9月24日(木)「オーバルスプリント(浦和、JpnIII)はレーザーバレット(JRA)が初重賞制覇」ほか [全国競馬情報]
2015/09/24(木) 19:30
●● オーバルスプリント(浦和、JpnIII)はレーザーバレット(JRA)が初重賞制覇 ●●

23日(祝水)、浦和競馬場(晴、良)で第26回テレ玉杯オーバルスプリント(JpnIII)が行われ、レーザーバレット(JRA)が初重賞制覇を飾った。

レースは5番人気のルベーゼドランジェ(JRA)が内枠が先手を主張し、3番人気のサウンドガガ(JRA)、4番人気のリアライズリンクス(浦和)が追走し、好位の後ろに圧倒的1番人気の支持を受けていたタガノトネール(JRA)、レーザーバレットは中団につけていた。3コーナーを過ぎてタガノトネールが先行集団に加わった。直線では振り切りにかかったルベーゼドランジェに、大外からレーザーバレットが接近。ゴール前で鮮やかに抜け出したレーザーバレットが勝利を収めた。

ルベーゼドランジェは1馬身1/2差の2着、3コーナーから動いていったタガノトネールは3/4馬身差の3着で、クビ差の4着にサウンドガガが入り、JRA勢が上位を独占した。地方馬はトーセンジャガーの5着が最高だった。

勝ったレーザーバレットは父ブライアンズタイム、母コンプリカーター(母父Mr.Prospector)の牡7歳、鹿毛。美浦・萩原清厩舎所属。2011年のドバイ遠征を含む6度目の重賞挑戦で初制覇を飾った。通算22戦8勝(中央19戦7勝)。戸崎圭太騎手とはこれが初コンビだった。

【関係者のコメント】
1着 レーザーバレット(戸崎圭太騎手)「調教師から調子は良いと聞いていて、自信を持っていきました。ある程度、先行馬が揃っていたので、その後ろにつけられたらと思っていました。スタートで躓きましたが、その後はいいフットワークでした。最後の脚はいいものを持っていると思っていましたし、その通りに伸びてくれました。跨った時からいい馬だと思いましたし、これからも期待できると思います。今日は朝早くから(豪雨による災害への)募金活動にもご協力いただき、ありがとうございました。レーザーバレットもこれからまた頑張ってくれると思います。応援よろしくお願いします」

2着 ルベーゼドランジェ(岩田康誠騎手)「前走に比べて、今日は元気がありました。レースはスタートから出していって、自分のリズムで競馬ができました」

4着 サウンドガガ(武豊騎手)「普段は掛かっているくらいの馬ですが、追っつけていくような感じでいつもの行きっぷりではなかったです。物見をしていましたし、初コースの影響かもしれません」

5着 トーセンジャガー(的場文男騎手)「今日は『好きに走ってくれ』という気持ちで乗ったらうまく走ってくれました。気分屋なのかもしれません。地方馬最先着ですか、これだけの相手にもよく走ってくれています」

(取材:山本直)

●● 重賞レースの結果 ●●
<19日(土)>
 盛岡競馬場(曇、ダート:不良)で第3回イーハトーブマイル(3歳、ダート1600m、12頭立て)が行われた。
 1番人気だったシークロムが先手を奪うと、そのまま逃げ切って優勝。タイムは1分37秒8、村上忍騎手の騎乗だった。
 2馬身差の2着は4番人気のヴァイキング、6馬身差の3着に8番人気のツリーハウスが入って、2番人気のピースワンポイントは10着、3番人気のマイネルサフィルスは12着だった。
 シークロムは父ローレルゲレイロ、母ネローリ(母父ラムタラ)の牡3歳、青鹿毛。4月のスプリングカップ(水沢)以来の重賞2勝目。通算10戦3勝(中央3戦0勝)。

 佐賀競馬場(晴、良)で第3回雷山賞(1400m、8頭立て)が行われた。
 2番手から早めに先頭に立った3番人気のケージーヨシツネがそのまま押し切った。タイムは1分29秒9、コンビは田中直人騎手。逃げた1番人気のエスワンプリンスが3馬身差の2着、1/2馬身差の3着に2番人気のダンツキャッチが入った。
 ケージーヨシツネは父サクラバクシンオー、母ケージーローズ(母の父リンドシェーバー)の牡7歳、鹿毛。JRAから佐賀へ移籍した直後に記録した重賞3連勝以来の重賞制覇。通算39戦8勝(中央33戦4勝)。

