【クラスターC】(盛岡)~ヤマニンアンプリメが重賞連勝 [News]
2019/08/12(月) 17:03
 曇、良馬場の盛岡競馬場で行われた第24回クラスターカップ(JpnIII・ダート1200m)は、序盤は中団で運んだ2番人気のヤマニンアンプリメ(岩田康誠騎手騎乗)が直線で鋭く伸び、粘る3番人気ヒロシゲゴールドをゴール前で差し切って勝った。勝ちタイムは1分9秒1。

 逃げた3番人気のヒロシゲゴールドが1馬身差で2着、藤田菜七子騎手騎乗で1番人気に推されたコパノキッキングは2番手で運んだが、直線で遅れをとり2着から2馬身差の3着だった。

 勝ったヤマニンアンプリメは父シニスターミニスター、母ヤマニンエリプス(その父サンデーサイレンス)という血統の5歳牝馬で、JRA栗東・長谷川浩大調教師の管理馬。通算成績は27戦8勝(うち地方5戦2勝)、重賞は前走の北海道スプリントカップに続き2勝目。