8月10日(月)「クラスターカップ(JpnIII・盛岡)、枠順決まる」ほか [全国競馬情報]
2015/08/10(月) 16:21
●●第20回クラスターカップ(JpnIII・盛岡)、枠順決まる●●

 8月12日(水)に盛岡競馬場で行われる「農林水産大臣賞典第20回クラスターカップJpnIII」の枠順が決まった。

(左から馬番・馬名(所属)・性齢・負担重量・騎手・所属厩舎・通算成績)
1 ルベーゼドランジェ(JRA) 牝5 52 岩田 康誠 小崎 憲  14戦5勝
2 カネマサゴールド(高知)  セ8 54 宮川 実  打越 勇児 73戦18勝
3 ランデックアロマ(岩手)  牝3 49 高松 亮  村上 実  10戦2勝
4 ポアゾンブラック(北海道) 牡6 54 阪野 学  田中 淳司 27戦10勝
5 ワールドブルー(高知)   牡9 54 山本 聡哉 雑賀 正光 58戦20勝
6 サマリーズ(JRA)     牝5 53 藤岡 佑介 藤岡 健一 22戦5勝
7 アフリカンハンター(岩手) 牡7 54 関本 淳  城地 俊光 28戦4勝
8 ジョーメテオ(浦和)    牡9 54 岡部 誠  小久保 智 65戦6勝
9 クロクモ(高知)      セ6 54 岡村 卓弥 雑賀 正光 69戦25勝
10 ダノンレジェンド(JRA) 牡5 56 M.デムーロ 村山 明  21戦8勝
11 エーシンビートロン(JRA) 牡9 55 福永 祐一 西園 正都 37戦7勝
12 テイクエイム(岩手)  牡8 54 阿部 英俊 佐藤 祐司 29戦4勝
13 ラブバレット(岩手)  牡4 54 南郷 家全 菅原 勲  18戦8勝
14 デュアルスウォード(岩手) 牡7 54 菅原 辰徳 瀬戸 幸一 38戦6勝

(岩手競馬ホームページによる)


●●ひまわり賞(オークス)(盛岡)、岩手再転入のラブディーバが8馬身差勝利●●

 9日(日)、盛岡競馬場(天候:曇、馬場:良)では、日刊スポーツ杯・第29回ひまわり賞(オークス・第10レース・2000m・3歳牝馬・1着賞金300万円)が行われ、12頭が出走した。

 好ダッシュを決め、行く気配を見せた3番人気のラブディーバ。しかし、他の動きを見て一旦控え、それから外へと進路を変える。道中は好位でレースを進め、3~4コーナーにかけて動き始める。4コーナーでは先頭に替わり、最後の直線では後続を離す一方だった。8馬身差の勝利。勝ちタイムは2分13秒7。鞍上は村上忍騎手。1番人気のヴァイキングは2着に敗れたが、菅原勲厩舎のワンツーフィニッシュとなった。さらに1/2馬身差の3着には11番人気のクインオブザナイトが入った。

 勝ったラブディーバは、父プリサイスエンド、母ベガスターカフェ(その父アドマイヤベガ)という血統の牝3歳、黒鹿毛馬。岩手・菅原勲厩舎の管理馬。今回が岩手に再転入しての初戦だったが、これで重賞初制覇となった。通算成績を18戦4勝とした。


●●尾鈴山賞(佐賀)、マイネルパルフェが人気に応えて重賞5勝目をマーク●●

 9日(日)、佐賀競馬場(天候:晴、馬場:良)では、第2回尾鈴山賞(第11レース・1400m・3歳以上別定・1着賞金85万円)が行われ、5頭が出走した。

 道中2番手を追走した1番人気のマイネルパルフェが、3コーナーで、逃げるリッカアリュールに並びかける。あとは2頭の競り合いがゴールまで続いた。最後は1/2馬身の差でマイネルパルフェが競り勝った。勝ちタイムは1分28秒3。鞍上は竹吉徹騎手。2着に2番人気のリッカアリュール、大差がついて3着には3番人気のアドマイヤツバサが入った。なお、出走メンバー5頭が人気順でのゴールとなった。

 勝ったマイネルパルフェは、父プリサイスエンド、母エンジェルスポート(その父サンデーサイレンス)という血統の牡7歳、黒鹿毛馬。佐賀・山田義人厩舎の管理馬。重賞勝利は、今年5月の阿蘇山賞以来となる。重賞は5勝目。通算成績を57戦10勝(うち中央15戦1勝)とした。


