6月23日(月)「門別競馬場が内回りコースを新設へ」ほか [全国競馬情報]
2014/06/23(月) 19:12
●● 重賞レースの結果 ●●

<21日(土)>
 佐賀競馬場(雨、重)で第2回夏至賞(3歳、10頭、1400m)が行われた。
 4コーナー手前で先頭に立った1番人気のシゲルシリベシに直線半ばで2番人気のテッドが並びかけ、2頭が並んだままゴールへ。優勝はハナ差先着したテッド。勝ちタイムは1分30秒4、勝利騎手は竹吉徹。
 4馬身差の3着に7番人気のノミセパラーレ、3番人気のリネンスウィフトは4着だった。
 テッドは父レギュラーメンバー、母マイネミニヨン(母父アグネスデジタル)のセン3歳・黒鹿毛。前走の九州ダービー栄城賞で最低人気ながら2着と好走し、期待を集めたこのレースで重賞初制覇。通算17戦3勝。

<22日(日)>
 帯広競馬場(曇、2.7%)で第8回柏林賞(4歳、9頭立て、200m)が行われた。
 第2障害を先頭で下りた2番人気のコウシュハウンカイを残り10mで交わした4番人気のダイコクパワーが優勝。勝ちタイムは1分50秒4、勝利騎手は大口泰史。
 コウシュハウンカイが2着、8番人気のナナノチカラが3着、1番人気のコウシュハクイーンは4着だった。
 ダイコクパワーは父ウンカイ、母ハタノダイヤ(母父ダイヤテンリュウ)の牡4歳・鹿毛。通算55戦15勝、重賞初制覇。

 水沢競馬場(晴、良)で第42回一條記念みちのく大賞典(2000m、8頭立て)が行われた。
 スタートから先頭に立つと、2周目1コーナーからジワジワとリードを広げたナムラタイタンが後続に2秒4差をつける圧勝。勝ちタイムは2分08秒9、勝利騎手は坂口裕一。
 2着に4番人気のミカエルビスティー、3着に6番人気のウインベルカント、3番人気のスーブルソーは5着、2番人気のコミュニティはスタート直後に落馬し競走中止となった。
 ナムラタイタンは父サウスヴィグラス、母ネクストタイム(母父Afleet)の牡8歳・栗毛。4月にJRAから岩手へ移籍して重賞3連勝。いずれのレースも2着に1秒9、2秒2、2秒4の差をつける圧勝。通算37戦12勝(中央24戦9勝)、重賞4勝目。



●● 門別競馬場が内回りコースを新設へ ●●

 ホッカイドウ競馬は23日、門別競馬場の3~4コーナーに内回りコースを新設することを公式ホームページで発表した。今年度中に工事を始め、来シーズンの完成を目指す。
 現在、向こう正面からスタートする1200mとスタンド前からスタートする1700mの間に施行できる距離がないことから、内回りコースを使い1500m・1600mの2つの距離を新たに設ける。



●● 岡部誠騎手(愛知)、南関東4場で7月14日から期間限定騎乗 ●●

 岡部誠騎手(愛知)は、南関東の4競馬場で7月14日から9月13日まで期間限定騎乗をすることになった。期間中は工藤伸輔厩舎(浦和)に所属する。



●● 2歳戦の結果 ●●

<20日(金)>
 船橋競馬場(晴、良)でライラックデビュー(新馬戦)が3鞍行われた。
 1レース(1000m、4頭立て)はカネヒキリ産駒のノースノース(左海誠二騎手)が1分02秒4で勝利。カネヒキリは今年の2歳馬が初年度産駒となる新種牡馬。
 2レース(1000m、7頭立て)はゼンノロブロイ産駒のカンジャンテ(本田正重騎手)が1分02秒3で勝利。
 3レース(1000m、8頭立て)はタイムパラドックス産駒のリヴィングフェイス(澤田龍哉騎手)が1分00秒9で勝利。

<21日(土)>
 佐賀競馬場(曇、重)で2歳戦が2鞍行われた。
 2レースの1組(1300m、4頭立て)はチクシジロウ(倉富隆一郎騎手)が1分28秒4で勝利。フサイチリシャール産駒で3戦2勝。
 3レースの2組(1300m、7頭立て)はステイシーファレル(村松翔騎手)が1分28秒4で勝利。ハイアーゲーム産駒で4戦1勝。

<22日(日)>
 水沢競馬(曇、良)3レースのファーストステップ(新馬戦、820m、8頭立て)はコパノフウジン産駒のキモンイーグル(高松亮騎手)が53秒3で勝利。

 大井競馬場(曇、良)で新馬戦が2鞍行われた。
 1レース(1000m、10頭立て)はスニッツェル産駒のロゾヴァドリナ(石崎駿騎手)が1分02秒0で勝利。
 2レース(1200m、9頭立て)はワイルドラッシュ産駒のクローヌドフルール(真島大輔騎手)が1分15秒3で勝利。

 佐賀競馬場(雨、不良)でも新馬戦が2鞍行われた。
 1レース(900m、7頭立て)はワイルドラッシュ産駒のホクトジャガー(鮫島克也騎手)が55秒2で勝利。
 2レース(900m、6頭立て)はヴァーミリアン産駒のダイリンザン(石川慎将騎手)が56秒3で勝利。

<23日(月)>
 大井競馬(曇、良)1レース(1200m、10頭立て)はラッキープリンス(左海誠二騎手)が1分14秒0で勝利。サイレントディール産駒で2戦2勝。