<20日(日)>
 帯広競馬場(晴、馬場水分2.4%)で第23回銀河賞(4歳、200m、10頭立て)が行われた。
 第2障害を5番手で通過した1番人気のカイシンゲキが抜け出して快勝。タイムは1分50秒7、浅田達矢騎手の騎乗だった。2着には2番人気のカンシャノココロ、3着には8番人気のセンゴクイチが入り、3番人気のゴールデンフジは7着だった。
 カイシンゲキは父サンデーブライアン、母エコクゼンシン(母父ダイヤテンリュウ)の牡4歳、鹿毛。通算60戦16勝で、重賞は2014年のばんえい大賞典(帯広)に続いて2勝目。

 盛岡競馬場(曇、芝:稍重)でJRA認定の地方交流・第17回ジュニアグランプリ(2歳、芝1600m、11頭立て)が行われた。
 10番人気のソロフライト(岩手)が最内から鋭く伸びて接戦を制した。タイムは1分40秒2、高松亮騎手の騎乗だった。2着は1番人気のキーパンチャー(北海道)、1/2馬身差の3着には2番人気のメジャーリーガー(岩手)、3番人気のプレイザゲームは4着だった。
 ソロフライトは父ミスキャスト、母アリーテ(母父サンデーガルチ)の牝2歳、黒鹿毛。デビューからこれで無傷の2連勝、重賞初制覇。

 佐賀競馬場(晴、良)で第12回ロータスクラウン賞(3歳、1800m、12頭立て)が行われた。
 2番手から3コーナーを過ぎて先頭に立った1番人気のマイネルジャストが快勝。タイムは1分59秒0、騎乗は真島正徳騎手だった。2着には2番人気のビレッジカリビアン、3着には3番人気のオトコノヒマツリが入って人気順通りの決着。
 マイネルジャストは父Tapit、母ブリーボーンズ(母の父Hesabull)の牡3歳、栗毛。通算13戦6勝(中央5戦0勝)、これで重賞初制覇。

<21日(月)>
 高知競馬場(曇、稍重)でJBCクラシック指定競走の第27回珊瑚冠賞(1900m、12頭立て)が行われた。
 逃げた1番人気のマウンテンダイヤが一旦はリードを広げると、最後は差を詰めてきた6番人気のスタートレイルをアタマ差退けて勝利。タイムは2分06秒4、中西達也騎手の騎乗だった。3着には7番人気のルタドールが入って、2番人気のリワードレブロンは4着、3番人気のブラックバカラは6着だった。
 マウンテンダイヤは父バランスオブゲーム、母マイティパレス(母父パレスミュージック)の牡7歳・鹿毛。地元ではこれで7戦連続連対。通算47戦30勝(中央2戦0勝)、重賞3勝目。

<22日(火)>
 門別競馬場(晴、良)で第15回フローラルカップ(2歳牝馬、1600m、12頭立て)が行われた。
 1番人気に推されたタイニーダンサーが3コーナーで先頭に立つと後続を突き放しての圧勝。タイムは1分43秒7、2着には大差(2秒5)をつけた。騎乗は桑村真明騎手。2着は4番人気のサダムフジコ、クビ差の3着に3番人気のモリデンサンバ、2番人気のサムバディトゥラブは最下位12着に敗れた。
 タイニーダンサーは父サウスヴィグラス、母キハク(母父アサティス)の牝2歳、鹿毛。6月の栄冠賞(門別)に続いて重賞2勝目。通算6戦3勝(中央1戦0勝)。

<23日(水)>
 名古屋競馬場(晴、良)で全国地方交流・第26回秋の鞍(3歳、1600m、12頭立て)が行われた。
 4コーナーを前にして先頭に立った1番人気のバズーカ(兵庫)がそのままリードを広げると2着に2秒1差をつける大差勝ち。タイムは1分42秒8、騎乗は高知の赤岡修次。2着に2番人気のウイズキッド(浦和)、3着には4番人気のコスモアルバトロスが入って、3番人気のアロマベール(大井)は最下位12着に敗れた。
 バズーカは父スニッツェル、母ギュイエンヌ(母父タニノギムレット)の牡3歳、鹿毛。6月の東海ダービー(名古屋)、7月のMRO金賞(金沢)以来の重賞3勝目。通算14戦6勝(中央2戦0勝)。

