【エプソムC】栗東レポート ヤマニンサンパ [News]
2022/06/08(水) 08:52
6月12日(日)に東京競馬場で行われるエプソムC(GIII)に出走予定のヤマニンサンパ(牡4、栗東・斉藤崇史厩舎)について、追い切り前に収録したインタビューの斉藤崇史調教師のコメントは以下の通り。

「(前々走の)1勝クラスの勝ち方がとても良く、(前走は)1600メートルでは少し短い気がして、1800メートルを使いたかったのですが、良い番組がなく、格上挑戦でしたがハンデ戦だったので使わせてもらいました。格上挑戦とは思えない競馬をしてくれましたし、良い内容で勝てたと思います。

レース後に放牧を挟み、どこと決めることはなく、馬の体調が整うのを待って、(次走に)ここを選びました。どういう経緯、というよりもリフレッシュしてここになった、という感じです。栗東へ戻してから順調に乗り込めていますし、最初の追い切りは少しゆるさがありましたが、それも徐々に抜けてきて、しっかり動けるようになってきました。良い形で競馬に向かえると思います。

(長距離輸送は)あまり経験がないので、それがどうか、というのはあるかもしれないですが、普段からそれほどうるさくなる馬ではないですし、そこは心配しないでいこう、と思っています。

実績を残している馬はいますし、このメンバーでどれだけ通用するか見てみたい気持ちはあります。馬は充実してきている段階なので、まだこれから良くなるでしょうけど、良いチャレンジになるんじゃないかと思います。(頭数が多くならないのも)良いんじゃないかと思います。

重賞初挑戦をこのメンバーでやらせてもらえるということで、楽しみもたくさんあります。応援よろしくお願いします」

(取材:山本直)