6月9日(月)「ダービーウイーク最終戦、東海ダービー(名古屋)は遠征馬・ケージーキンカメ(金沢)が制す」ほか [全国競馬情報]
2014/06/09(月) 18:29
●● 重賞レースの結果 ●●

<6日(金)>
 名古屋競馬場(晴、稍重)でダービーウイーク2014の最終戦、第44回東海ダービー(1900m、12頭立て)が行われた。
 2番手から3コーナー過ぎで先頭に立った1番人気のケージーキンカメ(金沢)がリードを広げ、6馬身差の圧勝。勝ちタイムは2分03秒8、勝利騎手は青柳正義。
 5番人気のノゾミダイヤ(愛知)が2着、7馬身差の3着に2番人気のドクターナイーヴ(愛知)、3番人気のピースフルリバティ(愛知)は5着だった。
 ケージーキンカメは父キングカメハメハ、母ケージーワンモア(母父フジキセキ)の牡3歳・青鹿毛。中央未勝利から今年3月に金沢へ移籍すると素質が開花。負けなしの6連勝で、移籍以来初めての遠征競馬となったこのレースでダービー制覇を飾った。通算11戦6勝(中央5戦0勝)。

<7日(土)>
 盛岡競馬場(小雨、芝:良)で第17回かきつばた賞(芝2400m、12頭立て)が行われた。
 序盤は好位につけ、2周目向こう正面から先頭に立った3番人気のオールマイウェイが追い上げてきた2番人気のミカエルビスティー、1番人気のソールデスタンを振り切り、最後は2馬身1/2差をつけて快勝。勝ちタイムは2分31秒2、勝利騎手は村上忍。
 2着には5番人気のレオパルドゥス、2番人気のミカエルビスティーが3着、1番人気のソールデスタンは4着。
 オールマイウェイは父サクラバクシンオー、母ファヴォリ(母父リアルシャダイ)の牡4歳・鹿毛。2012年7月にデビューして以来、全6勝を盛岡競馬場の芝コースで挙げている。通算19戦7勝、重賞初制覇。

<8日(日)>
 盛岡競馬場(曇、ダート:良)で第40回早池峰賞(ダート1200m、11頭立て)が行われた。
 4コーナーで先頭に立った2番人気のランドオウジが直線で抜け出し、後続に2馬身1/2差をつけて優勝。勝ちタイムは1分13秒0、勝利騎手は村上忍。
 2着に4番人気のチェリービスティー、3着に5番人気のスズヨシーズンが入り、1番人気のコスモフィナンシェは4着、3番人気のジャリーヴは10着だった。
 ランドオウジは父ゴールドアリュール、母キシュウウインド(母父フォーティナイナー)の牡8歳・鹿毛。2013年6月にJRAから岩手へ移籍。これまで重賞では栗駒賞、白嶺賞で2着に入るなど、惜しい敗戦が続いていたが、重賞初制覇を飾った。通算29戦5勝(中央12戦1勝)。



●● 中野省吾騎手(船橋)、地方通算100勝達成 ●●

 6日(金)の大井競馬9レースでエスティユークが勝ち、騎乗していた中野省吾騎手が地方通算100勝を達成した。
 中野騎手は1991年11月1日生まれ、富山県出身。2009年5月のデビュー以来、1576戦目での100勝到達となった。

(岩手競馬のホームページによる)



●● 菅原辰徳騎手(岩手)、地方通算100勝達成 ●●

 7日(土)の盛岡競馬5レースでサンバガールが勝ち、騎乗していた菅原辰徳騎手が地方通算100勝を達成した。
 2010年デビューで5年目を迎えた菅原騎手は、今年1月~3月に佐賀競馬で期間限定騎乗して6勝を挙げるなど活躍している。
 菅原騎手は「沢山の方々に色々な馬に乗せていただき、100勝という数字を達成することが出来て嬉しいです。皆さんに感謝しています。一つ一つ内容のある次に活かせるレースをして、一つでも多く勝ちたいです。これからも勝てるように努力していきますので、応援よろしくお願いします」とコメントした。

(岩手競馬のホームページによる)



●● 各地の2歳戦の結果 ●●

<7日(土)>
 佐賀競馬場(晴、良)2レースの2歳1組(1300m、10頭立て)はプリサイスエンド産駒のタイムオブウォータが1分27秒1で勝利。通算2戦2勝。

<8日(日)>
 盛岡競馬場(曇、芝:良)3レースのファーストステップ(新馬戦、芝1000m、8頭立て)はプリサイスエンド産駒のラブディーバが1分00秒3で勝利。
 佐賀競馬場(曇、良)で新馬戦が2鞍行われた。
 1レース(900m、4頭立て)はスターリングローズ産駒のフナツプレジデント(山口勲騎手)は55秒9で勝利。
 2レース(900m、3頭立て)はパイロ産駒のツーシップ(真島正徳騎手)が56秒9で勝利。