【朝日杯FS】美浦レポート~タワーオブロンドン [News]
2017/12/13(水) 15:12
 17日(日)に阪神競馬場で行われる朝日杯フューチュリティステークス(GI)に出走予定のタワーオブロンドン(牡2、美浦・藤沢和雄厩舎)について、追い切り後の藤沢和雄調教師のコメントは以下の通り。

―前走を振り返って
「東京競馬場で流れは遅かったですけれども、上手に折り合って、終いは速かったですけれども良く来てくれたと思います。(1400m戦だった2戦ともに)前半は行かないで、我慢して終いの競馬でしたが良かったと思います」

―中間の調整は
「1度、牧場に帰って、1週間ほど調整して、帰ってきてからは今週に向けてペースアップしてきたのですが、良かったと思います」

―美浦での調整のテーマは
「大きな馬なので、ほとんど坂路コースと、先週はウッドチップで遅い時計でしたが追い切りをしました」

―今日の追い切りは
「速い馬がいるので、ゴール前だけ併せるように、気がいいので上手に走ってくれたと思います。先週はウッドチップがそれほど速くなかったでしたが、悪くはなかったですけれども、今週は(追った距離が)短かった分、時計が速くなりましたが、息遣いは良かったと思います」

―仕上がり具合は
「順調に来ていたので、いい状態で競馬にいけると思います」

―デビューから4戦、馬体面・精神面で変わったところは
「初戦は行きたがっていましたが、ここ2戦は折り合っていましたので、初めての1600mでも上手に走ってもらいたいと思っています」

―血統面からも距離はこなせそうですか
「そうですね、問題ないと思っています」

―阪神芝1600mというコースについては
「(最近は)1400mを走らせてもらってますし、大丈夫だと思っています」

―この馬の強みは
「スピードがあるというのが一番で、デビュー戦もそうやって(逃げ切って)勝たせてもらいましたが、その後は上手に折り合って、ゴールを良く分かっているので、伸びてくるので、このまま育ってもらいたいと思っています」

―意気込みを
「いつも応援してもらっているんですけれども、前走は勝たせてもらったし、今回も上手に走ってもらえるよう調整してたので、頑張ってくれたらいいと思っています。応援よろしくお願いします」

(取材:山本直)