7月24日(木)「ばんえい十勝で今年もJRAジョッキーDay開催」他 [全国競馬情報]
2014/07/24(木) 18:33
★ばんえい十勝で今年もJRAジョッキーDay開催

ばんえい十勝では、今年で8回目となる夏恒例のビッグイベント「JRAジョッキーDay」を8月25日(月)に開催することになった。

これはJRAジョッキーがばんえい競馬の現役競走馬でのエキシビジョンレースに2回騎乗し、その合計点で優勝を争うもの。今年の出場予定騎手は以下の9人で、加えて当日発表の「ミスターX」もエキシビジョンレースに参加予定。この「ミスターX」を予想するイベントも行われる。この他にもJRA各ジョッキーが表彰式プレゼンターとして参加するレース協賛、エキシビジョンレースの騎乗馬抽選会など、盛りだくさんのイベントが予定されている。

<参加予定騎手(五十音順)>
荻野琢真騎手(2回目)
勝浦正樹騎手(8回目)
小林徹弥騎手(3回目)
藤田伸二騎手(7回目)
松岡正海騎手(6回目)
黛弘人騎手(初出場)
丸田恭介騎手(2回目)
丸山元気騎手(2回目)
吉田隼人騎手(2回目)
ミスターX

(地方競馬全国協会公式サイト、ばんえい十勝公式サイトなどによる)


★主な2歳戦の結果

<川崎>(22日 晴 稍重)
・5レースのJRA認定新星特別(ダート1500m)は8頭立て8番人気のシナノラヴリーが差し切った。勝ちタイム1分39秒2。繁田健一騎手、高月賢一厩舎。3戦1勝。

<門別>
(22日 曇 良)
・4レースのJRA認定フレッシュチャレンジ(新馬 ダート1200m)はマヤノトップガン産駒のエムオーハンターが1分16秒9で勝利。桑村真明騎手、山口竜一厩舎。
・5レースのJRA認定フレッシュチャレンジ(牝馬限定新馬 ダート1200m)はスニッツェル産駒のビアンカが1分17秒6で勝利。岩橋勇二騎手、広森久雄厩舎。
・7レースのJRA認定アタックチャレンジ(未勝利 ダート1000m)はサウスヴィグラス産駒キタイノホシが1分2秒0で勝利。桑村真明騎手、角川秀樹厩舎。
・11レースのカネヒキリ賞(2歳OP ダート1200m)はカリズマティック産駒のブライトギャルが追い込みを決めて勝利。1分15秒9、亀井洋司騎手、若松平厩舎。

(23日 曇 稍重)
・5レースのJRA認定フレッシュチャレンジ(新馬 ダート1000m)はモエレプルトス産駒のサクセスストーリーがハナ差制してデビュー勝ち。勝ちタイム1分2秒1。黒澤愛斗騎手、角川秀樹厩舎。父モエレプルトスはサンデーサイレンス産駒で、現役時に南関東で6戦5勝。サクセスストーリーは父の2世代目の産駒で、これが産駒初勝利となった。
・6レースのJRA認定アタックチャレンジ(未勝利 ダート1200m)はワイルドラッシュ産駒のエクストリングランが1分14秒8で勝利。五十嵐冬樹騎手、桑原義光厩舎。

(24日 晴 良)
・6レースのJRA認定フレッシュチャレンジ(新馬 ダート1000m)はタイムパラドックス産駒のナナヨンハーバーが1分2秒3でデビュー戦を勝利で飾った。坂下秀樹騎手、原孝明厩舎。
・8レースのJRA認定アタックチャレンジ(未勝利 ダート1700m)はヴァーミリアン産駒のゲットザグルーブが1分52秒7で認定レース勝利、通算で2勝目をマークした。松井伸也騎手、村上正和厩舎。

<金沢>(22日 晴 良)
・4レースの2歳新馬(ダート900m)はサムライハート産駒のプリンセスハートがデビュー戦を飾った。勝ちタイム57秒8。池田敦騎手、鋤田誠二厩舎。

<園田>(24日 晴 良)
・4レースの初出走(ダート820m)はクロフネ産駒のトーコーヴィーナスが押し切って2馬身半差をつけデビュー勝ち。勝ちタイム50秒7。木村健騎手、吉行龍穂厩舎。


★交流競走の結果

<門別>(23日 曇 稍重)
・9レースのスピカ特別(ダート1200m)はスズカオーショウが1分14秒1で勝利。五十嵐冬樹騎手、JRA美浦・柄崎孝厩舎。ヨハネスブルグ産駒、8戦1勝。
・10レースのアルファルド特別(ダート1200m)はエリモサプライズが1分13秒9で勝利。阿部龍騎手、佐久間雅貴厩舎。ゴールドアリュール産駒、40戦5勝(うち地方15戦3勝)。

<川崎>
(22日 晴 稍重)
・9レースのルビースター賞(ダート1600m)はグランフィデリオが直線豪快に差し切って勝利。勝ちタイム1分42秒5。坂井英光騎手、JRA栗東・森秀行厩舎。通算6戦2勝で、勝利はいずれも地方競馬で挙げたもの。初勝利時は、逃げて直線大きく失速しながら盛り返して勝利し、話題となった。
(23日 曇 良)
・9レースのルビーフラワー賞(ダート1600m)はセイントレガシーが激戦を制し勝利。勝ちタイム1分44秒7。本橋孝太騎手、川崎・八木仁厩舎。13戦3勝。

<金沢>(22日 晴 良)
・10レースの能登舳倉島賞(ダート1500m)はショウナンサンタが独走、2着馬に3秒8の大差をつけて圧勝した。勝ちタイム1分35秒1。国分恭介騎手、JRA栗東・中村均厩舎。11戦1勝。

<名古屋>(23日 晴 良)
・9レースのラズベリー賞(ダート1400m)はテイエムスリラーが逃げ切り勝利。勝ちタイム1分30秒5。丸野勝虎騎手、JRA栗東・柴田政見厩舎。8戦1勝。