【エプソムC】美浦レポート~ミッキースワロー [News]
2019/06/05(水) 14:14
6月9日(日)に東京競馬場で行われるエプソムカップ(GIII)に出走予定のミッキースワロー(牡5歳、美浦・菊沢隆徳厩舎)について、菊沢隆徳調教師のコメントは以下の通り。

(前走新潟大賞典を振り返って)
「調子が良くて、トップハンデの57.5キロでしたが力のあるところをみせてくれたのではないかと思います。1枠でしたがジョッキーもうまくエスコートして、最後は脚を使ってくれて、結果2着でも満足いく競馬ができたと思います」

(それからの中間の様子)
「1〜2週間ほど短期で放牧に出してケアをして、それからエプソムカップに向けて調整してきました。一度使ったことで馬体にハリが出てきました。また時期的にこうした暑いところも大丈夫ですので、体調も良く、すこぶる順調です。1週前追い切りでは、1頭で気分よく少し早めの調教を行いました。動きもよく、今までより前進気勢でフォームも変わってきたのかなと思います」

(そして、今朝の最終追い切りは菊沢調教師ご自身が乗って行われましたね)
「調教は調教、というようにこの馬自身が冷めた部分もあったので、前に馬を置いてゴール前だけしっかり走らせるように乗りました。やる気もみせて、馬も弾んで走るような感じでした。前走と比べても確実に上がってると思います」

(東京芝1800メートルという舞台は?)
「ある程度タフなコースではありますが、力の発揮しやすいコースだとも思っているので、問題ないと思います。距離1800メートルは特に気にしていません」

(最後に、意気込みを)
「前走惜しいところまできていたので、なんとか久しぶりに重賞でタイトルを取らせたいと思っています。応援よろしくお願い致します」

(取材:小屋敷彰吾)