【香港カップ】(9日シャティン)~レース後の関係者コメント [News]
2018/12/10(月) 12:31
9日に香港・シャティン競馬場で行われた香港カップ(G1)の関係者のコメントは以下のとおり。

2着 ディアドラ(橋田満調教師)
「仕上がり、体調はドバイの時より良かったです。ゲートも良く出て道中の位置取りも良かったが、少頭数でペースが落ち着き、最後に差し切れなかったです。この馬の持ち味は発揮してくれました」

(C.ルメール騎手)
「サングレーザーの後ろを追走しました。その後スピードを上げてゴールまで走り、全力を出しました」

4着 サングレーザー(浅見秀一調教師)
「良く走ってくれたけど残念でした。ジョッキーも上手く乗ってくれましたし、馬の状態も良かったです」

(J.モレイラ騎手)
「良い競馬をしたけれど、香港の馬が強かったです。サングレーザーは良く走ってくれました」

9着 ステファノス(藤原英昭調教師)
「馬は良い状態でした。内枠なのでもう少し前に行きたかったが出負けしてしまいました。騎手は良く乗ってくれました」

(W.ビュイック騎手)
「良く走ってくれました。スタートが遅くなったので、内にポジションをとりました。ラスト100mからはワンペースになってしまいました」

(JRA発表)