6月22日(月)「一條記念みちのく大賞典(水沢)、コミュニティが10馬身差の圧勝」ほか [全国競馬情報]
2015/06/22(月) 18:00
●● 重賞レースの結果 ●●
<20日(土)>
 佐賀競馬場(晴、重)で第3回夏至賞(1400m、3歳、12頭立て)が行われた。
向正面で後方4番手から一気に動いていった1番人気のコスモスピカが抜け出して優勝。タイムは1分29秒9、勝利騎手は山口勲。中団から動いた10番人気のホクトジャガーが最後に4番人気のエイシンアンカーを交わして2着に入った。3番人気のカシノフレンジーは6着、2番人気のウインジラソーレは10着に敗れた。
コスモスピカは父ブラックタイド、母シュガースポット(母父Lear Fan)の牡3歳、鹿毛。佐賀移籍後は6戦してパーフェクト連対を継続中。初めての重賞制覇。通算10戦4勝(中央4戦0勝)。

<21日(日)>
 水沢競馬場(曇、良)で第43回一條記念みちのく大賞典(2000m、12頭立て)が行われた。
好位の外につけた2番人気のコミュニティが、2周目3コーナー手前で先行した3番人気のモズ、1番人気のケイジータイタンに楽な手応えで並びかけ、コミュニティが4コーナー手前から単独で先頭に立ち、後続を引き離して10馬身差の圧勝。タイムは2分09秒9、勝利騎手は山本政聡。2着にモズ、3着にケイジータイタンが入った。
コミュニティは父ブライアンズタイム、母ミチノクレット(母父ティンバーカントリー)の牡5歳、栗毛。前走あすなろ賞(盛岡)に続いて重賞連覇。通算36戦18勝(中央6戦0勝)、重賞6勝目。

●● 船橋競馬ハートビートナイター、最初の開催を終了 ●●
 15日(月)に開幕した船橋競馬のナイター開催「ハートビートナイター」は、19日(金)に最初の開催を終了した。5日間合計の入場者数は30,951人(前年同時期比233%)、売得金(売り上げ)は、本場で350,243,100円(134%)、場外を合わせた全場で4,090,224,360円(137%)を記録した。また、開催3日目の17日(水)に行われた重賞第18回京成盃グランドマイラーズでは、293,313,100円を売り上げ、レースレコードを記録した。(従来の記録は2008年6月11日の218,138,500円)
 千葉県競馬組合の木村秀雄開催執務委員長のコメント
「皆様のご協力を持ちまして、船橋ケイバ初のナイター開催を無事に終了出来ましたことに厚く御礼申し上げます。目標であった、本場入場者数1万8千人、全場売得金35億円、本場売得金3.5億円を何れも達成できましたことは、京成盃グランドマイラーズへの有力馬出走など魅力ある競走を提供することができたことに加え、場内イベントもお客様にお楽しみいただけた結果かと存じます。今後も、イメージキャラクターのキャプテン渡辺さんとともに、船橋ケイバのファンの皆様に喜んでいただけるようより一層努力していく所存ですので、引き続き、ご愛顧の程、よろしくお願い申し上げます」
(船橋競馬のホームページによる)

●● 吉井竜一騎手(大井)、東京都騎手会所属(フリー)に ●●
 吉井竜一騎手(大井・飯野文明厩舎)は、22日付で東京都騎手会所属になった。
(大井競馬のリリースによる)

●● 各地の2歳戦の結果 ●●
<19日(金)>
 船橋競馬場(小雨→雨、不良)でライラックデビュー(新馬戦)が3鞍行われた。
1レース(1000m、5頭立て)はナカヤマフェスタ産駒のノースフェスタ(真島大輔騎手)が1分02秒4で勝利。
2レース(1000m、6頭立て)はパイロ産駒のセンペンバンカ(森泰斗騎手)が1分02秒3で勝利。
3レース(1000m、6頭立て)はゴールドアリュール産駒のスアデラ(本田正重騎手)が1分00秒9で勝利。

<21日(日)>
 水沢競馬(晴、良)3レースのファーストステップ(新馬戦)はブラックタイド産駒のメジャーリーガー(高橋悠里騎手)が53秒2で勝利。

<22日(月)>
 大井競馬場(曇、稍重)で新馬戦が2鞍行われた。
3レース(1000m、8頭立て)はマイネルラヴ産駒のサブノエガオ(矢野貴之騎手)が1分01秒8で勝利。
4レース(1000m、8頭立て)はスタチューオブリバティ産駒のカラオケスナック(高野毅騎手)が1分01秒5で勝利。