【マイルCS】栗東レポート~ダノンプレミアム(中内田調教師) [News]
2019/11/13(水) 14:31
11月17日(日)に京都競馬場で行われる第36回マイルチャンピオンシップ(GI)に登録しているダノンプレミアム(牡4、栗東・中内田充正厩舎)について、追い切り後の中内田充正調教師のコメントは以下の通り。

(前走の天皇賞・秋2着を振り返って)
「ダノンプレミアム自身はしっかり走ってくれて、勝った馬は別として、自分の競馬はできたかなと思っています。
 着順以外は想定内かなと思っています」

(前走後の調整について)
「競馬を走ってきた感じはありましたが、特に目立った疲れもなく、ここまで順調に回復して、上げていっています」

(最終追い切りを振り返って)
「先週の時点でしっかりとやれていました。今週は調整程度でいいかなと思って坂路でサッと流すような感じで行いました。
 このクラスの馬なので、あれぐらいの時計は出ますね。
 見た感じでも馬が走っていっていましたし、フレッシュ感がありながら、良いリズムで走っていました。
 馬の状態自体が天皇賞前は休み明けでしたし、今回は中2週というところで比較できるところではないですが、天皇賞前も今回も順調と言っても良いかなと思っています。
 (中2週は)まだ経験したことがないので、今回が初めてですし、これで結果が出ればとは思っています」

(今回のレースに向けて)
「状態が良いので、馬の力は出せるかなと思っています。
 1600mも上手に走ってくれますし、かといって2000mが長いという訳でもないので、両方とも馬が上手に走ってくれています。適性というよりこなしてくれるというところです。
 コース形態自体を気にするところはないと思います。マイルでも十分にダノンプレミアムのスピード的に対応できると思っています。
 当日まで無事に持っていくことと、力を発揮できるような状態に持っていければと思っています。
 (枠は)希望が通るところではないので何とも言えません。出てから作戦を考えます。
 2戦ぶりの1600mになりますが、ダノンプレミアム自身は十分に力を発揮できる状態ではあります。馬が主役となれるレース展開になってくれればと思っています。ぜひダノンプレミアムを応援してもらえればと思っています。よろしくお願いします」

(取材:米田元気)