9月1日(月)「ビューチフルドリーマーカップ(水沢)、アスカリーブル(船橋)久々の重賞制覇を飾る」ほか [全国競馬情報]
2014/09/01(月) 18:02
●● 重賞レースの結果 ●●

<30日(土)>
 佐賀競馬場(晴、稍重)で第1回御船山賞(1750m、10頭立て)が行われた。
 逃げた2番人気のエッフェル、3番手につけた1番人気のサエッターレの2頭が直線で叩き合い、1馬身抜け出したサエッターレの勝利。勝ちタイムは1分56秒3、勝利騎手は川島拓。
 エッフェルが2着、4番人気のビューワールドが4馬身差の3着、3番人気のセンヒメ
は4着。
 サエッターレは父メイショウボーラー、母ブルーボックスボウ(母父サンデーサイレンス)の5歳牝馬・黒鹿毛。2011年10月にJRAでデビューして以降、名古屋・ホッカイドウを経て、今年7月に佐賀へ移籍。移籍後はこれで5戦4勝。通算39戦9勝(中央8戦0勝)で重賞初制覇。

<31日(日)>
 金沢競馬場(曇、良)で3歳牝馬による第1回加賀友禅賞(1300m、10頭立て)が行われた。
 内枠から先手を奪った4番人気のエトワールドロゼに1番人気のファーストキスが並びかけ、道中は2頭が後続を引き離す展開に。3コーナー過ぎでエトワールドロゼがファーストキスを競り落とし、後続に3馬身差をつけた逃げ切り勝ち。勝ちタイムは1分23秒6、勝利騎手は田知弘久。
 3馬身差の2着に3番人気のセイウンアネゴ、ファーストキスは3着、2番人気のサンセバスチャンは6着だった。
 エトワールドロゼは父アドマイヤマックス、母ドリームヘイロー(母父キングヘイロー)の3歳牝馬・栗毛。2013年10月にデビュー、重賞初挑戦で初制覇。通算12戦5勝。

<1日(月)>
 水沢競馬場(晴、良)で牝馬重賞シリーズGRANDAME-JAPAN2014の古馬シーズン第6戦・第40回ビューチフルドリーマーカップ(1900m、11頭立て)が行われた。
 早々に先手を奪った1番人気のアスカリーブル(船橋)が直線で詰め寄ってきた2番人気のタッチデュール(笠松)を突き放し2馬身1/2差の快勝。時計は2分03秒5、勝利騎手は金沢競馬の吉原寛人。
 3着に5番人気のマムティ(岩手)、154戦目のトウホクビジン(笠松)が4着に入る健闘を見せた。3番人気のコウギョウデジタル(岩手)は9着。
 アスカリーブルは父ブラックタキシード、母ステキナデアイ(母父ホワイトマズル)の5歳牝馬・黒鹿毛。2012年9月の鎌倉記念(川崎)以来、久々の勝利を飾った。通算24戦11勝、重賞7勝目。



●● 韓国でのアジア交流戦、大井所属馬は4着が最高 ●●

 8月31日(日)に韓国・ソウル競馬場で、第1回アジアチャレンジカップ(第22回SBSスポーツ杯)(ダート左回り1400m、14頭立て)が行われた。日本からは大井競馬所属の3頭が参戦した。

 レースは直線で抜け出したエルパドリーノ(シンガポール)が1分23秒8で優勝。日本馬ではトシギャングスターの4着が最高で、ピエールタイガーは5着、ショコラヴェリーヌが7着。韓国で活躍中の倉兼育康騎手(高知)が騎乗した韓国のインディアンブルーは6着だった。

 11月11日(火)には韓国の競走馬を招待して、大井競馬場で日韓国際交流競走「インタラクションカップ」が行われる予定となっている。

(地方競馬情報サイトによる)



●● 真島正徳騎手(佐賀)、地方通算2000勝達成 ●●

 真島正徳騎手(佐賀・真島元徳厩舎)は、8月31日(日)の佐賀競馬9レース(佐賀プリンス賞)をカシノマラドーナで勝ち、1987年10月18日のデビュー以来、13,304戦目にして地方競馬通算2,000勝を達成した。このうち重賞は44勝を挙げている。

 真島正徳騎手のコメント
「2,000勝、素直にうれしいですけど、ただの通過点なんで、またこれから1戦、1戦がんばるだけなんで。応援してもらったら光栄です。」

(地方競馬情報サイトによる)



●● 各地の2歳戦の結果 ●●

<29日(金)>
・大井競馬(曇、不良)
 1レース(新馬戦、1000m、9頭立て)はカイジンソーニヤ(本橋孝太騎手)が1分01秒8で勝利。ホールウォーカー産駒。
 2レース(新馬戦、1400m、6頭立て)はベリーフレイバー(本橋孝太騎手)が1分31秒9で勝利。ホワイトマズル産駒。

・園田競馬(雨、重)
 8レースのJRA認定アッパートライ(一組、1400m、8頭立て)はショウリ(田中学騎手)が1分31秒3で勝利。オンファイア産駒で3戦3勝。

<30日(土)>
・水沢競馬(小雨、稍重)
 1レース(1300m、9頭立て)はハッピーキャリー(高橋悠里騎手)が1分26秒4で勝利。キングヘイロー産駒で4戦1勝。

・佐賀競馬(晴、稍重)
 7レースの佐賀プリンセス賞(牝馬限定、1400m、8頭立て)はタイムオブウォータ(長田進仁騎手)が1分33秒1で勝利。プリサイスエンド産駒で6戦4勝。

<31日(日)>
・水沢競馬(晴、稍重)
 3レースのファーストステップ(新馬戦、850m、6頭立て)はロールボヌール(山本聡哉騎手)が51秒9で勝利。フレンチデピュティ産駒。