【チャンピオンズC】栗東レポート~ゴールドドリーム [News]
2019/11/27(水) 15:18
12月1日(日)に中京競馬場で行われる第20回チャンピオンズカップ(GI)に登録しているゴールドドリーム(牡6、栗東・平田修厩舎)について、追い切り後の平田修調教師のコメントは以下の通り。

(前走の南部杯3着を振り返って)
「休み明けというか、帝王賞を使うつもりで調教していたのですが、結構酷い跛行ということもあって辞めました。その時に結構休ませたので、立ち上げも用心しながらやっていた部分、少し攻めきれない部分があったのと、あの競馬に関してはサンライズノヴァが本当にドンピシャの競馬をしたので、敵わなかったという形です」

(前走後の調整について)
「いつも競馬が終わった後はノーザンファームしがらきへ出して、1ヶ月ぐらい前に入厩するという形を取っています。今回もそういう形でやりました」

(調教過程を振り返って)
「先週はCウッドチップコースで併せ馬でルメール騎手に乗ってもらいました。1週前なのでそこそこやっておきたかったので、相手も走る馬を選ばせてもらいました。申し分のない動きでした。
 先週で結構時計を出していて、負荷もかかっていますので、そんなに時計はいりませんでした。藤懸騎手が乗りましたが、藤懸騎手にはビッシリやらなくてもいいけどそこそこ時計は出していこうかという指示で、その通りの追い切りができたと思っています。
 若い頃は、走る時と走らない時があったのですが、それはゲートの出に課題があって、ちゃんと出た時は好走するけど出負けして全然駄目だったこともありました。そういうことがだんだんと練習や競馬が重なっていくことで成長していきました。精神的な成長が大きいのかなという気がします。それとルメール騎手が乗ってから随分と安定してきたという気がします」

(今回のレースに向けて)
「あの馬は府中でよく強い競馬をしていましたが、そういう面でも左回りは全く問題ないです。距離もあまり長くなると少し不安な部分はありますが、1800mは守備範囲だと思っています。(この距離は)3勝ぐらいしていますから、ちょうど良い競馬場かなと思います。
 最近は競馬の前にいろいろあって、出走できなかったりすることもありましたが、今回はここまで順調に来てくれました。本当に良い状態で仕上がってくれたので、久々にゴールドドリームの持っている力を全開で出せる状態になったかなと思います。自信を持って送り出せそうなので、メンバーはもちろん強いですが、ゴールドドリームが今の状態でどれだけやれるか楽しみにしています」

(取材:米田元気)