【マイルCS】栗東レポート~ダノンプレミアム(川田騎手) [News]
2019/11/13(水) 14:33
11月17日(日)に京都競馬場で行われる第36回マイルチャンピオンシップ(GI)に登録しているダノンプレミアム(牡4、栗東・中内田充正厩舎)について、鞍上の川田将雅騎手のコメントは以下の通り。

(前走の天皇賞・秋2着を振り返って)
「スムーズに競馬ができましたし、しっかりとした内容で走り切ることができました。やはりアーモンドアイは強かったなというのが一番です。
 良い雰囲気で競馬を迎えることができたのではないかと思っています」

(馬の第一印象について)
「調教に乗った時から良い馬ではありましたし、その後の成績が物語るように良い走りをしていました。ただ、一番大きなタイトルにはなかなか届いていないので、そこだけです」

(馬が成長した点は?)
「元から素晴らしい馬だったので、特別な成長があったというよりは、幼い馬が大人になったというところです。
 力を付けながらというか、筋肉を付けながら成長してきたなという感じです」

(距離適性は?)
「(1600m、1800m、2000m)その辺であれば何も問題なく走れます。
 競馬の中で対応してくれています」

(今回のレースに向けて)
「3コーナーからの下りが大きなポイントになるとは思います。ただ、この馬に関しては特段何も問題がないなと思っています。
 (相手関係は)枠順にもよります。
 初めて間隔を詰めて使う形にはなりますが、天皇賞からここに順調に来ています。無事に当日を迎えて、無事に自分の競馬ができればという思いです。
 (最終追い切りは)良い感じだったとは聞いています。
 (課題は)特にないです。
 プレミアムの競馬をするだけだと思っています」

(取材:米田元気)