7月2日(木)「スパーキングレディーC(川崎)はトロワボヌール、重賞2勝目マーク」ほか [全国競馬情報]
2015/07/02(木) 20:36
☆スパーキングレディーC(川崎)トロワボヌールが重賞2勝目マーク

2日木曜日、川崎競馬場(曇 重)ではダートグレード競走・第19回スパーキングレディーカップ(1600m)が12頭によって行われた。

スタートして3番人気となった昨年の覇者・JRAのサウンドガガが先手を取り、2番手に船橋のカイカヨソウがつけ、単勝1.4倍という断然の1番人気となったJRAのサンビスタが3番手。差のない4番手が2番人気のJRAトロワボヌールとなった。スタートで少し出遅れたJRAのメイシヨウマンボは向正面では6番手となった。

3コーナーを回って逃げるサウンドガガを捕まえに出たサンビスタが2番手に上がり、トロワボヌールは内を回って差を詰めた。直線に入るとトロワボヌールが2番手に上がり、ゴール前で逃げるサウンドガガを内から交わして1馬身半の差をつけて優勝した。勝ちタイムは1分40秒8、勝利騎手は戸崎圭太。サウンドガガから3馬身遅れたサンビスタが3着。愛知のピッチシフターが4着となり、メイショウマンボはゴール前で笠松のタッチデュールにも交わされて6着に終わった。

トロワボヌールは父バゴ、母チューニー(母父サンデーサイレンス)という血統の牝5歳鹿毛馬。JRA美浦・畠山吉宏厩舎所属。デビューから芝のレースを走ってきたが、一昨年ダートへ路線を変更。去年の10月までにダートで計4勝を挙げてオープン入りし、去年11月のJBCレディスクラシック(盛岡)で交流重賞に初挑戦してサンビスタの2着となった。その後12月のクイーン賞(船橋)では重賞初制覇を果たし、ここ2戦(マリーンカップ、さきたま杯)は2着に敗れていたが、このレースを制して重賞2勝目となった。通算成績は21戦7勝(中央15戦5勝)。

<レース後の関係者のコメント>
1着 トロワボヌール 戸崎圭太騎手
「この馬にはずっと乗せていただき、馬はいいレースをしてくれていましたが、ここで初めてサンビスタを負かすことが出来て嬉しいです。初めてのナイターだったので落ち着かせるように気をつけましたが、今日は落ち着いていて良い状態でした。サウンドガガが逃げたので道中は折り合い重視で行きました。この馬はどんなレースでも出来る強みがある馬です。距離についてはマイルぐらいがベストだと思います」

畠山吉宏調教師
「サンビスタとの対戦で、4度目にして初めて先着出来て嬉しいです。左回りは中央競馬で走っていますが、初めてのナイターをよくこなしてくれたと思います。輸送からレースまでの一連の流れを落ち着いて出来るようになり、馬が良くなってきていると思います。今後は放牧に出してからオーナーと相談しますが、牝馬路線をめざすことになると思います。今年のJBCは右回りの大井ですが、いいレースが出来るように頑張ります。」

2着 サウンドガガ 武豊騎手
「惜しかったです。いいペースで行けましたが、今年はメンバーが強かったですね。この馬のレースが出来てマイルでも走ってくれましたが、ベストはもう少し短い距離だと思います」

3着 サンビスタ 岩田康誠騎手
「この馬のレースは出来ました。58キロは気にしていなかったと思いますが...」

6着 メイショウマンボ 武幸四郎騎手
「3コーナーまでは良かったのですが、勝負どころで頭が上がってしまいました」

(取材:山本直)


☆スパーキングレディーCの売得金レコードを更新

1日に行われた第19回スパーキングレディーカップは、このレースの売得金額のレコードを更新するとともに、同レースが行われた1日当たりの売得金のレコードを更新した。いずれも従来のレコードは一昨年、平成25年の第17回スパーキングレディーCで記録されたもの。

第19回スパーキングレディーC売得金額 4億6464万5800円
(従来のレコード 平成25年7月3日・第17回 4億1510万1400円)

スパーキングレディーC施行日売得金額 13億5208万1790円
(従来のレコード 平成25年7月3日・12億1983万8600円)

(神奈川県川崎競馬組合のリリースによる)


☆栄冠賞(門別)はタイニーダンサー、この世代最初の重賞勝ち

30日火曜、門別競馬場(雨 稍重)では今年の2歳世代最初の重賞競走となる第40回栄冠賞(1200m)が行われ、5番人気タイニーダンサーが勝利。この世代最初の重賞ウィナーとなるとともに、今月26日に行われる函館2歳ステークスの出走権を獲得した。

タイニーダンサーは、スタートしてしばらくは大きな馬群の後方集団を追走していたが、勝負どころで内をするすると追い上げて4コーナーでは好位へ。直線は逃げるモダンウーマンの外へと切り替え、一気に突き抜けた。勝ちタイム1分12秒7、勝利騎手は桑村真明。

2着はモダンウーマンが粘り、サウスヴィグラス産駒、グランド牧場の生産・所有馬、角川秀樹厩舎のワンツーフィニッシュとなった。3着プレイザゲーム、1番人気スティールキングはそのあと4着だった。

