7月28日(月)「エーシンサルサ(兵庫)、兵庫サマークイーン賞(園田)を制して重賞連覇」ほか [全国競馬情報]
2014/07/28(月) 17:29
●● 重賞レースの結果 ●●

<25日(金)>
 園田競馬場(晴、良)でGRANDAME-JAPAN2014古馬シーズン第4戦・第7回兵庫サマークイーン賞(1700m、12頭立て)が行われた。
 逃げた8番人気のスマイルヴィジット(兵庫)に持ったままで並びかけた1番人気のエーシンサルサ(兵庫)が後続を突き放して7馬身差の圧勝。タイムは1分50秒1、勝利騎手は木村健。
 3番人気のアスカリーブル(船橋)が2着、5番人気のタッチデュール(笠松)が3着、2番人気のトーコーニーケ(兵庫)は11着に敗れた。
 エーシンサルサは父サウスヴィグラス、母サクラメントガール(母父Devil His Due)の牝4歳・黒鹿毛。兵庫・橋本忠男厩舎。今年4月に本格化して5連勝中。重賞は前走の読売レディス杯に続いて2勝目。通算28戦10勝。
 GRANDAME-JAPAN2014古馬シーズンは全8戦のうち4戦を終了し、エーシンサルサが20ポイントで単独トップに立った。次回は8月14日に門別で行われるブリーダーズゴールドカップ(JpnIII)。

<26日(土)>
 佐賀競馬場(晴、良)で第2回大村湾賞(1400m、9頭立て)が行われた。
 好スタートから先手を奪った4番人気のズンダモチが、直線に入ると後続との差を広げ3馬身差の快勝。タイムは1分28秒8、勝利騎手は田中直人。
 最低人気だったジェットヴォイスが2着、1番人気のコパノエクスプレスが3着、3番人気のイッツサチャンスは6着、2番人気のリバースターリングは9着。
 ズンダモチは父Smadoun、母ヘヴンリーソング(母父Machiavellian)の牡8歳・芦毛。佐賀・東眞一厩舎所属。佐賀への移籍初戦で重賞初制覇を飾った。通算34戦6勝(中央23戦2勝)。

<27日(日)>
 帯広競馬場(雨、馬場水分4.5%)で3・4歳の重賞競走・第26回はまなす賞(10頭立て)が行われた。
 先に抜け出した1番人気のカイシンゲキをゴール前で交わした2番人気のコウシュハウンカイが優勝。タイムは1分39秒8、勝利騎手は藤本匠。
 カイシンゲキは2着、3番人気のコウシュハクィーンが3着だった。
 コウシュハウンカイは父ウンカイ、母タカラドーベル(母父カゲオー)の牡4歳・栗毛。大友栄人厩舎所属。通算60戦16勝、重賞は2013年11月のばんえい菊花賞以来2勝目。

 盛岡競馬場(晴、ダート:良)で3歳牝馬の第28回ひまわり賞(オークス)(ダート2000m、11頭立て)が行われた。
 直線で先に抜け出しを図った1番人気のダンスママを内柵沿いから7番人気のフラッシュモブが差し切って優勝。タイムは2分09秒7、勝利騎手は山本政聡。
 アタマ差の2着にダンスママ、3/4馬身差の3着に3番人気のインフラレッドレイ、2番人気のターントゥタイドは7着。
 フラッシュモブは父パイロ、母カジュアルクイーン(母父キングカメハメハ)の牝3歳・栗毛。岩手・関本浩司厩舎所属。笠松に在籍していた2歳時から積極的に他地区への遠征を繰り返すなど、重賞戦線で活躍するも、これまで勝利はなく、19度目のチャレンジで重賞初制覇を飾った。通算33戦6勝(中央3戦0勝)。



●● 山崎誠士騎手(川崎)、落馬で脱臼 ●●

 24日(木)の川崎競馬11レースのパドックで、雷に驚いた騎乗馬から振り落とされた山崎誠士騎手(川崎)が病院に搬送され、左腰部打撲、左小指脱臼と診断された。今後の騎乗については未定。

(川崎競馬のホームページによる)



●● JRAとの交流戦の結果 ●●

<28日(月)>
 盛岡競馬場(晴、芝:良、ダート:良)8レースのフレンドリートロフィーアンバー賞(JRA3歳未勝利・岩手3歳、ダート1600m、11頭立て)はJRAのチーカ(山本政聡騎手)が1分38秒5で勝利。チチカステナンゴ産駒で5戦1勝。
 10レースのフレンドリートロフィーエメラルド賞(JRA3歳未勝利・岩手3歳、芝1700m、5頭立て)はJRAのマイネルシャルフ(齋藤雄一騎手)が1分47秒1で勝利。ディープインパクト産駒で6戦1勝。



●● 各地の2歳戦の結果 ●●

<25日(金)>
 川崎競馬場(晴、稍重)でスパーキングデビュー(新馬戦)が2鞍行われた。
 1レース(900m、7頭立て)はシニスターミニスター産駒のリボンスティック(御神本訓史騎手)が55秒1で勝利。
 2レース(900m、6頭立て)はスターリングローズ産駒のトゥープラウド(酒井忍騎手)が56秒1で勝利。
 名古屋競馬場(晴、良)3レースの新馬戦(1400m、6頭立て)はエアジハード産駒のヒノマルボンド(大畑正章騎手)が1分35秒1で勝利。
 園田競馬場(晴、良)4レースの二組(1400m、7頭立て)はキングヘイロー産駒のハイアビリティー(大山真吾騎手)が1分34秒2で勝利。4戦1勝。

<27日(日)>
 大井競馬場(曇、良)1レースの新馬戦(1400m、7頭立て)はトッカ(達城龍次騎手)が1分30秒4で勝利。アジュディケーティング産駒。
 佐賀競馬場(曇、稍重)1レースの新馬戦(900m、5頭立て)はイッセイイチダイ(山口勲騎手)が55秒4で勝利。新種牡馬のヴァーミリアン産駒。

<28日(月)>
 盛岡競馬場(晴、良)1レース(1200m、6頭立て)はオールドラヴ(山本政聡騎手)が1分15秒1で勝利。スマートボーイ産駒で4戦2勝。
 大井競馬場(晴、良)1レースの新馬戦(1000m、8頭立て)はミレイフレイバー(和田譲治騎手)が1分02秒6で勝利。キングヘイロー産駒。
 大井競馬場(晴、良)2レースの新馬戦(1200m、7頭立て)はマジックアワー(柏木健宏騎手)が1分16秒1で勝利。クロフネ産駒。