●●池田湖賞(佐賀)、エイシンユリシーズが重賞連覇●●

 8日(土)、佐賀競馬場(天候:晴、馬場:良)では、第3回池田湖賞(第9レース・1800m・3歳以上別定・1着賞金85万円)が行われ、5頭が出走した。

 好スタートから先手を奪ったエイシンユリシーズ。向正面では、後続に競りかけられたものの、2周目の3コーナーで再びスパートをかけ、突き放した。ゴール前では鞍上の山下裕貴騎手が手綱を抑える余裕を見せて、3馬身差の逃げ切り勝ち。人気に応えた。勝ちタイムは1分59秒8。2着は3番人気のシゲルケンシンで、さらに1/2馬身差の3着には4番人気のジェットヴォイスが入った。

 勝ったエイシンユリシーズは、父サウスヴィグラス、母エイシンサンバレー(その父エイシンワシントン)という血統の牡6歳・栗毛馬。佐賀・九日俊光調教師の管理馬。これで3連勝、重賞はカンナ賞に続いて連覇となった(重賞は4勝目)。通算成績を41戦12勝(うち中央10戦1勝)とした。


●●第15回サマーチャンピオン(佐賀)の出走予定馬●●

8月18日(火)に佐賀競馬場で行われる農林水産大臣賞典第15回サマーチャンピオン(JpnIII)の出走予定馬について、詳しくは以下の通り(2015年8月8日現在)。
競走名 農林水産大臣賞典 第15回サマーチャンピオン(JpnIII)
実施日 2015年8月18日(火)
実施場 佐賀競馬場
距離 1,400m(ダート・右)
出走資格 サラブレッド系3歳以上 オープン
1着賞金 2,100万円
負担重量 ハンデキャップ

出走予定馬
JRA所属馬(出走枠:4頭)
※現在の登録頭数:4頭
所属 馬名          性齢 負担重量 調教師 騎乗予定騎手
栗東 キョウエイアシュラ  牡8 56.5 森田直行 (未定)
栗東 シゲルカガ         牡4 57.0 谷 潔 勝浦正樹
栗東 タガノトネール セン5 56.0 鮫島一歩 (未定)
美浦 レーザーバレット  牡7 56.5 萩原 清 (未定)

地方他地区所属馬(出走枠:4頭)
※現在の登録頭数:4頭
所属 馬名        性齢 負担重量 調教師 騎乗予定騎手
兵庫 タガノジンガロ 牡8 56.0 新子雅司 木村健
愛知 ピッチシフター 牝5 52.0 川西 毅 大畑雅章
笠松 タッチデュール 牝6 52.0 山中輝久 佐藤友則
高知 エプソムアーロン 牡11 52.0 雑賀正光 下原理
※8月8日 タガノジンガロ(兵庫)、タッチデュール(笠松)、エプソムアーロン(高知)の予定騎手が決まった。

佐賀競馬所属馬(出走枠:4頭)
※現在の登録頭数:4頭
所属 馬名        性齢 負担重量 調教師 騎乗予定騎手
佐賀 エスワンプリンス 牡6 52.0 手島勝利 (未定)
佐賀 マイネルパルフェ 牡7 52.0 山田義人 (未定)
佐賀 ケージーヨシツネ 牡7 52.0 井樋明正 (未定)
佐賀 シゲルモトナリ 牡8 52.0 九日俊光 (未定)
※出走予定馬が辞退した場合は、それぞれの選定区分ごとに繰り上がる。
(補欠馬がいない場合は、他の選定区分から繰り上がることがある。)

補欠馬 ※補欠順位順
JRA所属馬
※現在の登録頭数:5頭
所属 馬名        性齢 負担重量 調教師 騎乗予定騎手
栗東 ルベーゼドランジェ 牝5 52.0 小崎 憲 (未定)
栗東 カーティスバローズ 牡5 54.0 中竹和也 (未定)
栗東 ワンダーコロアール 牡6 55.0 河内 洋 川田将雅
栗東 フミノファルコン 牡5 54.0 目野哲也 福永祐一
栗東 エーシンビートロン 牡9 57.0 西園正都 (未定)

