8月28日(木)「アフター5スター賞(大井)はサトノタイガーが競り合いを制す」ほか [全国競馬情報]
2014/08/28(木) 18:09
●●各地の重賞レース結果●●

<21日(木)>
・金沢競馬場(天候:曇、馬場:不良)では、北國新聞社杯・第10回イヌワシ賞(第11レース・白山大賞典トライアル・2000m・1着賞金200万円)が9頭立てで行われた。
 2番人気のセイカアレグロが逃げる展開でレースは始まった。これを追って1番人気のケージーキンカメは2番手。以下、マイネルリボーン、チャームドライフと続き、1周目のスタンド前を通過する。
 向正面に入り、セイカアレグロが2馬身ほど後続を離して逃げる。馬順はほとんど変わらずに進む。3~4コーナーにかけ、先頭のセイカアレグロと2番手のケージーキンカメが追い出して一騎打ちムード。3番手以下を離し始める。
 最後の直線では、セイカアレグロにケージーキンカメが並びかけるも、セイカアレグロがクビ差凌ぎ優勝。逃げ切り勝ちをおさめた。勝ちタイムは2分10秒2。鞍上は金沢の吉田晃浩騎手。ケージーキンカメが2着で、4馬身と開いた3着には3番人気マイネルリボーンが入った。
 勝ったセイカアレグロは、父ブラックホーク、母セイカパンジー(その父ダンシングブレーヴ)という血統の牡9歳、鹿毛馬。金沢・佐藤茂厩舎の所属。2007年にJRAでデビュー。芝の重賞にも駒を進めた。8歳になった去年4月、金沢に移籍して初めてのレースを迎えた。重賞は去年のスプリングカップ、先月の金沢スプリントカップに続き3勝目となった。通算成績を84戦15勝(うち中央66戦4勝)とした。
 

・門別競馬場(天候:晴、馬場:やや重)では、2歳馬の重賞、JRA認定・netkeiba.com杯・第8回ブリーダーズゴールドジュニアカップ(第11レース・1800m・1着賞金500万円)が行われた。出走馬は14頭。
 レースは、コーナーワークからキタイノホシが先手を奪い、2番手にオヤコダカ、その後ろにフジノサムライと続き、1番人気のエンターザスフィアが4番手につけた。
 3コーナーを回ったところで、持ったままの手応えでオヤコダカが先頭のキタイノホシに並びかける。そのまま4コーナーへ。エンターザスフィアは手応えがなくなり、後続馬群に吸収されていく。
 最後の直線では、オヤコダカが独走に入る。後続が差を詰めるも3馬身差まで。2番人気のオヤコダカが快勝。勝ちタイムは1分54秒9。鞍上は北海道の阪野学騎手。2着に唯一の牝馬で6番人気のジェットシティが入り、1馬身1/2差の3着は5番人気フジノサムライだった。1番人気のエンターザスフィアは12着に敗れた。
 勝ったオヤコダカは、父サムライハート、母オメガカリビアン(その父フレンチデピュティ)という血統の牡2歳、芦毛馬。北海道・原孝明厩舎の管理馬。重賞は2度目の挑戦で初制覇。これで通算成績を6戦3勝(うち中央1戦0勝)とした。

阪野学騎手優勝コメント
「能力があることはわかっていました。道中は良いポディションを取れたので折り合いと、周りの馬を見ながら乗っていました。最後の直線では、後続の足音が聞こえないぐらいの勝ち方でしたので、今後が楽しみです。」
(※ホッカイドウ競馬公式ホームページの情報による)


<27日(水)>
・大井競馬場(天候:雨、馬場:不良)では、スポニチ盃・第21回アフター5スター賞(第11レース・JBCスプリント指定競走・1200m・1着賞金1300万円)が12頭立てで争われた。
 好スタートからダッシュを利かせたゴーディーにコアレスピューマが競りかけ、2頭の先行争いとなった。メリーウェザーが3番手。その後ろにサトノタイガーとハードデイズナイトが続いた。1番人気のアルゴリズムは後方4番手を進んだ。
 直線に向いて、ゴーディーが単独先頭に変わり、好位にいたサトノタイガーが追う形。最後はこの2頭の競り合いとなり、サトノタイガーがハナ差とらえてゴール。3番人気だった。勝ちタイムは1分10秒8。鞍上は金沢の吉原寛人騎手。2着に6番人気のゴーディー。3馬身離れての3着争いは大混戦となったが、4番人気サトノデートナが3着に入った。1番人気のアルゴリズムは8着だった。
 勝ったサトノタイガーは、父キングカメハメハ、母ファビラスターン(その父サンデーサイレンス)という血統の牡6歳、黒鹿毛馬。浦和・小久保智厩舎の所属。2010年にJRAでデビュー。芝のレースを中心に使い、重賞にも駒を進めた。今年4月、浦和に移籍して初めてのレースを迎えた。重賞は、5月の川崎マイラーズに続き2勝目となった。通算成績は31戦7勝(うち中央26戦5勝)。
 

