [News]
2017/02/01(水) 15:35

2月5日(日)に東京競馬場で行われる第67回東京新聞杯(GIII)に登録をしているブラックスピネル(牡4、栗東・音無秀孝厩舎)について、追い切り後の音無秀孝調教師のコメントは以下の通り。

(前走の京都金杯2着を振り返って)
「あと一歩でした。差は詰めてきていますので、もう少しゴールが向こうにあれば良かったのに...と思います。
 馬ごみの中にいて、最後は伸びてくるので、あれを覚えてくれれば良いと思います。
 前走の原因は特に(体が)絞れたことでしょう。その前はしっかり乗ってくれたのですが、馬が太かったのでルメール騎手には申し訳なかったと思います。前走はしっかり仕上げましたので、本当に良い状態でした」

(前走後の調整について)
「ノーザンファームしがらきへ短期放牧に出しました。体は元に戻って帰ってきましたが、そこからビシビシとやっていますので、おそらく今日の時点では前走並の体重になっていると思います」

(最終追い切りを振り返って)
「可愛がるとすぐ太ってしまいますので、今日もジョッキーに"(ビッシリと)やって良いよ"と言いました。しっかりとやりました。
 先週も50秒台が出ていますので、さらにまたそこから詰めています。
 (先週と)殆ど一緒ですが、可愛がると良くないので、時計はあまり気にしていませんが、体だけ仕上がったら前走ぐらい走れるでしょう。
 他厩舎の馬がちょうど真ん中にいましたので、内外離れた場面もありましたが、最後はまた併せられましたからね。そこそこ良い併せ馬ができたと思います。
 先週もやれていますので、おそらく大丈夫だと思います」

(今回のレースに向けて)
「富士Sが駄目でしたが、あの時は大外枠を引いて、全然(ペースが)流れませんでした。内を回った馬が勝ち負けしていますので、用事がありませんでした。そんなに負けてはいないのですが、外を回る不利と、輸送しても馬体が減りませんでしたので、あの時とはまた違うと思います。私は気にしていないです。枠順もどこを引いても良いと思います。
 相手は強いです。金杯よりは逆に強いと思います。そんなに力の差はないと思いますので、勝っても不思議はないでしょう。
 馬体がしっかりありますので、最後良い脚を使ってくれれば、あの馬の差し脚が板に付いたところなので、良いレースになると思います。
 また強い馬とどこまでやれるか楽しみにしていますので、応援して下さい」

(取材:米田元気)

【東京新聞杯】栗東レポート~エアスピネル [News] [News]
2017/02/01(水) 15:33

2月5日(日)に東京競馬場で行われる第67回東京新聞杯(GIII)に登録をしているエアスピネル(牡4、栗東・笹田和秀厩舎)について、追い切り後の笹田和秀調教師のコメントは以下の通り。

(前走の京都金杯1着を振り返って)
「最後は際どかったですが、何とか凌いでくれて、良い勝ち方をしてくれたと思います」

(前走後の調整について)
「全然レースの反動もなく、この馬は本当に元気なので、元気いっぱいに調教をしています。
 レース後はすぐにここを目標にしたので、それに合わせた調教ローテーションを組んで、予定通りに来ていると思います」

(坂路での最終追い切りを振り返って)
「先週は強い調教をしているので、この馬のパターンとして今週はもう最後の1ハロン重点の調教で良いという指示をしました。
 乗っている助手は"最後の動きはすごく良い"とコメントをしてくれました。見た目も気持ち良さそうに走っていましたから、最終調整も上手くいったと思います。
 上がりの状態を見ても、本当にケロッとしていつものように順調だいという可愛い仕草をしていましたから、普段と変わりないと思います。
 本当にこの馬はお子ちゃまみたいで可愛いですよ」

(今回のレースに向けて)
「距離は本当は、菊花賞を克服しているぐらい、長い距離でも走れる能力は持っていると思いますが、適性的には2000m以下の方がもっと実力を発揮できるのではないかと思います。
 結果を出しているように、心肺機能の高さとか能力の高さで今までずっと戦ってきていると思うので、これからもっと成長すればもっと強くなってくる余地を残していると思います。
 体重はそれほど変わらないのですが、筋肉が徐々に絞まってきて、頭も幼稚なところが徐々に大人っぽくなりつつある感じはします。
 今年の春の目標を安田記念に置いていますので、その安田記念にチャンスが生まれるようなレースをしてくれれば良いのではないでしょうか。
 頑張りますので、皆さん応援してやって下さい」