タイニーダンサーは父サウスヴィグラス、母キハク(母の父アサティス)、牝2歳鹿毛馬。角川秀樹厩舎の管理馬。デビュー戦を飾ったあと、2戦目のウィナーズチャレンジ1ではリンダリンダの2着。通算成績を3戦2勝とした。


☆クイーンカップ(笠松)はメモリードルマンが抜け出し重賞初制覇

1日水曜日、笠松競馬場(曇 不良)で行われた3歳牝馬の重賞・第39回クイーンカップ(1600m)は6番人気メモリードルマンが勝利。最内枠のスタートから、道中は好位の外目を追走。4コーナーで早くも先頭に立つと、後続を寄せ付けなかった。勝ちタイム1分41秒4、勝利騎手は今井貴大。1番人気ミトノレオが2着、兵庫から参戦した5番人気アイナが3着だった。

メモリードルマンは父プリサイスエンド、母メモリーレディー(母の父キングヘイロー)、牝3歳鹿毛馬。愛知・塚田隆男厩舎の管理馬。通算16戦4勝。2歳10月以来の久々の勝利で、重賞は10回目の挑戦で嬉しい初制覇となった。


☆藤井勘一郎騎手に地方短期騎手免許を交付

NAR地方競馬全国協会は、オーストラリアから免許を受けている藤井勘一郎(ふじい・かんいちろう)騎手に短期騎手免許を交付した。

藤井騎手は奈良県出身の31歳。2001年にオーストラリアで見習騎手免許を取得し、2006年にクイーンズランド州の競馬騎手免許を取得した。

今回の短期騎手免許の期間は7月1日(水)から9月30日(水)までの約3ヶ月間で、期間中は北海道の田中淳司厩舎に所属する。海外の競馬統括団体の騎手免許を保有する日本国籍の騎手に地方短期騎手免許が交付されるのは、藤井騎手で10人目。先月は市川雄介騎手が短期騎手免許を取得している。

(NAR地方競馬全国協会、ホッカイドウ競馬のリリースによる)


☆高橋悠里騎手(岩手)が韓国で期間限定騎乗

岩手の高橋悠里騎手(鈴木七郎厩舎)が、韓国・ソウル競馬場で期間限定騎乗を行うことになった。期間は7月18日(土)から10月31日(土)までの予定。

高橋騎手は岩手県出身の28歳。2005年にデビュー以来、今年6月29日終了時点で地方通算440勝を挙げている。2008年にはマカオ国際見習騎手招待競走に出場している。

<高橋悠里騎手のコメント>
「韓国では、過去にも内田利雄騎手など日本人騎手が活躍していますので、岩手にもこんな騎手がいたんだなと印象づけられるよう全力で頑張りたいと思います。海外で騎乗するのは7年前のマカオに次いで2回目ですが、前回は招待を受けての騎乗。今回は自ら希望しての騎乗となりますので、恥ずかしくない騎乗をしてきます」

(岩手県競馬組合のリリースによる)


☆2歳戦の勝馬

<30日(火)>
・門別(曇→雨→曇→雨 稍重)
 3R 2歳未勝利(1000m) シーズアレインボー(父スマートボーイ) 1分2秒0
 5R JRA認定アタックチャレンジ(1200m) マジカルモーメント(父サクラゼウス) 1分15秒1
・金沢(曇 稍重)
 4R 2歳新馬(900m) エスポールエテルネ(父メイショウボーラー) 57秒4
 5R 2歳新馬(900m) ヤマミエマーヤ(父クロフネ) 58秒1

<1日(水)>
・門別(曇→雨→曇 重)
 3R 2歳未勝利(1000m) サジカゲン(父スウェプトオーヴァーボード) 1分2秒4
 4R 2歳未勝利(1000m) アルプルポッチ(父ショウナンカンプ) 1分1秒8
 5R JRA認定フレッシュch(1000m) マラドーナスピン(父カネヒキリ) 1分1秒3
 7R JRA認定アタックch(1200m) シャイニーネーム(父キングヘイロー) 1分14秒6
・園田(曇 不良)
 4R 初出走(820m) ナツ(父アドマイヤオーラ) 50秒2

<2日(木)>
・門別(曇→雨 重)
 1R 2歳未勝利(1500m) モリデンルンバ(父マーベラスサンデー) 1分38秒6
 4R 2歳未勝利(1200m) タッチワールド(父サイレントディール) 1分14秒0
 5R JRA認定フレッシュch(1000m) モリデンリオ(父キングヘイロー) 1分1秒4
 7R JRA認定アタックch(1000m) グレースシャンティ(父ダノンシャンティ) 1分0秒2


☆交流競走の勝馬

<30日(火)>
・川崎(曇 良)
 9R パールフラワー賞(1500m) サトノピスケス(JRA) 1分37秒6
 10R ムーンストーンスター賞(1600m) デブリン(JRA) 1分43秒2

<1日(水)>
・川崎(曇 重)
 9R ルビーフラワー賞(1500m) ディナスティーア(JRA) 1分37秒0
・園田(曇 不良)
 10R 淀川特別(1400m) トラキチシャチョウ(JRA) 1分26秒5