【香港チャンピオンズデー】~日本馬4頭、AWコースで調整 [News]
2019/04/22(月) 18:49
28日(日)に香港のシャティン競馬場で行われる香港チャンピオンズデーに出走予定の日本馬のシャティン競馬場(22日)での調教状況および関係者のコメントは以下の通り。

【クイーンエリザベスII世カップ】(G1 芝2000m)
●ウインブライト(牡5歳 美浦・畠山吉宏厩舎)
<調教状況>
木場迫学調教助手が騎乗し、角馬場→オールウェザーコース(ダクおよびハッキングを1周)

<木場迫学調教助手のコメント>
「輸送は問題なく、日本と変わらない状態でいたって元気です」

●ディアドラ(牝5歳 栗東・橋田満厩舎)
<調教状況>
込山雄太調教助手が騎乗し、角馬場→オールウェザーコース(キャンター1周半)

<込山雄太調教助手のコメント>
「今日は久々に4頭での運動と頭数が多かったこともあって少しテンションが高かったですが、馬の調子自体は変わらず順調です。飼葉も良く食べていますし、いい状態を維持出来ています」

●リスグラシュー(牝5歳 栗東・矢作芳人厩舎)
<調教状況>
岡勇策調教助手が騎乗し、角馬場→オールウェザーコース(キャンター1周半)

<岡勇策調教助手のコメント>
「2回目ということもあって、落ち着いています。飼葉もしっかり食べていますし、ここまで順調にきています」


【チェアマンズスプリントプライズ】(G1 芝1200m)
●ナックビーナス(牝6歳 美浦・杉浦宏昭厩舎)
<調教状況>
田面木博公調教助手が騎乗し、角馬場→オールウェザーコース(キャンター約1周)

<田面木博公調教助手のコメント>
「馬場入り初日でしたが、初日にしては落ち着いていました。輸送も問題ありません」

(参考情報)