●●新規場外発売所『DASH和歌山』開設●●

 園田・姫路競馬を主催する兵庫県競馬組合は、新規場外発売所『和歌山場外勝馬投票券
発売所(DASH和歌山)』の開設および発売開始日を発表した。DASH和歌山では、園田・
姫路競馬の全競走を発売するほか、地方競馬の広域場外発売競走も楽しむことができる。

【名称】
 園田・姫路競馬和歌山場外勝馬投票券発売所(DASH和歌山)

【所在地】
 和歌山県和歌山市米屋町3番地 ぶらくり丁ブリスビル地下1階
【発売・払戻窓口】
 発売窓口 11窓 (自動発売機 6台、自動発払機5台)
 払戻窓口 6窓 (自動発払機 5台、有人払戻機1台)
【発売開始日】
 平成26年10月22日(水) 第17回園田競馬第1日目
【発売競走】
 園田・姫路競馬全競走
 および全国の地方競馬の広域場外発売

(地方競馬全国協会ホームページによる)


●●桑村真明騎手600勝達成●●

 26日(火)、門別競馬 第1レースで桑村真明騎手(角川秀樹厩舎)がイナズマアリオーン号に騎乗し、平成17年のデビューから、5149戦目で中央・地方通算600勝を達成した(ホッカイドウ競馬では現役8人目 )。

桑村真明騎手コメント
「日頃から良い馬に乗せていただいているので、結果が出て良かったです。騎手をやっている以上はもっと勝ち星をあげられるよう頑張っていきます。」

(ホッカイドウ競馬公式ホームページによる)


●●アジアチャレンジカップ壮行会を実施●●

 東京シティ競馬(TCK)では、8月31日(日)にソウル競馬場で行われるアジアチャレンジカップの壮行会を第11競走終了後に(20時20分頃~)賞典台で実施する。
 壮行会では、アジアチャレンジカップに出場する真島大輔騎手、的場文男騎手、矢野貴之騎手、荒山勝徳調教師、松浦裕之調教師が意気込みを語る。

実施日時 : 今開催最終日(8月29日(金))第11競走終了後(20時20分頃~)
実施場所 : 大井競馬場 賞典台
参加騎手 : 真島大輔騎手(ショコラヴェリーヌ号騎乗)
         的場文男騎手(ピエールタイガー号騎乗)
         矢野貴之騎手(トシギャングスター号騎乗)
参加調教師 : 荒山勝徳調教師(ショコラヴェリーヌ号・ピエールタイガー号管理)
          松浦裕之調教師(トシギャングスター号管理)

(東京シティ競馬ホームページによる)


●●各地の2歳戦の結果●●

<26日(火)>
・門別競馬場(天候:晴、馬場:やや重)
 1R・2歳未勝利(1200m・8頭)は、カネヒキリ産駒のイナズマアリオーン(桑村真明騎手)が人気に応えた。勝ちタイムは1分15秒3。

 2R・2歳牝馬未勝利(1200m・8頭)は、ザール産駒の4番人気ビクトリーローズ(石川倭騎手)が勝利。勝ちタイムは1分14秒5。

 3R・2歳未勝利(1000m・9頭)は、チェリークラウン産駒の3番人気チェリーサマー(黒澤愛斗騎手)が勝利。勝ちタイムは1分01秒0。

 7R・JRA認定アタックチャレンジ2歳未勝利(1200m・8頭)は、スウィフトカレント産駒の牝馬、2番人気トチノカレント(阿部龍騎手)が勝利。勝ちタイムは1分13秒9。

・大井競馬場(天候:曇、馬場:良)
 1R・2歳70万円以下(1000m・10頭)は、ネオユニヴァース産駒の牝馬グランドゲルニカ(笹川翼騎手)が人気に応えた。勝ちタイムは1分02秒3。

 2R・2歳70万円以下(1200m・8頭)は、バゴ産駒のオーネットレオ(柏木健宏騎手)が人気に応えた。勝ちタイムは1分15秒8。

・金沢競馬場(天候:雨、馬場:不良)
 1R・2-2 2歳2(1400m・6頭)は、ファルブラヴ産駒の2番人気ウィンザカップ(吉田晃浩騎手)が勝利。勝ちタイムは1分33秒3。