地方他地区所属馬
※現在の登録頭数:3頭
所属 馬名        性齢 負担重量 調教師 騎乗予定騎手
高知 ハリマノワタリドリ 牡9 52.0 雑賀正光 (未定)
高知 クイックリープ 牡10 52.0 打越勇児 (未定)
笠松 ランデックハナコ 牝3 52.0 笹野博司 (未定)
※8月8日 バーチャルトラック(高知)、キッズニゴウハン(高知)、ミータロー(高知)、エイシンルンディー(笠松)、オオミカミ(高知)、ユーセイクインサー(笠松)、クロスオーバー(高知)、アンソルスラン(笠松)、ウールーズ(笠松)が回避した。

佐賀競馬所属馬
※現在の登録頭数:10頭
所属 馬名        性齢 負担重量 調教師 騎乗予定騎手
佐賀 コパノエクスプレス 牡5 52.0 東眞 市 (未定)
佐賀 セイリオス        牡8 52.0 山下定文 (未定)
佐賀 リバーキャッスル   牝10 52.0 吉田 昭 (未定)
佐賀 クリーン        牡11 52.0 中野 博 (未定)
佐賀 ジェットヴォイス 牡8 52.0 三小田幸人(未定)
佐賀 アドマイヤツバサ 牡8 52.0 石川浩文 (未定)
佐賀 ドリームゼニス 牡9 52.0 高田豊治 (未定)
佐賀 タガノブリガデイロ 牡9 52.0 九日俊光 (未定)
佐賀 コスモガラサ 牡6 52.0 大島静夫 (未定)
佐賀 マイウエイ  牡9 52.0 三小田幸人(未定)
※8月8日 マグメルが回避した。
※今後行われるレースの結果により、負担重量が変更になる(加増される)ことがある。

(さがけいばホームページによる)


●●坂口裕一騎手地方競馬通算500勝達成セレモニー●●

 9日(日)、第4レース本馬場入場後、盛岡競馬場のパドックで坂口裕一騎手の地方競馬通算500勝達成のセレモニーが行われた。
 坂口裕一騎手は先週8月1日(土)、第7R・ツクバコマチ号に騎乗して見事勝利をおさめ、地方競馬通算500勝を達成した。
 セレモニーで花束のプレゼンターを務めたファン代表の伊藤さんは、最近の坂口騎手の活躍について「頑張っていますね、ホントに」と笑顔でコメント。パドックに集まった多くのファンの皆様からも温かい祝福をうけた。

■ 坂口裕一騎手コメント
「今年で(デビュー)13年目なので、500勝と言っても胸を張れる数字ではないですけど、一区切りということで達成できて嬉しいです。次の区切りは1000勝だと思いますので、1000勝目指して頑張ります。」

(岩手県競馬組合による)


●●主な2歳戦の結果●●

<7日(金)>
・浦和競馬場(天候:晴、馬場:良)
 6R・JRA認定新生特別(1400m・8頭)は、ホールウォーカー産駒のフォクスホール(森泰斗騎手)が4馬身差で勝利した。勝ちタイムは1分28秒7。

・笠松競馬場(天候:晴、馬場:良)
 1R・サラ系2歳4組(800m・6頭)は、ナカヤマフェスタ産駒のレストアマナーキー(筒井勇介騎手)が勝利。勝ちタイムは50秒8。

 2R・大橋哲也・祐里香祝ご結婚記念(1400m・6頭)は、エイシンサンディ産駒のマルヨスラブ(吉井友彦騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分32秒2。

 3R・サラ系2歳2組(1400m・6頭)は、シルクハリアー産駒の牝馬アンニュイ(湯前良人騎手)が5馬身差の勝利。勝ちタイムは1分31秒1。

 4R・サラ系2歳1組(1400m・5頭)は、アドマイヤマックス産駒の牝馬ドリームダークアイ(藤原幹生騎手)が勝利。勝ちタイムは1分30秒2。

<9日(日)>
・高知競馬場(天候:晴、馬場:良)
 1R・2歳(800m・7頭)は、スパイキュール産駒の牝馬ディアマルコ(佐原秀泰騎手)が9馬身の差をつけ勝利。勝ちタイムは50秒2。

・佐賀競馬場(天候:晴、馬場:良)
 1R・2歳‐3組新馬(900m・6頭)は、ダノンシャンティ産駒のシャンディオス(吉田順治騎手)が4馬身差の勝利。勝ちタイムは55秒7。

<10日(月)>
・浦和競馬場(天候:曇、馬場:良)
 1R・ドリームチャレンジ2歳新馬(800m・7頭)は、ゴールドヘイロー産駒の牝馬スターベルト(左海誠二騎手)が4馬身差の勝利。勝ちタイムは48秒3。