5月14日(木)「第7回川崎マイラーズ(川崎)~1番人気ソルテが5馬身差で久々の重賞制覇」ほか [全国競馬情報]
2015/05/14(木) 19:56
●●第53回のじぎく賞(園田)~トーコーヴィーナスが人気に応え重賞6勝目●●

 12日(火)、園田競馬場(天候:雨、馬場:不良)では、3歳牝馬によるGRANDAME-JAPAN2015・第53回のじぎく賞(第10レース・1700m・1着賞金300万円)が12頭立てで行われた。
 最初の3コーナーに入るまでに先手を奪った1番人気・兵庫のトーコーヴィーナスが、道中は後続を引きつける逃げを打った。2度目の3コーナーでスパートを開始し、ゴール前では抑える余裕を見せて逃げ切った。勝ちタイムは1分49秒2。鞍上は兵庫の田中学騎手。終始2番手を追走していた2番人気・兵庫のジョウショーエガオが1馬身3/4差の2着、5馬身差の3着には5番人気・兵庫のドラマクイーンが入った。
 勝ったトーコーヴィーナスは、父クロフネ、母ホーネットピアス(その父サンデーサイレンス)という血統の牝3歳、栗毛馬。兵庫・吉行龍穂厩舎の管理馬。重賞は前走の東海クイーンカップに続き連勝となり、6勝目となった。


●●第7回川崎マイラーズ(川崎)~1番人気ソルテが5馬身差で久々の重賞制覇●●

 13日(水)、川崎競馬場(天候:晴、馬場:重)では、東京スポーツ賞・第7回川崎マイラーズ(第11レース・1600m・1着賞金1200万円)が12頭によって争われた。
 序盤は2番手を進んでいた1番人気・大井のソルテが、3コーナーから動き出し先頭に変わる。最後の直線では、後続を突きはなす一方で5馬身差の快勝となった。勝ちタイムは1分42秒3。鞍上は金沢の吉原寛人騎手。2着には、7番人気・浦和のファイヤープリンスが上がり、クビ差の3着には5番人気・船橋のトーセンアドミラルが入った。
 勝ったソルテは、父タイムパラドックス、母ヒノデモンテローザ(その父マルゼンスキー)という血統の牡5歳、鹿毛馬。大井・寺田新太郎厩舎の所属。前走の隅田川オープンからの連勝となり、重賞は2013年1月のニューイヤーカップ以来、久々の勝利となり、3勝目を挙げた。


●●髙橋昭平騎手(大井)が所属厩舎を変更●●

 大井競馬場所属の髙橋昭平騎手の所属厩舎が、平成27年5月18日付で以下の通り変更となる。

1.所属変更騎手
髙橋 昭平(たかはし しょうへい)騎手

新所属厩舎:宮本 康(みやもと やすし)厩舎
旧所属厩舎:髙橋 三郎(たかはし さぶろう)厩舎

2.変更年月日
平成27年5月18日

(東京シティ競馬ホームページによる)


●●8月の名古屋競馬の開催日程の変更について●●

 8月の第10回名古屋競馬の開催日程を以下の通り変更することになった。

変更開催
○.第10回名古屋競馬
(新)平成27年8月18日(火)・19日(水)・20日(木)・21日(金)の4日間
(旧)平成27年8月19日(水)・20日(木)・21日(金)・24日(月)の4日間

(名古屋けいばホームページによる)


●●木之前葵騎手のレディースワールドチャンピオンシップ第8戦優勝報告会、開催へ●●

 名古屋競馬所属の木之前葵騎手が、5月9日(土)にイギリスのリングフィールド競馬場で行われたファティマ・ビント・ムバラク妃殿下主催の「レディースワールドチャンピオンシップ」第8戦に出走し、優勝した。
 ついては、木之前騎手の優勝報告会を以下の実施することになった。

1.実 施 日 平成27年5月19日(火)
平成27年度第4回名古屋競馬
第1日第6競走終了後(午後2時15分ごろ)