(取材:米田元気)

【きさらぎ賞】栗東レポート~プラチナヴォイス [News] [News]
2017/02/01(水) 15:29

2月5日(日)に京都競馬場で行われる第57回きさらぎ賞(GIII)に登録をしているプラチナヴォイス(牡3、栗東・鮫島一歩厩舎)について、追い切り後の鮫島一歩調教師のコメントは以下の通り。

(前走の京都2歳Sを振り返って)
「今思えば、少し入れ込みがきつかったのが影響したのかなという気がします」

(前走後の調整について)
「そのレースが少し入れ込んでいたので、リフレッシュして、気持ちを落ち着かせるということを重点にしました。非常にリラックスした状態で帰って来られました。上手くいったのかなと思います」

(調教過程を振り返って)
「1週前はCコースでやりました。非常に良い状態でした。
 (今日は)終い重点でした。1週前、2週前と非常に良い調教ができたので、今週はあまりテンションが上がらないように調教をやりました。
 終いは楽に12秒台ですっと上がってきたので、本当に良い感じに仕上がったのかなと思います。
 落ち着きがあるので、それが1番かなと思います。この前のレースが少し入れ込んでいたので、それを考慮してやってきました。そういう面では非常に上手く調整できたと思います。
 北海道でデビューしましたが、その頃に比べたら、こちらに戻ってきて、ビックリするようなレコードを出してくれて、身体的な能力の高さを感じました。それを殺さないように上手く調整ができたのかなと思っています」

(今回のレースに向けて)
「レコードを出している京都の1800mなので、やはりレースがしやすいと思います。乗っているジョッキーもよく分かっているので、任せて頑張ります。
 やはり結構能力のある、素質のある馬が揃ったという気がします。
 長く良い脚を使うというのと、フットワークは大きいのですがパワーがあるので、追い出した時のストライドとピッチを両方兼ね備えたような走り、その辺がパワーを生んでいるのだと思います。
 ここで何とか賞金を加算したい、クラシック路線に乗せたいと思っていますので、応援よろしくお願いいたします」

(取材:米田元気)

【きさらぎ賞】栗東レポート~アメリカズカップ [News] [News]
2017/02/01(水) 15:27

2月5日(日)に京都競馬場で行われる第57回きさらぎ賞(GIII)に登録をしているアメリカズカップ(牡3、栗東・音無秀孝厩舎)について、追い切り後の音無秀孝調教師のコメントは以下の通り。

(前走の朝日杯FSを振り返って)
「前走は完璧に出遅れて、そのまま後ろから行けば良かったのですが、早目に前に取り付いてしまいました。そこで脚を使っていますので、直線で垂れました。外枠を引いたので、そこそこ出遅れてでも行けたと思うのです。しかし、前半で脚を使うとあのようなことになるということですよね。
 アメリカズカップの敗因ははっきりしています。間隔が開いたということもありますし、その分ゲートの出が悪かったというのもあるでしょう」

(前走後の調整について)
「今回はゲートの練習をしています。枠順がどうなるか分かりませんし、自分の力を出せればそこそこにはやれる馬だと思います」

(最終追い切りを振り返って)
「追い切りは良かったです。先週も今週も良い動きです。
 (僚馬ダンビュライトと)追い切りでは同じような力です。競馬に行けばまた変わりますが、アメリカズカップも2勝を挙げていますし、どこかでまたチャンスはあると思います」

(今回のレースに向けて)
「野路菊Sも1800mでしたので、アメリカズカップは1600mより1800mの方が良いかなと思っています。
 動きを見ているとダンビュライトと甲乙付けがたいぐらい良い状態にあると思います。
 どちらが走れるか私としては複雑ですが、アメリカズカップはまだ賞金が足りませんので、何とか皐月賞に向けて賞金加算をしたいので、2着までに来てほしいです。応援して下さい」

(取材:米田元気)

【きさらぎ賞】栗東レポート~ダンビュライト [News] [News]
2017/02/01(水) 15:25

2月5日(日)に京都競馬場で行われる第57回きさらぎ賞(GIII)に登録をしているダンビュライト(牡3、栗東・音無秀孝厩舎)について、追い切り後の音無秀孝調教師のコメントは以下の通り。