●● 五十嵐冬樹騎手、通算1900勝達成 ●●
 23日(水)、門別競馬4レースで五十嵐冬樹騎手(北海道・桑原義光厩舎)がゴールドザタッチに騎乗して勝ち、12092戦目で中央・地方通算1900勝を達成した。ホッカイドウ競馬では現役最多勝の記録となる。五十嵐冬樹騎手のコメントは以下のとおり。
「これまで勝ち星を上げられたのも皆様のおかげですし、先生の教えがあってこその成績だと感じています。近年、思うような成績が残せなかったですが、今年は良い馬に乗せていただいていますし、自分なりの良い競馬が出来ています。このまま継続して、良い成績が残せられるよう頑張りますので、応援よろしくお願いします」
(ホッカイドウ競馬のホームページによる)

●● JRA交流戦の結果 ●●
<24日(木)>
・浦和競馬場(雨、良)
 10レースのマルチウイン特別(南関東B2B3選抜馬・JRA3歳以上500万下、1400m、12頭立て)は浦和のファルコンクロウ(達城龍次騎手)が1分28秒3で勝利。通算58戦9勝(中央1戦0勝)。

●● 各地の2歳戦の結果 ●●
<18日(金)>
・大井競馬場(曇、不良)
 1レースの85万円以下(1200m、14頭立て)はトラクスタン(真島大輔騎手)が1分14秒6で勝利。ブラックタイド産駒で4戦1勝。
 2レースの200万円以下(1200m、13頭立て)は浦和のジョーフリッカー(左海誠二騎手)が1分14秒0で勝利。パイロ産駒で6戦1勝。
 3レースの200万円以下(1400m、12頭立て)はヒコーキグモ(森泰斗騎手)が1分28秒6で勝利。ヴァーミリアン産駒で3戦1勝。
・笠松競馬場(晴、重→稍重)
 1レースの4組(800m、8頭立て)はコンマゼロゼロ(森島貴之騎手)が50秒7で勝利。オンファイア産駒で通算7戦1勝。
 2レースの3組(1400m、7頭立て)はカティサンダ(東川公則騎手)が1分29秒4で勝利。デュランダル産駒で8戦2勝。
 6レースの乙女座賞(2組特選、1400m、7頭立て)はフレンドミラクル(吉井友彦騎手)が1分29秒6で勝利。バゴ産駒で5戦2勝。
 7レースのJRA認定チャレンジ(1組、1400m、9頭立て)はメディタレーニアン(藤原幹生騎手)が1分30秒2で勝利。ヴァーミリアン産駒で4戦2勝。
・園田競馬場(晴、稍重)
 8レースのJRA認定アッパートライ(一組特別、1400m、12頭立て)はジェスロ(吉村智洋騎手)が1分32秒5で勝利。エイシンサンディ産駒で5戦1勝。

<19日(土)>
・盛岡競馬場(曇、ダート:不良)
 4レースのJRA認定フューチャーステップ(ダート1400m、11頭立て)はエリュシオン(高松亮騎手)が1分25秒8で勝利。ゴールドアリュール産駒で9戦2勝。
・佐賀競馬場(晴、良)
 1レースの新馬戦(1300m、6頭立て)はカシノマイヒメ(南谷圭哉騎手)が1分28秒8で勝利。バトルプラン産駒。

<20日(日)>
・金沢競馬場(晴、稍重)
 1レースの3組(1500m、6頭立て)はツチノコダッシュ(中島龍也騎手)が1分41秒9で勝利。キャプテントゥーレ産駒で5戦1勝。
 2レースの2組(1500m、6頭立て)はバジガクスペラーレ(堀場裕充騎手)が1分40秒1で勝利。アジュディケーティング産駒で9戦1勝。
 9レースのJRA認定サファイア賞(1500m、10頭立て)はジュエリーハンター(田知弘久騎手)が1分40秒1で勝利。オンファイア産駒で4戦2勝。

<21日(月)>
・盛岡競馬場(晴、芝:稍重)
 1レースの南部杯カウントダウン21(芝1600m、9頭立て)はトゥニーナ(山本聡哉騎手)が1分43秒1で勝利。ディープスカイ産駒で3戦1勝。
・高知競馬場(曇、稍重)
 1レースの2組(1300m、7頭立て)はアップヒルランラン(嬉勝則騎手)が1分28秒6で勝利。カンパニー産駒で5戦1勝。
 2レースの1組(1300m、6頭立て)はハルノフェスタ(佐原秀泰騎手)が1分26秒4で勝利。ナカヤマフェスタ産駒で5戦1勝。