2.実施場所 名古屋競馬場ウイナーズサークル

3.内容
(1) 花束贈呈
(2) 優勝トロフィーお披露目
(3) 木之前騎手のインタビュー

競走の概要
1 騎乗日 平成27年5月9日(土)
2 騎乗競馬場 リングフィールド競馬場(イギリス)
3 騎乗競走名 ファティマ・ビント・ムバラク妃殿下主催
レディースワールドチャンピオンシップ(第8戦)
4 騎 乗 馬 Man of Dreams (枠順10頭立ての9番枠)

(名古屋けいばホームページによる)


●●岩手競馬所属ジョッキーが田植えに初挑戦●●

 12日(火)、岩手競馬所属のジョッキーたちが"初めての田植え"に挑戦した。参加したのは村上忍騎手ほか水沢所属のジョッキー13名と、期間限定騎乗の大井競馬所属の千田洋騎手、園田競馬所属の松本剛志騎手の16名。ほとんどのジョッキーにとっては初めて体験する田植え作業。元岩手競馬所属騎手の菅原順さん(2007年引退)の家族の全面的な協力と指導のもと、悪戦苦闘しつつ「ヒトメボレ」の苗を植えた。
 今回植えた米の収穫は9月中旬頃を予定。収穫した米は、高知競馬に贈るほか、地元のファンにも配る予定。

■今回の活動の中心的役割を果たしている南郷家全騎手&山本聡哉騎手コメント

○南郷騎手
 昨年、高知競馬のジョッキーの皆さんが作ったお米を岩手のファンの皆さんにお配りしました。今回はそのお返しという意味で行うことにしました。
○山本騎手
 初めての取り組みですが、ここ江刺は米どころですので、皆さんに江刺の美味しいお米を食べてほしいですし、岩手競馬にも興味を持っていただき、競馬場に足を運んでほしいです。

(岩手競馬ホームページによる)


●●主な2歳戦の結果●●

<13日(水)>
・門別競馬場(天候:晴、馬場:重)
 3R・JRA認定フレッシュチャレンジ2歳新馬(牝馬限定・1000m・11頭)は、タカラハニー(沼澤英知騎手)がデビュー勝ちをおさめた。勝ちタイムは1分01秒2。

 4R・JRA認定フレッシュチャレンジ2歳新馬(1200m・8頭)は、バーバリライオン(五十嵐冬樹騎手)が人気に応えた。勝ちタイムは1分13秒9。

<14日(木)>
・門別競馬場(天候:曇、馬場:重)
 3R・JRA認定フレッシュチャレンジ2歳新馬(1000m・8頭)は、4番人気のスターエース(阿部龍騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分01秒0。

 4R・JRA認定フレッシュチャレンジ2歳新馬(牝馬限定・1200m・8頭)は、2番人気のランランラン(岩橋勇二騎手)がデビュー勝ち。勝ちタイムは1分14秒4。

 6R・JRA認定フレッシュチャレンジ2歳新馬(1200m・8頭)は、ホーリーデーンズ(宮崎光行騎手)が人気に応えた。勝ちタイムは1分16秒5。


●●JRAとの交流レースの結果●●

<12日(火)>
・川崎競馬場(天候:曇、馬場:良)
 8R・JRA交流メイフラワー賞(1400m・12頭)は、7番人気のトウカイボーイ(山林堂信彦騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分30秒6。

 9R・JRA交流メイスター賞(1600m・13頭)は、JRAのコスモナチュラル(丹内祐次騎手)が人気に応えた。勝ちタイムは1分43秒2。

・金沢競馬場(天候:雨、馬場:やや重)
 9R・JRA交流能登見附島賞(3歳未勝利・1500m・8頭)は、JRAのツーエムカイザー(鮫島良太騎手)が人気に応えた。勝ちタイムは1分36秒2。

<13日(水)>
・笠松競馬場(天候:晴、馬場:やや重)
 8R・JRA交流若鮎賞(1400m・10頭)は、JRAの牝馬・ガールズライン(安部幸夫騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分25秒8。

 9R・JRA交流初夏特別(1400m・10頭)は、JRAのショウナンサンタ(國分恭介騎手)が5馬身差の勝利。勝ちタイムは1分25秒4。