【ブリーダーズC】日本馬の近況~フルフラットが5ハロン単走 [News]
2019/10/30(水) 13:48
 現地時間11月1日(金)にアメリカ合衆国のサンタアニタパーク競馬場で行われるブリーダーズカップジュベナイル(G1・ダート1700m)に出走予定のフルフラット(牡2、栗東・森秀行厩舎)および、現地時間11月2日(土)に同じくサンタアニタパーク競馬場で行われるブリーダーズカップスプリント(G1・ダート1200m)に出走予定のマテラスカイ(牡5、栗東・森秀行厩舎)の調教状況と関係者のコメントは以下の通り。

●フルフラット
<現地時間10月29日の調教状況>
サンタアニタパーク競馬場のメイントラック(ダートコース)で、武豊騎手が騎乗し、キャンター半周後、単走5ハロン追い切りとパドック・装鞍所にてスクーリング

・森秀行調教師のコメント
「長距離輸送でしたが、馬も落ち着いており、体調面も問題ないと思います。まだ2歳ですが、日本にいる時と変わらず順調に調整できており、今日の調教も良い内容でした。枠順については、出走頭数もそれほど多くないし、内で包まれることを考えれば良かったと思います」

・武豊騎手のコメント
「初めての騎乗でしたが、馬の状態も良く、良いコンタクトが取れたと思います。サンタアニタパーク競馬場はクッションの効いた良い馬場でした。慣れ親しんだ場所なので、またここに帰って来ることができて嬉しいです。枠順も問題なく、レースに向けては楽しみしかありません」


●マテラスカイ
<現地時間10月29日の調教状況>
サンタアニタパーク競馬場のメイントラック(ダートコース)で、高野正貴調教助手が騎乗し、フルフラットに帯同する形でキャンター1周とパドック・装鞍所にてスクーリング
※マテラスカイは明日(現地時間10月30日)追い切る予定。

(JRA発表による)