<22日(火)>
・門別競馬場(晴、稍重→良)
 1レースの未勝利(1200m、7頭立て)はチェリープリンセス(黒澤愛斗騎手)が1分16秒3で勝利。チェリークラウン産駒で6戦目の初勝利。
 6レースの未勝利(1000m、9頭立て)はゴールドパーク(坂下秀樹騎手)が1分02秒9で勝利。カネヒキリ産駒で5戦1勝。
 7レースの未勝利(1000m、10頭立て)はドンアイリス(井上俊彦騎手)が1分02秒4で勝利。サウスヴィグラス産駒で7戦1勝。
 8レースの5組(1200m、6頭立て)はヴォルムス(五十嵐冬樹騎手)が1分16秒3で勝利。サウスヴィグラス産駒で7戦2勝。
・浦和競馬場(晴、良)
 6レースのJRA認定新星特別(一組、1500m、10頭立て)はワールドプリンス(今野忠成騎手)が1分37秒3で勝利。Lilbourne Lad産駒のアイルランド産馬、これで5戦2勝。
・金沢競馬場(晴、良)
 1レースの5組(1400m、7頭立て)はサンライズブーケ(桑野等騎手)が1分36秒1で勝利。スターリングローズ産駒で2戦1勝。
 2レースの4組(1400m、8頭立て)はアンジェーリカ(米倉知騎手)が1分34秒8で勝利。

<23日(水)>
・門別競馬場(晴、良)
 1レースの5組(牝馬限定、1200m、7頭立て)はフェアリーキス(五十嵐冬樹騎手)が1分15秒3で勝利。アジュディケーティング産駒で6戦2勝。
 2レースの未勝利(1500m、8頭立て)はノースマジカル(宮崎光行騎手)が1分39秒4で勝利。サムライハート産駒で4戦1勝。
 7レースの未勝利(1000m、9頭立て)はキモンノトモエ(桑村真明騎手)が1分03秒9で勝利。コパノフウジン産駒で8戦1勝。
 8レースの未勝利(1000m、10頭立て)はプレシューズ(井上俊彦騎手)が1分02秒4で勝利。ファスリエフ産駒で7戦1勝。
 9レースのてんびん座特別(1700m、6頭立て)はモリデンルンバ(井上俊彦騎手)が1分52秒4で勝利。マーベラスサンデー産駒で6戦3勝。
・浦和競馬場(晴、良)
 1レースの二組(1400m、9頭立て)は船橋のマジョリティハート(中野省吾騎手)が1分30秒7で勝利。サムライハート産駒で5戦目の初勝利。
・園田競馬場(晴、良)
 1レースの四組(1400m、6頭立て)はビナシリウス(笹田知宏騎手)が1分37秒8で勝利。ヒデサンジュニア産駒で2戦1勝。
 2レースの関西エージェント協賛第2回イングレス記念(四組、1400m、6頭立て)はノットホロン(板野央騎手)が1分35秒7で勝利。ロージズインメイ産駒で2戦1勝。

<24日(木)>
・門別競馬場(曇、良)
 1レースの未勝利(1700m、7頭立て)はエスプリ(井上幹太騎手)が1分55秒8で勝利。メイショウサムソン産駒で3戦1勝。
 2レースの5組(1000m、7頭立て)はアルディシア(阿部龍騎手)が1分02秒8で勝利。バイオマスター産駒で6戦2勝。
 6レースの未勝利(1200m、11頭立て)はジョコビッチ(宮崎光行騎手)が1分17秒4で勝利。ゴールドアリュール産駒で3戦1勝。
 7レースの未勝利(牝馬限定、1200m、10頭立て)はノーザンミント(石川倭騎手)が1分16秒6で勝利。スクリーンヒーロー産駒で5戦1勝。

・浦和競馬場(曇、良)
 1レースの四組(1300m、9頭立て)はカカボラッキー(森泰斗騎手)が1分24秒8で勝利。ソングオブウインド産駒で3戦1勝。
 2レースの三組(1300m、10頭立て)はトレンドマーク(坂井英光騎手)が1分24秒9で勝利。サムライハート産駒で4戦1勝。