【マイルCS】栗東レポート~ダイアトニック(スミヨン騎手) [News]
2019/11/13(水) 14:35
11月17日(日)に京都競馬場で行われる第36回マイルチャンピオンシップ(GI)に登録しているダイアトニック(牡4、栗東・安田隆行厩舎)について、鞍上のC.スミヨン騎手のコメントは以下の通り。

(先週乗った京都の馬場の印象は?)
「JRAの競馬はたくさんの方が馬場に出て、いろいろと整備されています。ヨーロッパではないことなのです。そういう甲斐もあってコンディションとしてはそんなに悪くなかったと思います」

(前走のスワンS1着を振り返って)
「結果的にはたやすく勝ったように見えるかもしれませんが、非常に難しかったです。枠も悪かったですし、乗っている中でどうするというのはレースが始まってからでないと分からないですし、非常に難しかったです。ただ、非常によく伸びてくれたというのが印象です。
 前回の時は調教に乗ったのですが、その時にすでに良い馬だなという感じもしました。調教で乗った感触も良かったです。当然レースでも同じような感触で行ってくれましたし、最後の切れが非常に良かったので、今日は乗らなかったですが、安田調教師が良い仕上げをして下さっているだろうと信じています」

(今回のレースに向けて)
「まだ枠が出ていないので分からないですが、京都で後方から差すというのはなかなか展開に恵まれるか、良い位置でないと難しいです。ですのでその辺が心配と言えば心配です。あとは枠次第です。
 変わったコースであるように思いますし、過去の結果を見ても、人気馬が必ず勝つ競馬場ではないと思います。なので、やはり位置取りが非常に大事です。
 (希望の枠は)8番までの内です。
 2頭、強力な馬が他に控えていますし、なかなか簡単にはいかないと思います。実際、競馬では何が起こるか分からないと思っています。自分が天皇賞でサートゥルナーリアにかなりの自信を持って乗ったのですが、ああいう結果になったのと同じようなことが頭の中をよぎります。何が起こるか分からないですが、自分としてはベストを尽くして乗りたいです」

(取材:米田元気)