 2R・2-3 2歳3(1400m・7頭)は、パーソナルラッシュ産駒の2番人気ゴールドトランシェ(畑中信司騎手)が逃げ切り勝ち。勝ちタイムは1分35秒9。

 9R・選抜 河北門ジュニアカップ(1400m・9頭)は、メイショウボーラー産駒のエムザックサンダー(吉原寛人騎手)が人気に応えた。勝ちタイムは1分31秒5。

<27日(水)>
・門別競馬場(天候:晴、馬場:やや重)
 2R・2歳未勝利(1000m・10頭)は、モルフェデスペクタ産駒の牝馬トモノチャイルド(服部茂史騎手)が人気に応えた。勝ちタイムは1分01秒3。

 3R・2歳未勝利(1200m・9頭)は、プリサイスエンド産駒の2番人気ギンガエキスプレス(松井伸也騎手)が勝利。勝ちタイムは1分14秒8。

 4R・JRA認定フレッシュチャレンジ2歳新馬(1000m・7頭)は、スウェプトオーヴァーボード産駒の牝馬、5番人気アシドベリー(亀井洋司騎手)が勝利。勝ちタイムは1分00秒7。

 5R・2歳5組(1200m・9頭)は、キングヘイロー産駒の2番人気イチジツセンリ(松井伸也騎手)が勝利。勝ちタイムは1分14秒0。

 7R・JRA認定アタックチャレンジ2歳未勝利(1200m・10頭)は、スニッツェル産駒のプレッツェル(佐々木国明騎手)が人気に応えた。勝ちタイムは1分13秒9。

・大井競馬場(天候:曇、馬場:良)
 1R・2歳20万円以下(1200m・11頭)は、フォーティナイナーズサン産駒の牝馬カイジンビーン(御神本訓史騎手)が人気に応えた。勝ちタイムは1分16秒8。

<28日(木)>
・門別競馬場(天候:晴、馬場:良)
 2R・2歳牝馬未勝利(1000m・10頭)は、カネヒキリ産駒の6番人気ワールドウェーブ(伊藤千尋騎手)が勝利。勝ちタイムは1分01秒5。

 3R・2歳未勝利(1200m・10頭)は、クロフネ産駒のニシケンツワモノ(亀井洋司騎手)が人気に応えた。勝ちタイムは1分14秒6。

 4R・2歳未勝利(1700m・10頭)は、ノボジャック産駒の2番人気エピルス(桑村真明騎手)が勝利。勝ちタイムは1分51秒0。

 5R・JRA認定アタックチャレンジ2歳未勝利(1000m・11頭)は、トワイニング産駒のドライヴシャフト(宮崎光行騎手)が人気に応えた。勝ちタイムは1分00秒8。

・大井競馬場(天候:雨、馬場:重)
 1R・2歳110万円以下(1200m・12頭)は、タイムパラドックス産駒の2番人気マックスルーラー(森泰斗騎手)が勝利。勝ちタイムは1分15秒7。

・笠松競馬場(天候:曇、馬場:重)
 1R・サラ系2歳2組(1400m・6頭)は、サムライハート産駒の3番人気カツゲキビレッジ(湯前良人騎手)が勝利。勝ちタイムは1分31秒9。

 4R・サラ系2歳3組(800m・6頭)は、ヴァーミリアン産駒のスカーレットロマン(筒井勇介騎手)が人気に応えた。勝ちタイムは50秒1。

 5R・サラ系2歳1組特選(1400m・6頭)は、エイシンサンディ産駒の牝馬、4番人気のマルヨバナーヌ(吉井友彦騎手)が勝利。勝ちタイムは1分30秒1。

 9R・JRA認定・中京スポーツ杯・第39回秋風ジュニア(1400m・10頭)は、アジュディミツオー産駒の牝馬ティープリーズ(尾島徹騎手)が人気に応えた。勝ちタイムは1分30秒4。

・園田競馬場(天候:曇、馬場:不良)
 4R・2歳二組(1400m・12頭)は、スクリーンヒーロー産駒のレオベスト(田中学騎手)が人気に応えた。勝ちタイムは1分30秒4。

 
●●各地のJRA交流レースの結果●●

<27日(水)>
・門別競馬場(天候:晴、馬場:やや重)
 10R・ヒヤデス特別(1200m・10頭)は、JRAのスペクタキュラー(服部茂史騎手)が人気に応えた。勝ちタイムは1分13秒2。

・大井競馬場(天候:雨、馬場:良)
 10R・フォーチュネイトほうせんか特別(1800m・14頭)は、JRAの4番人気ナッハフォルガー(張田京騎手)が勝利。勝ちタイムは1分54秒7。

・笠松競馬場(天候:曇、馬場:やや重)
 9R・鈴蘭特別(1400m・10頭)は、JRAの6番人気ピースマーク(尾島徹騎手)が勝利。勝ちタイムは1分26秒7。

 10R・数河特別(1400m・10頭)は、JRAのメイショウヤマナミ(安部幸夫騎手)が人気に応えた。勝ちタイムは1分26秒6。