【香港マイル】~日本馬の近況(5日) [News]
2018/12/05(水) 17:31
 9日(日)に香港・シャティン競馬場で行われる香港マイル(G1 芝1600m)に出走を予定している日本馬の5日の調教状況と関係者のコメントは以下の通り。

・ヴィブロス(牝5、栗東・友道康夫厩舎)
【調教状況】
 安田晋司調教助手が騎乗して、角馬場→芝コース(ギャロップ5ハロン)
 タイムは4ハロン51秒5、2ハロン22秒6(香港JC発表)
【友道康夫調教師のコメント】
「日本である程度体は出来上がっていますので、今日の追い切りでは終いを流す程度で仕上げました。反応を見る形でしたが、動きは良かったです」

・ペルシアンナイト(牡4、栗東・池江泰寿厩舎)
【調教状況】
 上村洋行技術調教師が騎乗して、角馬場→オールウェザーコース(キャンター1周半)
【上村洋行技術調教師のコメント】
「環境にも慣れてきて、いたって順調です。明日は芝コースで追い切る予定です」

・モズアスコット(牡4、栗東・矢作芳人厩舎)
【調教状況】
 C.ルメール騎手が騎乗して、角馬場→芝コース(ギャロップ半マイル。リスグラシューの2馬身後方を追走、直線は併せ馬)
 タイムは4ハロン50秒9、2ハロン23秒0(香港JC発表)
【C.ルメール騎手のコメント】
「落ち着いていて、とても良い感触でした。リラックスしています」
【矢作芳人調教師のコメント】
「変わりなく良い状態を維持しています。騎手が良い感触をつかんでくれましたので、それがレースにつながってくれればと思います」

(JRA発表)