(前走の朝日杯FSを振り返って)
「大敗には納得いかないのです。素質は評価していますし、新馬の時の内容、そしてサウジアラビアロイヤルカップの時も内に少し刺さりましたが、良い走りをしてくれました。それだけに期待していたのですが、何であんなに大敗したのかなと...。それなりに反省してみますと、たぶん追い切りが緩かったというのが私の考えです。3本やったうちの1本が遅かったのです。2本目、3本目、本番ですが、そこもルメール騎手が乗って少し緩かったと。ですから原因はそこら辺にあるのではないかと私は思っています」

(調教過程を振り返って)
「ですから今回は追い切り3本ともしっかりとやりまして、この辺で変わってくれないかと思っています。
 前回1本目は馬なりで時計を遅くしすぎたというところです。今回はそういうことをしないで最初からやっていますし、3本とも時計は出しています。緩さはたぶんないと思います。
 動きだけを見ても分かりづらいのですよね。まだ伸びしろのある明け3歳で、ここからさらに秋までに成長すると思いますので、今どうこうはあまり考えていません。前走の負け方は気にした方が良いですから、その原因は探りました。可愛がっては駄目だと。
 3本とも同じパートナーでアメリカズカップとやっています。いつもどちらが先に来てもおかしくないパートナーですが、今日は2頭とも同じような脚色でした。ほぼ追い切りは互角ですよね。
 しっかりやっていますので、良かったと思います」

(今回のレースに向けて)
「1800mに延びるのは逆に良い方に出ないかと思ったりもします。
 1600mはやはり忙しいかなという印象です。ですから1800mに変わった方がダンビュライトには良いような気がします。
 阪神も京都も中京も同じかなと思いますが、阪神は走りませんでしたからね。左回りは2回とも走っているので、右回り云々と言われる可能性はあります。
 3戦しかしていませんから無理もないのですが、右回りで走ってくれないと皐月賞がありますからね...。
 前回のようなことはないと思っていますので、応援して下さい。お願いします」

(取材:米田元気)

【きさらぎ賞】栗東レポート~サトノアーサー [News] [News]
2017/02/01(水) 15:22

2月5日(日)に京都競馬場で行われる第57回きさらぎ賞(GIII)に登録をしているサトノアーサー(牡3、栗東・池江泰寿厩舎)について、追い切り後の田重田裕生調教助手のコメントは以下の通り。

(2戦2勝を振り返って)
「(新馬戦は)やや重発表ということもあって、調教通りの走りはできませんでしたが、何とか勝ってくれたことにホッとしています。
 (シクラメン賞は)上がりが32秒7で、驚くぐらいの脚を使ってくれて、こちらが思っている以上にびっくりした部分はありました」

(前走後の調整について)
「1回放牧に出して、帰ってきた時は体が成長していました。肩とトモ、お尻の筋肉が付いて、ひと周り大きくなったかなという感じはありました。
 短期間でもだいぶ成長力が結構著しいのかなと感じました。
 帰ってきてからも順調に追い切りをこなしているので、良い状態で出せると思います。
 今は普段と変わらずケロッとしているので、あの馬にとってはサラッとしか追い切っていないので、普段と変わらない状況で来ていると思います」

(今回のレースに向けて)
「特にコースも距離もそれほど問題にはならないと思っています。自分の競馬ができればと思っています。
 精神面ではまあ少し大人になったかなとは感じますが、そこまでは変わっていない感じはあります。まだまだ子供です。
 体はこれから良くなる余地を残していますし、競馬もまだ覚えていないところもあります。一生懸命すぎるところがあるので、力を抜くところは抜いて、入れるところはしっかり入れて走れるようになれば、もっと競馬が上手になって馬の走りも変わってくると思います。もっとサトノアーサーの良いところが出せるのではないかと思っています。
 私からしても、毎回競馬を使うたびにどれだけ成長してくれるかというのは楽しみにしています。
 (この馬の良さは)最後の切れ味ですかね。瞬発力というか、スピードは持っているものがやはりすごいと思います。
 もっとしっかりしてくれば、もっとすごい脚を使えるのではないでしょうか。
 まだ少頭数で楽な競馬しかしていませんが、重賞でもやれる力はあると思います。皆さん応援してくれたらと思っています。よろしくお願いします」

(取材:米田元気)

全11件中 1件〜10件目を表示 [ 1 2 次の10件 ]