【京成杯AH】栗東レポート~ボンセルヴィーソ [News]
2017/09/06(水) 13:36
9月10日(日)に中山競馬場で行われる第62回京成杯オータムハンデキャップ(GIII)に登録しているボンセルヴィーソ(牡3、栗東・池添学厩舎)について、追い切り後の池添学調教師のコメントは以下の通り。

(前走のNHKマイルC3着を振り返って)
「GIでメンバーが一気に強くなって、その中でもしっかりと自分の競馬ができました。その上、3着まで来てくれたので、満足のいく結果でした」

(前走後の調整について)
「春は3戦と決めていました。夏はどの辺からスタートしようかなと考えていましたが、暑かったので、夏はしっかりと休養させました。馬の調子が落ちた感じはなかったので、少し早めに厩舎に帰しました。それでここを目標に仕上げてきました。
 欲を言えば、もう少しトモがひと回り大きくなって帰ってくるかなと思っていました。馬体面は2歳時から結構良かったので、特に大きく成長したという感じはありませんが、良い意味で変わりありません」

(最終追い切りを振り返って)
「先々週、先週と、馬を前に行かせたり、後ろから追いかけたりして、状態は確認できていました。今日はジョッキーに全て任せる感じで、終いを伸ばしてほしいなど細かい指示は一切せずに、気分良く上ってきてほしいと、それだけでした。
 ジョッキーの感触も良かったです。時計は平凡でしたが、ジョッキーの中では予定通りの調整だったということでした。
 良い意味でうるさくもなってきています。以前は精神的に子供っぽい所があって、たまに人を振り落として逃げたりもしていましたが、最近は全然そういうところがなく、扱いやすくはなっています。先週から少しずつうるさくなってきたかなという感じはあります」

(今回のレースに向けて)
「斤量差はありますし、持ち時計もそこまで遅くもありません。マイルカップの時は結構良い時計で走っています。初めての(古馬との)対戦になりますが、特に心配はしていません。この馬の競馬をするだけだと思っています。
 いろいろな競馬場で使ってきて、使う前は展開などいろいろ不安視されたりしてきましたが、その中でしっかりと善戦してきています。特にコースを気にはしていません。
 まだ1勝馬なので、賞金面でも少ないです。これから大きいレースを使っていく上では賞金を加算していかないといけませんので、とりあえずそこを目標にして、今後に繋がるような競馬をしてもらえれば良いと思います。
 こちらが思った以上に走ってくれているので、今回も心の中ではかなり期待しています。私自身は平常心ですし、馬もそこまでは気負っていないと思います。
 今回は休み明け初戦となりますが、今後に向けて楽しみが持てるようなレースをしてほしいと思います。皆さん応援よろしくお願いします」

(取材:米田元気)